コリン・パウエルの名言

コリン・パウエルのプロフィール

コリン・ルーサー・パウエル。アメリカの政治家、陸軍軍人。ニューヨーク州出身。ニューヨーク市立大学シティカレッジ卒業。ベトナム戦争に従軍。ホワイトハウス・フェロー、国家安全保障担当大統領補佐官、統合参謀本部議長、国務長官などを務めた。

コリン・パウエルの名言 一覧

組織が成功するとき、その仕事にくだらないものなどない。ただ、これほどわかりやすく、簡単に実行できる原理を理解できない、くだらないリーダーが多すぎるだけだ。


組織にとってだけでなく、望むらくは組織を超えた世界にとっても有益だと思われる目的。そのような目的のもとに全員が団結したとき、チームの勝利は約束されたようなものである。


働く人に対し、敬意や思いやり、優しい一言をもって接して悪いということはありえない。どの職員も欠くことのできない人だ。どの職員も、そういうふうに見られたいと思っている。組織に属する人は一人ひとりに価値があり、その価値を認められたいと思っている。


優れたリーダーはビジョンやミッション、目標を設定する。偉大なリーダーは、あらゆる階層の部下に刺激を与え、各自が目的を自分のものとして理解し、真剣に取り組むようにする。こまごました仕事の向こう側に自分たちの目的があると理解させるのだ。


大勢の人に来賓扱いされているようなときでも、私はできるだけ末端で働く人々に歩み寄り、握手するようにしています。人間としての彼らは、「末端」でもなんでもありませんから。


自分のキャリアの中でずっと心がけてきたのは、最良のスタッフを周囲に置くことと、彼らの意見に耳を傾けることです。


問題ばかりに心をとらわれず、そこにどんなチャンスがあるかを考えるのが、リーダーの役目だと思います。何が新しいのか、何が会社や社会に利益をもたらすのか、リスクはどのくらいか。そして、日々リスクとチャンスを天秤にかけ、リスクは最小に、チャンスを最大にするよう努力するのです。


統合参謀本部議長になったときも、私はしょっちゅう部下や現場のスタッフを執務室に呼んで頼んだものです。「君の意見を聞かせてほしい。この件については、私より君のほうが詳しい。私を喜ばせようとせず、率直な考えを述べ、必要なら私に反論しろ。そのために君を雇っているんだから」と。


リーダーは、一人ひとりの部下に自分と同じ目的意識を持たせる必要がある。目的はトップのリーダーを起点に、ダイナミックで情熱的なリーダーシップによって人から人へと広がり、組織全体に浸透していく。こうして、リーダーの総体的な目的とつながりがある形で、部下たちは細織の一員としての目的を持つことになる。


人間というのは、承認と励ましを必要とする。毎晩、私の執務室を掃除してくれる人は、大統領や将軍、政府閣僚と同じ人間である。だから私は「ありがとう」と一声かける。それだけのことをしていると思うからだ。自分のことを単なる掃除人だなどと思ってほしくない。彼らがいなければ私は自分の仕事を全うできない。国務省全体が彼らの肩にかかっていると言っても過言ではない。


部下は、リーダーが自分たちをどのような目的でどこへつれてゆこうとしているのかを知る必要がある。組織が実現しようとしているものを表す言葉としては、ミッション、目標、戦略、ビジョンなどがよく使われる。いずれも有用で素晴らしい言葉だが、私は、別の言葉を使ったほうがいいと思っている――「目的」だ。「目的意識」「目的は?」「目的にかなう」など、とてもよく使われる言葉だからだ。目的とはビジョンの終着点である。ビジョンにエネルギーを注入し、力強く前進させるのが目的だ。目的は前向きで力がなければならないし、組織の大勢に資するものでなければならない。


1960年代初頭、デイビッド・シャウプ将軍という海兵隊司令官がいた。そのころすでに時代遅れになっていたのだが、当時はまだ、将官が短いステッキや乗馬用のむちを持ち歩いていた。英国植民地時代の名残である。私も、若いころには持っていた。そのころ陸軍では短ステッキを持ち歩く人が少なくなりつつあったが、海兵隊にはこの伝統が根強く残っていた。これを廃止すべきだと考えたのがシャウプ将軍だ。司令官なのだから、ばかげたことば禁止だと命令を出せばすむ。しかしシャウプ将軍は、少々違う戦術を採用した。「必要だと思う士官には短ステッキの携帯を許可する」という指示を出したのだ。翌日、ステッキは消えていた。この1行を思いついたとき、彼は大笑いしたのではないかと思う。「短ステッキなんか無用だ」そう海兵隊員たちが思うとわかっていたのだ。


コリン・パウエルの経歴・略歴

コリン・ルーサー・パウエル。アメリカの政治家、陸軍軍人。ニューヨーク州出身。ニューヨーク市立大学シティカレッジ卒業。ベトナム戦争に従軍。ホワイトハウス・フェロー、国家安全保障担当大統領補佐官、統合参謀本部議長、国務長官などを務めた。

他の記事も読んでみる

中竹竜二

スポーツなら個々の選手、企業なら社員が自身のゴールを考え、決断することが大事だと考えています。U20の合宿でも、日々、選手自身がその日のゴールを決め、練習を行っていますが、そうするとパフォーマンスが目に見えて劇的に上がります。


永守重信

人生とは、チャンスをどう見つけるかという戦い。


齋藤孝(教育学者)

相手が言ったことに対するコメントがうまくできないという人は、相手の話に出てきた単語を繰り返すことから始めるといいでしょう。たとえば、相手が「うちの子どもは時間の使い方か下手で、いつも試験前にバタバタするんですよ」と話したら「そうですよね。時間の使い方っておとなでもむずかしいですよね」といった具合です。


高野登

哲学というのは、大切な命の中で悩み、もがきながら、つかみとっていくもの。


小林栄三

気楽な懇談会形式とはいえ、社長相手ですから、「言いたいことを言ってみろ」と言っても、なかなか言い出しにくいものです。そんなときは顔を上げている人、こちらをじっと見つめて何か言いたげな人から声をかけてみる。誰か一人が切り出せば、2人目、3人目と出てきます。


佐藤オオキ

「いかに効率よく、質を落とさず、段取りの手数を減らしてゴールにたどり着けるか」という観点で考えるトレーニングは、仕事のスピード力を高めるはず。


堀口英樹

「戦略×実現力」が成果を生む。いくら正しい戦略を立てても、それを実現する組織の力がないと大きな成果は出ない。


坂根正弘

世間が見る「経営者の人間力」とは、会社の業績次第で変わる。経営者個人がどれだけ能力や魅力を持っていても、会社の業績がついてこなければ、外部の人からは評価されない。結果を出していない経営者は、人間力があるとは見てもらえない。つまり、経営者の人間力とは、結果が伴わなければならないものである。


出雲充

ほかの人が諦めてしまうところで諦めたら新しいことはできません。あともうひと踏ん張り頑張ろうと思うための動機はいろいろあると思いますが、私の場合、バングラデシュの子供たちの栄養失調を解決したいという思いで、会社を先につくったことでした。


林子平

親もなし、妻なし子なし、板木なし、金もなければ、死にたくもなし
【覚書き|上記の板木とは、木版印刷に使う自著の版木のこと。上記の句は幕府に著書「海国兵談」「三国通覧図説」を発禁指定され、原版も没収されていることについての皮肉。幕末の国防を説いた海国兵談は出版してくれるところがなく、自費出版として出版し、版木は林子平本人が手彫りした】


庄野直之

営業には、直接の交渉相手ではなく「相手の上司が最終的な相手だぞ」と言っています。なぜなら、窓口の担当者にいくら気に入られても、その上司を説得できなければ買ってもらえないからです。


眞形隆之

ボロが出るのを恐れて全く喋らないと、結果的に「この人、何も知らないんだな」という印象が強く残ります。沈黙を恐れず、とにかく何か喋ったほうがいいですね。そこで効果的なのが質問です。「それ気になっていたんです。もっと教えてくれませんか?」と聞いてもいいでしょう。ほぼ知らないと告白しているようなものですが、興味を示したことで、話題に対して無関心・無知というイメージが払拭されます。


伊藤有壱

独立当時、イギリスの作品『ウォレスとグルミット』が登場、世界中がクレイアニメーションに注目していた。興味はあったけど、ブームに安易に乗りたくないと、あえて避けてましたね。しかし、ふと、「クレイの色は溶かして混ぜ合わせると無限に作れる。クレイは3次元の絵の具なんだ」と気づいた。その瞬間、僕の頭の中で可能性がバッと広がった。進むべき道はこれだと。


野原幸二

特に座右の銘というわけではないのですが、今振り返ってみれば仕事をする際に、この言葉の意識で取り組んできたなと感じるのは「着眼大局、着手小局」という言葉です。中国の戦国時代末の思想家であり儒学者であった荀子の言葉ですが、物事を長く広い見地から見ながら、目の前の小さなことから実践するという意味です。


ディオン・ワイズラー

開発陣には毎年新しい製品が出てくるたびに、「素晴らしい。でも、もっとだ」と言い続けた。長年慣れ親しんだものづくりの発想を抜本的に変えるには、トップが妥協してはいけない。


ページの先頭へ