名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

ゴーギャンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ゴーギャンのプロフィール

ウジェーヌ・アンリ・ポール・ゴーギャン。フランスの画家。二月革命の年、パリに生まれる。共和系ジャーナリストの父とともに南米ペルーに1歳のとき亡命。父が病死し、母とともにフランスに帰国。オルレアンの神学学校で学んだのち航海士となる。海軍軍人として普仏戦争に参加、株式仲介人などを経て画家に専念することを決意。フランスのポスト印象派の代表的な画家として活躍した。

ゴーギャンの名言 一覧

苦しいときには、自分よりもっと不幸な男がいたことを考えろ。


ゴーギャンの経歴・略歴

ウジェーヌ・アンリ・ポール・ゴーギャン。フランスの画家。二月革命の年、パリに生まれる。共和系ジャーナリストの父とともに南米ペルーに1歳のとき亡命。父が病死し、母とともにフランスに帰国。オルレアンの神学学校で学んだのち航海士となる。海軍軍人として普仏戦争に参加、株式仲介人などを経て画家に専念することを決意。フランスのポスト印象派の代表的な画家として活躍した。

他の記事も読んでみる

齋藤匡司

今期は温故維新の精神で、守るべきところと変えるべきところを見極めて、ブランド価値をさらに高めていきたい。


堀田健介

モルガン・スタンレーには、ビジネス・コンティニュイティー・プランというものがあります。ここがつぶれたら、どこで決済や取引を継続するのか、常に事業の継続性を持とうというものです。我々は常に予測せぬリスクに投資しています。ビジネス・コンティニュイティー・プランは一種の保険料的な役割を果たしています。最悪のシナリオのときでも、事業を継続していくプランを考えておくことは、非常に重要な経営者の責任です。


城繁幸

人脈作りのポイントは、独自の知識や専門性、発想のおもしろさなど、相手から「会いたい」と思われる人物に自分がなれるように、普段から努力を惜しまないこと。


箭内道彦

博報堂時代、頭を金髪にして、ど派手な服を着ていました。そんなふうにしたのは、弱い自分を隠すためです。金髪なのに、つくっているものがつまらなかったらカッコ悪いですよね。先に金髪にして、それに見合う面白いものをつくらなきゃ、と自分を追い込もうと思ったのです。


星野真里

楽しく過ごすことは、私にとって人生のテーマ。何をやるにしても楽しいことが見つけられるように、普段から心がけています。


三浦善司

いまの時代は部門の枠を超えたコラボレーションから新たな価値が生まれます。専門バカだけでは、チームの中で会話すらできません。深い専門性と広い視野を兼ね備えた人が組織の中ではさらに活躍できるのです。


原田隆史

夜寝る前に日誌を書くことで、睡眠中に脳がその情報を整理し、朝起きたときに「今からすべきこと」にフォーカスできます。過去を振り返り、未来にすべきことを理解すれば、「今」に集中できます。現在、多くの人が、過去の失敗や未来への不安に振り回され、モチベーションを喪失させています。書く習慣によって、その停滞感は確実に払拭できます。


橋田壽賀子

私の希望は、原節子さんのように、人に知られずひっそりと死にたい。だから死んでも絶対に公表はしないで、葬式もしないでと言ってあります。葬式をしないのは、私が葬式に行くのが嫌いだから。盛大なご葬儀のたびに本当に偲んでいる方はどれくらいいるだろうと思ってしまう。忙しいのに義理で来ていただいてもうれしくないし、もう私に義理を感じることもないんだから、お葬式はいらないと思ってます。


ビル・トッテン

リーダーが変わると会社も変わってしまう。そうではなく、僕がいなくなっても、会社が変わらず継続していくことを考えています。アシスト本舗という会社をつくってホールディングス化したのもそれが理由のひとつです。この持ち株会社は、アシストのことをよく知る、アシストの人で運営しています。これにより、たとえ私がいなくなったとしても、アシストの理念は継続されるようになったと思います。


伊藤直彦

結婚式のあいさつで、この10数年、「寛容と忍耐」という言葉を新郎新婦に贈ることに決めている。生活を共にするとは、お互いにすべてをさらけ出すことで、交際中に気がつかなかった面も多々でてくる。意見も対立し、時には喧嘩になることもある。「寛容」とは心を広く持ち、お互い許し合うこと。「忍耐」とは辛くても我慢しなさいということではなく、自分勝手、つまり、わがままをお互いに押しつけないということである。縁があって一緒になった2人が、些細なことで別れる風潮があると聞く。もっと慎重であってほしい。


山崎将志

仕事は「初動」と「プロセス」と「結論」の3段階に分けられます。できる人は、どの段階においても連絡義務を怠りません。解答に時間がかかる場合は、「いついつまでに返事します」と連絡するのです。仕事は共同作業という意識を持っているからこそ、相手に不安を与えない仕事運びを心がけるのです。この意識があるかないかで、クレームやトラブルの発生件数に大きな差が出ます。


加藤照和

経営では、やるべきことをやり、やらざるべきことをやらないという判断が極めて重要ですが、その拠り所となるのが経営理念です。経営理念をいかに浸透させるか。そして、理念にもとづいてビジョンを立て、計画に落とし込んで実行していく。それをあたかも自転車に乗るような自然な感覚で実行できるまで持っていくのが、今の私の経営のテーマになっています。