名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ゴーゴリーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ゴーゴリーのプロフィール

ニコライ・ヴァシーリエヴィチ・ゴーゴリ。ウクライナ出身のロシア帝国の小説家、劇作家。ウクライナのソロチンツィ出身。高等中学時代から創作活動に励み、絵画と文学、演劇に熱中。卒業後、長詩の自費出版、俳優活動などをするが振わず、下級官吏となる。官吏をしながら作家活動を行ったのち、愛国女学院の職を得る。ウクライナの民間伝承を集めた『ディカーニカ近郷夜話』がヒットし一躍人気作家となる。ペテルブルク大学で歴史を教えたのち、ドイツとイタリアに住み執筆活動を行った。

ゴーゴリーの名言 一覧

人間というのは馬鹿なもので、たとえ、今日の命があっても、明日という日はわからないということを忘れている。


ゴーゴリーの経歴・略歴

ニコライ・ヴァシーリエヴィチ・ゴーゴリ。ウクライナ出身のロシア帝国の小説家、劇作家。ウクライナのソロチンツィ出身。高等中学時代から創作活動に励み、絵画と文学、演劇に熱中。卒業後、長詩の自費出版、俳優活動などをするが振わず、下級官吏となる。官吏をしながら作家活動を行ったのち、愛国女学院の職を得る。ウクライナの民間伝承を集めた『ディカーニカ近郷夜話』がヒットし一躍人気作家となる。ペテルブルク大学で歴史を教えたのち、ドイツとイタリアに住み執筆活動を行った。

他の記事も読んでみる

大山健太郎

アイリスでは取引先とは言わず、取組先と言うように従業員を教育しています。小売りやお客さんとともに、一緒に課題解決に取り組む。そして、お互いにメリットを感じ、利益を得る。そういうウィン・ウィンの関係でなければなりません。小売りだけが強く、メーカーが常に泣き寝入りしていては製造業が崩壊してしまう。


新浪剛史

私がこの業界に来たとき、数字のうえでは「顧客の平均滞在時間は約3分」と把握していました。ところが、自分の目で店を見てみると、必ずしも3分以内で帰ってしまうお客さんばかりではありません。中には長い時間滞留されているお客さんもいます。そうした方々には、従来のコンビニとは違うアプローチが有効ではないでしょうか。ひとつは店内放送です。全国のローソンには1日約900万人の来店があります。子会社のローソンエンターメディアでは、レコード会社と協業して、店内放送で新曲を宣伝するという事業を進めています。


田島弓子

以前、外資系金融のヘッドハンティングをしている方に「ヘッドハントしたい理想の人材」を聞いたところ、面白い答えが返ってきました。営業成績が優秀な人材はもちろんですが、それ以上に「どんな組織風土でも力を発揮できる人」を採りたいとおっしゃったのです。


ダン・ケネディー

資金がないと金を儲けられないという人は、たとえ資金があっても儲けることができない。だから、もし誰かを資金援助するなら、元手がなくてもやっていけると証明した人にした方がいい。


田上節朗

学校の授業や学習塾、予備校の集団講義だと、生徒はどうしても受け身になってしまい、内容を理解できた子とそうでない子で差が生じてしまいます。この差は勉強そのものをつまらなくさせ、学ぶ意欲を低下させる原因になります。しかし、個別指導は生徒一人一人の学力や理解度に合わせて学べるため、こうした事態が生じることがありません。


岩本隆

部下に対し、ときには誘い水として私から会社の悪口をいうこともありました。オフィシャルに会社への不満を尋ねても本音を明かしてくれませんが、同じ立場で先に不満を漏らすと、向こうも警戒心が緩んで本音で話してくれます。ただ、不満分子をあぶりだすことが目的ではありません。不満を探って会社に密告するのは、どう考えても倫理的に問題があります。会社への強い不満を知っても、外に漏らさないことが大切です。


木瀬照雄

どんなに迷うような決断も、お客様の立場から考えれば間違えることはまずありません。


土屋義彦

私は伊豆の下田で育ったんですが、たまたま私の通っていた旧制中学の近くに、吉田松陰が潜んでいたんです。それで吉田松陰に影響を受けたんです。彼の偉いところは他人を恨むのではなく、自らの学問が足りなかったために、幕府を説得できなかった、と自らを反省して死んでいくんです。


星﨑尚彦(星崎尚彦)

店舗では社員と面談もします。名前だけでなく、これまでの勤務店舗、家族構成も頭に入れ声をかけると、心を許して、様々な情報や問題を話してくれます。改善すべきことが見つかれば、すぐに変えてしまう。始めて1年で400店舗回り、今も全社員1600人のうち、毎週800人以上に会っています。こうして「変化」を目にした社員は、「変わろう」と強く認識し、「すべきこと」を徹底してやるようになりました。


水留浩一

よく社員のみんなからは、「社長は話を聞いてくれますよね」と言われます。世の中には人の話を聞かない人がたくさんいるみたいですね。私は途中から会社に入っていくケースがほとんど。現場の声を聞かないと何もわかりません。だから話を聞くのが習慣になっているのかもしれませんね。


田中仁(経営者)

眼鏡には700年以上の歴史があるのに、ずっと役割が変わらなかった。そこを「眼鏡って、ただ視力が矯正できればいいの?」と視点を切り替えることで新しい市場が生まれた。


池田千恵

朝は気持ちよく仕事ができる時間帯です。私は毎日、朝4時に起きて運動したり、始業の2時間前に会社近くのコーヒーショップに出勤し、始業までの時間を自分の自分のキャリアや一日の仕事について計画する時間にあてたりしています。なぜ朝に計画を立てるのかというと、夜は心身ともに疲れがたまって発想がネガティブなものになりがちです。一方、朝はやる気に満ち溢れたポジティブな時間です。高い目標を掲げても、挑戦する意欲が湧いてくるのです。