名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

サトウヨーコの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

サトウヨーコのプロフィール

サトウヨーコ。日本のイラストレーター。兵庫県出身。美術系専門学校卒業後、複数の会社でDTPデザイナーとして働いたのち独立。著書に『こんな会社、辞めてやる!!転職6回、すべて失敗』。

サトウヨーコの名言 一覧

会社員時代、いろいろな職場でお世話になった経験は、いまに生きています。


フリーになって今、感じている一番の喜びは、絵を必要としてもらえること。描くことが仕事になるなんて、専門学校を卒業した時点の私からしたら、夢みたいな話。転職を繰り返していた20代の私に声をかけるとしたら、「もっと早く飛び込めばいいのに」と言うかな。


どの会社も業務に慣れた時点で「何か違う」「これがしたかったんだっけ」と疑問に思い、辞めてしまう。でも、仕事がないと不安になり、「現実的に今のスキルでできることは」と、求人広告を探して転職する。20代はその繰り返しでした。「次はどうしようかな」と考えたら、またデザイン事務所で忙しく働いて、2~3年後に文句を言いながら辞める将来が浮かんだんですね。その時、方向を変えたい。変えなきゃと思って、夢だったイラストレーターに挑戦してみようと上京を決めました。ずいぶん悩みましたけど、最終的には「死ぬことはないだろう」というひどい開き直り方でしたね(笑)。


サトウヨーコの経歴・略歴

サトウヨーコ。日本のイラストレーター。兵庫県出身。美術系専門学校卒業後、複数の会社でDTPデザイナーとして働いたのち独立。著書に『こんな会社、辞めてやる!!転職6回、すべて失敗』。

他の記事も読んでみる

青木功

今年の秋はレギュラー、シニアツアーともに多くの試合に出させていただきました。日本シニアオープンは38位、富士フィルムでは37位。どの試合も出場最高齢ですから、「よくやってる」と人には褒められますが、心の中では「できればベスト10に入りたかった」なんて思っているんですから欲の深いゴルファーです。


鈴木敏文

避けなければならないのは、「目標○万店」のような目標を掲げたことで、意味合いが不明確なまま数字が一人歩きを始め、最後は数字のつじつま合わせに陥るパターンです。数値目標は達成できても店の質が低くなり、顧客の支持を失っていきます。


古森重隆

答えがハッキリわかるときもあれば、わからないときもあります。悩んだら時間をおいてみます。潜在意識が解決してくれることもあります。たとえば、寝ていてふと思いつくとか。


高萩光紀

異文化の地で日本流を押し通しても、成果は期待できません。現地に行ったら現地の作法がある。日本人の細かい時間の概念、習慣、風習などは一切忘れることが、現地に近づくコツといえます。


坪田信貴

僕は学生時代を「個人主義の国」と言われるアメリカで過ごしましたが、あの国で学んだのはむしろ、「経済合理性を追求すると個人主義では駄目」ということでした。自分の成功のみを考える個人も企業も、意外に早く限界を迎えるのです。ライバルを蹴落とすような人や組織は、信用されないからです。


永野毅

仕事は何のためにあるのかをまず自分が考える。そして、自分が受け止めて、自分の気持ちとして仕事がやれるかどうかが大事。人にやらされることぐらい、つまらないことはない。私の若い頃を振り返っても、それは一番嫌いなことだった。本部から言われて、何から何まで指示命令で動くというのがね。まず自分がどうしたいのか、自助の心にどれたけ火をつけられるか。また、そういう人をつくっていくのが人材育成だと思う。


柳井正

僕らは「売上高5兆円」という前人未踏のエベレストに登頂しようとしているわけです。大学を卒業したばかりの新入社員に「エベレストに行こう」と言っても難しい。それなら、まずは近くの標高500メートル程度の山に登るところから始めないといけない。地域正社員はその取り組みのひとつです。でも500メートルに登ったら、次は1000メートルに登りたいと思うはずです。500メートルで見える風景と、平地で見える風景は、まったく違いますから。


伊集院静

人生を果てしない道を進む車として考えた場合、仕事に対してはフルスピードで突き進んでみてほしい。フルスピードで打ち込んでいけば、他の人とは違う風景が見えてくる。


木下敦

私の仕事の源泉は、仕事を通して社会の役に立つこと。


林野宏

諦めてしまうのは「ロジカルシンキング」で物事を考えているからでしょう。逆境の時は、理論を立てて、数字に当てはめていけば、対応不能という結論しか出ません。順風満帆のときはロジカルシンキングでもいいのです。ところが法律で前提条件が崩されたり、新しい競争相手が出てきたり、企業の生死が問われるような状況では、行き詰ってしまいます。


金井政明

2000年頃、業績が急に悪化しました。投資家の信頼を取り戻すため、あらゆる部署がコストカットに集中せざるを得ませんでした。しかし私はこういう時こそ「無印良品」の原点に立ち返ることが重要だと考えました。業績が落ちた一因は、資本の論理に流されて、商品開発の考え方がブレたことにもあったからです。


中村邦夫

私は可能な限り権限委譲を行って、お客様に近い現場が意思決定できる体制に変えていきました。社長に決裁をもらわなくても経営ができるところまで権限移譲しようと。