名言DB

9413 人 / 110706 名言

佐藤達哉(サトウタツヤ)の名言

twitter Facebook はてブ

佐藤達哉(サトウタツヤ)のプロフィール

佐藤達哉、サトウタツヤ。日本の心理学者。神奈川県出身。東京都立大学人文学部卒業、同大学院博士課程退学。東京都立大学助手、福島大学行政社会学部助教授、立命館大学助教授などを経て教授に就任。

佐藤達哉(サトウタツヤ)の名言 一覧

人は新たな価値を理解できればどんな情報でも受容できる。


相手が仕事上でどう思っているかを頭の先からつま先までじっと心の中で観察し、気を配ってみるとこれまで見えなかったものが見えてくる。


価値が共有できていれば、記号(言葉や文字など)を見たときの理解は容易だし、他者の行為の理解もたやすい。逆に自分の持つ価値に固執すれば、それまで見たことのない行為を見ただけで拒絶してしまう。


インターネットやスマホが普及し、誰もが自分に都合のよいものしか受け入れなくなっていると感じます。いつでも欲しい情報を手に入れることができるようになりましたが、自分の価値観に合ったものを探し、見つけて満足してしまう。その結果、価値がわからないものを拒絶してしまうのです。


アドラーを「誤読」している人はかなりいます。原著を読んだわけではなく、都合のいいところを抜き出してきて、それが全てだと信じ込んでいる人が多いように感じます。


佐藤達哉(サトウタツヤ)の経歴・略歴

佐藤達哉、サトウタツヤ。日本の心理学者。神奈川県出身。東京都立大学人文学部卒業、同大学院博士課程退学。東京都立大学助手、福島大学行政社会学部助教授、立命館大学助教授などを経て教授に就任。

他の記事も読んでみる

石川康晴

僕は、本社ビルを持ったことを後悔しています。業績が低迷したら、土地代が安い場所に小さな事業所を借りる。業績が良くなれば、ビジネスがしやすい場所に大きな事業所を借りる。それでいいと思います。何も自社で土地を買って建物を所有する必要はない。本社ビルの設立を決めた時は、起業した「象徴」が欲しかったんです。地元・岡山の住民に対する見栄やプライドもあったかもしれません。若気の至りです。


原田泳幸

客数が増えると営業利益率は一時的に減るが、客数が増え続ければ、また上向く。複数の数字を出すと、現場はみんな混乱する。スタッフにも利益は一切考えず、客数だけ見ろと言っています。


松尾豊

この7年ほどは基本的に国の研究費をもらわないというスタンスで取り組んできました。この理由は、日本の財政は徐々に厳しくなりますから、研究費はこの先削られる可能性が高いと考えました。もう一つは、年功序列があり、研究費がどのくらいもらえるかは年齢の関数になっています。そう考えると、私が進めているAIの世界で大きな研究費をもらえるようになるのは、私が50歳になってからになってしまいます。しかし、そこまで待っていたら、私はおそらく勝負できませんから、今の仕組みではないところで勝負しないといけない、と。


沢村一樹

自分ひとりでできないことは、助けてもらえばいい。


菅野敬一

負債を抱え、死ぬしかないと追いつめられたとき、「生きている間に自分の欲しいものを、唯一自分に残った板金という技術で作ろう」と考えました。
【覚書き|エアロコンセプトを始めたきっかけについて語った言葉】


村上憲郎

部下の中には上司に「A案、B案、C案でどれがいいですか」と伺いを立ててくる人がいますが、そういう人が一番困ります。ある仕事を任されたら、その人はそれに関しては、社会の中で一番詳しくなってもらわないといけません。それなのにどれがいいかわからないと判断を放棄してしまったら、ほかにいったい誰がわかるというのでしょう。ですから部下の人は常に「私はA案がいいと思います」と上司に提案できる仕事の方法を意識的に身につけていってほしいですね。


松田公太

フェロー(従業員)同士は名前をファーストネームで呼び合うことにした。これは経営理念の作成以来、ずっと守っている伝統だ。一緒に働く仲間にファーストネームで呼びかけることで、お互いに親しみを持ち、絆を築くことができると信じている。


川端克宜

当社独自の「EMAL(エマール)」という営業組織を10年がかりで創り上げました。これは、地域に住む生活者、多くは主婦を中心にした営業組織で、当社が直接雇用し、エリア内の小売店を回っています。生活者の目線で、お客さまに分かりやすいPOPなどを制作し、地域特性や季節感あふれる装飾で、店頭にきめ細かく商品を並べて、売り場に反映させています。


島田政直

バーベキューグリルの会社やチャコール(炭)の会社、肉屋さんなどと一緒にプロモーションをしています。冬は肉に加えて地域の野菜屋さん、それからサーモン関連会社や缶詰の会社など、ともに費用を折半しながらこれまでよりも少し大きな店頭キャンペーンを展開するといった具合です。
【覚書き|ヨーロッパでの醤油とテリヤキソース販促について語った言葉】


田原総一朗

各種の統計や数値も、そのまま信じないこと。たとえば、最近は格差問題に関して「サラリーマンの賃金は上がっていない」という統計が良く使われます。しかし、実際に調べてみると高齢者が大量に定年を迎え、景気回復で新入社員の採用数が増えたことが平均給与を押し下げているのです。
【覚書き|2007年時点での発言】


飯田勧

当社では最速、入社6年で店長に昇進します。地位には権限が伴いますから、早い人は20代のうちに数十人を指揮するトップの醍醐味を味わえます。その意味でも、やりがいのある職場になっていると思うのです。


細貝淳一

ソチで不採用になったとき、「みんな精一杯やったんだから勝ち負けは関係ない」と言ってくれる人もいた。でも、下町ボブスレーは日本が世界で勝つためのプロジェクトです。勝つことに意義があるし、絶対に勝つという強い思いがなければ、いい仕事はできない。


澤田秀雄

経営は頭だけじゃ駄目、全部自分でマネジメントしてみないと。


服部幸應

「大をもって、小さきことに仕えよ」という言葉を贈りたい。これは父から何度も言われたことなのですが、「大きな志や使命感を持ち、小さな嫌なことは呑みこめ(乗り越えろ)」という意味です。


井上明美

いざというときに正しい言葉使いができるかどうかには、普段使っている言葉が大きく影響します。俗語を日常的に多用していると、肝心なときに、うっかりそれが出てしまうことがあるからです。