名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

コロッケ(ものまね芸人)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

コロッケ(ものまね芸人)のプロフィール

コロッケ。日本のものまね芸人。熊本県出身。高校卒業後上京。ショーパブなどでの下積みを経て、日本テレビ『お笑いスター誕生』で芸能界デビュー。ものまね四天王の一人として活躍。

コロッケ(ものまね芸人)の名言 一覧

今後も新しいネタ作りを続けています。改良を止めたらそこで終わりですから。


周りが褒め、これでいいと思って努力を怠るとそこまでです。これはどんな仕事でも同じですよね。


気づいたら、やってみる。そして、形になるまで継続する。すべての仕事はこの繰り返し。


慢心せず、研究を続けるのは見てくれるお客さんへの礼儀。どんな仕事にも共通する、当たり前の感謝の気持ち。


伸びていく人、伸びていかない人の差ははっきりしています。伸びていく人は、いい意味で貪欲です。


最近は礼儀や感謝について雑な人が増えています。つまり普通のことをちゃんとやるだけで信用を得られる幸運な時代。


半ば干されるような状態の中でも、僕がくさらずにいられたのは、母が教えてくれた「あおいくま」という言葉のおかげです。「あせるな」「おこるな」「いばるな」「くさるな」「まけるな」。この頭文字を取って「あおいくま」です。これは実家の台所の柱に貼ってあった紙に書かれていた言葉。母はいつも「人生は、この5つの言葉たい」と言っていました。


僕は何度も「あせるな」「まけるな」と言い聞かせていました。特に、自分自身に負けるな、次のチャンスに向けて、この待機の時間を準備のために使うんだ、と。そう考えて、くさらずコツコツと練習を重ねたものまね。それが、日本テレビで始まった「ものまねバトル」で評価され、その後の僕を支えてくれたわけです。


僕を含め、多くのものまね芸人はショーパブやスナック育ち。どれだけテレビに出ても、原点はそこにあります。ただ、夜の世界にどっぷり浸かってしまうと、芸が雑になります。というのも、飲んでいる席でのものまねの評価は、芸人の自己満足になりやすい。そこでウケている芸が、シラフのお客さんが集まる舞台やテレビで同じように評価されるかというと、ウケません。この線引きがわからず、勘違いで満足してしまう芸人もいます。しかし、その瞬間、ネタは下降し始める。


下積み時代、僕は自分のものまねの大切な武器を見つけました。それが、フェイントです。右に行くかなと思ったら行かないでじっとしていたり、目線を逆に振ってみたり……。単なるものまねではなく、動きの面白さを取り入れた。そのインパクトもあって、勝ち抜き方式の「お笑いスター誕生」で6週間出演。銀賞をもらい、他の番組からも声がかかるようになり、芸能界への扉が開きました。フェイントを発見したのは、仕事の後に寄ったオカマバーです。ママさんは巧みな喋りと動きで客全員を巻き込み、ひとつのグループにしてしまう。この技をものまねに取り入れられないか。その気づきが出発点でした。


「ものまね王座決定戦」降板や、芸能事務所から独立したこともあって、それから2年は本当に厳しい時期でした。そこで、原点とも言えるショーパブやスナックを回ることから始めました。とにかくガムシャラでしたね。得られるものがあったら、全部得てやろう。拾えるものは全部拾ってやろう。全国あちこちを回りながら、次にくるチャンスに備えて、それまでのネタを捨てることに取り組みました。


32歳の時、僕は自分にとって、とても大切な番組だった「ものまね王座決定戦」を降板することにしました。理由は大小様々ですが、一番はテレビを見てくれる人が心底喜んでくれるものを作りたいという想い。そこが食い違い、降板という選択になりました。同時期にお世話になっていた芸能事務所から独立したこともあって、それから2年は本当に厳しい時期でした。真っ黒だったスケジュール帳はあっという間に真っ白に。僕は20歳で「お笑いスター誕生」に出るチャンスを得て、順調な20代を過ごしていただけに「世の中、簡単に変わってしまうものなんだな」と。けれども、自分が決めて動いたことで、こんなにも大きな責任がついて回るのかと実感できたのは収穫でした。


コロッケ(ものまね芸人)の経歴・略歴

コロッケ。日本のものまね芸人。熊本県出身。高校卒業後上京。ショーパブなどでの下積みを経て、日本テレビ『お笑いスター誕生』で芸能界デビュー。ものまね四天王の一人として活躍。

他の記事も読んでみる

桜井章一

40代をどう過ごすかっていうのは、男にとって人生の大事なキーワードかもしれないな。私自身の人生を振り返ってみても、転機というか、一番大切な節目だったと思うよ。「雀鬼」という異名を授かった、麻雀の代打ちをやめたのも、40歳を迎える数年前のことだった。勝って、勝って、勝ち続けていても、あるときから喜びが広がっていかない。結局自分一人の満足でしかないじゃない? 自分のためじゃなくて、家族をはじめ、まわりの人たちを喜ばせたほうが人生は楽しいな、と思うようになっていったんだよ、40歳を前にして。


土光敏夫

私は思考の大切さを否定するものではない。しかし行動となって現れないような思考は、ビジネスにとって無用であり、ときには有害でさえあると思う。行動を伴わない思考は、腐敗を生むからである。思考と行動は、むしろ両方が相互作用を積み重ねながら成熟してゆくとみるべきではないか。一つの思考を行動に移し、その行動を吟味しながら次の思考を生み出す。そんなスパイラルの中から行きたいアイデアが生まれてくる。


石田知義

興味深いことに、歩いているときに閃いた新規事業は不思議と失敗することがあまりありません。歩くことは考え事を反復することにもなりますので、頭にしっかり残ります。ですから、ミスも減少するのかもしれません。


福沢諭吉

国の文明は、形で評価してはなりません。学校といい、工業といい、陸軍といい、海軍といい、すべて文明の形だけです。この形を作るのは、さほど難しくありません。これらはただ金で買えますが、ここにもうひとつ、無形の物があります。その物というのは、目に見えず、耳に聞こえず、売買できず、貸借できず、すべての日本人の内にあってその作用は大変に強く、この物がなければ、学校以下の形ある文明も実際の役に立ちません。まことに、それは、文明の精神とも言うべき最も重要な物です。その物とは何でしょうか。私は、人民の独立の気力、これこそが、文明の精神であり、最も重要な物だと考えます。


水野操

いつの時代も個別の作業はテクノロジーにどんどん置き換わってきた。ただ、いくら作業が人間以外のものに置き換わっても、そのテクノロジーを使いこなす人間は必要です。万能と思われがちなAIでさえ、現時点では一つの作業に特化している。つまり、現在AIと呼ばれるものは、「人に使われることが想定されているAI」だということを理解すべきです。


山内隆司

ゼネコンのランキングは、いまだに受注高や完工高で決められていますが、赤字転落によって学んだ最大のことは、大切なのは利益額だということです。


遠藤功

大事なのは目標を口に出し続けること。すると必ず共感者が集まります。志を共にする仲間が増えるのです。我々のもとにいい人材が集まってきたのも、夢を熱く語り続けていたからだと思います。


ドナルド・トランプ

計画に入っていたにせよ、いないにせよ、寄り道したときにこそ面白いことが起きる。


鈴木陽介(写真家)

目先のお金が増えるかどうかではなく、本当に面白いと思え、いい経験になるかどうかで判断します。そういうものには、迷わずお金を投じてきました。


澤田秀雄

大きな夢を持つことが大切。その上で時代に合った変化や創造をしながら、奢らず、基本や原点を大事にすることで、企業はまた発展していく。


クリス松村

インストラクターを始めたとき、最初はなかなか生徒さんが集まらなくて。1回のレッスンに集まるのはほんの数名程度。さみしい光景でした。そんな、ある日、先輩のインストラクターから、こんなことを言われたんです。「クリスって、普段はオネエ言葉ですごく面白いのに、どうしてレッスンになると、普通の人になっちゃうの? いつものクリスのほうが断然いいよ」そうなんです。私、親しい人の前ではオネエキャラを出してたんですけど、生徒さんの前では普通の男性を演じてたんです。なんだかんだ言っても、知らない人にカミングアウトするのって、勇気がいるんですよ。けれども、先輩の言葉でふっきれました。よし、オネエ全開でやってみよう。どうせなら、昔から自己流でやってたアイドル・フィットネス(歌手の振り付けをベースにしたダンス)も取り入れようと心に決めました。数日後のレッスンで私は大変身。オネエキャラ100%で踊りまくりました。すると、スタジオには活気と笑い声が充満。翌日から、生徒さんがどんどん増えて、あっという間に連日超満員のクラスになりました。そうこうしているうちに、オネエのインストラクターとしてテレビに出ることになり、いまの私に至っています。あのときに本来の自分をさらけ出したからいまの私がある。


デイヴィッド・エプスタイン

子供の才能を潰さないために重要なことは、時間さえかければ必ず一流になれるわけでもないということだ。「どの分野でも1万時間訓練すればプロになれる」という1万時間神話がスポーツの世界ではまことしやかにささやかれている。ところが調べてみると、この1万時間という数字は、実は30人程度の音楽アカデミーのバイオリニストへの調査から導き出されたものだった。しかも、調査の母体はすでにトップレベルにある人たち。これでは、神話がバイオリニストになりたい多くの子どもたちの現実となることを証明はできない。現実には、個人差がかなりある。