名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

コリン・パウエルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

コリン・パウエルのプロフィール

コリン・ルーサー・パウエル。アメリカの政治家、陸軍軍人。ニューヨーク州出身。ニューヨーク市立大学シティカレッジ卒業。ベトナム戦争に従軍。ホワイトハウス・フェロー、国家安全保障担当大統領補佐官、統合参謀本部議長、国務長官などを務めた。

コリン・パウエルの名言 一覧

組織が成功するとき、その仕事にくだらないものなどない。ただ、これほどわかりやすく、簡単に実行できる原理を理解できない、くだらないリーダーが多すぎるだけだ。


組織にとってだけでなく、望むらくは組織を超えた世界にとっても有益だと思われる目的。そのような目的のもとに全員が団結したとき、チームの勝利は約束されたようなものである。


働く人に対し、敬意や思いやり、優しい一言をもって接して悪いということはありえない。どの職員も欠くことのできない人だ。どの職員も、そういうふうに見られたいと思っている。組織に属する人は一人ひとりに価値があり、その価値を認められたいと思っている。


優れたリーダーはビジョンやミッション、目標を設定する。偉大なリーダーは、あらゆる階層の部下に刺激を与え、各自が目的を自分のものとして理解し、真剣に取り組むようにする。こまごました仕事の向こう側に自分たちの目的があると理解させるのだ。


大勢の人に来賓扱いされているようなときでも、私はできるだけ末端で働く人々に歩み寄り、握手するようにしています。人間としての彼らは、「末端」でもなんでもありませんから。


自分のキャリアの中でずっと心がけてきたのは、最良のスタッフを周囲に置くことと、彼らの意見に耳を傾けることです。


問題ばかりに心をとらわれず、そこにどんなチャンスがあるかを考えるのが、リーダーの役目だと思います。何が新しいのか、何が会社や社会に利益をもたらすのか、リスクはどのくらいか。そして、日々リスクとチャンスを天秤にかけ、リスクは最小に、チャンスを最大にするよう努力するのです。


統合参謀本部議長になったときも、私はしょっちゅう部下や現場のスタッフを執務室に呼んで頼んだものです。「君の意見を聞かせてほしい。この件については、私より君のほうが詳しい。私を喜ばせようとせず、率直な考えを述べ、必要なら私に反論しろ。そのために君を雇っているんだから」と。


リーダーは、一人ひとりの部下に自分と同じ目的意識を持たせる必要がある。目的はトップのリーダーを起点に、ダイナミックで情熱的なリーダーシップによって人から人へと広がり、組織全体に浸透していく。こうして、リーダーの総体的な目的とつながりがある形で、部下たちは細織の一員としての目的を持つことになる。


人間というのは、承認と励ましを必要とする。毎晩、私の執務室を掃除してくれる人は、大統領や将軍、政府閣僚と同じ人間である。だから私は「ありがとう」と一声かける。それだけのことをしていると思うからだ。自分のことを単なる掃除人だなどと思ってほしくない。彼らがいなければ私は自分の仕事を全うできない。国務省全体が彼らの肩にかかっていると言っても過言ではない。


部下は、リーダーが自分たちをどのような目的でどこへつれてゆこうとしているのかを知る必要がある。組織が実現しようとしているものを表す言葉としては、ミッション、目標、戦略、ビジョンなどがよく使われる。いずれも有用で素晴らしい言葉だが、私は、別の言葉を使ったほうがいいと思っている――「目的」だ。「目的意識」「目的は?」「目的にかなう」など、とてもよく使われる言葉だからだ。目的とはビジョンの終着点である。ビジョンにエネルギーを注入し、力強く前進させるのが目的だ。目的は前向きで力がなければならないし、組織の大勢に資するものでなければならない。


1960年代初頭、デイビッド・シャウプ将軍という海兵隊司令官がいた。そのころすでに時代遅れになっていたのだが、当時はまだ、将官が短いステッキや乗馬用のむちを持ち歩いていた。英国植民地時代の名残である。私も、若いころには持っていた。そのころ陸軍では短ステッキを持ち歩く人が少なくなりつつあったが、海兵隊にはこの伝統が根強く残っていた。これを廃止すべきだと考えたのがシャウプ将軍だ。司令官なのだから、ばかげたことば禁止だと命令を出せばすむ。しかしシャウプ将軍は、少々違う戦術を採用した。「必要だと思う士官には短ステッキの携帯を許可する」という指示を出したのだ。翌日、ステッキは消えていた。この1行を思いついたとき、彼は大笑いしたのではないかと思う。「短ステッキなんか無用だ」そう海兵隊員たちが思うとわかっていたのだ。


コリン・パウエルの経歴・略歴

コリン・ルーサー・パウエル。アメリカの政治家、陸軍軍人。ニューヨーク州出身。ニューヨーク市立大学シティカレッジ卒業。ベトナム戦争に従軍。ホワイトハウス・フェロー、国家安全保障担当大統領補佐官、統合参謀本部議長、国務長官などを務めた。

他の記事も読んでみる

辰巳渚

「これまでにやってきたこと」を大事にしすぎる人は、モノが捨てられない傾向があります。定年退職後でも自宅の書斎に仕事の本が山積みになっている人のように、「過去に得たモノ」を捨てられないのです。モノでもスキルでも、ピラミッドを作るかのように「積み上げ式」で考えると、「捨てる(一部を抜き取る)」ことが怖くなります。基本的に世の中は常に動いていて、自分も常に変化・成長していると考える。「過去」を引きずらないようにすれば、潔く捨てられるようになります。


岡本和久

個人は自由だからこそ、自分の投資をしっかり把握していないと下落局面で逃げてしまったり、おかしな商品に手を出したりしてしまう。まず「投機」と「投資」の違いを知った方がいい。前者はサイコロのように法則性がなく、結果をコントロールできない。


宮北結僖

近況報告は話し方の練習として効果的。状況を説明しようとせず、そこで気づいたことや、思ったことをメインに話す。人柄が伝わり好印象です。こうした練習を繰り返すことで、簡潔に話せるようになり、言葉が少なくてもきちんと伝わるようになるはずです。


長谷川滋利

初対面の相手と打ち解けるのが得意な選手に共通するのは、人を褒めるのがうまいこと。そんな彼らを見て、私も褒め上手を目指すようになりました。


清水喜彦

伸びる人材には絶対条件があると思っています。まず、好奇心が強いこと。大体、失敗は手抜きと思い込みでおかすもの。これをなくすには、これでいいのか、あのやり方は違ったなと、あれこれ好奇心のある人の存在が大事。


成宮雄三

私が街で情報収集することを心がけるようになったのは、高島屋に入社して、20代後半でニューヨーク店に赴任したころです。英語も含めて、こちらでいろいろと勉強してから渡米したのですが、そんな知識はちっとも役に立ちませんでした。だから仕事が終わると、毎日一人で街に出て、アメリカの文化を肌で体験しようと努力しました。そうするうちに、10年前から赴任していた日本人社員より、アメリカ文化の深層を理解できるようになったんです。それは顧客の心理を知るということですから、当然業績も伸びました。


川路耕一

子供の頃から背はあまり高くありませんでしたが、身体は強かったですね。昔はケンカをしたこともありましたが、まず負けませんでした。一度、身長が180cm以上あるバスケットボール部の主将とケンカになった時には、さすがに体格差もあって、地面に押し倒されてしまったのですが、下から気迫を込めた言葉を投げたら、相手が「ごめん、ごめん」と言って離したということがありました。やはり大事なのは気力なのだと思います。


庄司英尚

いま業績を伸ばしている会社は、社員がイキイキと働いています。つまり、仕事が面白いわけですね。社員のヤル気を引き出し成果を上げるよう持っていくため、それらの会社はどんな働き方のルールや制度を用意しているか。きっとそこにはあなたにとっての仕事を面白くするヒントがあると思います。


松下幸之助

熱意があれば、まわりの人がその熱意にほだされて、みな一所懸命やりますよ。なんぼ賢い人でも経営に熱意をもっておらんと、まわりが動かん。


ハロルド・ジェニーン

我々は見つかる限り優秀な人材を雇いたかった。我々が欲しいのは知能に優れ、知識と経験の備わった人物だったが、そうした長所を備えた候補者をさらに選考する条件として、働くことへの情熱という点で、私と共通している人々を周囲に置きたかった。


神津里季生

大切なのはキャッチボール。キャッチボールは自分勝手にボールを投げても成り立たない。相手を見定め、取りやすいところに投げる。受け取る姿勢を示し、投げ返してもらう。そうしてやり取りをする中で信頼関係を築いていく。その先にこそ、強いチームが出来上がる。


南場智子

「モバゲー」を黒字化させるまで苦しかったですが、「絶対に上手くいくはずだ。乗り越えられるはずだ」と信じていました。根性は昔からありましたからね。