名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ゴードン・ムーアの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ゴードン・ムーアのプロフィール

ゴードン・ムーア、米国の実業家・物理学者、インテルの設立者の一人。同社名誉会長。『最小部品コストに関連する集積回路におけるトランジスタの集積密度は、18から24か月ごとに倍になるという経験則』ムーアの法則の提唱者としても知られている。カリフォルニア大学卒

ゴードン・ムーアの名言 一覧

企業は放っておけば成功体験にしがみついてリスクを避けるようになります。その方が楽だからです。しかし、企業にとってこれが一番怖いのです。


私はこの失敗(インテルがデジタル腕時計事業を起こし、1500万ドルの赤字を生み出し撤退した失敗)の後、教訓としてかなり長い間、このデジタル腕時計を身に着けていました。最近でも折に触れて電池を入れ替えては使っています。ただし、誤解されやすいのですが、私がこの腕時計をするのは、こんな失敗を二度としないようにという思いからではありません。逆に、こんな失敗だってできたじゃないか、私たちはいま、ちゃんとリスクを取って挑戦しているだろうかと、だんだんリスクを取らなくなる自分たちを戒める思いの方が強いのです。


技術革新のスピードにマネジメントがついていけなければ企業は衰退します。技術だけではありません。企業を取り巻く環境も大きく変わっています。端的な例は現在のシリコンバレーでしょう。この3年で様変わりし、いまや世界で最もコストの高い地域になってしまいました。ここでモノづくりを続けるのは難しいでしょう。


私が1年半から2年ごとに半導体の性能が2倍に上がるという論文を書いてから30年以上がたちます。実際、半導体産業はその通りに進み、ムーアの法則という名前までいただきました。この間、いくつもの技術のブレークスルーがありました。ものすごい勢いで半導体が技術革新したからムーアの法則が成り立ったのです。


インテルを創業して以来、33年間を振り返ると自分でも信じらないほど多くの失敗をしたと思います。忘れようとしても忘れられない失敗がいっぱいあります。


われわれはホフ氏の発明を画期的な内容だと評価していたが、電卓専門の半導体だと考えていた。パソコンなど思いもよらなかった。(覚書き|ホフ氏=マーシャン・テッド・ホフ、インテルの技術者。インテルにマイクロプロセッサの着想をもたらした人物)


研究者の良心に従って言えば、限界がどこにあるかは名言できない。ただ、2009年までは現在の半導体技術の延長で微細化を進めることができる。


部品あたりのコストが最小になるような複雑さは、毎年およそ2倍の割合で増大してきた。短期的には、この増加率が上昇しないまでも、現状を維持することは確実である。より長期的には、増加率はやや不確実であるとはいえ、少なくとも今後10年間ほぼ一定の率を保てないと信ずべき理由は無い。すなわち、1975年までには、最小コストで得られる集積回路の部品数は65,000に達するであろう。私は、それほどにも大規模な回路が1個のウェハー上に構築できるようになると信じている。


我々は、絶えず線幅を細くし、プロセスを複雑化し、ウェハの集積度を高めている。つまり、1つのチップに詰め込む機能を増やし続けている。


ムーアの法則は長くは続かないだろう。なぜなら、トランジスタが原子レベルにまで小さくなり限界に達するからである。(トランジスタの)サイズに関して、我々は基本的な障壁である原子のサイズに到達するであろう。しかし、その向こう側に行くにはまだ2・3世代ある。そして、我々が見ることができるよりもさらに向こう側がある。我々が基本的な限界に到達するまでにはあと10から20年ある。そのときまでには10億を超えるトランジスタを搭載するより巨大なチップを作ることができるだろう。


ゴードン・ムーアの経歴・略歴

ゴードン・ムーア、米国の実業家・物理学者、インテルの設立者の一人。同社名誉会長。『最小部品コストに関連する集積回路におけるトランジスタの集積密度は、18から24か月ごとに倍になるという経験則』ムーアの法則の提唱者としても知られている。カリフォルニア大学卒

他の記事も読んでみる

朝原宣治

私はほぼ1人で練習していたので、練習は地味で孤独な作業でした。そんな中で質の高い練習を継続できたのは、ワクワクしながら取り組めたからだと思います。つまり「この練習をすると体にどんな変化が起こるか」「この点を意識すると疲れにくくなるのでは」といった、「仮説→実行→結果」のサイクルを楽しむようにしたのです。すると、毎日の単調な練習が充実したものに変わり、モチベーションを自然と維持できました。


宇治原史規

先輩たちを見ていても、経験値が高い人はやっぱりすごい。自分自身の経験だけでなく、そういう先輩の言葉から学ぶこともたくさんあります。相方や後輩の言葉から学ぶこともある。周囲をよく見て、人の言葉によく耳を傾けていると、本当にいろいろなところにヒントがあります。教科書のように答えがひとつにまとめられていないけれど、これが生きた教科書やないか、と気づきました。


相羽余史緩

日本人ならではの和の心や技はもちろん大事ですが、現地の素材を取り入れて、この場所ならではの庭を造ることが肝要。


サミュエル・スマイルズ

人を偉大ならしめるものはすべて労働によって得られる。文明とは労働の産物である。


工藤公康

変える勇気を持つためには、「人間は変わるのが当たり前」という意識を持つことも大切。「変わるのが当たり前」と考えていれば、必要以上にショックを感じることもない。「それならどうすべきか」とすぐに対応できる。


辻村深月

姉妹で育ったので、これまで私の生活には男子の感覚がなかったんですが、今は息子やその友達を通じて、男子のものの考え方やとらえ方みたいなものを吸収しているところがあって。男でも女でも10歳がむずかしい年頃であることには変わりありませんが、もし今作(『青空と逃げる』)で描いていたのが娘なら、もっと饒舌な物語になっていたでしょうし、逃避行中も始終、母親と喧嘩ばかりしていたでしょう。女の子って、心を閉ざすときも開くときも言葉が先に出がち。だけど男の子は、びっくりするほど自分の内面をしゃべらない。女の子に比べて成長がゆっくりに感じられる反面、言葉を必要としないところでいつのまにか成長していたりする。


ドワイト・アイゼンハワー

容赦なく、逃れる術もなく、緊張が指揮官の判断力、自信を消耗させる。参謀たちが次々と、予期しない良くない戦況の報告を持ってくるので、その重圧は指揮官の胸にますます激しく突き刺さる。このような状況において指揮官はまず楽観的であることが重要である。


勝本竜二

来店型ショップの保険ショップに占める販売シェアは6%程度と見込まれています。訪問販売に加えて銀行窓販やネット通販など幅広いチャネルがあるため、今後ショップにおけるシェアが急拡大するとは思っていません。ですから、多様な事業者と協力体制を築きながら業績を拡大していきたいと考えています。


小室淑恵

私にしかできないと思っていた仕事を人に任せ、その時間に優先度の高い仕事をしたり、自分のスキルを磨いたりすれば、いまよりずっと効率的に仕事ができるようになるはずです。


辻庸介

大学卒業後、ソニーに入社し経理部に配属されました。その後、ソニーが共同出資で設立したマネックス証券に出向しました。マネックスは投資・金融教育にも力を入れている会社なのですが、この時に多くの人がお金にまつわる悩みや課題を抱えていることを知りました。同時に、ユーザー目線の金融サービスが日本には不足していると感じたのです。


小林喜光

私は常に、原理原則で考えていきたい。


清水浩夫

最もビジネスに重要なのは、顧客である飲食店の皆さんにしっかり向き合うことです。