名言DB

9412 人 / 110637 名言

コマネチの名言

twitter Facebook はてブ

コマネチのプロフィール

ナディア・コマネチ。ルーマニアの新体操選手。モントリオール五輪で五輪史上初の10点満点を獲得した。

コマネチの名言 一覧

自分が何をしたいかは自分で決める。自分の思っていることをはっきりと言う。それが自由だと思った。それが欲しかった。
【覚書き:母国ルーマニアがチャウシェスク独裁政権になり、監視され、プロパガンダに利用されることに嫌気がさし、アメリカへ亡命した時の言葉。亡命は命がけだった】


コマネチの経歴・略歴

ナディア・コマネチ。ルーマニアの新体操選手。モントリオール五輪で五輪史上初の10点満点を獲得した。

他の記事も読んでみる

佐藤琢磨

僕は全然天才じゃない。天才だったら、一発で、ターゲットというか、行きたいところに行けるでしょう。僕は、がむしゃらに背伸びしてトライしてアタックして、ようやくそこに到達できるんです。


安西祐一郎

自分が何かを判断するときに、やはりたくさん情報を持っていたほうがいい。誰かが情報を制御する可能性もあるし、限られた情報の中では判断を誤る可能性が出てくる。


堤真一

そのときはわからないけど、40代や50代になったときに、30代で頑張っていなかったらいまはないんだなぁってすごく実感すると思います。


樋口泰行

マイクロソフトは多様な製品を持っているので、製品を個別で考えるのではなく顧客にとって全体最適の戦略を考えていかなければなりません。単体サービスを組み合わせ、いかに他社よりも付加価値を高められるか。この点が競争環境の厳しいクラウド市場で明暗が分かれる点でしょう。


吉松徹郎

私自身、30年後どうなっているのだろうと想像します。今と変化しているなら誰が最初の第一歩を踏むのだろうと、よく逆算して考えているようにしています。その時に第一歩になる会社が私たちであれば良いと思いますし、私たちでないのなら、その会社になる確率の高い会社と今から資本と業務の両面で提携を組みたいと考え、努力しています。


山岸舞彩

時間が許せば、3~4日間、インタビューをする人についてずっと書き続けています。書くことで、相手のことを覚えられるし、頭が整理されるんですよね。また、そのノートを相手の前でペラペラと見ていたら、「お、こんなにやってくれているんだ」と思ってもらえるかなぁ、という淡い期待もあります(笑)。それに、書いたものを見返せば「私はこれだけ調べたし、考えた!」と自信が持てる。すると、インタビューにも自信を持って臨めます。


千原せいじ

高校の頃は親に迷惑ばかりかける悪ガキでしたけど、不思議と芸人で成功するイメージだけはありましたね。


テリー伊藤

シケた顔してるからダメなんだよ。「よっしゃ! これからガンガンいったるぞ!」って言ってると、本当にガンガンいけるようになるんだよ。


河村恭輔(経営者)

100年継続できる会社にしたい。それには、お客さまに必要とされる会社でなければならない。


川村元気

上司とのコミュニケーションの鍵は想像力だと思います。ちょっと想像力を働かせれば、チームの最終ゴールから考えて、進行を遅らせても今すぐ伝えるべきなのか、それとも機会を選んで伝えた方がいいのか、おのずと見えてくるはずです。


冨山和彦

私は、「大企業の管理職は半分に減らしても業務は回る。むしろ減らしたほうがスピードアップする」とよくいっています。管理職の人は「自分たちだって忙しい」というかもしれませんが、その仕事の多くは社内調整のための会議や打ち合わせで、売上アップにもコスト削減にもつながっていません。じゃあなんでそんな無駄なことをやるかといえば、失敗したときに一人で責任を取りたくないからです。


三ツ木紀英

自分なりに解釈を生み出すことと、根拠を考えることが鑑賞力の基礎になる。これを繰り返すうちに、アート作品に限らず、物事や情報を批判的に解釈する思考パターンができてくる。


工藤啓

留学生仲間たちと夜な夜なディスカッションの日々。みんな起業を夢見ていて刺激的でしたね。一方で、日本から電話をかけてくる友人の声は、「就職活動がうまくいかない」と暗い。この差は何だろうと。「雇ってもらう」ではなく「自分でビジネスを始める」という選択肢が見えてきました。
【覚え書き|アメリカ留学時を振り返っての発言】


重光昭夫(辛東彬)

米国型の経営モデルでは、企業の専業化、ひとつの業態に集中していくことがいいと言われてきました。ただ、私はアジアは違うと思うんです。なぜかというと、アジアの中でも新興国は、やっぱり低信頼性社会なんです。何が起こるかわかりません。たとえば、現地の建設会社に頼んだとして、本当に手抜きなくなっていると誰が証明できますか。たとえ自社で建設せずに現地企業に頼むにしても、発注するうえで我々がわかっていることが大切なんです。
【覚書き|グループ総出で外国へ進出することについての発言】


稲盛和夫

私がそうだったように、あえて厳しい環境を見出していけば、必ず成長できるはず。