ゲオルク・ジンメルの名言

ゲオルク・ジンメルのプロフィール

ゲオルク・ジンメル。19世紀のドイツの哲学者、社会学の黎明期に活躍した社会学者。ベルリン大学にて歴史、心理学、哲学を学ぶ。卒業後はベルリン大学で教鞭をとる。その後、ハイデルベルク大学哲学正教授に就任。主な著書、論文に『カントの物理的単子論』『社会分化論 社会学』『貨幣の哲学』『社会学 社会化の諸形式についての研究』『社会学の根本問題 個人と社会』など

ゲオルク・ジンメルの名言 一覧

1 / 11

余の味方にあらざる者は、余の敵なり。私が生命をかけている問題に、賛成でもなく、反対でもない無関心な人たちは敵と思うしかない。

ゲオルグ・ジンメルの名言|味方でないなら敵


最良の処世術は、自分に妥協することなく、他人に適応することだ。

ゲオルク・ジンメルの名言・格言|最良の処世術とは


一般に青年が主張する内容は正しくない。しかし、青年が主張する行為自体は正しいものだ。

ゲオルク・ジンメルの名言・格言|若者の主張は正しくないことが多いが、主張するのは正しい行為


ゲオルク・ジンメルの経歴・略歴

ゲオルク・ジンメル。19世紀のドイツの哲学者、社会学の黎明期に活躍した社会学者。ベルリン大学にて歴史、心理学、哲学を学ぶ。卒業後はベルリン大学で教鞭をとる。その後、ハイデルベルク大学哲学正教授に就任。主な著書、論文に『カントの物理的単子論』『社会分化論 社会学』『貨幣の哲学』『社会学 社会化の諸形式についての研究』『社会学の根本問題 個人と社会』など

おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

1 / 11

ページの先頭へ