ココ・シャネルの名言

ココ・シャネルのプロフィール

ココ・シャネル。11歳で母と死に別れ孤児院・修道院で育つ。院を出た後、田舎町ムーランのキャバレーで働き歌手を目指す。その後、ファッションデザイナーとして成功し、シャネルを世界的なアパレルメーカーへと育て上げる。シンプルで動きやすい女性服のデザインを世界中に広める

ココ・シャネルの名言 一覧

わたしが創り出したものを全部知ることはできない。わたしは革命をした。


かけがえのない人間になるためには、常に他人と違っていなければならない。


贅沢を貧乏の反対と考えている人がいます。でもそれは違います。贅沢とは下品さの反対なのです。


エレガンスとは青春期を抜け出したばかりの人間が持つ特権ではありません。それは、すでに将来を手に入れた人間が持つ特権なのです。


ココ・シャネルの経歴・略歴

ココ・シャネル。11歳で母と死に別れ孤児院・修道院で育つ。院を出た後、田舎町ムーランのキャバレーで働き歌手を目指す。その後、ファッションデザイナーとして成功し、シャネルを世界的なアパレルメーカーへと育て上げる。シンプルで動きやすい女性服のデザインを世界中に広める

他の記事も読んでみる

田島弓子

実力を発揮して出世していく人は、みんな機嫌よく仕事をする人。いわばいいオーラを出している。


秋山ゆかり(コンサルタント)

語学学習では、基本動詞と高頻出な単語から覚えていくと効果的。どの言語を学ぶにしても、本当に必要な動詞は24しかない。


村上吉弘(経営者)

日々お客様と接している全国166か所のサービス拠点のスタッフがニーズを具体的かつ丹念にお聞きし、新たな商品、サービスとして提供していく。新型(大型トラック)Quonも、そうしたお客様の生の声に一つ一つ応える中で、形づくられていったのです。


田中愼一(田中慎一)

いま企業はブランドよりもレピュテーションに注目しています。まだ知られていない企業や商品に対しての認知度を引き上げてる来るのがブランドです。それに対して、ブランドの成長とともに膨らんでいくのがレピュテーション、つまり評判です。ブランドに対する期待値といってもいい。


イチロー(鈴木一朗)

家の中の空間がどれくらい気持ちよいかというのは、グラウンドに反映されるんです。


野木森雅郁

環境が変化すれば、仕事で必要とされている知識やスキルも当然変わってきます。つまり、無駄をしたくないと、いま仕事に使えることばかり勉強するのは効率的どころか、もしかしたらそれまでの努力が一瞬にして灰燼に帰してしまうかもしれない危険な行為なのです。


羽生善治

仮説は外れることもあります。しかし、仮説検証を繰り返すうちに、次第に全体像をイメージする精度が上がっていく。


福原義春

企業の背骨とも言える価値観の体系を、どう遺伝子として組織に残していくか。経営者は自らと対話し、価値基準を見定め、それを語り部として次世代に伝えなければなりません。それが後々企業の見えざる資産となっていくのだと思います。


ロベルト佃

マリノスで通訳をしていたとき、日本人選手に触れながら「彼なら海外でも活躍できるのに……、もったいない」と思うようになっていった。そんな時、マリノスに(中村)俊輔が入ってきたんですよ。当時からテクニックはズバ抜けていた。また海外志向もあったので、すぐに仲良くなりました。僕がマリノスを辞めた後、無計画だった僕に突然「代理人やってくれない?」と電話をかけてきました。30歳になる直前、「彼の才能を信じよう!」と、リスクをとった。そして父親の国籍があるパラグアイでFIFA代理人のライセンスをとりました。俊輔がいたから代理人になったわけです。そしてセリアAのレッジーナと契約。その後、スコットランドのセルティックFCで活躍し、憧れていたスペインのエスパニョールを経て、いまマリノスに戻ってきた。日本サッカーのためにね。


桔梗原富夫

イノベーティブなサービスはいわば「辺境」で生まれることが多い。


有馬誠

経営者にはぜひとも、どこか家電量販店に赴き、半日ほど売り場を眺めることをお勧めしたいですね。衝撃的ですよ。家電製品の前でお客さんが無言でスマホを凝視しているのです。「メールでもしているのかな?」と思いきや、大部分が価格を調べているのですから。


舘ひろし

良い上司と巡り会えない人は、嘆いていないで、いいところを探してうまくつきあってみたらどうですか。


秋元信行

ベンチャー企業と組めば何か新しいことができると漠然と考えて協業を始める大企業が多いと感じる。いざ走り出してから、お互いが思い描くゴールが全く異なっていることに気付くことがある。コミュニケーションがうまく取れず「破談」することも多い。


坂東眞理子

部下だけでなく、上司も育っていかなければいけない。


夢枕獏

初めての本が出るとなった時、ようやく、これはエラいことになったと思った。小松左京さんや筒井康隆さん、平井和正さんといった作家が先を歩いていて、自分の本も同じ棚に並ぶのだ、と。俺のが一番ダメじゃないかって。怖くなりましたね。「誰が読むんだ、俺の本」と思った。そんな時、たまたま買った本のあとがきで、著者が「あなたは運がいい。なぜなら、この本を手に取って、これを今、読んでいるからだ」と自分を褒めていたんですね。その頃の本のあとがきは謙虚な内容がほとんどでしたから驚きました。「すごいな」と思う一方で、僕も腹をくくろうと決めた。自分はこれまでも、この先も小説を書き続けるのだから、怖がっていても仕方がない、と。


ページの先頭へ