名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

サイモン・シネックの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

サイモン・シネックのプロフィール

サイモン・シネック。アメリカのコンサルタント。著書に『WHYから始めよ! インスパイア型リーダーはここが違う』『リーダーは最後に食べなさい! 最強チームをつくる絶対法則』。

サイモン・シネックの名言 一覧

従業員のやる気を長期的に持続させるためには、「うちの会社は、なぜこの事業を手掛けるのか」という大義や理念を示すことが大切だ。


サイモン・シネックの経歴・略歴

サイモン・シネック。アメリカのコンサルタント。著書に『WHYから始めよ! インスパイア型リーダーはここが違う』『リーダーは最後に食べなさい! 最強チームをつくる絶対法則』。

他の記事も読んでみる

角田秋生

最初からフランチャイズありきではありませんでした。創業者の公文公が、この公文式学習法を1人でも多くの子供に伝えたいと模索した結果が、たまたまフランチャイズという方法だったのです。


水野和也

容器だけではなく、容器を活用したメニューの提案、売り方の提案も行っています。


羽生善治

将棋の世界でも、実戦を重ねれば、「過去に類似したケースがあったな」「ここから抜け出す方法はまだたくさんあるな」といった具合に、経験が生きてくる場面はあります。ただ、「経験したこと」が、その後の出来事に直接、役立つわけではありません。自分なりに過去の経験を咀嚼して、きちんと消化し、違ったものに変換させて、未来に活かすのです。


上田早夕里

この物語(『破滅の王』)はフィクションですが、史実を繋ぎあわせて、読者に「ひょっとしたら……」と感じさせるような虚構を作りました。書いていて心がけたのは、分かっている史実は変えないことでした。その日誰がどこにいたかということから、その場でどんな言葉を発したかまで、資料は忠実に取り入れるようにしました。史実を変えるのではなく、起こったことの解釈でどこまで独自性を出せるかが腕の見せ所。これまで書いてきた作品とは正反対のやり方で苦労しましたが、やりがいも大きかった。さすがにフィクションだろうというようなエピソードが実は史実だったりするので、関心がある方は巻末に載せた資料にあたってみてください。


高橋誠(経営者)

IoTを使えば、今までワンショット(売り切り)で販売していたフロービジネスをストックビジネスに変えることもできる。そのための議論やプロトタイピングができる場として「KDDI DIGITAL GATE」を東京虎ノ門に開設した。


出雲充

ベンチャーはそもそも経営資源が乏しい。だから、一緒にやる相手に力を貸してもらおうという発想が大切です。自分たちにわからないことは日立さんや新日石さんなどに素直に聞けばいい、と。その意味で、私は単純にリソース不足で困ったことはないと言えるかもしれません。


松岡修造

意外と思われるかもしれませんが、僕自身、ネガティブ思考なので、現役時代に数々のメンタルトレーニングを試し、自分に合ったものを選んできました。


林野宏

明るく楽観的で頑張っている人は、職場でも社外でも周りを明るくするから好かれます。人が集まってくるから、ネットワークが広がり、様々な情報も集まってくる。ツキを呼び寄せて、成功しますよ。逆に、しょげて暗い顔をしている人や、物事に悲観的な人には、親しくしている人ですら近づきたくない。これではツキだって近寄りません。


鈴木真理子(人材コンサルタント)

頭をリセットして目の前の仕事に全力投球できるというのも、メモの大きな効用。営業マンなら、お客様からヒアリングで聞いたことをきちんと書き留めておけば、忘れてしまってもいい。むしろ忘れることで頭を切りかえ、次のお客様に100%集中して向き合える。


佐治信忠

我々がどんなにいい商品だと思っても売れなければ、それは消費者が望む味をつくれなかったわけで、メーカーとしては失格です。


元谷外志雄

私が書いた『理論近現代史学Ⅱ』も中国から非難され、ずいぶん物議をかもしました。しかし、私には負けない自信があった。本の内容は、決して思い込みではなく、史実をくわしく調べ、理論武装していました。攻撃されても反論できるように備えていたんです。


長洲一二

人の真価は、事の成否以上に、事そのものに全力投球したという充実感にあるのだろう。