サミュエル・ジョンソンの名言

サミュエル・ジョンソンのプロフィール

サミュエル・ジョンソン。英国の文学者。英語辞典の編集とシェイクスピアの研究で知られている。多くの警句を残している。18世紀英国文壇の大御所と呼ばれた。キングスカレッジ(現:コロンビア大学)初代学長。オックスフォード大学出身者

サミュエル・ジョンソンの名言 一覧

偉大な仕事は腕力ではなく継続力によってなされる。


誰かの真似をして英雄・偉人になった者など、歴史上一人も存在しない。


どんなふうに死ぬかではなく、どんなふうに生きるかが問題なのだ。


節約せずに誰も金持ちにはなれない。そして、節約する者で貧しい者はいない。


金を浪費したり、貯蓄する者は最も幸せな人々である。なぜなら、両者ともそのことを楽しんでいるからである。


いかなる者も、模倣によって卓越した者はいない。


残酷物語ほど関心を引くものはない。敵がいかにして子供を惨殺し、処女を強姦したかというニュースを報道すれば失敗することはまずない。


困難は大抵の場合、怠惰の娘である。


好奇心は、力強い知性の最も永久的な特性のひとつである。


サミュエル・ジョンソンの経歴・略歴

サミュエル・ジョンソン。英国の文学者。英語辞典の編集とシェイクスピアの研究で知られている。多くの警句を残している。18世紀英国文壇の大御所と呼ばれた。キングスカレッジ(現:コロンビア大学)初代学長。オックスフォード大学出身者

他の記事も読んでみる

荒川詔四

モノづくり企業としてギブアップしてはいけない。コストが成り立たないといって安いところでつくって、日本はマーケットだということでは、我々のアイデンティティがなくなってしまう。メーカーとしてこだわっていきたい。


永井孝尚

私は会社勤めをしながら本を書いていたのでここ数年間は2日以上続けて休んだことはほとんどない。そもそも平日にあまり疲れを溜め込まないように心がけることも重要だ。人によって体質は違うだろうが、私は平日は6時間以上寝るようにしている。それでもつらいときには、平日に早く寝て遅く起きることもある。私が勤務していた会社はコアタイムが10時からなので、普段7時に出社しているのを10時にずらすのだ。朝時間が習慣化していると、いつもよりゆっくり出社するだけでも疲れが取れてしまうのだ。朝時間の利点のひとつだ。


長島徹

アドバイザリーボード(経営諮問委員会)で説明しようとするとかなり勉強しなければならない。私は経営企画室長も経験しましたから、会社全体を見ることができました、社長就任後も、アドバイザリーボードの制度は役に立ちましたね。様々な立場の人に評価していただくというのは重要なことです。様々な経験を持つ方に評価していただくことで、ある程度常識的な意見を言える仕組みになっている。事情を知った人間ばかりで判断すると、得てして思い込みができてしまいがちですが、その思い込みを排除する。加えて、社内にいると分からないこと、経験できないことを教えていただけるのは、貴重な機会です。


柴田励司

部下たちだけの会議に不安を感じる人もいるでしょうが、自分の欠席は、若手にチャンスを与えることになるのです。また、上司がいないほうがスムーズに会談が進むこともあります。


渡文明

経営者のタイプというのは持って生まれた性格で決まる面もあると思っています。ただ、偉大な先人のスタイルをそのまま真似ることはできなくても、泰然自若と構えていらっしゃる方々の「心」には学ぶものが多くあるのです。


本田宗一郎

我々の相手は1億の日本人ではなく、世界30億の人間。世界で売れる車なら、必ず日本でも売れるはずだ。


山本亮(コンサルタント)

自分とは反対のタイプの人とつき合うことが、なりたい自分になれる一番の早道。


冨山和彦

私は、「大企業の管理職は半分に減らしても業務は回る。むしろ減らしたほうがスピードアップする」とよくいっています。管理職の人は「自分たちだって忙しい」というかもしれませんが、その仕事の多くは社内調整のための会議や打ち合わせで、売上アップにもコスト削減にもつながっていません。じゃあなんでそんな無駄なことをやるかといえば、失敗したときに一人で責任を取りたくないからです。


奥谷禮子(奥谷礼子)

私がいつも言っているのは、性差ではなくて個差の時代です。女性がトップになることと、国や組織が良くなることは関係ありません。


江見朗

怒りの原因は不安と不満です。不安は無知という努力の欠如と自分の弱さから起こるもの。そして、不満は感謝の心が足りないと発生する。それに気づいてから、努力をして不安をなくし、常に感謝の気持ちを忘れないように心がけました。


平賀敏

人を使うには清濁併せのまなければならない。


山野正幸

基礎はともかく、細かな技術は実践を通じて習得しました。突き返されて嫌な思いをすることもありましたが、難題を克服していくことが楽しかった。


山中伸弥

理系離れは深刻です。日本では研究者の地位があまりに低い。若い人たちに研究者が魅力的な仕事に見えていません。このままでは担い手がいなくなってしまうと懸念しています。米国は日本の逆です。研究者の社会的地位が高い。ハードワークなのは日米同じですが、ちゃんとした家に住んで、ホームパーティーを開いて、楽しく暮らしている人が多いのです。給料そのものも高く、ベンチャー企業とのつながりも強い。米国では研究者が憧れの職業なのです。


見城徹

僕が入社したころは、角川はブランドでも何でもなくてね。文藝春秋や講談社とは仕事をするけど、「角川とはちょっと……」という作家がほとんど。そんな作家を一人ひとり口説き落としていくんです。五木寛之さんもその一人でした。とにかく五木さんの作品を読み込む。全部読む。書き下ろしや連載小説だけではなく、どんな小さなエッセイや対談も必ず読む。そして、発表された5日以内には手紙を送るということを自分で決めたんです。単に「読みました」という手紙じゃ意味がない。書き手に新しい発見をもたらすというか、「ああ、そういう見方もあるか」と刺激になるようなことを書かなきゃいけないわけです。大変でしょうって? 大変だよ、そりゃ(笑)。人が寝ているときも寝ずに、手紙を書く。人がくつろいでいるときも、悪戦苦闘しながら書く。五木さんには、17通目の手紙でようやく返事をいただき、25通目の手紙でついにお会いできることになりました。


北川登士彦

この人の話を聞きたいと思ったら、すぐに連絡を取って会いにいくようにしています。


ページの先頭へ