名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

コマネチの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

コマネチのプロフィール

ナディア・コマネチ。ルーマニアの新体操選手。モントリオール五輪で五輪史上初の10点満点を獲得した。

コマネチの名言 一覧

自分が何をしたいかは自分で決める。自分の思っていることをはっきりと言う。それが自由だと思った。それが欲しかった。
【覚書き:母国ルーマニアがチャウシェスク独裁政権になり、監視され、プロパガンダに利用されることに嫌気がさし、アメリカへ亡命した時の言葉。亡命は命がけだった】


コマネチの経歴・略歴

ナディア・コマネチ。ルーマニアの新体操選手。モントリオール五輪で五輪史上初の10点満点を獲得した。

他の記事も読んでみる

梅森浩一

「要領がいい」というのは日本人にとってほとんどが「いい加減」や「手抜き」と同じ意味です。しかし、ビジネスの世界では要領の良さが常に求められています。なにも「手抜きしろ」と言っているのではありません。ただ「相手から評価されない仕事をいくらやっても、意味がない」と言いたいだけです。


吉澤準特

外資系企業で広く使われる用語に「ノーゲス」があります。「ゲス(Guess)」とは推測のことで、「ノーゲス(No Guess)」は「事実を基に判断せよ」という仕事上のセオリーのこと。人は判断材料が足りないと、思い込みで物事を決めようとします。それが後で問題に発展するケースがあります。


角田晃広

集中しているように見えて、気づくと自分だけの世界に入っちゃってたりすることがよくあるんだよね。集中して一つのことを考えているでしょ。だけど、気づくと、そこから離れて全然別のことを妄想してたりする。それが傍からは集中しているように見えるのかもしれない。


松井功(プロゴルファー)

青木功、ジャンボ尾崎、中嶋常幸といったトッププロは、いずれも人一倍の努力をしているからその地位にある。


和地孝

経団連のミッションでインドに出かけた折、マザー・テレサの活動に触れ、帰国後に注射器などを贈りました。するとすぐに私宛にお礼状が届き、そこにはこう書かれていました。「私を診てくださったすべての医師、看護婦、そして治療に使った薬や医療機器、これらのおかげで私がいま、生かされており、これらを通して、神様はたくさんの愛を示してくださいました」「この感謝の気持ちをテルモの皆さんのための祈りに代えて贈ります」。じつに心温まる手紙です。お礼状で大切なことは、心が伝わることです。


古賀信行

弊社は株式会社ですから、株主あっての弊社です。その意味では、株主が一番です。しかし、株主がただ弊社の株式を持っているだけであれば、何の営みも生まれません。株主だけを一番に据えているだけでは、弊社は意味がない。やはりお客様の存在があってこそ、初めて弊社は成り立ちます。その観点ではお客様が一番です。ところが、弊社には、お客様に満足を与えるビジネス上の責務があります。そのためには、従業員が働かなければ、お客様に満足を与えることはできません。やはり従業員も一番です。つまり、株主、お客様、従業員は切っても切れない関係だと思います。


二宮尊徳(二宮金次郎)

真の学問とは、小欲を大欲に変えるための手段。小欲とは己のみの欲求を満たすことであり、大欲とは人間そのものの幸福を満たすことである。


竹中平蔵

コロンビア大学のインドから来た留学生がフォーチュン500の経営者・CEO全員にアンケート調査を行いました。「あなたが大会社のトップになれたのはなぜだと思いますか」という質問をしたところ、一番多かった回答は、「自分のやりたいことを仕事にしたからだ」という答えだったそうです。


塚崎義直

企業が求めているのは、机上のアドバイスや批評や昔話ではなく、実際に手足を動かすこと。


藤原和博

キャリアの複線化は、ビジネスパーソンにとっての憧れや夢なんかではなく、安全保障だと僕は思っています。


秋沢志篤

外の風に吹かれて、未知の世界と出会ったり、異なる言葉、文化に触れたり、考え方の違う人と語り合う中でいろいろと考えさせられることが出てくる。そこから得ることは、お金には換えられない満足感だし、社員の一人一人がそうした満足感を得ることによってジョブ・サティスファクション(職務満足感)にもつながっていく。だから、毎月のお給料の中から、少しずつ積み立てをして、世界のイベントにみんなで行くんです。そして、人と人とが触れ合う中で生まれる熱い思いを共感しているんです。


鳥原隆志

例えば、部長や課長といった役職は、単なる「与えられた役」であり、自分は仮面をつけてそれを演じているだけだと考える。仮面を外せば素の自分に戻るというイメージを持てばい部下や後輩も素直に「教えて」と言えるはず。