名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

サミュエル・ウルマンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

サミュエル・ウルマンのプロフィール

サミュエル・ウルマン、19世紀アメリカの実業家・詩人。マッカーサー元帥、松下幸之助などのファンを持つ

サミュエル・ウルマンの名言 一覧

人は信念とともに若く、疑惑とともに老いる。
人は自信とともに若く、恐怖とともに老いる。
人は希望ある限り若く、失望とともに老い朽ちる。
大地より、神より、人より、美と悦楽、勇気と壮大、そして偉力の霊感を受ける限り、人の若さは失われない。


青春とは人生のある時期を言うのではなく、心の様相を言うのだ。逞しき意志、優れた想造力、燃ゆる情熱。おびえを退ける勇気、安易を振り捨てる冒険心、こういう様相を青春というのだ。年を重ねただけで人は老いない。理想を失うときに初めて老いが来る。歳月は皮膚のしわを増すが、情熱を失うときに精神はしぼむ。


苦悶や孤疑や、不安、恐怖、失望、こういうものこそ人を老いさせ、精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう。年は七十であろうと、十六であろうと、その胸に抱きうるものは何か。いわく、驚異への畏敬、空にきらめく星々、その輝きにも似た事物や思想に対する憧れ、事に処する剛毅な挑戦、子供のごとく求めて止まぬ探究心、人々への喚起と興味。


サミュエル・ウルマンの経歴・略歴

サミュエル・ウルマン、19世紀アメリカの実業家・詩人。マッカーサー元帥、松下幸之助などのファンを持つ

他の記事も読んでみる

進藤孝生

我々の技術は、日本の一流の需要家に鍛えられてきたものです。コストだけでなく、品質しかり、納期しかり。


石原壮一郎

謝罪するときは、相手の怒りを逸らしたり、頭を下げる時間を短くするテクニックも必要かもしれませんが、できれば信頼を築き、後々の仕事に繋げることこそ目指したいものです。ミスは必ず起きるもの。謝りにいくのは一石何鳥にも値するようなチャンスだと、役職者は張り切って謝りにいってほしいですね。部下からの信頼も得られます。


倉重英樹

ITの進展でライフスタイルが変わったことで、ビジネスモデルが変わらざるを得ませんし、ワークスタイルも変えなくてはならない。


高島徹治

「今さら勉強しても間に合わないのでは?」と聞かれることがありますが、40代を過ぎても、人間の能力は決して衰えません。「脳細胞は加齢とともに減少する」と以前は言われていましたが、最近の海外の研究では、脳に刺激を与え続けていれば、記憶をつかさどる「海馬」の脳細胞はむしろ増えるという説が有力になっています。


今泉嘉久

一般的なオフィスは、家具を選ぶに際しても座り心地のよさや収納性の高さなどといった利便性を追求している場合が多いと思います。しかし、オフィスは利便性だけではなく自社をPRするメディア的機能も併せ持ったほうがいい。一石二鳥で投下資本の効率性も高まります。


北大路欣也

私もときには「昨夜は眠れなかったなあ」とかネガティブな感情になる日もあります。でも、次の瞬間には、今日も頑張ろうと切り替えます。元気に自分のやるべきことをやっていく。そうしていい過ごし方をすれば、1日の終わりに快眠できる。それが、翌日のいい目覚めにつながる。


中村義一

最近は学歴や資格が重視されすぎだと思います。うちにも東京大学大学院生をはじめ立派な学歴の若者が多く入社試験を受けに来ますが、知識はあっても「自分で考える」ことができない人が多い。教わって得る知識は偽物です。自分で考え抜く訓練が大切で、工夫する努力を重ねると、壁にぶつかってもあの手この手が出てくるようになるものです。


神永学

僕の中では小説はゲームやマンガと同列。よく「読んでおくべき本はありますか?」と質問されますが、そんな本は一冊もありません。読書は勉強じゃない。単純に面白いから読むんです。


清水玲子

下書きは、ちょっとしつこいくらいに描きますね。ダメなんですよ。どうしても気に入った絵が一発では描けないですね。


藤田晋

会社は組織の特性上、社員が多ければ多いほど、自ら積極的にアピールしていかないと、「その他大勢」として埋もれてしまいます。組織の中で埋もれると、大きな仕事を任せてもらえなくなるだけでなく、最悪の場合、リストラの対象になったりもします。


鍜治真起

『数独(大ヒットした数字パズル)』は神様のくれたご褒美です。それ以上のものではありません。正直言うと、数独のヒットはニコリにとって、決してプラスではありません。自分たちの手を離れて、どこか独り歩きしているような感覚ですから。潜水艦のように、深く沈んで静かにじっとしている方がいい。それが、間違って浮上しちゃっている状況なので、そろそろもう一度潜らなければと真剣に思っています。


アンドリュー・リバリス(アンドルー・リバリス)

重要なのは企業の文化、風土を変えるということ。