名言DB

9429 人 / 110879 名言

ゴードン・ムーアの名言

twitter Facebook はてブ

ゴードン・ムーアのプロフィール

ゴードン・ムーア、米国の実業家・物理学者、インテルの設立者の一人。同社名誉会長。『最小部品コストに関連する集積回路におけるトランジスタの集積密度は、18から24か月ごとに倍になるという経験則』ムーアの法則の提唱者としても知られている。カリフォルニア大学卒

ゴードン・ムーアの名言 一覧

企業は放っておけば成功体験にしがみついてリスクを避けるようになります。その方が楽だからです。しかし、企業にとってこれが一番怖いのです。


私はこの失敗(インテルがデジタル腕時計事業を起こし、1500万ドルの赤字を生み出し撤退した失敗)の後、教訓としてかなり長い間、このデジタル腕時計を身に着けていました。最近でも折に触れて電池を入れ替えては使っています。ただし、誤解されやすいのですが、私がこの腕時計をするのは、こんな失敗を二度としないようにという思いからではありません。逆に、こんな失敗だってできたじゃないか、私たちはいま、ちゃんとリスクを取って挑戦しているだろうかと、だんだんリスクを取らなくなる自分たちを戒める思いの方が強いのです。


技術革新のスピードにマネジメントがついていけなければ企業は衰退します。技術だけではありません。企業を取り巻く環境も大きく変わっています。端的な例は現在のシリコンバレーでしょう。この3年で様変わりし、いまや世界で最もコストの高い地域になってしまいました。ここでモノづくりを続けるのは難しいでしょう。


私が1年半から2年ごとに半導体の性能が2倍に上がるという論文を書いてから30年以上がたちます。実際、半導体産業はその通りに進み、ムーアの法則という名前までいただきました。この間、いくつもの技術のブレークスルーがありました。ものすごい勢いで半導体が技術革新したからムーアの法則が成り立ったのです。


インテルを創業して以来、33年間を振り返ると自分でも信じらないほど多くの失敗をしたと思います。忘れようとしても忘れられない失敗がいっぱいあります。


われわれはホフ氏の発明を画期的な内容だと評価していたが、電卓専門の半導体だと考えていた。パソコンなど思いもよらなかった。(覚書き|ホフ氏=マーシャン・テッド・ホフ、インテルの技術者。インテルにマイクロプロセッサの着想をもたらした人物)


研究者の良心に従って言えば、限界がどこにあるかは名言できない。ただ、2009年までは現在の半導体技術の延長で微細化を進めることができる。


部品あたりのコストが最小になるような複雑さは、毎年およそ2倍の割合で増大してきた。短期的には、この増加率が上昇しないまでも、現状を維持することは確実である。より長期的には、増加率はやや不確実であるとはいえ、少なくとも今後10年間ほぼ一定の率を保てないと信ずべき理由は無い。すなわち、1975年までには、最小コストで得られる集積回路の部品数は65,000に達するであろう。私は、それほどにも大規模な回路が1個のウェハー上に構築できるようになると信じている。


我々は、絶えず線幅を細くし、プロセスを複雑化し、ウェハの集積度を高めている。つまり、1つのチップに詰め込む機能を増やし続けている。


ムーアの法則は長くは続かないだろう。なぜなら、トランジスタが原子レベルにまで小さくなり限界に達するからである。(トランジスタの)サイズに関して、我々は基本的な障壁である原子のサイズに到達するであろう。しかし、その向こう側に行くにはまだ2・3世代ある。そして、我々が見ることができるよりもさらに向こう側がある。我々が基本的な限界に到達するまでにはあと10から20年ある。そのときまでには10億を超えるトランジスタを搭載するより巨大なチップを作ることができるだろう。


ゴードン・ムーアの経歴・略歴

ゴードン・ムーア、米国の実業家・物理学者、インテルの設立者の一人。同社名誉会長。『最小部品コストに関連する集積回路におけるトランジスタの集積密度は、18から24か月ごとに倍になるという経験則』ムーアの法則の提唱者としても知られている。カリフォルニア大学卒

他の記事も読んでみる

久保田崇

筋トレやスポーツと同じで、速読も慣れです。普通のビジネス書であれば、誰でも概ね1時間で1冊読めるようになります。


金田一秀穂

受け入れられる毒舌は、意地の悪い皮肉なんだけれど、「言われてみればそうだよね」とヒザを打つような納得感や、「うまいこというねえ」とうなるような風刺がある、ということ。「一本取られたな」と思わせるような笑い。悪態のネガティブなパワーを覆すようなユーモアがなければ、毒舌はただの悪口になってしまいます。


安岡正篤

活きた時間というのは朝だけだ。言い換えれば本当の朝を持たなければ一日ダメだ。昔から優れた人で早起きできない人はいない。ただ、人々が寝静まって周囲が静かになった夜でなければ仕事ができないという人は別だが、常態では朝が一番大事だ。これを外したら一日ダラダラと無意味に終わってしまう。


漆紫穂子

生徒の中にも、「将来のことがわからない」「好きなことが見つからない」と悩んでいる子がいます。でも、普段の勉強とは違う新しいことに挑戦することで「一歩踏み出したら見えてきた」と私に言ってきます。たとえ失敗しても、「それまでの経験は無駄じゃなかった」とも。


兼元謙任

「お金がない」といっても、本当に1円も持っていない人はまずいないでしょう。「いますぐ、欲しいものを手に入れるだけのお金はない」だけです。ところが「いますぐ」という枕詞を取って、「お金がない」と簡単に口に出してしまう。「俺はお金に不自由している!」というマインドコントロールを自分に施しているようなものです。これを長年にわたって続けていれば、惰性が働いて自己信頼が弱まってしまうのは当然です。


島田荘司

パターンが続くと飽きてしまうんです。どうせ書くなら、自分自身が興奮できるものを書きたい。作者が興奮しながら書いたものは、ちゃんと読者にも伝わると思う。一気に書けたものが、読者にとっても一気に読めるものだから。そのためにはワンパターンにならず、変化し続けなければいけない。


岡野雅行(岡野工業)

俺もあと、5年生きればいいと思っているけどね。まあ、何年も前からそんなこと言っているから、まだまだ長生きするかもしれないけどね。将来、花開くだろうアイデアがどんどん生まれているよ。やっぱり、俺は仕事が好きだからね。これからもいろいろやっていきますよ。


岡田武史

子供時代からプレーモデルや哲学をきちんとしたメソッドで叩き込んで、正しいサッカーの型を作るべき。型にはめると自由な発想ができなくなると言われがちですが、そうではありません。守破離という言葉もあるように、型があってそれを守るから、やがてそれを破り離れようという進化が始まり、その過程で新しい発想が生まれる。それはサッカーに限らず、あらゆる分野で言えることかもしれません。


永野重雄

大勢の仲間が協力して大きな成果を出す原動力は、ともに心の通い合う人間の「友愛」。


小郷三朗

まずはやってみることが大事。なぜ失敗したかを考えることによって新しい真実が見えてくる。