名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ゲーリー・ベッカーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ゲーリー・ベッカーのプロフィール

ゲーリー・スタンリー・ベッカー。アメリカの経済学者、ノーベル経済学賞受賞者。ペンシルベニア州出身。プリンストン大学を卒業し教師となる。その後、シカゴ大学で博士号を取得。コロンビア大学教授、シカゴ大学教授などを歴任。そのほか、アメリカ経済学会会長なども務めた。経済学の適用範囲を人間行動・社会問題に拡張し、政策提案を行い現実の政策に大きな影響を与えた。主な受賞に、ジョン・ベイツ・クラーク賞、アメリカ国家科学賞、ジェイコブ・ミンサー賞など。

ゲーリー・ベッカーの名言 一覧

世界は変わり続けており、常に新しいことを学び続けなければなりません。


良いリーダーのそばで学ぶことが、リーダーシップの一番の勉強になります。


経営大学院では、リーダーシップを上手く教えていないように思います。というよりも、教えるだけでは不十分です。リーダーシップは、優れたリーダーの背中を見ながら学ばなければいけません。


人に何か新しいことをさせるには、やった方が得だと思える何かを示さなければいけません。


私の定義では、経済学は、人々がインセンティブ(動機づけ)に対してどう反応するかを学ぶ学問です。


人的資本は、コストであるだけではなく、便益でもあるのです。そして、より生産性が上がればより多くの賃金を支払うべきです。そうすればさらに生産性が高まり、企業が得るものも増えます。柔軟な報酬制度が必要です。


考える力を育てる質の高い教育は、経済成長にとって大変重要だと思います。数多くの研究に裏打ちされたことでもあり、教育は経済成長にとって重要なことのひとつだと学問的には実証されています。


米国人の学生は、講師と意見を戦わせ、とにかく講師を批判します。批判すれば講師から反応が返ってきます。良い講師は、批判を受け入れ、間違っていれば間違いを指摘し、正しければ説明しながら意見を変えるでしょう。そのやり取りが必要なのです。礼儀正しくなければなりませんが、若い人も目上の人の考えをどんどん批判すべきです。


経営学の世界でも、数学的な手法やスキルは確かに大学で学べます。しかし、良い研究をするには、周囲に優れた研究者がいることが重要です。優れた研究者が、日々していることを見ながら学ぶのです。


相手が年下だったり、地位が下の人間であったりしても、対等に意見を戦わせる。そこから「箱の外で考える」ことを学ぶことができます。新しい視点から考える、考え方の違う相手とのやり取りが、創造的なリーダーを育てるのです。


ゲーリー・ベッカーの経歴・略歴

ゲーリー・スタンリー・ベッカー。アメリカの経済学者、ノーベル経済学賞受賞者。ペンシルベニア州出身。プリンストン大学を卒業し教師となる。その後、シカゴ大学で博士号を取得。コロンビア大学教授、シカゴ大学教授などを歴任。そのほか、アメリカ経済学会会長なども務めた。経済学の適用範囲を人間行動・社会問題に拡張し、政策提案を行い現実の政策に大きな影響を与えた。主な受賞に、ジョン・ベイツ・クラーク賞、アメリカ国家科学賞、ジェイコブ・ミンサー賞など。

他の記事も読んでみる

元谷芙美子

大事なことは、世界から日本を見るという視点。


本田有明

痛い指摘を受けると、ついムッとしてしまいがちです。が、そういうとき決して怒ってはいけません。ゴーゴリの戯曲『検察官』の中に、「自分の顔が曲がっているのに、鏡を責めて何になろう」という警句が出てきます。人から欠点を指摘されて怒り出すのは、鏡を見て、「なぜおれの顔が曲がっているんだ!」と責めるようなもの。何を指摘されても、笑顔で受け流しましょう。


橋本孝之

常に10年後の自分の姿を思い描いて働くことが大切です。とくに若い人の場合、今日、明日のことだけを考えて仕事をしてしまいがちです。しかし、それでは成長しません。10年後の自分はどの国で、どんな立場で、どんな仲間たちと、どんな仕事をやっているのか。こうしたイメージを明確に持つことです。「自分はここまで行きたい」ということを、はっきりイメージすることです。


ケリー・マクゴニガル

自分の興味や利益のためだけではなく、より大きな視点でグループの中での自分の役割を捉えれば、本当の意味での貢献を妨げている「性質(たち)」のいくつかを克服できるようになります。そしてその時、あなたは言葉によってだけではなく、その態度によって周囲から認められるようになるでしょう。


佐藤優

皮肉なことに、僕たちは自由とたくさんの選択肢がありすぎると、逆に迷路に入り込み、大切なものが見えなくなってしまうことの方が多い。


後藤芳光

少しでもファン層が広がるような話であれば、選手が自主的に参加してくれています。今年の『24時間テレビ』でのイベントでも、博多湾の能古島にある3人しかいない野球チームの試合の応援に柳田悠岐ら主力3選手が行ってくれました。地域に育てられた球団との思いを、選手たちが持ってくれていると感じます。


國光宏尚(国光宏尚)

大切なのは、誰よりも早く挑戦して、誰よりも早く失敗して、そして誰よりも早く復活すること。


小池百合子

これからは知恵と根性比べの時代。知恵を絞って新しい世界最大の企業を目指してください。くれぐれも、自分を小さく評価してはいけません。


永野毅

いかに経営理念、あるいはビジョンを浸透させていくか。これが、より高いレベルで充実してこない限り、我々は成長できない。


倉重英樹

IBMを飛び出して以来、経営者を職業としてきました。お前は経営者として何をしてきたかと聞かれれば、ただひとつ。人にとって働くとは何か、働きやすい環境とは何かを追い求めてきたと思っています。


小日向文世

写真学校卒業間近、原宿の喫茶店でバイトしながら、「就職、どうしようかな……」と考えていました。そのころ、友達のバンドがヤマハからデビューしていたんです。それを見てたら僕のなかで、「小日向文世という人間がこの世に存在するということを、知ってもらいたい!」という思いがメキメキ強くなっていきました。高校時代から劣等生というか、スポーツも勉強もできず、「小日向」なのに「日陰」みたいな時代を送ってきたから、どっかにスポットライトを浴びてみたいという思いがあったんじゃないでしょうか。ただ、僕はギターができなかった。それで「じゃあ、俳優だ!」と思いつく(笑)。短絡的だけど、それが青春でしょ?(笑)まだまだ人生は長いと思っていたし、とにかくやりたいことをやってみようと。


ウィリアム・A・コーエン

ドラッカーがマーケティングの本を書かなかったのは、彼のアプローチにそぐわなかったのでしょう。そのテーマで本こそ書かなかったけれども、30冊以上の著作や数多くの論文に目を通してみると、マーケティングやリーダーシップについて語られた部分がたくさんあります。しかしドラッカーは個々の分野に絞って本を書くことには関心がなかったのだと思います。彼の視点は、「組織の目的」や「乱気流時代の経営」といったように、もっと広かったのでしょう。