名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

コンラッド・ヒルトンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

コンラッド・ヒルトンのプロフィール

コンラッド・ニコルソン・ヒルトン。アメリカの経営者。「ヒルトン・ホテル」創業者。ニューメキシコ州出身。ニューメキシコ軍人養成学校で学んだのち、第一次世界大戦に従軍。退役後、テキサス州に移住。モブレー・ホテルを買収してホテル事業を開始。その後、ヒルトン・ホテルを開業し、ホテル事業を大きく成長させた。

コンラッド・ヒルトンの名言 一覧

地位と名誉とお金を得たら、人の妬みを買うことも念頭に入れて人に接してゆくことだ。


コンラッド・ヒルトンの経歴・略歴

コンラッド・ニコルソン・ヒルトン。アメリカの経営者。「ヒルトン・ホテル」創業者。ニューメキシコ州出身。ニューメキシコ軍人養成学校で学んだのち、第一次世界大戦に従軍。退役後、テキサス州に移住。モブレー・ホテルを買収してホテル事業を開始。その後、ヒルトン・ホテルを開業し、ホテル事業を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

弘兼憲史

人を褒めるのが苦手な人がいる。損な人だと思う。損なタイプはふたつある。ひとつは「やって当然」「できて当たり前」と考えるタイプ。挫折を知らないエリート管理職にこのタイプが多い。もうひとつはひたすらシャイなタイプ。恥ずかしくて言葉に出して褒められないというタイプだ。前者のタイプの管理職は部下を褒めるのも仕事の内と心得て褒め方を学んでみる。後者のタイプは役者になったつもりで多少大げさに褒める練習をしてみるといい。


塩田武士

人生のすべてを出し切って、自分にしか書けないものができた。だから本当に、これが売れなかったら路頭に迷っていましたね。
【覚え書き|山田風太郎賞を受賞した小説『罪の声』について】


小松節子

事業経営をしていく上で、国内工場も、海外工場も「ものづくりは人づくり」であると実感しています。社員には、ばね技術はもとより、人としての常識、思いやり、責任感、気配りの出来る感性豊かな社員に育ってほしいと願っています。


吉田浩一郎

今日、お金で未来が手に入る確実性は薄れています。むしろ「今、何をしたいか、しなければならないか」と、「今」にフォーカスする必要性を感じます。


本田宗一郎

企業で一番怖いのは社長の無知です。問題は持っている知恵が古くなることです。そうすると、過去がどんなに偉かった経営者でも、会社をつぶすことになります。


浅田剛治

記憶するときの前提は、「覚えるべきこと」「覚えなくてもいいこと」を仕分けして、前者を重点的に記憶します。


西村晃(経済評論家)

行列のできている店のお客の様子を観察したり、会話を聞いているだけで、「遠方から来ているグループが多いな」とか、「リピーターは少ないぞ」といった、マスコミでは流されていない情報がどんどん入ってきます。


藤田晋

相手の気持ちを「分かったつもり」でいる状態が、実は最もトラブルが起きやすい。遊びの席ならまだしも、商談の場では、上辺だけの知識と軽いノリで「それは○○ですよね」と言うのは避けた方がいい。怪訝な顔つきをされたら、相手をうまく動かすどころか、交渉が決裂しかねません。当てずっぽうは論外ですが、安易な想像で相手の立場に立つのは、無理があると考えていいでしょう。


吉野佳秀

今でも朝起きて必ず誰とどんな話をするか、どんな方と会うか考えて勉強しています。1日5分余計に本を読むだけでもいい。そこで知りえた言葉、生き方を自分のものにするのです。人間に与えられた時間は平等ですので、それをどう費やすか次第です。楽に生きればそれで終わる。しかし、知らないものを知ろうとする時間を作った人は必ず変わります。頑張ってください。


いっこく堂

リーダーの位置を堅持するためには、忍耐力も大事です。年を重ねると厳しくしてくれる人がどんどん減っていきます。厳しくできるのはもう自分しかいないと、ある時気づいたんです。そして、自分を甘やかさないよう、10kmのランニングを毎日欠かさず続けています。さらに2~3年前から腕立て伏せ100回、腹筋30回を5セットすることを加えました。何事も継続することが大切だと思うんです。


金子博人

日本でチームワークといえば、「和」が最高の徳目である。しかし、コンフリクト(衝突・葛藤)は「和」の最大の敵である。となれば、日本式チームワークが効率よく機能するほど、顧客の欲しているものが見えなくなり、「いいものを作れば売れるはず」という、一人よがりの発想がはびこることとなる。高くて使い勝手の悪い製品を顧客に押しつけることとなる。


大久保恒夫

部下に指示する際、内容は出来るだけ1つに絞るようにしましょう。なぜなら、一度に多くのことを指示しても、部下になかなか伝わらないから。私の場合、経営方針など長期的な内容でも3つだけにしています。