名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

コロッケ(ものまね芸人)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

コロッケ(ものまね芸人)のプロフィール

コロッケ。日本のものまね芸人。熊本県出身。高校卒業後上京。ショーパブなどでの下積みを経て、日本テレビ『お笑いスター誕生』で芸能界デビュー。ものまね四天王の一人として活躍。

コロッケ(ものまね芸人)の名言 一覧

今後も新しいネタ作りを続けています。改良を止めたらそこで終わりですから。


周りが褒め、これでいいと思って努力を怠るとそこまでです。これはどんな仕事でも同じですよね。


気づいたら、やってみる。そして、形になるまで継続する。すべての仕事はこの繰り返し。


慢心せず、研究を続けるのは見てくれるお客さんへの礼儀。どんな仕事にも共通する、当たり前の感謝の気持ち。


伸びていく人、伸びていかない人の差ははっきりしています。伸びていく人は、いい意味で貪欲です。


最近は礼儀や感謝について雑な人が増えています。つまり普通のことをちゃんとやるだけで信用を得られる幸運な時代。


半ば干されるような状態の中でも、僕がくさらずにいられたのは、母が教えてくれた「あおいくま」という言葉のおかげです。「あせるな」「おこるな」「いばるな」「くさるな」「まけるな」。この頭文字を取って「あおいくま」です。これは実家の台所の柱に貼ってあった紙に書かれていた言葉。母はいつも「人生は、この5つの言葉たい」と言っていました。


僕は何度も「あせるな」「まけるな」と言い聞かせていました。特に、自分自身に負けるな、次のチャンスに向けて、この待機の時間を準備のために使うんだ、と。そう考えて、くさらずコツコツと練習を重ねたものまね。それが、日本テレビで始まった「ものまねバトル」で評価され、その後の僕を支えてくれたわけです。


僕を含め、多くのものまね芸人はショーパブやスナック育ち。どれだけテレビに出ても、原点はそこにあります。ただ、夜の世界にどっぷり浸かってしまうと、芸が雑になります。というのも、飲んでいる席でのものまねの評価は、芸人の自己満足になりやすい。そこでウケている芸が、シラフのお客さんが集まる舞台やテレビで同じように評価されるかというと、ウケません。この線引きがわからず、勘違いで満足してしまう芸人もいます。しかし、その瞬間、ネタは下降し始める。


下積み時代、僕は自分のものまねの大切な武器を見つけました。それが、フェイントです。右に行くかなと思ったら行かないでじっとしていたり、目線を逆に振ってみたり……。単なるものまねではなく、動きの面白さを取り入れた。そのインパクトもあって、勝ち抜き方式の「お笑いスター誕生」で6週間出演。銀賞をもらい、他の番組からも声がかかるようになり、芸能界への扉が開きました。フェイントを発見したのは、仕事の後に寄ったオカマバーです。ママさんは巧みな喋りと動きで客全員を巻き込み、ひとつのグループにしてしまう。この技をものまねに取り入れられないか。その気づきが出発点でした。


「ものまね王座決定戦」降板や、芸能事務所から独立したこともあって、それから2年は本当に厳しい時期でした。そこで、原点とも言えるショーパブやスナックを回ることから始めました。とにかくガムシャラでしたね。得られるものがあったら、全部得てやろう。拾えるものは全部拾ってやろう。全国あちこちを回りながら、次にくるチャンスに備えて、それまでのネタを捨てることに取り組みました。


32歳の時、僕は自分にとって、とても大切な番組だった「ものまね王座決定戦」を降板することにしました。理由は大小様々ですが、一番はテレビを見てくれる人が心底喜んでくれるものを作りたいという想い。そこが食い違い、降板という選択になりました。同時期にお世話になっていた芸能事務所から独立したこともあって、それから2年は本当に厳しい時期でした。真っ黒だったスケジュール帳はあっという間に真っ白に。僕は20歳で「お笑いスター誕生」に出るチャンスを得て、順調な20代を過ごしていただけに「世の中、簡単に変わってしまうものなんだな」と。けれども、自分が決めて動いたことで、こんなにも大きな責任がついて回るのかと実感できたのは収穫でした。


コロッケ(ものまね芸人)の経歴・略歴

コロッケ。日本のものまね芸人。熊本県出身。高校卒業後上京。ショーパブなどでの下積みを経て、日本テレビ『お笑いスター誕生』で芸能界デビュー。ものまね四天王の一人として活躍。

他の記事も読んでみる

藤田晋

組織は「意思統一」が何より重要です。逆に言うと、意思統一ができなければ、単なる烏合の衆でしかない。


佐藤優

理想的な上司なんてものはまずいない。そんなものを探し求めていたら、理想的な女性を探し続けているピーターパンみたいになる人と一緒。


木村皓一

1000円のものを1000円で買ったら、五分五分ですよね。でも、1000円のものを1000円で買って、いい接客をしてもらったなと思ってもらえれば6対4になる。それが8対2になればもう一回行こうかなと思うでしょう。相手に自分より多くわたるようにすれば次につながる関係が生まれてくる。五分五分では一回限りの関係しか成り立たず、あとには何も残りません。これは商売に限らず、人間関係でも同じです。


平井正修

「人の信頼を得たい」などと願うことは、禅的に言えば、すでに心が囚われた状態、不自由な状態なのである。人からこう思われたいと願い、そう思われるように振る舞うことは、自らに由って生きているのではなく、他者の評価に由って生きようとしていることにほかならない。


羽田圭介

僕は日常生活での違和感とか、面白いなと思ったことをネタにして小説を書いているんですけど、その思考回路って、作品を出すことで、どんどん強まってくるんですよね。小説を書く人の感受性で、日常を見るようになっていく。そういうサイクルが楽しいんです。


トム・ケリー(IDEO)

我々はプロジェクトを必ずリサーチからはじめます。私たちが行うのは、気づきを得るためのリサーチなので、いわゆるマスの平均値を取る「マーケティングリサーチ」とは方法が異なります。多様な属性のユーザーの行動や感情を、時間をかけて対話をしながら深く観察します。


内藤誼人

コミュニケーションスキルという言葉が、やたらと取り沙汰されるようになったのは割と最近のことです。なぜなら、以前は誰もが大人になるまでに自然とコミュニケーションスキルを身につけていたからです。兄弟が多く、近所との付き合いや三世帯同居もごく当たり前。学校の部活動で上下関係を教え込まれ、会社に入れば飲み会や社員旅行などの濃密な付き合いがある。幅広い世代の様々な立場の人にもまれる環境が当たり前だったので、わざわざ学ぶまでもなかったのです。


五十嵐久也

改革は一つやれば、他のことも動いていく。逆に、一つできないと何もできない。


佐藤義雄

優秀な社員の成績が落ち込んだときには、必ず具体的な原因があります。それを探らず、「手抜きだ」「やる気がない」と部下を非難しても事態は変わりません。原因を本人に気づかせたり、解決の糸口を示すことが上司の役目なのです。まず、成績が落ちた原因を上司自身が把握する必要があります。


藤本篤志

通常、営業リーダーに抜擢されるのは、これまで実績を残してきた「できる営業マン」です。そのため、彼らの多くはリーダーになってからも、マネジメントと個人ノルマの達成の両立を会社から求められています。しかし、リーダーの最大の役割はマネジメントです。私はリーダーは個人ノルマをもたず、マネジメントに徹するべきであると考えています。リーダーがマネージャーとともにプレーヤーを兼務していると、部下とライバル関係になります。成績を上げるために大事な顧客を独り占めするなど、部下の成長を阻害するような行動を取りがちです。また、自分の営業活動に費やす時間が多くなり、マネジメントに割く時間が圧倒的に不足します。これでは、マネージャーとしてもっとも大切な「部下の能力を高め、チームの目標達成に責任を負う」という役割を果たすことはとうてい不可能です。


橋本和恵

趣味は、誰もが話しやすい話題なんです。私自身も初対面や年配のお客様には積極的に趣味をうかがうようにしていますが、ほとんどの方が嬉しそうに話してくださいますね。


なかにし礼

人は同じところに留まったら最後、停滞と腐敗あるのみ。これはどんな職業の人でも同じ。組織の中で安定した地位を得ていたとしても、自らに刺激を与え、進化させることができるのは自分だけ。