名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

コロッケ(ものまね芸人)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

コロッケ(ものまね芸人)のプロフィール

コロッケ。日本のものまね芸人。熊本県出身。高校卒業後上京。ショーパブなどでの下積みを経て、日本テレビ『お笑いスター誕生』で芸能界デビュー。ものまね四天王の一人として活躍。

コロッケ(ものまね芸人)の名言 一覧

今後も新しいネタ作りを続けています。改良を止めたらそこで終わりですから。


周りが褒め、これでいいと思って努力を怠るとそこまでです。これはどんな仕事でも同じですよね。


気づいたら、やってみる。そして、形になるまで継続する。すべての仕事はこの繰り返し。


慢心せず、研究を続けるのは見てくれるお客さんへの礼儀。どんな仕事にも共通する、当たり前の感謝の気持ち。


伸びていく人、伸びていかない人の差ははっきりしています。伸びていく人は、いい意味で貪欲です。


最近は礼儀や感謝について雑な人が増えています。つまり普通のことをちゃんとやるだけで信用を得られる幸運な時代。


半ば干されるような状態の中でも、僕がくさらずにいられたのは、母が教えてくれた「あおいくま」という言葉のおかげです。「あせるな」「おこるな」「いばるな」「くさるな」「まけるな」。この頭文字を取って「あおいくま」です。これは実家の台所の柱に貼ってあった紙に書かれていた言葉。母はいつも「人生は、この5つの言葉たい」と言っていました。


僕は何度も「あせるな」「まけるな」と言い聞かせていました。特に、自分自身に負けるな、次のチャンスに向けて、この待機の時間を準備のために使うんだ、と。そう考えて、くさらずコツコツと練習を重ねたものまね。それが、日本テレビで始まった「ものまねバトル」で評価され、その後の僕を支えてくれたわけです。


僕を含め、多くのものまね芸人はショーパブやスナック育ち。どれだけテレビに出ても、原点はそこにあります。ただ、夜の世界にどっぷり浸かってしまうと、芸が雑になります。というのも、飲んでいる席でのものまねの評価は、芸人の自己満足になりやすい。そこでウケている芸が、シラフのお客さんが集まる舞台やテレビで同じように評価されるかというと、ウケません。この線引きがわからず、勘違いで満足してしまう芸人もいます。しかし、その瞬間、ネタは下降し始める。


下積み時代、僕は自分のものまねの大切な武器を見つけました。それが、フェイントです。右に行くかなと思ったら行かないでじっとしていたり、目線を逆に振ってみたり……。単なるものまねではなく、動きの面白さを取り入れた。そのインパクトもあって、勝ち抜き方式の「お笑いスター誕生」で6週間出演。銀賞をもらい、他の番組からも声がかかるようになり、芸能界への扉が開きました。フェイントを発見したのは、仕事の後に寄ったオカマバーです。ママさんは巧みな喋りと動きで客全員を巻き込み、ひとつのグループにしてしまう。この技をものまねに取り入れられないか。その気づきが出発点でした。


「ものまね王座決定戦」降板や、芸能事務所から独立したこともあって、それから2年は本当に厳しい時期でした。そこで、原点とも言えるショーパブやスナックを回ることから始めました。とにかくガムシャラでしたね。得られるものがあったら、全部得てやろう。拾えるものは全部拾ってやろう。全国あちこちを回りながら、次にくるチャンスに備えて、それまでのネタを捨てることに取り組みました。


32歳の時、僕は自分にとって、とても大切な番組だった「ものまね王座決定戦」を降板することにしました。理由は大小様々ですが、一番はテレビを見てくれる人が心底喜んでくれるものを作りたいという想い。そこが食い違い、降板という選択になりました。同時期にお世話になっていた芸能事務所から独立したこともあって、それから2年は本当に厳しい時期でした。真っ黒だったスケジュール帳はあっという間に真っ白に。僕は20歳で「お笑いスター誕生」に出るチャンスを得て、順調な20代を過ごしていただけに「世の中、簡単に変わってしまうものなんだな」と。けれども、自分が決めて動いたことで、こんなにも大きな責任がついて回るのかと実感できたのは収穫でした。


コロッケ(ものまね芸人)の経歴・略歴

コロッケ。日本のものまね芸人。熊本県出身。高校卒業後上京。ショーパブなどでの下積みを経て、日本テレビ『お笑いスター誕生』で芸能界デビュー。ものまね四天王の一人として活躍。

他の記事も読んでみる

中村文則

純文学っていうものをたくさん読んだ人っていうのは、自分の内面に自然と海みたいなものが出来あがる。


後藤卓也(花王)

企画の内容ももちろんありますが、やはり人です。チームのやる気と熱意です。


村瀬治男

「製品」とは工場でつくりだされるモノ、「商品」はお客様が求めている価値を提供するものを意味します。本来、製品は商品であることを念頭につくられるべきで、それがなければお客様に喜んで買っていただけるものにはなりません。


大塚正士

大衆に貢献なき企業は滅びる。


茂木誠

根っこの部分を見逃して、ニュースで流れてくる理屈付けに引っ張られてしまうと、出来事の本質に気づくことはできない。


高杉良

僕が入院していたときのこと、小学校時代からの友人で、当時、日本経済新聞社の記者だった大竹堅固くんが「出光興産を題材に小説を書かないか」と言ってくれた。彼は僕が業界紙の記者として取材をしながら、出光興産という会社のやり方がちょっとおかしいんじゃないかと憤っていたことを知っていたわけです。だから、そんなふうに勧めてくれたんだと思います。こうして入院中と退院後の休暇の間に書き上げたのが、デビュー作の『虚構の城』です。言わば、急性肝炎になったおかげで本日の高杉良がある。しかも、いまだに生きて書いている。強運ですよね。


福沢諭吉

世間の教育家と称する者たちは、ややもすれば自分の信ずるところに偏りがちで、教育に極端に重きを置き過ぎ、ひたすら勉強勉強と唱えて、勉強さえすれば愚者も変じて知者となるようにはやし立てる者が多い。しかし、実際の教育の効能は、生まれ付き備わっている能力の生育を助けて、よい方向に導き、到達可能なところまで到達させるということだけにある。


柴田励司

「自分は仕事力も人間力もまだまだ磨かれていない」と不安に駆られる人もいるかもしれません。そういう人にまず勧めたいのは、思い切ってロングバケーションを取ることです。「バケーション」とはラテン語の「vacate(空にする)」という言葉からきています。空っぽにして自分を解放してみると、逆にいろいろなものが入ってくる余地が生まれてくるものです。


澤田秀雄

目にした変化が何を意味するのか、事業で得る情報から何を読み解くのか。大きな流れを感じ取るためには、いったん俯瞰して複数の情報を組み合わせてみることが必要です。


石井貴士

目標を多く設定しすぎると、達成できなかったときに不満足感が残るというデメリットもあります。


星野佳路

良い情報であっても、悪い情報であっても、会社の情報は全員が同じレベルでアクセスできることが大切です。


加賀見俊夫

当社の従業員満足度が高い背景には、モチベーションだけではなく、キャスト(スタッフ)がお互いに協力して学び合いながら、顧客満足度の向上に取り組むような工夫を取り入れていることも大きいと思います。例えば、「ユニバーシティ・リーダー」の存在です。現場のキャストからお手本となる人材を毎年15人程度選抜して1年の任期で、他のキャストの各種研修で先生役を務めてもらいます。正社員だけが教え込むのではなく、現場のキャストが自分たちで考えることがサービスの向上につながっていきます。