名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

佐藤達哉(サトウタツヤ)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤達哉(サトウタツヤ)のプロフィール

佐藤達哉、サトウタツヤ。日本の心理学者。神奈川県出身。東京都立大学人文学部卒業、同大学院博士課程退学。東京都立大学助手、福島大学行政社会学部助教授、立命館大学助教授などを経て教授に就任。

佐藤達哉(サトウタツヤ)の名言 一覧

人は新たな価値を理解できればどんな情報でも受容できる。


相手が仕事上でどう思っているかを頭の先からつま先までじっと心の中で観察し、気を配ってみるとこれまで見えなかったものが見えてくる。


価値が共有できていれば、記号(言葉や文字など)を見たときの理解は容易だし、他者の行為の理解もたやすい。逆に自分の持つ価値に固執すれば、それまで見たことのない行為を見ただけで拒絶してしまう。


インターネットやスマホが普及し、誰もが自分に都合のよいものしか受け入れなくなっていると感じます。いつでも欲しい情報を手に入れることができるようになりましたが、自分の価値観に合ったものを探し、見つけて満足してしまう。その結果、価値がわからないものを拒絶してしまうのです。


アドラーを「誤読」している人はかなりいます。原著を読んだわけではなく、都合のいいところを抜き出してきて、それが全てだと信じ込んでいる人が多いように感じます。


佐藤達哉(サトウタツヤ)の経歴・略歴

佐藤達哉、サトウタツヤ。日本の心理学者。神奈川県出身。東京都立大学人文学部卒業、同大学院博士課程退学。東京都立大学助手、福島大学行政社会学部助教授、立命館大学助教授などを経て教授に就任。

他の記事も読んでみる

ニーチェ

結婚するにあたって、自分に問うてみなくてはならない。この女と老年になってまで、よく話し合うことができると信ずるか、と。結婚生活において、ほかのすべてのことは皆移り変わる。だが、交わりの大部分の時間は対話に属する。


西山昭彦

異動を成功させる3つのポイント。

  1. いまの部署で実績を残すこと。自分にはこんな能力があるとアピールしたところで、いまの部署での評価が低ければ誰も相手にしてくれない。
  2. いまの部署の上司を説得すること。いくら自分の希望を言っても、直属の上司が出さないと言ったらおしまい。もしも今年が無理でも、来年、あるいは2年後など異動させてもらえるよう言質を取っておく。
  3. 自分の後任を用意しておくこと。自分より若い人間を育て、後任者として上司に推薦すれば上司も異動を認めやすい。

西成活裕

山形大学にいた時には、国立大学ですから先生ひとりにつく学生は3人が限度でした。でも、私立の龍谷大学の場合には、ひとりで学生を10人も担当するんですよね。大変だな、と面倒に感じる先生もいるけど、やりたい研究だらけだった私にはそれがとてもありがたかった。毎年10人の学生にいろいろな角度から研究をやってもらい、6年いたから60人分の研究成果が手に入りました。学生も、まだ学部の4年生なのに、あちこちの大学から大先生が来て発表する学会で、並んで自分の発表をするとなれば能力を発揮してくれるんです。


安本隆晴

意思のある者には人が集まります。まずは「この指とまれ!」と自らの手を大きく掲げる必要があります。


椋木修三

記憶というと頭に入れることばかりに目が行きますが、思い出すことも重要です。記憶する時間と想起する時間、インプットとアウトプットの両方が必要なのです。名刺交換のあと、「歌手の○○に似ていたな」と相手のことを思い出しながら、メモする。そのこと自体がアウトプットになります。時折それを見直すことが習慣になれば、記憶の定着率もぐんと上がります。


松本晃(経営者)

みんながもっと稼いで、税金を払えば、日本は借金をして国債を発行する必要もありません。世のため、人のための事業をして、稼ぐ。そして税金を納める。これが企業の役目です。


山田進太郎

日本は国内市場が大きく、外に出ていくモチベーションが湧きにくいのが問題だと思っています。ただ、世界の市場は日本と比べて桁違いに大きい。絶対に出ていくべきです。誰かが成功すれば「私もできるんじゃないか」と、後に続く人が増える。そういう流れを、メルカリで作りたい。


井口尊仁

相手に伝えるには、自分で全部説明するのではなく、相手の想像力を喚起し、考えてもらう。シンプルにすべき理由はここにある。


戸塚隆将

できるバンカーほど、その深い経験に基づく意見を、簡潔なポイントで伝えてきます。


松永安左エ門

人様のことについても、先輩、同僚、友人に対しても遠慮なく思うところを述べてきた。その反動として起こる私自身の不評や損得はあえて気にしなかった。どうせ人間、欠点もあれば長所もある。欠点はある場合は長所、長所も欠点になる。幸運は幸運にあらず、不運も幸運に通ずと思うからいっこうに気にならない。


福嶋康博

皆が納得する企画とは、誰もが思い付く企画です。いままでとは全然違う発想だからこそ、皆が反対するのです。皆が納得する企画を実行しても大きな成功は得られません。


山科忠

トヨタ自動車の中では、だいぶ変わった経歴だと思います。米国に都合3回赴任、F1や中国の研究開発センターの立ち上げも担当してきました。波瀾万丈と言っていたんですが、米国の知人に「カラフルな人生だね」と言われてからその言葉がお気に入りです。