名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

サミュエル・ジョンソンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

サミュエル・ジョンソンのプロフィール

サミュエル・ジョンソン。英国の文学者。英語辞典の編集とシェイクスピアの研究で知られている。多くの警句を残している。18世紀英国文壇の大御所と呼ばれた。キングスカレッジ(現:コロンビア大学)初代学長。オックスフォード大学出身者

サミュエル・ジョンソンの名言 一覧

偉大な仕事は腕力ではなく継続力によってなされる。


誰かの真似をして英雄・偉人になった者など、歴史上一人も存在しない。


どんなふうに死ぬかではなく、どんなふうに生きるかが問題なのだ。


節約せずに誰も金持ちにはなれない。そして、節約する者で貧しい者はいない。


金を浪費したり、貯蓄する者は最も幸せな人々である。なぜなら、両者ともそのことを楽しんでいるからである。


いかなる者も、模倣によって卓越した者はいない。


残酷物語ほど関心を引くものはない。敵がいかにして子供を惨殺し、処女を強姦したかというニュースを報道すれば失敗することはまずない。


困難は大抵の場合、怠惰の娘である。


好奇心は、力強い知性の最も永久的な特性のひとつである。


サミュエル・ジョンソンの経歴・略歴

サミュエル・ジョンソン。英国の文学者。英語辞典の編集とシェイクスピアの研究で知られている。多くの警句を残している。18世紀英国文壇の大御所と呼ばれた。キングスカレッジ(現:コロンビア大学)初代学長。オックスフォード大学出身者

他の記事も読んでみる

明石康

私が所長を務める群馬県立女子大の外国語教育研究所が中心になって、県内の小学校で英語の先生の力を上げる試みもしています。小学校の英語教育は賛成ですが、英語をきちんと面白く教えられる先生がいなかったら、かえって英語嫌いを増やしてしまいます。


小島慶子

実現のあてはなくても、その意志はハッキリと伝えるべき。編成部の方々にどんなにうんざりした顔をされても「(ラジオで帯番組を)やりたい、やりたい」と、しつこく言い続けました。


黒田武志

我々は「ビジネスを通じて偉大な作品をつくる」という企業理念を掲げています。ここでいう作品とは、宅配便を使ったリサイクルの仕組みのことを指しています。私が歳をとって企業家人生を振り返るときに、「いい作品をつくった」と人々に言ってもらえるような仕組みが完成すれば、それに勝る喜びはありません。


金田一秀穂

「価値ある情報を伝えなければ」「意味のないことは話しちゃダメだ」……。そんな堅苦しい態度だと雑談やムダ話ができなくなる。ラクにゆるく、意味ない話を!


藤田晋

企画の問題点を潰して、より粘度の高いものに仕上げる工程は、企画書を作っている時ではなく、作り始める前にするもの。見栄えの良い企画書を作ることが大好きな人の中には、考える時間が「1」で、作っている時間が「9」の人もいる。それは全く逆で、「9対1」でないとダメ。


吉田美紀子

介護の仕事を始めたことで、訳もなく不安で泣いてしまう、ということがなくなりました。外に出て人と繋がりができたことで、気持ちが安定したんでしょうね。


魚谷雅彦

卒業間近になったとき、非常に印象的な言葉を教わりました。相手をインスパイアするために有効なコミュニケーションの方法の第一は、まず相手の言葉を聞くこと。第二は、自分自身が情熱的に生きていることだと。自分に情熱がなかったら、相手がインスパイアされることなんてあり得ないのだと教わりました。
【覚書き|アメリカのコミュニケーション学校のデール・カーネギー・スクールに通った当時を振り返っての発言】


古谷周三

私たちは、お客様や業界が直面している課題に真摯に向き合い、既存の仕組みにとらわれない解決の実現を目指します。その挑戦の積み重ねを通じてより良い社会と未来へのソリューションを提供したい。


大橋徹二

いろいろな問題や現象が起きてくるのですが、その原因をめぐって、メディアも含めて、みんな人のせいにしてしまう風潮があるのが気になりますね。そうすると、子供たちも、何事も人のせいにしていればいいんだと思ってしまう。


内藤剛志

数字はありがたいけど、視聴率だけを気にしてはいません。一回一回しっかり番組をつくっていくことが大事。


岡野雅行(岡野工業)

人からだまし取るような儲け方をしちゃダメだよ。そんな暇があったら「技術を覚えろ」って俺は言いたい。それは営業の技術だって、経理の技術だって一緒だよ。本当に誇れるような仕事の技術があれば、必ず一生仕事できるから。俺なんて生涯現役だよ。


テリー伊藤

気持ちを込めていたネタを先にやられたとしても、へこたれちゃいけない。会議の場なら、しれっと第2、第3のアイデアを用意しておくのがプロ。それはプレゼンの時もそうだし、コメンテーターとしてテレビに出る時の鉄則でもある。常にアピールできるネタを準備する。それはビジネスという戦場に立つ以上、基本です。