サティア・ナデラ(サトヤ・ナデラ)の名言

サティア・ナデラ(サトヤ・ナデラ)のプロフィール

サティア・ナデラ、サトヤ・ナデラ。インド出身の経営者、ソフトウェア技術者。「マイクロソフト」CEO(最高経営責任者)。インド・ハイデラバード出身。インド・マンガロール大学で電気工学の学位取得後、渡米しシカゴ大学でMBAを取得、ウィスコンシン大学でコンピュータサイエンスの修士号を取得。サン・マイクロシステムズを経てマイクロソフトに入社。検索エンジン「Bing」担当などを経てCEOに就任。

サティア・ナデラ(サトヤ・ナデラ)の名言 一覧

顧客に夢中になれ!


事業を見直すことは困難を伴うが、成長するためには避けられない。


私は常に学ぶことに貪欲だ。


サティア・ナデラ(サトヤ・ナデラ)の経歴・略歴

サティア・ナデラ、サトヤ・ナデラ。インド出身の経営者、ソフトウェア技術者。「マイクロソフト」CEO(最高経営責任者)。インド・ハイデラバード出身。インド・マンガロール大学で電気工学の学位取得後、渡米しシカゴ大学でMBAを取得、ウィスコンシン大学でコンピュータサイエンスの修士号を取得。サン・マイクロシステムズを経てマイクロソフトに入社。検索エンジン「Bing」担当などを経てCEOに就任。

他の記事も読んでみる

上田清司

06年の県別不登校出現率で、埼玉県は悪い方から数えて8番目。現在は良い方から数えて7番目に来ています。何をやったかと言うと、市町村別に不登校の率を発表して、市町村の長と教育委員長に配っただけなんです。つまりみんなが意識し出した。外から見られていると思うと、それだけでこうなるんです。


浜田宏幸

新たなニーズを発見するなどして、お客様を惹きつける魅力を持つための努力を必死にすべき。


櫻田謙悟(桜田謙悟)

私自身22歳で旧安田火災海上保険に入社し、保険金の支払いや営業を歴任、労働組合専従にもなっています。その間の経験からいえば、人間の素材の部分は固まっているかもしれないが、それを開花させ、磨いていくことは、いくつになっても可能ではないかと思います。


樋口武男

私の人格形成に大きく影響したのは祖母です。祖母は3つのことを教えてくれましたが、特に叩き込まれたのが「嘘とごまかしはダメ」だということです。あと2つの教えは「人に迷惑をかけるな」「戦ったら、必ず勝て」ということです。今でも、祖母の教えは私の心棒(しんぼう)です。


西野浩輝

上司に頼まれていた資料を何日もかけてつくり、提出したら「それいらなくなったんだ」と言われた経験はないでしょうか。そんなとき、悪いのは上司だけではありません。こまめに進捗状況を報告していれば、余計な仕事をしなくて済んだのです。報連相はビジネスの基本ですが、不十分な人は意外と多いようです。こまめな報連相を心がけましょう。


小倉広

「内発的動機づけ」は、自分で決めているという自己決定感や有能感など、自分の中からわき出るもので、これがある限り、人はモチベーションを保ち続けることができます。部下を褒めたり叱ったりするマネジメントは、その機会を奪ってしまうことになるのです。


テリー伊藤

私が長年携わってきたテレビの演出という仕事は、出演者たちの良さを引き出すことに尽きる。


野中正人

しまむらは時代の変化に対応しながら、成長を続けることができました。しかし、この間、決して特殊なことをやってきたわけではありません。私の入社当時から経営陣が標榜してきたことは、ただひとつ。「社員にとっていい会社にしよう」ということだけでした。社員にとっていい会社なら、それはお店にも表れて、お客様にもいい会社になるでしょう。そうすれば売上があがって、株主にもいい会社になります。こうした極めてシンプルな考え方でやってきました。


古賀稔彦

僕はバルセロナ五輪の10日前、練習中に左膝じん帯損傷を負いました。全治3週間……。試合当日まで稽古もできず、ずっとベッドの上で過ごしました。でも、負けるとか、ダメだって気持ちは一切なかったですね。4年間、本当に嘘のない努力をした積み重ねがあって、いろんな人にサポートしてもらって、家族の時間も犠牲にしてきて、お金も使って、その直前になにかアクシデントがあったとしてやめますか? やりますよね。誰でも同じ道を選ぶと思いますよ。


アルベルト・ザッケローニ

監督が一方的に指名したリーダーより、選手の中から自然に生まれてくるリーダーの方が価値が高く、そいういうリーダーが率いるチームの方が結束力が高いと思います。


糸井重里

僕は、バンドマンが観客を呼ぶために工夫するのと同じようなことをやってきました。ミュージシャンが最初にギターを習うとき、ギターでどう稼ぐかではなく、「どういう音楽をつくりたい」「どういう演奏をしたい」といったことを真っ先に考えると思います。利益や売上、顧客の価値について考えるのはずっとあとになってからだと思うんです。たぶん僕も、「まず音楽がつくりたかった」というミュージシャンと同じような感覚で経営してきたと思います。


森川亮

私がリーダーを務める際には、いかに「異質な者」を組み合わせてコラボレーションするかに心血を注いでいます。


斎藤祐馬

大事なことは数字を構成する要素を見ること。


冨田哲郎

技術革新も大切です。けれど、それを成し遂げるには、世界やほかの産業に目を向け、開かれた組織、開かれた風土にすることが大事。


森内俊之

羽生(善治)さんは、私にとって常に追いかけるべき特別な存在。同じ年に奨励会入りはしたものの、彼は1年半も早く四段になり、中3でプロデビュー。力の差は開くばかりで、四段となった日もプロ棋士になった喜びはありましたが、達成感よりも早く追いつきたいという気持ちのほうが強かった。しかし、そう思える存在がいるのは幸せなこと。同期や同世代に強い棋士がいるからこそ、頑張れたし、成長することができた。


ページの先頭へ