名言DB

9413 人 / 110706 名言

ゴーゴリーの名言

twitter Facebook はてブ

ゴーゴリーのプロフィール

ニコライ・ヴァシーリエヴィチ・ゴーゴリ。ウクライナ出身のロシア帝国の小説家、劇作家。ウクライナのソロチンツィ出身。高等中学時代から創作活動に励み、絵画と文学、演劇に熱中。卒業後、長詩の自費出版、俳優活動などをするが振わず、下級官吏となる。官吏をしながら作家活動を行ったのち、愛国女学院の職を得る。ウクライナの民間伝承を集めた『ディカーニカ近郷夜話』がヒットし一躍人気作家となる。ペテルブルク大学で歴史を教えたのち、ドイツとイタリアに住み執筆活動を行った。

ゴーゴリーの名言 一覧

人間というのは馬鹿なもので、たとえ、今日の命があっても、明日という日はわからないということを忘れている。


ゴーゴリーの経歴・略歴

ニコライ・ヴァシーリエヴィチ・ゴーゴリ。ウクライナ出身のロシア帝国の小説家、劇作家。ウクライナのソロチンツィ出身。高等中学時代から創作活動に励み、絵画と文学、演劇に熱中。卒業後、長詩の自費出版、俳優活動などをするが振わず、下級官吏となる。官吏をしながら作家活動を行ったのち、愛国女学院の職を得る。ウクライナの民間伝承を集めた『ディカーニカ近郷夜話』がヒットし一躍人気作家となる。ペテルブルク大学で歴史を教えたのち、ドイツとイタリアに住み執筆活動を行った。

他の記事も読んでみる

白波瀬丈一郎

メンタルヘルスの二次予防(早期発見による重症化の予防))においては、「いつもと違う」が早期発見のキーワードです。いつもは始業の10分前に出社している部下が、最近は遅刻ギリギリで駆け込んでくる。いつもは大人しい部下が、今日はやたらと饒舌だ。こんなふうに普段と違う言動に気づいたら、本人の行動を注視し、必要に応じて産業医などの専門スタッフに相談してください。


森川亮

時間を管理することは、目標を達成できたかどうか確認することにつながります。大切な目標を忘れず、達成できなかったら、反省する。それをどう仕組み化するかが大事。


石井てる美

東大大学院のトップ集団が定位置だった私は、いつしかマッキンゼーでも完璧なキャリアパスを描かなければいけないという呪縛にとらわれていた。自分1人だけができないと焦り、キャリアを傷つけたくないという真面目さが思考を停止させた。エリート街道を歩き続ける意味は何かと考えた時、私は誰もが羨むキャリアを手に入れるために選んだだけで、先のビジョンがないことに気づいた。本当にやりたいことを見て見ぬふりをして。


吉野真由美

仕事が進まないのは、手つかずの仕事や雑事に気を取られ、目の前の仕事に集中していないからです。私は早朝にきっちり予定を立てることで、仕事に集中できるようにしています。


マザー・テレサ

私が喜びと言うとき、それは大声で笑うこと、馬鹿騒ぎをする状態を意味していません。それらは真の幸せな状態とはことなります。人は笑いとか馬鹿騒ぎで何かを誤魔化そうとすることがあるものです。


吉田博一

若さというものは、心の様相に反映されるものです。サミュエル・ウルマンの「青春」という詩のとおり、希望があれば、人は何歳でも若くいられます。


中尾浩治

スマートフォンにも日本メーカーの部品が多数使われていますが、利益の大半は機器メーカーが持っていき、部品メーカーの利益はわずか数%にとどまっています。なぜ優秀な部品を作っているのに儲からないのか。問題は付加価値、つまりアイデアの部分をつくっているのはどこなのかということです。


遠藤功

ビジネスの第一線で責任を背負い、一皮むける体験をしないと、本当のリーダーの器になりません。成功しようが失敗しようが、辛酸を舐めるといった経験をするのが日本人には一番いい。若いうちから、できれば30代のうちに子会社の社長をやらせるといったことを思い切ってやることが必要だし、現実的なリーダー育成法だと思います。


河野英太郎

「返事と相づちは、大きく」。これは昔も今も仕事の基本中の基本ですが、案外、きちんとでき強い人が多いと感じています。打てば響く。相手側の話へのリアクションがよいほど、相手は話しやすくなり、自然と打ち解けるのです。


小倉広

上司に意見を伝えるとき、コンテンツ(結論・メッセージ)だけでなく、コンテキスト(背景や経緯、文脈)も必ず伝えてください。「私はこのやり方がいいと思います」という結論を示したら、「なぜそう思うか」を伝えること。とくに「お客様からこんな意見をもらった」という顧客事例を伝えるのは有効です。上司は部下より現場を直接見る機会が少ない分、顧客の声を重視するので、納得してもらいやすいのです。


ピーター・ドラッカー

誰でも自らの強みについてはよく分かっている。だが、たいていは間違っている。わかっているのはせいぜい弱みである。それさえ間違っていることが多い。


池上浩一

プレゼンの成否は、その後の「Q&A」までわかりません。無事に話し終えても「Q&A」で手が挙がらなければ失敗です。海外では滅多にありませんが、日本では最初の一人の手が挙がらないことがある。20秒も沈黙が続くとしらけます。もし10秒たっても手が挙がらないときは、「先日の講演会でこのようなご質問があったのでお答えします」と短く話します。すると「呼び水」になって、会場から質問か出てきます、空気を操るのも大事なことです。


稲葉善治

今年入った新入社員やこれから入社する人たちは30年、40年と会社生活を送るんですから。その人たちの会社生活を台無しにするようなタスキのつなぎ方をしてはいけない。長居をして老害になってはいけません。


小林宏治

いったん自分なりの態度を決めると、あとは気持ちの上で楽になる。


青木均一

信長を研究することによって信長の偉さを知った。私は秀吉びいきであり、いまでも変わらないが、信長がなかったら秀吉は出なかっただろう。しかし秀吉はなくても、信長は出ていた。稀代の大器であり、天才児である。信長を知ったことは、私にとっても得るところが多かった。
【覚書き|日本陶管高浜工場長時代を振り返っての発言。同工場は桶狭間に近く、青木氏は古戦場を直接見に行ったことをきっかけに信長を研究することになった】