名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

コンラッド・ヒルトンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

コンラッド・ヒルトンのプロフィール

コンラッド・ニコルソン・ヒルトン。アメリカの経営者。「ヒルトン・ホテル」創業者。ニューメキシコ州出身。ニューメキシコ軍人養成学校で学んだのち、第一次世界大戦に従軍。退役後、テキサス州に移住。モブレー・ホテルを買収してホテル事業を開始。その後、ヒルトン・ホテルを開業し、ホテル事業を大きく成長させた。

コンラッド・ヒルトンの名言 一覧

地位と名誉とお金を得たら、人の妬みを買うことも念頭に入れて人に接してゆくことだ。


コンラッド・ヒルトンの経歴・略歴

コンラッド・ニコルソン・ヒルトン。アメリカの経営者。「ヒルトン・ホテル」創業者。ニューメキシコ州出身。ニューメキシコ軍人養成学校で学んだのち、第一次世界大戦に従軍。退役後、テキサス州に移住。モブレー・ホテルを買収してホテル事業を開始。その後、ヒルトン・ホテルを開業し、ホテル事業を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

豊田章男(モリゾウ)

社長の「シャ」を、謝罪の「シャ」から感謝の「シャ」に変えたい。


三浦しをん

辞書の記述も時代によって改訂されていきますからね。それこそ文楽を見ているとよくわかるんだけど、型は決して不変じゃなくて、時を経て洗練されていく。もちろんそれによって失われてしまう味わいも、それでも変わらない強固なものもありますが、物語に対する感性は時代と非常に密接しているものだから、絶えず変化/進化するのは当然だと思うんですよ。


小林陽太郎

人間は、知識では測り知れないプラスアルファの部分、もしくは神秘さのようなものを数多く持っていると私は考えている。地位が高いとか低いということは関係なく、私たちは人間をそのような視点から見ていく必要がある。ゆえに知識と経験をふまえた上で、そこに自己観照という作業を加えて、時間とともに、人間を見る視点を磨いていかなければならない。


桜井博志

うちの社員たちはみんな、学校を優秀な成績で卒業していません。言ってみれば負け組。でも、学校で教わった価値観と社会に出てからの価値観はぜんぜん達います。学校でカンニングすると怒られますが、社会に出たら隣の人をカンニングして仕事を覚えればいい。だから、自分に自信を持ってやればいいよ、と言っています。


秋元康

「クールジャパン」の本質とは、自国のコンテンツに自信を持つことです。納豆にたとえると、今までは外国人に売るために臭いや粘りを消そうとしていた。でも糸を引き、臭うのが納豆なんだ、と開き直る。それが必要なんだと思います。


武田双雲

僕は自分単独で何かを発想するタイプではなく、媒介者となってみんなが幸せになる最大公約数を見つけるのが持ち味。


本田有明

痛い指摘を受けると、ついムッとしてしまいがちです。が、そういうとき決して怒ってはいけません。ゴーゴリの戯曲『検察官』の中に、「自分の顔が曲がっているのに、鏡を責めて何になろう」という警句が出てきます。人から欠点を指摘されて怒り出すのは、鏡を見て、「なぜおれの顔が曲がっているんだ!」と責めるようなもの。何を指摘されても、笑顔で受け流しましょう。


西山昭彦

なかなかマイナスの感情から抜け出せない人は、寝る前にその日にあったいいことを3つ書き出すという作業を試してみるといい。これを習慣づけると、自然に「いいこと」を探す思考のクセがつく。1か月でものの見方がガラリと変わる。


入山章栄

イーベイの創始者、ピエール・オミディアは疑問が浮かんだり、物事に迷ったりした場合、自分の頭で考えるよりも先に、「この問題は誰に聞くべきか」を考えるそうです。成功した起業家も他人のアイデアを借りることに長けているのです。


松澤昭(工学博士)

東工大では電気情報系というのがあり、類別入試で、2年生の時に電気と情報に分かれます。ここ数年は伝統的なエレクトロニクス企業の業續が悪いので、IT型企業に関心がいき、情報系の人気があります。しかし、私は「情報技術は後からでも学べる。皆さんがやらなければいけないのはハードウエアも含めたシステムの設計だ」と言っています。システムはハードウエアや電圧コントロールとかエネルギーの変換など物理的なものを含みます。システム自体はデジタル制御かもしれませんが、動かす対象はすべて物理的なものなので、それをきちんと理解することで、初めてシステムの設計ができるのです。ですから、「まず電磁気学や電気・電子回路など物理的なものを学んでから、デジタルをやりなさい」と言っています。


中村久三

イノベーションを創り出さないと死んでしまいます。アルバックは非常に切羽詰まった会社です。「次は何か」「次は何か」と常に考えて、ライバルの先を行かなければなりません。


塩﨑均(塩崎均)

プレスリリースを出して、我々の取り組みがタイムリーに世の中に広まると、研究者や学生もさらに取り組みを加速しようと尻をたたかれる形になります。非常にいい循環が生まれています。