名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ゲオルク・ジンメルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ゲオルク・ジンメルのプロフィール

ゲオルク・ジンメル。19世紀のドイツの哲学者、社会学の黎明期に活躍した社会学者。ベルリン大学にて歴史、心理学、哲学を学ぶ。卒業後はベルリン大学で教鞭をとる。その後、ハイデルベルク大学哲学正教授に就任。主な著書、論文に『カントの物理的単子論』『社会分化論 社会学』『貨幣の哲学』『社会学 社会化の諸形式についての研究』『社会学の根本問題 個人と社会』など

ゲオルク・ジンメルの名言 一覧

余の味方にあらざる者は、余の敵なり。私が生命をかけている問題に、賛成でもなく、反対でもない無関心な人たちは敵と思うしかない。


最良の処世術は、自分に妥協することなく、他人に適応することだ。


一般に青年が主張する内容は正しくない。しかし、青年が主張する行為自体は正しいものだ。


ゲオルク・ジンメルの経歴・略歴

ゲオルク・ジンメル。19世紀のドイツの哲学者、社会学の黎明期に活躍した社会学者。ベルリン大学にて歴史、心理学、哲学を学ぶ。卒業後はベルリン大学で教鞭をとる。その後、ハイデルベルク大学哲学正教授に就任。主な著書、論文に『カントの物理的単子論』『社会分化論 社会学』『貨幣の哲学』『社会学 社会化の諸形式についての研究』『社会学の根本問題 個人と社会』など

他の記事も読んでみる

小林傑

万人のニーズを満たす商品・サービスはありません。今のまま(の研修)では、何度やっても、どれだけ費用をかけても効果は期待できないでしょう。


酒匂隆雄

確信と自信は違う。確信は独りよがり自信は虚しいもの。


山村幸広

私が若いビジネスマンにまず伝えておきたいのは、話す際と聞く際の姿勢がいかに大切かということです。大きな商談になればなるほど、取引先も熟練の担当者が対応するものです。若手のビジネスマンが、いくら口先だけで上手く話そうとしても、簡単に見透かされてしまいます。


リチャード・ドッブス

まずは都市化の拡大に伴う新興国市場の成長を考慮して、経営資源の配分が適切かどうかをチェックすることが求められる。日本企業はこれまで東南アジアや中国に経営資源をうまく配分してきたと思うが、その日本企業でも、今後30年の人口増加の4分の3が新興国市場で起きることを考えれば、今の経営資源の配分は適切ではないだろう。


吉野佳秀

一番の基本は不正のない会社です。企業統治をきちんとやり、税金もきちんと払い、約束事をきちんと守る。誰が見ても、どこから見ても自分たちが誇りを持てるような会社を作っていくことです。


高崎幸人

ニコニコキッチンのお弁当は創業当時から高価格帯に設定しています。利用者様が本当に必要とするサービスをお届けするために必要な費用だからです。安かろう悪かろうではない、真に役立つサービスを提供したい。そう考えて始めたニコニコキッチンは、創業から15年が経ち、競合他社が増えた今こそ、利用者様そしてケアマネージャーから求められ積極的に選ばれています。


松岡修造

ツラい場面で「もうできない」という自分の心の声が聞こえたら、「できる」と言い聞かせる。何度もやれば、本当にできる気持ちになってくる。性格は変えられなくても、心は変えられる。


橘木俊詔

お金持ち全員が大卒というわけではありません。「日本の超富裕層トップテン」を見てもわかるように、日本のお金持ちは、自分で事業を興した創業経営者が多いのが特徴。そういった意味では、一発逆転のチャンスのある国だとも言えます。


山根義信

企業の防災対策のコストを考えるにあたっては、単に「いくらかかるか」という視点ではなく、「その対策によって、想定される被害による損失をどれだけ軽減できるか」についてきちんと見極めるべきです。


花田徹也

私の指導経験では、TOEICで問われるリスニングやリーディングの力と、スピーキングやライティングの力には密接な相関関係があります。聞くのが得意な人は話す能力も高いですし、読む能力が高い人は表現のストックができているので、英文メールを書くような場面でもスムーズに言葉が出てきます。私はよく「TOEICとハサミは使いよう」と言うのですが、TOEICという学習教材を活かしてしっかりと勉強すれば、同時に「使える英語」が身につくのです。


星野佳路

危機感をもって自分を鍛える。そのためのツールとしてライバルが必要なわけです。スポーツや勉強と一緒です。


阿部俊則

戸建は今でもビジネスの中核ではあります。しかし、それだけではサステナブルに成長できない。ここ数年で、住宅市場を取り巻く環境は激変しています。急激に進む少子高齢化、訪日外国人の増加、良質なホテルの不足など、住関連ビジネスに新しいニーズが発生してきた。だから今回の中計では「住に特化した成長戦略の展開から事業創出へ」をテーマとして掲げているのです。