名言DB

9419 人 / 110788 名言

ゴードン・バウカーの名言

twitter Facebook はてブ

ゴードン・バウカーのプロフィール

ゴードン・バウカー。スターバックスの創業者の一人で、スターバックスの命名者。サンフランシスコ大学同窓生でルームメイトだったジェリー・ボールドウィン、同大学同窓生ゼヴ・シーグルとともに焙煎豆小売会社スターバックスを創業。シアトルで上質なコーヒー豆を販売した。同社はのちにハワード・シュルツによってカフェチェーンとして再編され世界的企業へと発展した。

ゴードン・バウカーの名言 一覧

月並みでは駄目だよ。顧客の期待を盛り上げる必要がある。新しい店舗のすべて。店の名前、店内のセッティング、体裁、コーヒーを入れる際の配慮に至るまで顧客が何か特別なものを期待するようにしないと駄目だ。


ゴードン・バウカーの経歴・略歴

ゴードン・バウカー。スターバックスの創業者の一人で、スターバックスの命名者。サンフランシスコ大学同窓生でルームメイトだったジェリー・ボールドウィン、同大学同窓生ゼヴ・シーグルとともに焙煎豆小売会社スターバックスを創業。シアトルで上質なコーヒー豆を販売した。同社はのちにハワード・シュルツによってカフェチェーンとして再編され世界的企業へと発展した。

他の記事も読んでみる

高塚苑美

手帳は、予定を書き込むのが目的なのではなく、「限られた時間を戦略的に振り分ける」ために使う道具です。コツを身につけてからは、時間に振り回されなくなりました。


岸見一郎

知人に聞いた話ですが、大学で絵画や彫刻などを学ぶ学生にはメンタルの弱い人が多いそうです。みんなで絵を描くと、自分よりも上手い学生がたくさんいることがすぐにわかる。それで自信を失ってしまうのですね。でも、その学生の絵は、他の誰にも描けない絵のはずです。もちろん、技術的なことなど、学ばなければならないことはたくさんあるのでしょうけれども、その学生の絵を他の人が描けるわけではない。自信を失ってしまうのは、自分で自分のことを認められていないからです。


古谷周三

お客様のニーズを捉えるためには、事業の現場に深く入り込むことが欠かせない。


アレックス・ラミレス

組織の文化を丸ごと受け入れて、その組織にフィットするように自分を変えることが重要です。どんな職業の人にも言えることではないかと思います。


吉野佳秀

今でも朝起きて必ず誰とどんな話をするか、どんな方と会うか考えて勉強しています。1日5分余計に本を読むだけでもいい。そこで知りえた言葉、生き方を自分のものにするのです。人間に与えられた時間は平等ですので、それをどう費やすか次第です。楽に生きればそれで終わる。しかし、知らないものを知ろうとする時間を作った人は必ず変わります。頑張ってください。


経沢香保子

自分の得意分野で勝負するには、まず自分を知ることです。私の場合は、他人より優れているのではと感じていたコミュニケーション能力を活かして、営業職からスタートしました。得意な分野である程度のポジションを築いてから、それを次のキャリアに活かしていこうと考えたのです。


田崎正巳

新しい能力を開発して、思考力を身に付けていくためには、過去の経験を捨て、過去が通用しない世界に飛び込んでみることなのである。そのとき「自分はここでこういう能力を身に付けたい」という明確な目標を持つようにしよう。そうすることで、過去に経験したAでもBでもなく、新たなCという方法を見つけ出すことができるようになり、どこへ行っても通用する普遍的な能力を身に付けることができる。


鈴木治雄

私は困難にぶつかるたびに、一つの言葉を自分に言い聞かせてきました。「絶えず努力する者は救われる」これはゲーテのファウストに出てくる言葉です。若いときに出会ったこの言葉が経営者としての私と、人間としての私の心の支えでした。「最善の努力をしてみよう。その結果は努力しないよりもはるかに良い結果が得られるはずだ」と。


森川亮

やりたいことをやることが、モチベーションを高めるための大前提であり、一番重要な要因。やりたい仕事をやっていないなら、それができる環境に身を置く努力をしましょう。


宮崎駿

(エヴァンゲリオンは)3分と観られないですね。観るに堪えないです。僕はああいうもの、もういらないですよ。最初の絵コンテを見ただけで「エライこと始めやがったな、この野郎」って思ったんですけど、まあ終わってよかったですね。テレビシリーズのとき、庵野がどういう状態だったか聞いていましたから。机の横に布団敷いて、そこから出たり入ったりしてやってるっていうね。庵野のことだから、どうせ風呂入ってないんだろうなとか。それはもうわかりますよ。中身については、観なくてもいいんです。
【覚書き|宮崎監督と庵野監督は師弟であり友人であり、チャリティサイン会を一緒に行うような親しい間柄】