サトウヨーコの名言

サトウヨーコのプロフィール

サトウヨーコ。日本のイラストレーター。兵庫県出身。美術系専門学校卒業後、複数の会社でDTPデザイナーとして働いたのち独立。著書に『こんな会社、辞めてやる!!転職6回、すべて失敗』。

サトウヨーコの名言 一覧

会社員時代、いろいろな職場でお世話になった経験は、いまに生きています。


フリーになって今、感じている一番の喜びは、絵を必要としてもらえること。描くことが仕事になるなんて、専門学校を卒業した時点の私からしたら、夢みたいな話。転職を繰り返していた20代の私に声をかけるとしたら、「もっと早く飛び込めばいいのに」と言うかな。


どの会社も業務に慣れた時点で「何か違う」「これがしたかったんだっけ」と疑問に思い、辞めてしまう。でも、仕事がないと不安になり、「現実的に今のスキルでできることは」と、求人広告を探して転職する。20代はその繰り返しでした。「次はどうしようかな」と考えたら、またデザイン事務所で忙しく働いて、2~3年後に文句を言いながら辞める将来が浮かんだんですね。その時、方向を変えたい。変えなきゃと思って、夢だったイラストレーターに挑戦してみようと上京を決めました。ずいぶん悩みましたけど、最終的には「死ぬことはないだろう」というひどい開き直り方でしたね(笑)。


サトウヨーコの経歴・略歴

サトウヨーコ。日本のイラストレーター。兵庫県出身。美術系専門学校卒業後、複数の会社でDTPデザイナーとして働いたのち独立。著書に『こんな会社、辞めてやる!!転職6回、すべて失敗』。

他の記事も読んでみる

松本大

英語が上達するうえで重要なのは、「聞く」よりも「話す」に力を入れることです。受け身でいてはいけない。「この人は自分に伝えたいことがある」と分かると、相手もすごい勢いでしゃべってくる(笑)。それで分からなければ、聞き返せばいい。


中野克彦(経営者)

社内の会議や大勢で面談するときは別として、基本的にお客様と対面している場ではメモを取るなと教えています。目と目を合わせて商談に集中するのが相手への礼儀であり、そうしなければ真剣勝負に勝てないからです。そのかわり商談後は、街角や電車の中で速やかにメモを取ります。


戸松遥

10代から20代前半は仕事ができればそれでいいという考えで、オフがあれば寝てるという生活でしたけど(笑)、仕事もプライベートも全力で走った方が見識も広がるし、単純に楽しいと思うようになりました。


大橋洋治

私が会長職の時に、古いロゴは完全に姿を消しましたが、それも仕方がないことです。時代は変わる。若い人たちがそれをうまく、新しい息吹を感じられるものにしていってくれる。


棚橋弘至

ラリアットを受けたとき、下手に踏ん張ろうとすると衝撃が逃げずにダメージが大きくなります。だから場面によっては、わざと後ろに倒れて力を逃すことがあります。そのほうがダメージは少なく、結果的に早く立ち上がれるんです。


田中優子(江戸文化研究者)

かつてのように、教師が一方的に講義し、教えたことを暗記しているかどうか試験するという教育の仕方はもう通用しません。学生一人ひとりの能力を生かす形でカリキュラムを編成し、それに沿った形で教育をして基本的自己肯定力を育てるべきなのです。


小林哲也(帝国ホテル)

結論が出なくても、つなぎの連絡をしておけば、相手は待つことができる。返事をしないままだと、待っていいのかすらわからず迷惑をかける。


ロバート・キヨサキ

一度の失敗や間違いにめげてはいけない。そこから何かを学び、次に活かすことを考えてほしい。私だってここにたどり着くまで、いくつもビジネスを失敗させてきた。それは大変な道のりで、誰もがマネできるとは思わないが、「行動」は誰にも起こせるはずだ。


村上隆男

ビール製造部門のトップ就任のときに、以前から進んでいた省エネ目標があったのですが、なかなか成果が出ていなかった。そこで3年で10%のエネルギーコスト削減という目標だけを与えたプロジェクトを組成しました。品質さえ下げなければ何をやってもいい、と。結果から言うと、1年で30%のエネルギーコストの削減ができました。70億円掛かっていたコストが50億円になったんです。それもたった3人のメンバーで、設備投資もしなかったのです。ただ、3人で1つの工場に行って、細かいところまで徹底してチェックして改善案を提案していっただけです。それを社内の情報共有サイトに報告し続けました。すると、最初は冷ややかに見ていた人たちが、「うちの工場でもやってくれ」と3人が引っぱりだこになったんです。推進する3人に権限を与えてチャレンジさせ、それを知らしめる。そして、実行する機会を公平に準備する。こういう環境作りが大切だと言うことです。


伊勢谷友介

常に宇宙からの目線で見るようにしているんですよ。どういうことかというと、地球のことを宇宙人が見れば、「資源はなくなりつつあるし、食糧危機が起こっていることを世界中の多くの人が分かっているのに行動がともなっていない、人間ってアホだね」という風に見えると思うんです。


永瀬昭幸

日本再生のためには、強いリーダー、すなわち世界で活躍できる人材を次々輩出することが必要です。大学に合格することをゴールとするような教育からは、そうしたリーダーは生まれません。


沢村一樹

何に向いているかは結局自分ではわからないので、人に聞くしかないと思うんです。自分でいくら「Aに向いている」と思っていても、周りの人が「B向きだよね」と言ったら、そっちが正しい。何事も自分や自分の仕事を評価するのは自分じゃなくて周りの人間です。だから、自分のことばかり考えていては駄目で、もっと広い目で周りにアンテナを張っておかないといけない。まあ、これは自分で自分にいつも言い聞かせていることなんですけどね。僕自身、本当に自分のことばかり考えている人間なので(笑)。


石川泰彦

生産性の改善が欠かせない。より少ない人数でサービスを提供できるようになれば、浮いた人件費が会社の利益になり、その一部を処遇の改善に振り向けることができます。会社の利益を上げて、社員の給料も上げる。それがひいては、お客様満足の向上にもつながる。


知識賢治

部下の問題点を指摘するときには、「なぜ問題なのか」を含めて明確に伝えなければならない。嫌な話をするときは誰しも腰が引けてしまうものです。意識していないと、どうしてもぼんやりとしたわかりにくい話し方をしてしまう。これは明らかに逆効果です。聞き手の心には「何が言いたいかわからないが、悪いことを言われた」というマイナスのイメージだけが残ってしまう。


山下真司

やっぱり新しいことにトライするって大事ですよ。新しいことが怖いのはみんな一緒だと思うけど、そこを怖がらずに勇気を出してやってみる。最近では、生放送の緊張感も楽しみっていうか、刺激ですね。


ページの先頭へ