名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

サトウヨーコの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

サトウヨーコのプロフィール

サトウヨーコ。日本のイラストレーター。兵庫県出身。美術系専門学校卒業後、複数の会社でDTPデザイナーとして働いたのち独立。著書に『こんな会社、辞めてやる!!転職6回、すべて失敗』。

サトウヨーコの名言 一覧

会社員時代、いろいろな職場でお世話になった経験は、いまに生きています。


フリーになって今、感じている一番の喜びは、絵を必要としてもらえること。描くことが仕事になるなんて、専門学校を卒業した時点の私からしたら、夢みたいな話。転職を繰り返していた20代の私に声をかけるとしたら、「もっと早く飛び込めばいいのに」と言うかな。


どの会社も業務に慣れた時点で「何か違う」「これがしたかったんだっけ」と疑問に思い、辞めてしまう。でも、仕事がないと不安になり、「現実的に今のスキルでできることは」と、求人広告を探して転職する。20代はその繰り返しでした。「次はどうしようかな」と考えたら、またデザイン事務所で忙しく働いて、2~3年後に文句を言いながら辞める将来が浮かんだんですね。その時、方向を変えたい。変えなきゃと思って、夢だったイラストレーターに挑戦してみようと上京を決めました。ずいぶん悩みましたけど、最終的には「死ぬことはないだろう」というひどい開き直り方でしたね(笑)。


サトウヨーコの経歴・略歴

サトウヨーコ。日本のイラストレーター。兵庫県出身。美術系専門学校卒業後、複数の会社でDTPデザイナーとして働いたのち独立。著書に『こんな会社、辞めてやる!!転職6回、すべて失敗』。

他の記事も読んでみる

亀井智英

取り扱い商品が約3万種類あって、オリジナルは一部です。オリジナルはリスクが高いので積極的にできないところがある。いまは受注してから発注するモデルや、クラウドファンディング型で注文が集まったら商品化するモデルが中心です。


前田勝之助

企業の盛衰は人が制し、人こそが企業の未来を創る。


米山久

相手が興味を持つポイントを押さえることが重要です。生産者にとって一番切実なのは、やはり、いかにして収入を増やすかということです。「生産者は出口を知らない」と言われるとおり、生産者は何を作れば消費者が喜ぶのかを知らないことが多い。消費者からの距離が遠いからです。消費者に近い我々なら、どんなものを、どれくらいの価格で提供すれば売れる、という現実的なアドバイスができます。「今よりも稼げる」という現実的な未来を伝えることが、生産者の興味を最初に惹きつけるには大切だと感じました。


金井誠太

「自分も、クルマの足回りの技術者として、一人前になってきたな」と少しうぬぼれ始めた30歳すぎのこと。速度無制限のドイツの高速道路、アウトバーンをうちのカペラで走ったら、アクセルを床まで踏んでもやっと時速170km。音はうるさいし、車体も震える。ハンドルやブレーキをうかつに操作するとクルマがどこに飛んでいくのか分からないという恐怖と緊張で、例えでなく本当に「手に汗を握る」、それはとても運転を楽しむどころではない体験をしたのです。その後、ドイツのプレミアム車といわれるクルマに乗ると、200km出してもそんなに手に汗をかかない。むしろ、運転が楽しくて気分が爽快になる。官能的ですらあった。愕然としました。「あのレベルに追いつくまで、何年かかるんだろう」。以来、彼らに負けない、いや、勝てるクルマを作りたい、どうせやるなら世界一だ、という目標が自分の中に生まれたんです。だから、「ハンドリングと性能」を、マツダの目標として掲げてくれたのがすごくうれしかった。やっと「おまえ、挑戦してもいいよ、存分に戦ってドイツ車をあっと言わせてみろ」と言われたみたいな気持ちでした。もちろん、誰もそこまで言ってくれたわけじゃないんですけどね(笑)。


新田信行

業績評価の仕方も変えました。それまでは貸し出しを伸ばした人間を評価していましたから、そうすると金利引き下げ競争になってしまいます。しかし今は、計数、収益でなくプロセスを評価する形にしました。工場見学をしたら、支店の点数は50点、事業者の定性評価をする「目利きシート」を書いたら10点という形にしたら、定期預金や貸し出しを増やさなくても、企業に通って「御社の強みは何ですか」、「製品のどこが強みですか」、「どうやって会社を立ち上げたんですか」ということを聞き始めました。


岩切章太郎

私どもが仕事をするのは生活のためであることに間違いはないが、それだけだろうか。このほかにふたつの目的がある。ひとつは修行のためであり、ひとつは社会のためである。


野口克彦

米国に派遣されたとき、ゼニスやモトローラといった企業の若いエンジニアと話していると、彼らは熱っぽく将来の電子部品の在り方を語りました。「いまはベルトコンベアで人間が部品を差し込んでいるが、これからはアナログではなくデジタルの時代がやってくる。間もなくそれをロボットがやるようになるだろう」と。ああ、時代は変わるんだと思ったとき、いままでのやり方では駄目なんだ、と強く感じました。


川本隆一

仏教の言葉で「実のごとく自心を知る」というものがあります。ありのまま己の心を知るという意味です。自心は自分が一番知っていると思い込んでいるのが、じつは大間違いであり、それとじっくり向き合うことで、真実に気づくことができるのだと説いている言葉です。


守屋淳

成功が続いたり、目標を達成して「これでいいや」と思うと、もう上を目指さなくなる。それが慢心の始まり。


金児昭

普通、会社は外にいるお客様からお金をいただいて事業経営をします。ただ、ビジネスパーソンの立場を考えると、会社でいうお客様は誰かというと、自分の勤めている会社なのです。会社がお金をくださるのですから、そのお金をもらうために頑張るというのは至極当然の行動なのです。風邪をひいて家で寝ていても給料は支払われることがあるのですから、そうした収入の道を確かなものにする努力は欠かせないのです。


中野健二郎

住友銀行ですぐれたリーダーシップを発揮してきた人物と言えば、「堀田天皇」と言われた堀田庄三氏をあげることができます。私が当時秘書室にいたこともあり、彼が会長から名誉会長に退いたときにプライベートな会食でさまざまな話を直接うかがう機会を得ました。その話の中で興味深かったのは、堀田さんは現職役員で嫌いな人がいることに言及していたことです。それも固有名詞をあげて指折り数えていく。その中に私の担当役員も入っていたので少々とまどっていると、堀田さんはこう言ったのです。「嫌いだったけれど、私は彼らの能力を買って使ってきた」個人的には嫌いでも、個人的な感情を押し殺して使う。適材適所と言うのは簡単ですが、生理的に受けつけない人を自分のそばで重職に使うのは、ストレスがたまるはずです。堀田さんはそのストレスに人一倍堪えていたわけで、堀田天皇の天皇たるゆえんを、少しだけ垣間見た気がしました。


ニーチェ

君には人生の重荷が重すぎるというのか。それなら、君はその重荷をもっと増やさねばならない。