名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ゴーゴリーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ゴーゴリーのプロフィール

ニコライ・ヴァシーリエヴィチ・ゴーゴリ。ウクライナ出身のロシア帝国の小説家、劇作家。ウクライナのソロチンツィ出身。高等中学時代から創作活動に励み、絵画と文学、演劇に熱中。卒業後、長詩の自費出版、俳優活動などをするが振わず、下級官吏となる。官吏をしながら作家活動を行ったのち、愛国女学院の職を得る。ウクライナの民間伝承を集めた『ディカーニカ近郷夜話』がヒットし一躍人気作家となる。ペテルブルク大学で歴史を教えたのち、ドイツとイタリアに住み執筆活動を行った。

ゴーゴリーの名言 一覧

人間というのは馬鹿なもので、たとえ、今日の命があっても、明日という日はわからないということを忘れている。


ゴーゴリーの経歴・略歴

ニコライ・ヴァシーリエヴィチ・ゴーゴリ。ウクライナ出身のロシア帝国の小説家、劇作家。ウクライナのソロチンツィ出身。高等中学時代から創作活動に励み、絵画と文学、演劇に熱中。卒業後、長詩の自費出版、俳優活動などをするが振わず、下級官吏となる。官吏をしながら作家活動を行ったのち、愛国女学院の職を得る。ウクライナの民間伝承を集めた『ディカーニカ近郷夜話』がヒットし一躍人気作家となる。ペテルブルク大学で歴史を教えたのち、ドイツとイタリアに住み執筆活動を行った。

他の記事も読んでみる

鍜治真起

目指す会社像は、ひとことで言うと「カッコいい会社」です。


辻本憲三

人のできないことをやる。お客さんはほかと同じものでは喜びませんからね。


森下一喜

今はスマホに乗り換えたばかりのユーザーも多いので、伸びていくでしょう。ですが、ひとつ言えるのは、このままだとそのうち飽きられるということです。


宮田矢八郎

経営とは、突き詰めれば人間を問うこと。それは、経営者にも、会社員にも共通します。「なぜ利益を出さなければいけないのか」「何のために働くのか」という議論は最も重要なテーマ。これは、「なぜ生きるのか」「幸せとは何か」を問い続けることと同義。


前田新造

ブランド戦略においても、学びの対象はお客様にあるという姿勢を貫いています。ブランドの整理・統合を図り、それぞれのカテゴリーでトップシェアを獲得できるような、「太くて強い」ブランドを育成しようと、ブランドの開発から広告宣伝、販売に至るまで一貫して責任を負うブランドマネジャー制度を導入しました。ブランドマネジャーが中心となって、問題解決型のモノづくりに変えていくための大幅な組織変更です。


中山均

私は翁にくっついて、よく一緒に旅行した。車中で食事の時間が来ると駅弁を買って食べるのだが、弁当箱を開けると、外へこぼれない程度に静かにお茶をかけて、一粒の飯もおろそかにしないで食べ、残ったおかずも、きちんと包んで家に持って帰られた。
【覚書き:天竜川周辺の治山治水事業、北海道の開拓・植林事業に全財産を投じ、近代日本の発展に大きく寄与した金原明善氏の付き人をしていた時を振り返っての言葉。翁とは金原氏のこと】


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

火事場の馬鹿力と呼ばれますが、人間は疲れていても働けます。締め切りが目前に迫ると、ヒリヒリ、ハラハラしつつも頑張れます。この気力によって疲労が隠されている状態は、実は危険です。たまになら、このような働き方もいいでしょう。しかし常に馬鹿力を出していたのでは恐ろしいことになります。私はたくさんの患者さんを見てきて実感しています。本人は疲労感がなくても、身体の奥底には疲労がこびりつき、最後には大きな反動を生むのです。


蟹瀬誠一

資料の管理については、「書類が机に積み上がっていったら負け」と決めています。整理整頓は必ずしも得意な方ではありませんが、これも自分なりの基準をつくっておかないと収拾がつきません。


伊藤美恵

謙虚であることが美徳とは、私は全然思わない。ただし、常識は必要です。私の言う常識とは、礼儀や配慮のことです。たとえば、学生が大勢いるのに、講師の先生を一人独占して、質問攻めにするのは配慮に欠ける行為です。こうした学生も私は叱ります。ビジネスパーソンにとって、野心と常識の両方が求められるというのが私の持論です。


樋口武男

私はあまり会議をやりませんね。プロジェクト単位ではやっている場合もありますが。経験上、会議はやらないほうが得てしてうまくいきます。部屋の中にこもっていたって、何も新しいものは出てきませんから。会議をするなら、現場に行ってやるべきでしょう。現物を目の前にすれば、話は早く進みますよ。


冨安徳久

自分の価値とは、調子の良いときに集まってきた人ではなく、困って大変な思いをしているときに助けてくれる人がどれだけいるかによって決まります。たった一人でもいい。このような人間関係をつくるような人生にしなければいけない。


増渕達也

資格そのものではなく、実質重視なのが億万長者の特徴。資格は他人に評価してもらうためのもの。すでに成功している彼らには必要がない。