名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

サム・ゴールドウィンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

サム・ゴールドウィンのプロフィール

サム・ゴールドウィン、サミュエル・ゴールドウィン、サミュエル・ゴールドフィッシュ。アメリカの映画プロデューサー、映画スタジオの経営者、パラマウント・ピクチャーズの創業者の一人。第二次世界大戦前のアメリカ映画界で数多くの名作をプロデュースした。アカデミー賞受賞者。サミュエル・ゴールドウィン財団創業者。

サム・ゴールドウィンの名言 一覧

仕事に熱意を持っている人は、人生で恐れることは何もない。


八方ふさがりのなかでも、やれることは必ずある。


サム・ゴールドウィンの経歴・略歴

サム・ゴールドウィン、サミュエル・ゴールドウィン、サミュエル・ゴールドフィッシュ。アメリカの映画プロデューサー、映画スタジオの経営者、パラマウント・ピクチャーズの創業者の一人。第二次世界大戦前のアメリカ映画界で数多くの名作をプロデュースした。アカデミー賞受賞者。サミュエル・ゴールドウィン財団創業者。

他の記事も読んでみる

石原明

たとえば100社すべてのお客様に手厚く接しろといわれても現実的に無理。2対8の法則じゃありませんが、利益を生み出すのは2割くらい。ですから、極端な話、残り8割は捨てる気持ちでいい。


嶋田毅

ビジネスパーソン、ビジネスリーダーは、誤った根拠や、偏った根拠、不適切な論理展開を見抜く「健全な批判精神」を持つことが重要です。そのためには常日頃、きちんと勉強したり、しっかり調べたり、現場で何が起こっているのか情報収集したりすることが欠かせません。


小笹芳央

組織も生き物です。コミュニケーションや情報という血の流れが悪くなり、血栓が起きると、連携上の問題が起こり、モチベーションも低下するのです。


永井孝尚

朝時間を確保するためには、まず早く帰宅しよう。とはいえ、上司や同僚の目が気になるかもしれない。しかしそこで留まっていては朝時間の確保はできない。そこで仕事の見える化を行うのだ。「今日の仕事はこの通り、全部終わりました。明日の仕事はこれこれで、いつまでに終わらせる予定です」と示しておけば、誰も文句は言わない。漫然と残業する人間が評価される時代はすでに終わったのだ。私自身、普段から部下の誰よりも早く帰ることにしている。


中原淳

よく小学校の校外活動で川や山に行くことがありますが、そこでは学校を離れ、山や川に行くこと自体が目的になってしまうことが多いように感じます。その川で何を学んだかという内省や省察を引き出すことがおざなりにされがちなのです。仕事も同じことで、人が成長するには経験のあとの内省が不可欠です。問われるべきは経験だけではありません。その後にどのような内省があるかが問題なのです。


望月圭一郎

当社は「どんな環境下においても成長していける基盤をつくる」という課題を掲げてきました。景気のいい時は伸び、悪ければ下がるというのでは、株主から経営を委任されている立場としての価値がないだろうと考えました。環境が悪かったとしても、せめて横ばい、もしくは伸ばしていくことが経営陣の役目です。


山田いずみ

選手を指導する際に大切にしているのは、自分で考えさせることです。私が理想とするフォームに選手をはめ込むのではなく、選手の感覚を私が共有することが第一。ですから、飛び終えた選手には、まず「今のジャンプはどうだった?」と聞きます。そうして本人の感覚を確認し、把握したうえでアドバイスをします。


粟飯原理咲

インターネットの世界では、個人や仲間同士で、面白い情報を世界に向けて配信し、メディアをつくっていけます。地元の人向けにローカル情報を提供していたケーブルテレビの世界しか知らなかっただけに衝撃でした。


盛田昭夫

本質を見失ってはいけない。見失うと、いつでも改革という美名のもとに大切な本質が失われる。変えるべきは変え、変えないべきは変えない。


内藤忍

投資をやめた大半の人は、損をしてやめています。得をしてやめる人は少ないのです。しかし、株価が下がって、投資をやめた時点こそが底であって、そこから持っていれば上がった可能性もあります。相場は上げ下げを繰り返しながら、全体としては右肩上がりで上昇するものです。


御手洗冨士夫

私が不満なのは、みんな30年のうちにどうするとか、先のことばかり議論しているんです。それも大事だけれども、足元をどうするんだという現実的な議論を、もっとやらなければ。


鬼頭政人

テキストは、「ネットのレビューで評判がいいから」などといった基準ではなく、自分の感覚を最優先して選びましょう。人によって、文章や紙面のデザインの好みは千差万別だからです。自分が「読みやすい」と感じたものが、最も自分の頭に入ってきやすいテキストです。書店で何冊かざっと見て、一番しっくりくるものを選ぶといいでしょう。薄めのテキストを選ぶのもコツです。重要なことだけを抽出して書いてあるからです。詳しい情報がぎっしりと詰まった分厚いテキストは、ポイントがつかみづらく、とくに初心者には向いていません。薄いテキストをざっとひととおり読んで、まずは試験範囲の全体像をつかむこと。そうすれば、あとから「ここをもっと詳しく勉強するべきだ」という箇所も見えやすくなります。基本のテキストは、あれこれと手を出さずに1冊に決めてしまい、もし必要が生じれば、補足的に買い足すようにしましょう。戦略が決まれば、日々の勉強計画という「戦術」も決まってきます。