名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

ゴーゴリーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ゴーゴリーのプロフィール

ニコライ・ヴァシーリエヴィチ・ゴーゴリ。ウクライナ出身のロシア帝国の小説家、劇作家。ウクライナのソロチンツィ出身。高等中学時代から創作活動に励み、絵画と文学、演劇に熱中。卒業後、長詩の自費出版、俳優活動などをするが振わず、下級官吏となる。官吏をしながら作家活動を行ったのち、愛国女学院の職を得る。ウクライナの民間伝承を集めた『ディカーニカ近郷夜話』がヒットし一躍人気作家となる。ペテルブルク大学で歴史を教えたのち、ドイツとイタリアに住み執筆活動を行った。

ゴーゴリーの名言 一覧

人間というのは馬鹿なもので、たとえ、今日の命があっても、明日という日はわからないということを忘れている。


ゴーゴリーの経歴・略歴

ニコライ・ヴァシーリエヴィチ・ゴーゴリ。ウクライナ出身のロシア帝国の小説家、劇作家。ウクライナのソロチンツィ出身。高等中学時代から創作活動に励み、絵画と文学、演劇に熱中。卒業後、長詩の自費出版、俳優活動などをするが振わず、下級官吏となる。官吏をしながら作家活動を行ったのち、愛国女学院の職を得る。ウクライナの民間伝承を集めた『ディカーニカ近郷夜話』がヒットし一躍人気作家となる。ペテルブルク大学で歴史を教えたのち、ドイツとイタリアに住み執筆活動を行った。

他の記事も読んでみる

秋田正紀

松屋の強みとは何なのか。それは、銀座に立地することの意味を最大限に活用することでした。海外の高級ブランドの幹部からも、「私たちは、銀座をニューヨークの五番街とパリのシャンゼリゼ通りと同格とみているのに、肝心のあなたがたは、銀座の価値がまるでわかっていない」という意見や、「ブランド価値向上の重要さを理解していない」という厳しい言葉が寄せられていましたから。


天野篤

自分がすがすがしく、この場を打破するには勝つしかない。だから、現在は手術という試合において勝利を目指す。患者さんがよくなるということを勝利という価値観に結びつける。これが大学時代のテニスで得られた教訓ですね。


堀場雅夫

戦争中の修羅場の経験があるからこそ、私は常日頃から「おもしろおかしく」人生を送れと言うてます。人種、宗教観、政治信条などを超越して、基本的に人間の目標はこの一点に集約されると思っています。


大崎真孝

アナログですが紙の手帳を、仕事用とプライベート用で2種類使い分けています。プライベート用には感銘を受けたフレーズなどを書籍から抜粋して書き留めています。言葉がアップダウンの激しい日々の栄養剤になります。


柚木治

新しいことを始める時は、今ある常識を誰よりも勉強しなければいけない。業界の実態把握し、常識を誰よりも知り抜いてこそ覆せる。


澤口俊之

夢が実現して、それがどれだけ素晴らしいかを過去形で紙に書いて貼っておきましょう。そのためなら努力ができる。信じるということは考える対象を限定することなのです。


伊藤謙介

私の感じたところ、創業者の理念を継承しないときに、経営不振に陥る企業が多い。だから、「創業者のやり方をすぐ否定して変えてはいけない。まずは守破離の守でいけ!」と言っています。


経沢香保子

私がよく思うのは「量は質に転化する」ということです。考えることも大切だけど、時間をかけてやり続けることも、とても大切。先輩が5分でできることも、新入社員は半日かかってしまう。私もそうでしたが、こうしたことは、多くの人に当てはまると思う。この差を埋めるためには、経験を積むしかない。


臼井由妃

質問をする側に否定的な気持ちがあると、否定的な質問をしてしまうものです。先日もある企画の提案をするのに、「たぶん企画会議で通らないと思いますが、どうでしょうか」と言った人がいました。その時点で相手には「ダメなんだな」ということがインプットされてしまいます。仮にダメだと思っても、「きっとお役に立つと思うので、どうでしょうか」と言っていれば、相手も前向きに答えやすくなります。


カーリー・フィオリーナ

上手に交渉を進めるには、相手のことを知ること。相手に敬意を払うことが欠かせない。相手が大切にすることを自分も大切にし、時間をかけて信頼を得る。ビジネスの世界では、人は信頼と尊敬で結ばれている。信頼と尊敬だけが交渉を成功させ、対立する人同士を結びつける役割を果たせる。


西成活裕

考える時間を確保するには、スキマ時間の活用するといいでしょう。「5分でタスク整理」「電車待ちの10分でアイデア出し」「移動の15分で資料読み」など、短時間でできる「細切れ仕事」を用意し、いつでも実行できる態勢を整えます。そこで考えたことは必ずメモすること。記録しておけば、次のスキマ時間に続きができます。


米山久

単に売った買ったの関係では差別化につながりませんし、我々も食材に思いを持てません。資本参加するだとか、食材すべてを買い取るなど積極的にリスクを背負うことで関係がさらに深まるのです。