名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

サミュエル・ウルマンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

サミュエル・ウルマンのプロフィール

サミュエル・ウルマン、19世紀アメリカの実業家・詩人。マッカーサー元帥、松下幸之助などのファンを持つ

サミュエル・ウルマンの名言 一覧

人は信念とともに若く、疑惑とともに老いる。
人は自信とともに若く、恐怖とともに老いる。
人は希望ある限り若く、失望とともに老い朽ちる。
大地より、神より、人より、美と悦楽、勇気と壮大、そして偉力の霊感を受ける限り、人の若さは失われない。


青春とは人生のある時期を言うのではなく、心の様相を言うのだ。逞しき意志、優れた想造力、燃ゆる情熱。おびえを退ける勇気、安易を振り捨てる冒険心、こういう様相を青春というのだ。年を重ねただけで人は老いない。理想を失うときに初めて老いが来る。歳月は皮膚のしわを増すが、情熱を失うときに精神はしぼむ。


苦悶や孤疑や、不安、恐怖、失望、こういうものこそ人を老いさせ、精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう。年は七十であろうと、十六であろうと、その胸に抱きうるものは何か。いわく、驚異への畏敬、空にきらめく星々、その輝きにも似た事物や思想に対する憧れ、事に処する剛毅な挑戦、子供のごとく求めて止まぬ探究心、人々への喚起と興味。


サミュエル・ウルマンの経歴・略歴

サミュエル・ウルマン、19世紀アメリカの実業家・詩人。マッカーサー元帥、松下幸之助などのファンを持つ

他の記事も読んでみる

森島洋太郎

今の時代、どこで就職するにしても、仕事上、海外と一切関わりを持たないということはほぼないでしょう。そうした中で主体的に行動するためには、語学力や協働する力はもちろん、まずしっかりした自分の意見がないと始まらない。


平野洋一郎

開発の人間も売ることを知らないと、自分の思うソフトを世に出せない。


吉田和正

早口で話が長くなる人は、外国人には「自信がない人」と思われる傾向があります。なぜなら、短い言葉では相手を説得できないから、うろたえて、あれこれと言葉を足していると映るからです。ゆっくりと話して、知らないことやわからないことにはためらわずに「I don’t know」と言う。こうした振る舞いの積み重ねが、お互いの信頼関係に大きく影響してくるのだと思います。


林田正光

昔は商品の優劣だけで顧客満足度の向上が図れましたが、今は成熟社会で何でも揃っている時代なので、それだけでは難しくなっています。そこで、ホスピタリティー精神というものが、差別化要因として重要になっています。


田中仁(経営者)

もしかしたら「本気で取り組めるものがない」と悩んでいる人がいるかもしれません。でも、本気というものは対象が先にあって出てくるものではなく、何かに取り組んでみて初めて、自分の内から湧き出てくるものではないでしょうか。


チャールズ・ケタリング

我々の行く手、未来に招く希望をさえぎっているのは、実は我々の想像力なのである。我々が明日花開くのにただひとつ足枷となるのは今日の疑念だろう。


鎌田浩毅

週刊誌で連載の話を頂くと、依頼されたネタ数の10倍くらいを用意します。依頼主にはその中から好きなものを選んでもらえるというメリットを与えられるし、残りのネタも他の企画などで生かすことができるので、何一つムダがありません。「今回はこのくらいでいいや」と、最初の準備段階から手を抜いてしまうと、目先の省力化にはなっても、一緒に仕事をする人の信頼は得られず、仕事のクオリティーも上がらない。


出雲充

ミドリムシとの遭遇、頼れる仲間との出会い。そして、迷いの中で起業に踏み切り、先人の知恵を継承して大量培養へとブレークスルーできた。試練が次から次へと行く手に立ちはだかり、その克服の過程でいつも小さな可能性に目を向けてきた結果、「この世に、くだらないものなんて、ない」と思うようになった。


松下幸之助

私の少年時代は、むしろ小僧時代という呼び方が当たっているかもしれない。家運の傾いた家に育った私には、幼い時の楽しい思い出は少なく、苦労の思い出だけが多い。


伊藤嘉明(経営者)

筋トレで組織が一度破壊され、それを修復すべく筋肉がつくように、世界に勝つには競争という負荷が必要だ。


澤田純

まずどれだけ自分が知らないかを認識することが大事。大阪弁で言うと「ええ格好をしない」。相手の話を聞き、なぜそういう構造になっているのかを調べ、計画を立てて変えていく。反発を受けることもあるがデータを集めて見える化し、たとえば「全国や大阪平均と比べ我々の工事量はこの程度だ」と指摘すれば、みんなプロなのでどうすればトップになれるかと考えてくれる。


川名浩一

先端のLNG(液化天然ガス)プラントについては、設計や建設を請け負えるのは世界でも4社か5社だけです。我々だけで世界のプラントの3分の1ぐらい手がけています。マイナス162度という極低温の環境下で巨大な配管を巡らせるプラントを、納期を守って仕上げる。これは非常に難しく、経験が必要です。韓国のエンジニアリング会社も中東などでいろいろな仕事を取っていますが、LNGには入っていない。ただ、中国はものすごい勢いで海外の資源を取りに来ているので、中国企業がLNGプラントの設計、建設に関心を示さないわけがない。我々は常に技術的なリードを広げる必要があります。