名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ココロ社の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ココロ社のプロフィール

ココロ社、こころしゃ。日本のブロガー、作家。大阪府出身。東京大学文学部卒業。著書に『がまんできない人のための 真の忍耐力養成ドリル』『プラス思考をやめれば人生はうまくいく マイナス思考法講座』。

ココロ社の名言 一覧

プレゼンはスライド形式でやらない。参加者の中には話を聞かない人もいると考えれば、長々と説明してもムダ。企画書を1~2枚にまとめ簡潔に。


新しいものにためらう上役は多い。そこで、プレゼンでは考えられるリスクを列挙して「これらのリスクを踏まえてこの提案をします」と言うと、信頼感があがり、企画が通りやすくなる。


上司を論理で説得しようとしてもダメ。理由を述べたら、あとは熱意をアピール。すると「そんなにやりたいんだったら……」となる。説得より感情でポジティブ風にいうといい。


マイナス思考を恥じることはない。徹底して自分に絶望すれば、逆に他人に合わせた姿勢を貫ける。他人を意識したポジティブを装う術を身につけることができる。


根っからのマイナス思考で、仕事で新しい提案をする時も、ついついマイナスな表現で話しがちでした。自分はダメな人間なんだと自覚したら、じゃあ、そのダメ人間でも、どうやれば仕事でうまくいくのかを考えました。そこで、ネガティブな性格の根っこは変えず、口癖だけをポジティブにしてみたんです。


ココロ社の経歴・略歴

ココロ社、こころしゃ。日本のブロガー、作家。大阪府出身。東京大学文学部卒業。著書に『がまんできない人のための 真の忍耐力養成ドリル』『プラス思考をやめれば人生はうまくいく マイナス思考法講座』。

他の記事も読んでみる

葛西紀明

ソルトレークや長野の経験があるからこそ生まれた「悔しさ」を失意にせず、「原動力」に変えてここまできました。


谷所健一郎

社員のスキルアップは、当然企業側にとっても重要な課題ですが、そこで鍵となるのがまさにキャリアパスの提示です。どんなステップを踏んでいけば、成長できるかがはっきりしている会社は、社員のモチベーションが総じて高い。キャリアアップは、ある面で社員と会社の共同の作業です。お互いに意識、目的を共有することは大事なポイントでしょう。


細谷英二

論理だけではいけません。世の中が理屈だけで動くなら簡単ですよ。労組と話し合うときなど、理と情のバランスを考えて対応しなければ説得はできません。私はもともと人からは論理的だと言われる方で、どうしても理が先行するタイプでした。国鉄分割民営化の際の反対派の説得で、そこらへんはずいぶん鍛えられました。


小池利和

一度失敗しても懲りないところが、うちの会社のいいところですね。


南壮一郎

人に会うときは必ず、目的は何かを確認しています。お互いの目的がズレていたら、いくら会話をしても、双方にとって時間のムダになってしまうからです。なぜ今日、会って、私とあなたが話すのか。目的を初めに確認しておけば、相手も安心して話をしてくれるでしょう。


松方弘樹

人とのつきあいで、大切なことのひとつは、人の悪口を言わないこと。もちろん、頭の中で思うことはありますよ。でも、それは飲み込んでしまう。だってね、僕の前で誰かの悪口を言った男は、必ず他のどこかで今度は松方弘樹の陰口を叩くはず。本人は否定しても、周りからは「そういう男だ」と見られてしまう。それは男として最低。


倉本圭造

「自分が根を張っている足元を最先端に持っていく」ぐらいの気概を持ってほしい。そのためには長い時間をかけて準備していく必要がある。


テリー伊藤

ジョギングでも立ち止まっちゃうと、もう一度、走り出すのがすごくつらくなるよね。歩くようなペースでもいいから、足を運びながら呼吸を整えるほうがいい。仕事の合間の休憩も同じで、心も体も完全に休ませるのは大間違い。ふーっと脱力するのは家に帰ってからにしよう。


杉山健二

上司は部下を成長させることが仕事なのですから、とりわけ行動力が求められるのは言うまでもありません。


佐渡島庸平

漫画家は世間の人が思う以上に厳しい職業。朝早くから深夜まで、作品にずっとかかりっきりです。苦しくても、自分の心に鞭を打ち、作品のレベルを上げていける。それが天才たるゆえんだと思います。


ロバート・キヨサキ

赤ん坊のときは誰でも、よちよち歩きから始めて何度も転びながら歩き方を学ぶ。その素晴らしいところは、何度転んでも笑って立ち上がることだ。あなたが、今の自分の経済状態を立て直したい、経済的自由を手に入れたいと真剣に願うなら、自分が犯した間違いから学ぶことだ。


家訓・社是・社訓・経営理念

エスビー食品社訓

  1. 柱となり宝となれ。そこになくてはならぬ人となれ。君の希望も情熱もそのためにあるのだ。
  2. 仕事を創れ。仕事を追え。働く人に信頼が集まる。仕事が人一倍多くなったらそれだけ君の信頼が高まっているのだ。
  3. 工夫、研究。これを忘れたとき、君は後退に第一歩を踏み出しているのだ。
  4. 自己啓発に努めよ。これがないから君には迫力も展開も自信もない。
  5. 決定に対する責任を重んじよ。責任の回避は権利の放棄と直結している。
  6. 困難な仕事と取り組め。最後までやり通せ。ここにはじめて進歩と若さが生まれるのだ。
  7. 常に積極的であれ。そのための摩擦を恐れるな。でないと君は卑屈になる。
  8. 成すべき事をしないで。権利のみ要求してはならない。権利は正しい努力と積極から生まれる。
  9. 他人の立場になって考えよ。自分の考えが広ければそれだけ自分を大きくする。
  10. 先人の歩んだ茨の道を汚すな。君の働いている場所は輝かしい伝統に支えられているのだ。