名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ゴーリキーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ゴーリキーのプロフィール

マクシム・ゴーリキー。1868年生まれ。ロシアの作家、社会活動家。社会主義レアリズム手法の創始者。ソビエト作家連盟を設立し初代議長となる。代表作に「どん底」「海燕の歌」

ゴーリキーの名言 一覧

もしも人間の価値がその仕事で決まるものならば、馬はどんな人間よりも価値があるはずだ。馬はよく働くし、だいいち文句を言わない。


すべてものごとには終わりがある。したがって忍耐は成功を勝ち得る唯一の手段である。


才能とは、自分自身を、自分の力を信じることだ。天才というのは自分を信じることだ。


行動を言葉に移すよりも、言葉を行動に移す方がずっと難しい。


他人をあてにしてはならない。我々はみんな取るために生きているので、与えるために生きているのではない。


明日、何をなすべきかわからぬ人は不幸である。


仕事が楽しみならば人生は楽園だ。仕事が義務ならば人生は地獄だ。


ゴーリキーの経歴・略歴

マクシム・ゴーリキー。1868年生まれ。ロシアの作家、社会活動家。社会主義レアリズム手法の創始者。ソビエト作家連盟を設立し初代議長となる。代表作に「どん底」「海燕の歌」

他の記事も読んでみる

三島和夫

不眠の治療においては薬を使ってでも、とにかく眠るという経験をするのが大事。睡眠薬は必要なときに適切に使って、治ったら減薬・休薬するのが基本。実際、睡眠薬を服用した8割以上の人が1年以内に、7割が3カ月以内に治療が終わっています。特に新しいタイプの睡眠薬は依存リスクも少なく過剰に心配する必要はありません。


竹内敏晃

コツコツと水晶の技術を積み上げていった生粋の技術屋だった父と、才女でありながら努力家でもあった母。2人から学んだものとして共通していることは、どんなことにでも一生懸命に取り組む。それが大事だということだったように思います。また、どんな人に対しても、個人の尊厳を尊重し、接していたことも共通しており、大切な教えです。ものづくりの仕事に携わっているいま、母から教えられたことが自分の人としての基盤になっていると感じています。


落合信彦

大事なことは、叱る前に、どんな小さなことでもいいから必ず「よくやった」と褒めてから、「ここはこうやったほうがいいだろう」と教えていくということ。人間というのは、どんなことでも褒められればやる気がでてくるので、叱る前に褒めるということを忘れてはならない。


大山健太郎

ああ、あの人が、という立ち居振る舞いをすれば人の見方も変わります。出る杭は打たれるが、出過ぎてしまうと何の関係もありません。


矢島雅己

ひとたび赤字に陥ってしまうと黒字化は容易なことではありません。なぜなら、従来の収益構造を抜本的に見直す必要があるからです。赤字事業が好転する兆候を掴むには、それまでの赤字の原因にどんな打開策を講じているかを調べるべきです。


冨田和成

とくにマネジャーは、緊急度の高い領域に惑わされず、「重要かつ非緊急の領域」にかける時間の確保に努めるべきです。ここには、部下の育成や仕事の仕組み作りなど、中長期的なタスクが該当します。そしてこの領域にこそ、チームが抱える課題を解決する突破口があるのです。


守安功

自分で「どんな問題があるか」「どうすれば問題を解決できるか」を考え、変革を実行できる人材がどれだけ揃っているかが、会社の成長力に直結します。「何でもやります」と仕事を与えられるのを待っている人では困るわけです。


山田昭男

私はかつて、「残業をすると解雇するぞ」と話したことがある。そういうと、幹部社員は、「そこまでやったらかわいそうだ」と反論してきた。そこで私は、「残業をしたいのは君たちの勝手だが、残業をするなら、そのときかかった電気代を、残業した人間が負担してくれ」といった。するとその後はだれも残業しなくなった。


萩本欽一

コント55号が売れて、5年ほどたち、30歳になったのをきっかけに、僕は1年間、これまでの活動を反省することにしました。有名になりたいっていう夢は実現したけれども、期待していたほど面白くはなく、ここで修正しないとまずいと思い、コント55号の活動も休止しました。そして、テレビで誰もやっていないことにも挑戦したいと思っていたら、僕が何よりやりたくないと思っていた番組の司会を頼まれた。その一つが、「スター誕生!」。ここでは、男女二人組の司会というスタイルを持ち込み、以後、これが主流になっていったんだから、これも一つの運なのでしょうね。


出口治明

僕は今も、若い部下たちに「僕の間違いはどんどん指摘して」と言っています。間違いを指摘してくれる部下や後輩がいないと、裸の王様になってしまいます。


齋藤孝(教育学者)

私は仕事を「本業と雑用」つまり「本質的な仕事と非本質的な仕事」というくくりではなく、「システムにかかわる仕事とシステムでない仕事」に分けるようにしています。システムとは組織。つまり組織が動いていくために必要な仕事か、個人で完結する仕事か、ということです。そして、いわゆる「雑用」というのは、前者であることが多いのです。だからこそ私はむしろ、いわゆる「雑用」こそ早くやるべきだと考えます。誰か一人が「雑用だから面倒だ」と考え、後回しにしてしまうと、他の人にも迷惑がかかります。逆に、組織が円滑に動くようになれば、自分の仕事もまた早く終わるようになります。


森下一喜

厳密には、まったく計画がないわけではないのですが、計画通りに事業を遂行することをやめました。「発売日に間に合わせるために、多少つまらなくても、そのまま発売してしまう」ということをしていたら、いつまで経っても面白いゲームができませんからね。発売直前までこぎつけても、面白くなかったら、発売日を1~2カ月間延期する。場合によっては、開発を中止することにしました。このスタンスでは、赤字になることもあるでしょう。そこで、「3年間は赤字を出し続ける」と宣言しました。