名言DB

9412 人 / 110637 名言

サミー・ソーサの名言

twitter Facebook はてブ

サミー・ソーサのプロフィール

サミー・ソーサ。米国のプロ野球選手。ドミニカ共和国生まれ。幼少期にドミニカで極貧生活を生き抜きながら野球に出会う。その後、17歳でレンジャーズとマイナー契約を皮切りに、ホワイトソックス、カブスと移る。30本塁打、30盗塁を達成。98年6月には19本の本塁打を打ち、メジャーリーグ月間本塁打記録を更新した。

サミー・ソーサの名言 一覧

次の時代を担うのは君たちなんだ。夢をあきらめないで突き進めば、きっと願いが叶うよ。


サミー・ソーサの経歴・略歴

サミー・ソーサ。米国のプロ野球選手。ドミニカ共和国生まれ。幼少期にドミニカで極貧生活を生き抜きながら野球に出会う。その後、17歳でレンジャーズとマイナー契約を皮切りに、ホワイトソックス、カブスと移る。30本塁打、30盗塁を達成。98年6月には19本の本塁打を打ち、メジャーリーグ月間本塁打記録を更新した。

他の記事も読んでみる

小原誠

下心を持って近づいてくる相手に騙されないためには、詐欺師の行動パターンを知ることだ。都合の悪い話題が出ると話をすり替える、やたら饒舌で口がうまい、写真を撮らせない、友達を紹介しようとしても会わない、といった行動が見られたら要注意だ。貯蓄の額や親の財産などを聞きたがる場合もあやしいと思ったほうがいいだろう。


北野武(ビートたけし)

スポーツ新聞に「たけし、再起不能か?」なんて書かれた、あの原付バイクの事故からもう12年の歳月が過ぎている。あの事故を境にして、生きていることに、あまり興味がなくなった。あの事故でわかったことは、運命なんてものは、自分でどうにか動かせるものじゃないということ。どんな運命が待っていようと、それをそのまま受け入れるしかない。


青野慶久

離職率が高くなってしまったとき、なぜ辞めるのかを知りたくて社員たちに話を聞いてまわりました。わかったのは「働くモチベーションの源泉は一人ひとり違う」ということです。給与を多くもらいたい人もいれば、技術を究めたい人もいるし、お客様と接するのが楽しい人もいて、モチベーションの在り処は人それぞれ。そして、働く時間や場所もモチベーションに大きく影響すると気がついたのです。そこで考えたのが、社員が働き方を選べる人事制度を作ることでした。


三木谷浩史

孫(正義)さんや増田(宗昭)さんといった個性的な経営者のそばでM&Aのお手伝いをすることで、経営者はどんな時にどんな発想をするのか間近で見ることができた。これは貴重な経験でした。


川淵三郎

理念を具現化する方法はその時代に合ったやり方にすべき。


山下泰裕

自信がない時は「なるようになれ!」と、迷いを断ち切り、ボーンとぶつかっていく。人生には、そんな開き直りも大事。


宋文洲

国がだらしないから希望が持てないと嘆く日本人は多いですが、国がしっかりしていたら、個人がビジョンを持てるというのは戦前の考え方。国のビジョンと個人のビジョンは全く関係ありません。


盛田昭夫

私は、アメリカやヨーロッパで経営者連中を前に講演するとき、よく次のような話をする。「あなた方は、不景気になるとすぐレイオフをする。しかし景気がいい時は、あなたがたの判断で、工場や生産を拡大しようと思って人を雇うんでしょう。つまり、儲けようと思って人を雇う。それなのに、景気が悪くなるとお前はクビだという。いったい、経営者にそんな権利があるのだろうか。むしろ、経営者がその責任を負うべきであって、労働者をクビにして損害を回避しようとするのは勝手すぎるように思える」


星野佳路

目標達成を目指すうえで忘れてはならないのは、エンターテインメントの要素です。当社では、社員の誕生日にコーヒーカップと目覚まし時計をプレゼントするのですが、コーヒーカップの内側には、「経常利益率20%」と書かれていて、コーヒーを飲むたびにその数字が嫌でも目に入ります。目覚まし時計は、アラームの代わりに「リゾート運営の達人を目指して、今日も一日頑張りましょう!」という声で起こしてくれるという優れものです。こういうことを真剣にやるのも楽しいと思いませんか(笑)。毎日朝礼で唱和するよりも、この方が楽しくビジョンを共有できると思います。


西任暁子(西任白鵠)

プレゼンでは話し手の都合ではなく、聞き手がどう受け取るかが重要。どんなに小さなスピーチでも、一人を相手にした営業トークでも構造は同じ。カギは「聞き手がどう受け取るか」。逆にいうと「話し手がどう話したいか」は関係ありません。


片山幹雄

私には一兵卒に戻ったつもりで、本気で取り組みたいことがある。それは新たな産業作りだ。私はテレビがまだブラウン管だった時代から、シャープで液晶テレビの事業化に取り組んだ。一企業の事業にとどまらず、産業形成で世界をリードしたと自負している。そして今、次の産業を作りたいという気持ちが高ぶっている。


池谷太郎

日本の経営者の発想は狭い地域に発生した寄合の延長。自分たちが作った秩序を広い市場を相手に保っていけると考え、厳しい現実を見失っている。【覚書き:東京製鉄会長時の発言。鉄鋼業界のぬるま湯カルテルを批判した言葉。】


坂本善博

一般解の中で当社が対応できるものを、解決策に対応して具体的に説明する。対応できない場合、できないということを明言することが信用・信頼を得る上で重要。


千葉智之

場を楽しんでいます。楽しいからおごったり、出会う場を提供したり。返報性の原理で、相手も私に紹介してくれたり、面白い情報を持ってきてくれたり。それで(人脈が)広がっていった感じです。


鈴木英男(日新製鋼)

私が一緒に働きたいのは、「はい、わかりました」といって何でも黙々とこなす人ではなく、「社長はそうおっしゃいますが、お客さんのためにはならないのではないでしょうか」と議論を挑んできてくれるような人です。そうした使命感をもった人、意見がある人となら共に語り合うことができますし、志を共有することもできますからね。