名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

サマセット・モームの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

サマセット・モームのプロフィール

ウィリアム・サマセット・モーム。イギリスの小説家、劇作家、医師。フランスのパリ出身。10歳で孤児となりイギリスの叔父のもとに渡る。ロンドンの聖トマス病院付属医学校を出て医師となる。貧民街でインターンをしたのち、『ランペスのライザ』を出版。第一次世界大戦が勃発し、志願してベルギー戦線の赤十字野戦病院に勤務。軍医、英国諜報機関MI6の諜報部員として従軍。その後作家として大成し「執筆料の最も高い作家」と呼ばれた。主な作品に『月と六ペンス』『人間の絆』など。

サマセット・モームの名言 一覧

金だけが人生ではないが、金がない人生もまた人生とは言えない。十分な金がなければ、人生の可能性の半分は締め出されてしまう。
【覚書き|70歳頃の発言】


老年の最大の報酬は精神の自由である。元気盛りの人々が重要だと考えることに、ある程度無頓着になれることである。もう一つの報酬は、羨望、憎しみ、憎悪から開放されることである。私は誰も羨ましいと想わない。私は与えられた才能を、出来る限り発揮した。


老齢を堪えがたくするものは、精神・肉体の働きが衰えていくことではない。思い出の重荷である。


サマセット・モームの経歴・略歴

ウィリアム・サマセット・モーム。イギリスの小説家、劇作家、医師。フランスのパリ出身。10歳で孤児となりイギリスの叔父のもとに渡る。ロンドンの聖トマス病院付属医学校を出て医師となる。貧民街でインターンをしたのち、『ランペスのライザ』を出版。第一次世界大戦が勃発し、志願してベルギー戦線の赤十字野戦病院に勤務。軍医、英国諜報機関MI6の諜報部員として従軍。その後作家として大成し「執筆料の最も高い作家」と呼ばれた。主な作品に『月と六ペンス』『人間の絆』など。

他の記事も読んでみる

野村修也

結果ばかりを重視して、プロセスをないがしろにしているために、気づかぬうちに大きなリスクを抱えている企業は非常に多い。


ピーター・ドラッカー

ビジネスには二つの機能しかない。マーケティングとイノベーションである。
Business has only two functions – marketing and innovation.


渋谷和久

日本が持続的に成長するには、企業が人から選ばれる組織になり、人が働きたくなる社会を実現する必要がある。


小笠原清忠

礼節は、その外見こそ国や社会によって異なるものですが、大もとにあるのは、いずれも人を思いやる心です。そして、自国の伝統に根ざした作法は、どの国へ行っても通用するもの。ですから、国際化が進む現代にこそ伝統的な作法を学ぶことが必要ですし、それが日本という国を世界にアピールすることにもなると私は思います。


小路明善

物的価値はマイナス2度にまで冷やして飲む「エクストラコールド」というビールがあります。これは氷点下2度という凍る寸前のビールが美味しく飲めるという物性価値です。一方、数年前に販売したピンク缶入りのスーパードライは情緒的価値になります。ビールという男性色の強い飲み物に対し、ピンク色の缶を作ることで、何となく可愛く、食卓に置くと明るくなるような情緒的な訴えを盛り込んだ商品を作りました。これらの物的価値と情緒的な価値を常に作り続け、商品に付加して売ることが大事なのです。


井原勝美

ソニーとエリクソンの合弁会社、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ・エー・ビーの社長として英国に赴任した当時は、21カ月という長期にわたって利益が出せず、精神的につらい時期を過ごしました。ロンドンを拠点に平日は飛行機で飛び回るため、肉体的にも消耗していたのですが、そんな時期を支えてくれたのが、英国に赴任している仲間との週末のゴルフでした。英国でのゴルフはカートに乗らず自分の足で回るので、かなりの運動量になります。その運動と、プレー後の仲間との食事がいい気分転換となり、仕事に向かう活力にもなったのです。その後に業績は急回復し、結果を出すことができました。当時の苦労をともにした仲間とは、今でも1年に2回のラウンドが恒例行事になっています。


高松雄康

強みは、圧倒的なターゲットリーチと高いブランドリフト効果。しかも、その実績を蓄積、分析できることです。どういう広告が女性の心を動かし購買につなげることができたのか、その成功の鍵が集まっているんです。


森下裕道

最初はウソでもフリでもいいから、「君なら大丈夫だよ」と相手の可能性を信じて任せてみることで、本当に上手くいくことも多いのです。仕事は自分一人ではできません。一緒に働く仲間や部下を信じた方が、得るものは多いと思いませんか?


テリー伊藤

結局のところ、その相手がいい仕事をしてくれるようになればいいわけで、叱るか叱らないかの問題ではない。


飯島勲

同じタイプの部下を競わせると優劣が露骨に出てしまうが、違うタイプなら成果の質に違いも出てこよう。そこをうまく操れば、二人の競争意識は高まり、仕事へのモチベーションも高まるというものだ。


大塚周一

みなさんが思っているほど、融合で頭を悩ませているわけではありません。要は勝つための絵を描けるか。大荷物のところを清算して、強みとするところを明確にし、やりましょうと言えば反論する人はいません。
【覚書き|ジャパンディスプレイの発足について語った言葉】


澤田秀雄

成功に必要なものはやはり努力と継続力、それと好きなことを楽しんでやること、おごらない、投資しすぎない、やりすぎないというバランス感覚。それと人間、運だと思うんですよ。運を大切にすることですね。