名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

コンラッド・ヒルトンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

コンラッド・ヒルトンのプロフィール

コンラッド・ニコルソン・ヒルトン。アメリカの経営者。「ヒルトン・ホテル」創業者。ニューメキシコ州出身。ニューメキシコ軍人養成学校で学んだのち、第一次世界大戦に従軍。退役後、テキサス州に移住。モブレー・ホテルを買収してホテル事業を開始。その後、ヒルトン・ホテルを開業し、ホテル事業を大きく成長させた。

コンラッド・ヒルトンの名言 一覧

地位と名誉とお金を得たら、人の妬みを買うことも念頭に入れて人に接してゆくことだ。


コンラッド・ヒルトンの経歴・略歴

コンラッド・ニコルソン・ヒルトン。アメリカの経営者。「ヒルトン・ホテル」創業者。ニューメキシコ州出身。ニューメキシコ軍人養成学校で学んだのち、第一次世界大戦に従軍。退役後、テキサス州に移住。モブレー・ホテルを買収してホテル事業を開始。その後、ヒルトン・ホテルを開業し、ホテル事業を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

小松俊明

拙速と巧遅のどちらがいいかという議論は、問題設定のしかたによって、まったく答えが変わってくる。「速い・遅い」も、「丁寧・雑」も、すべて程度の問題。何か突出して優れている部分があっても、突出してダメな部分があれば台なしになってしまう。


いぬかいはづき

「持っている資格の分野がバラバラで一貫性がない」という人もいるかもしれません。その場合は、「なんのためにその資格を取ったのか」という理由を自身の中で明確にしておき、ストーリー立てて説明できるようにしておくことが重要です。たとえば、「必須ではないが、持っていれば業務上その知識が役立つと思った」ことが取得理由であれば、業務に必要な知識やスキルを積極的に身につけてきた実績となります。経験だけにあぐらをかかず、常に自己研鑽してきたと評価されるのです。


清水祐孝

定義を変えると、セミナーというやり方もあればコンサルというビジネスにもなる。印刷物がいい方には今までのように出版社として印刷物を届ける。出版物よりもっと詳しく知りたいという方にはセミナーを開く。私たちだけのためにここを詳しく教えてくださいという方にはコンサルとして、情報をお客様にとって価値あるものに、適切な方法で届けられたらいいなと思ってきました。


朝井リョウ

誰しも表現欲は持っているし、実は自分は普通だって自覚している人こそ「表現欲」が強いんじゃないかと思う。僕らの世代は、ブログやSNSといった表現の場を最低1つは持っているもの。皆、プロフィール文やアイコンの写真で自分を表現するために工夫しているんです。それが僕の場合、たまたま「小説」という形だっただけだと思います。


瀬戸雄三

私が駆け出しのころ、営業の会議中に当社の初代社長だった山本為三郎さんがふらりと入ってきたことがありました。当時の山本さんも第一線の現場の声を直接聞きたかったのでしょう。


加藤健太(経営者)

会社設立以来、「専業禁止」を掲げています。今の時代、会社の仕事だけしているのではなく、社員には(副業などで)どんどん外に出て経験を積んでほしいと思っています。大企業も潰れる世の中ですから、会社に寄りかかるのでなく、力をつけてどこにいってもやっていける人材に育ってほしいと思い、始めました。


赤羽雄二

超大手ですら、いつ倒産したり、海外企業に買収されたりしてもおかしくありません。そんな状況下で重要なのは、「自分の身は自分で守る」という考え方。自分を成長させ続け、どんな状況に陥っても生き抜いていける力を身につけましょう。


和田秀樹

社内のムードを味方につけておくことが大切。根回しをして、周りが「いいね」というムードを作っておく。普段からウソやズルをせず、協力を惜しまない態度が、信用を得ていきます。


中村シュフ

家事の最終的な目的は、自分や家族が「健康」で「快適」に暮らすこと。明日への活力を再生産するのも、家事の役目です。だから正直、家事はもっと評価されていいと思うし、僕は家事って、「義務」じゃなく「権利」だと考えているんです。生活をデザインする権利、とでも言いますか。


齋藤勇(齊藤勇)

人は相手の反応を見て、自分の「存在」や「関係性」を敏感に汲み取ります。そこに特定の癖が加わると、「自分の存在を軽く見ている」というマイナスの感情を相手に与えてしまう。普通なら気にならないただの癖も、特定の人にはとても不快に映る。


迫俊亮

28歳でこの大きな会社の社長に就任した私のことを「早すぎる」と思って見ている人が世の中にはいるだろう、ということは承知しています。自分でも、まだまだ学ばなければ行けないことがたくさんある、と自覚してもいます。しかし、だからといって自分自身を「早すぎた」と思ってはいません。


藤原弘治

リテール、大企業、海外企業などと、みずほの顧客を5つに分け、グループ横断の顧客別組織を作りました。結果、お客様のニーズが見えやすくなり、銀信証の連携がより効果的に発揮されるようになりました。