名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ココ・シャネルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ココ・シャネルのプロフィール

ココ・シャネル。11歳で母と死に別れ孤児院・修道院で育つ。院を出た後、田舎町ムーランのキャバレーで働き歌手を目指す。その後、ファッションデザイナーとして成功し、シャネルを世界的なアパレルメーカーへと育て上げる。シンプルで動きやすい女性服のデザインを世界中に広める

ココ・シャネルの名言 一覧

わたしが創り出したものを全部知ることはできない。わたしは革命をした。


かけがえのない人間になるためには、常に他人と違っていなければならない。


贅沢を貧乏の反対と考えている人がいます。でもそれは違います。贅沢とは下品さの反対なのです。


エレガンスとは青春期を抜け出したばかりの人間が持つ特権ではありません。それは、すでに将来を手に入れた人間が持つ特権なのです。


ココ・シャネルの経歴・略歴

ココ・シャネル。11歳で母と死に別れ孤児院・修道院で育つ。院を出た後、田舎町ムーランのキャバレーで働き歌手を目指す。その後、ファッションデザイナーとして成功し、シャネルを世界的なアパレルメーカーへと育て上げる。シンプルで動きやすい女性服のデザインを世界中に広める

他の記事も読んでみる

佐藤可士和

海外の人が一目見て「魅力的な東京」を連想するような、象徴的なものはあまり見当たりません。でもこれは不思議なことではないんです。東京の最大の魅力は、大自然でも世界遺産でも、東京タワーでもなくて、もっと「目に見えない価値」にあるからです。その価値とは何か。一言でいえば、「ハイクオリティー」です。商品やサービスだけでなく、そこで働き、暮らす人の精神性も含めて、世界のどの都市と比べてもレベルが高い。世界中の都市の中で、特に東京が突き抜けているのは、「安全さ」「清潔さ」「正確さ」の3つのクオリティーではないでしょうか。こうした「Tokyo Quality」こそ、東京という街の素晴らしさを象徴する「アイコン」なんです。


荒井正昭

優秀な人たちは、得てしてマクロ経済の視点で物事を考えがちです。たとえば、「リーマン・ショックによる金融危機のさなかに、家なんか誰も買わない」と考えてしまう。けれども、ミクロな個人の動機から考えたらどうか。不景気だからといって、いま住んでいるマンションの家賃が半額になるわけではない。ところが物件価格が下がって、住宅ローンの支払い額が家賃の7掛けで済む家が売りに出されたら、きっと買いたいと思うはずです。


河田重

どんな場所でどんな仕事を与えられても、視野を広くして勉強さえしていれば、いかなる仕事も、そのもととなる芯は同じものだと思う。もちろん、私がすべてをその通り実行してきたと思わないが、過去にいろいろ苦労してきて、初めてこういうことがわかり、いまはそれが自分の信念になっているといっても差し支えないところである。


朝倉千恵子

厳しくしつけると、いい人財が育つ。甘くすると、楽なことを好む人だけが残る。それでは会社の将来性がなくなってしまいます。


野村克也

俺は「恥の意識」を「プロ意識」と同義だと思っている。当たり前のことができない野球選手は、恥ずかしいことに他ならない。しかし、そんな時に「恥ずかしい」と思えることもまた、大事なプロの条件。例えば試合でミスをした時。心底、恥ずかしいと思った人間は、次の策を練るもんだからだ。


堀江裕介

過去の失敗を改めて考えると、リスクを冒して小さなスタートアップに入社してくれた社員に、輝かしいキャリアを提供できなかったことが一番の問題だったように思います。いまはその反省を踏まえ、社員の3年後、5年後の人生がより良いものになるよう、全力で経営に向き合っています。


秋山利輝

製品として自分が納得のいくものをつくらなければいけませんが、自分の満足などはあくまで付帯的なこと。最も大事なのは、いかに相手を驚かせ、喜ばせられるかです。


加賀見俊夫

やはり経営判断の要素は数字だと思います。その際、基礎的な知識があるのとないのとでは全く違います。そう感じた私は「どうせやるなら」という想いで商業簿記を終えた後、工業簿記の資格も取りました。


糸井重里

人を育てるときに、僕は手取り足取り教えたくはない。仕事のノウハウを人から教わるのは簡単です。マネをするだけで、それなりの仕事はできてしまいます。だけどそうやって、みんなが優等生になってもつまらない。自分で考えることで得られるものこそ、成長につながると思うんです。


水尾順一

現場で生じている問題やリスクについて、部下が何でも自由に話せる「風通しのいい文化」がなければ、企業が様々な問題を芽のうちに摘み取ることができず、重大事故を招くことになりかねない。


鈴木雅哉(経営者)

独自のデータベースを作ったところで、大企業へ売り込みました。ところが全くうまくいかない。バイイングパワーが無いので価格競争ができないし、システムの使い勝手も悪かったので、見向きもされませんでした。そこで方針転換し、中小企業に集中することにしました。間接資材のメーカーや問屋の営業マンは、1回当たりの購入額が大きい大企業に集中しがちです。そのルートから外れた中小企業向けに、通信販売の仕組みを提供できればビジネスになると考えたわけです。


アイスキュロス

歳をとるにつれ、時は多くの教訓を教える。