名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ゴーリキーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ゴーリキーのプロフィール

マクシム・ゴーリキー。1868年生まれ。ロシアの作家、社会活動家。社会主義レアリズム手法の創始者。ソビエト作家連盟を設立し初代議長となる。代表作に「どん底」「海燕の歌」

ゴーリキーの名言 一覧

もしも人間の価値がその仕事で決まるものならば、馬はどんな人間よりも価値があるはずだ。馬はよく働くし、だいいち文句を言わない。


すべてものごとには終わりがある。したがって忍耐は成功を勝ち得る唯一の手段である。


才能とは、自分自身を、自分の力を信じることだ。天才というのは自分を信じることだ。


行動を言葉に移すよりも、言葉を行動に移す方がずっと難しい。


他人をあてにしてはならない。我々はみんな取るために生きているので、与えるために生きているのではない。


明日、何をなすべきかわからぬ人は不幸である。


仕事が楽しみならば人生は楽園だ。仕事が義務ならば人生は地獄だ。


ゴーリキーの経歴・略歴

マクシム・ゴーリキー。1868年生まれ。ロシアの作家、社会活動家。社会主義レアリズム手法の創始者。ソビエト作家連盟を設立し初代議長となる。代表作に「どん底」「海燕の歌」

他の記事も読んでみる

清水勝彦

日本ではリーダーは謙虚であるべきと言われています。リーダーと謙虚さは本来、相反することではないはずですが、日本では自分がリーダーとして引っ張っていこうとすると、「あいつ、偉そうだ」と言われてしまうことが多い。私は、リーダーというのは敵がいなければいけないと思います。敵がいるくらいでないと、大事な時に厳しい決断ができません。


大隅良典

パイの奪い合いをしていても発展は望めない。企業と大学が組んで、パイを大きくする工夫はあると思います。ただ、研究費を稼ぐために大学が企業の下請けのようになっては元も子もありません。本来、基礎研究をしている人が製品まで考えるなんてあり得ない。そこは思い切って分業し、大学の人は大いに基礎研究をやる、企業はそこから面白いことを引き出しプロダクトとして見えるようにするというのが、正しい共同研究の形だと思います。


ウィリアム・ジェームズ

生物学的に考察すると、人間は最も恐ろしい猛獣であり、しかも同じ種族を組織的に餌食にする唯一の猛獣である。


平井伯昌

切羽詰まった状況では、周囲の雑音が消え、上に這い上がるためには何をすべきかだけを考えるようになります。崖っぷちに立たされた時こそ、思わぬ力が発揮される。俗に言う「火事場のばか力」です。それを利用して、今すぐできることを精一杯やれば、短時間でのリカバリーは可能だと思います。


臼井由妃

初対面で会話が盛り上がり、「今度ぜひ飲みに行きましょう」と意気投合したにもかかわらず、それっきりになってしまったというのはよくある話です。初対面での好印象を次のチャンスにつなげるには、盛り上がったその日のフォローが重要です。


柳井正

危機感がなければ企業経営をやっていても意味がありません。企業は安定することはなく、変化をし続けます。変化がなくなってきたとしたら、それは倒産の前兆です。


三木泰雄

「相手に質問される前に、こちらから相手がイエス、ノーで答えられるような質問をする」「ちゃんと伝わっていないと思ったら、もう一度別の言い方をしてみる」など、英語力が足りなければ補う工夫をすればいいので、それほど神経質になることはありません。


浦沢直樹

物語を面白くするためにはどんな努力でもします。面白いと納得するまで妥協はしません。もともと仕事ではなく、遊びで始めた漫画です。遊びに妥協なんてありませんよ。


杉村太蔵

僕はいつも会社の応援団になるつもりで株を買っています。お金儲けファーストでなく、経営者と価値観を共有し、目標実現のための資金を提供する。であれば株価が少々下がろうが不安にはなりません。


林文子

気配りは、相手が何を望んでいるか考えて実行しましょう。多くの方がそれをやりません。挨拶ひとつしない方が多いです。だから気配りの第一歩は丁寧で誠実な挨拶をして、お会いできて嬉しいという気持ちを伝えることからはじめてはどうでしょう。挨拶をするとき、相手が喜ぶ話題を振った方がいいといった営業スキルのようなものは確かにありますが、それ以前の部分にきちんと取り組む方が大切だと思うんです。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

私はいつも「試飲」「試食」「試聴」「試着」「試読」の「5つの試」を心がけている。試読は立ち読みのこと。時間があれば本屋に飛び込んで目についた本や雑誌を開くようにするだけでも、雑学の幅はどんどん広がっていく。


松本晃(経営者)

失敗してもいいからチャレンジしてみなさいと言うことが大切。失敗には必ず理由があるからそこから学ぶ。失敗を許し、挑戦を尊ぶ企業文化に変われば、自然と優秀な社員が増えていく。