名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ゲオルギー・ジェーコフの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ゲオルギー・ジェーコフのプロフィール

ゲオルギー・ジェーコフ。ソビエト連邦の軍人、政治家。最終階級はソビエト連邦元帥。ノモンハン事件から第二次世界大戦にかけて活躍。大戦後はスターリンに恐れられモスクワから遠く離れた土地に左遷されたが、スターリンの死後政治家として復帰し、スターリン後のソ連運営に尽力した。

ゲオルギー・ジェーコフの名言 一覧

仕事の上に誤りはつきものである。誰だって誤りをしない者があろうか。しかし、問題は誤りそのものよりも、それを早く気づき、除去することにある。その意味で、仕事に創造的主導性を発揮しないで、上からの指示だけに頼るような人間が、はたして良いと言えるか。


ゲオルギー・ジェーコフの経歴・略歴

ゲオルギー・ジェーコフ。ソビエト連邦の軍人、政治家。最終階級はソビエト連邦元帥。ノモンハン事件から第二次世界大戦にかけて活躍。大戦後はスターリンに恐れられモスクワから遠く離れた土地に左遷されたが、スターリンの死後政治家として復帰し、スターリン後のソ連運営に尽力した。

他の記事も読んでみる

小林一行(ダイエット)

目先の体重の増減に一喜一憂しないことも重要です。ダイエットに失敗する理由として、一度の食べすぎで、「もうダメだ!」と諦めてしまう、というものがあります。もっと長い目で、「これから挽回すればいいや」くらいの気持ちを持つ。とにかく長く続けることが、ダイエットの秘訣なのです。


中村直樹

私にも完璧な答えなどはわかりませんが、ただひとつだけいえるのは、「お客様の視点を忘れない」こと。これは絶対に必要です。我々の仕事は、ファッションを提案すること以上に、お客様の好みを理解し、分析することがすごく大切だからです。


高嶋由美子

リーダーという立場なので私がイライラしていると周りにも影響がある。プレッシャーの強い仕事なので、基本的にいつも楽しくしていよう、話しかけやすいようにしようと心がけています。


岡野雅行(岡野工業)

お金の使い方も学んで欲しい。いまは「自分さえよければ」と貯めこむヤツが多いだろ。でも俺はバンバンおごるんだ。それで喜んでもらえれば、必ず何かしらの形で戻ってくるものさ。ホラ、うちの玄関だって「出口」「入口」じゃなく「出入口」と書いてあるだろ? 入れっぱなし。出しっぱなしじゃダメなんだ。物事は全部な。


橋本昌三

システム開発では、思わぬ赤字案件が出てきます。そのときに必要なのは、たとえば想定される赤字額が10億円だとしたら、それをできるだけ早く確定し、その10億円を出発点にいかに赤字額を圧縮できたかで実績を評価することです。いつまでも赤字になったことだけをあげつらっていては、担当者の士気は上がりません。損失がはっきりしないまま、時間の経過とともにその額が膨らんでいくリスクほど、怖いものはありません。


松田友一

会社名を名乗らずに営業の電話をかけることは、常識的に考えて失礼なことです。お客様から不備感をもたれ、信頼関係の構築が厳しくなります。


赤羽雄二

ほとんどの人はメールを返信する際、重要な内容のメールから返信しようと考えます。これが大きな誤りです。メールは受信順に返信した方が余計な負担を減らせます。メールは次々に届きますから、どれから返信を書くべきかと優先順位を考えることや、後回しにしたものを返信する前に再度、読み直したりすることが大変な時間のロスを生んでしまいます。


市川典男

これまで日本の家電メーカーは、皆同じような製品を作り、価格競争に陥ってきた。そこに、英ダイソンの掃除機や仏ティファールの電気ケトルなどが登場した。海外メーカーが違う視点で商品を出すと、市場を簡単に奪われてきた。今後も生き続けるためには、他社には無い商品を作り続け、付加価値を高める必要がある。


鍵山秀三郎

最近、私が憂えていることがあります。それは日本全体の、というより世界全体の潮流なのですが、自分の責任に帰すべきことを他人の責任に転嫁する例をたくさん見かけることです。個人のレベルに限らず、国同士でも「自国は悪くない、他の国が悪い」と言ったりしているぐらいです。誠に悪しき潮流です。その悪しき潮流を変える元になりたいという願いから、私はいまの活動に取り組んでいるといっても過言ではありません。こういう道義的な問題の解決を政治家に求めたり、行政に求めたりしても何も変わりません。


ショーンK

圧倒的に大切なのが聞くこと。なのに、いまのビジネスマンは話しすぎです。商談=プレゼンと誤解し、商品や自分を売り込もうと必死に言葉を重ねる。空回りしたあげく、ビジネスチャンスを逃すことの繰り返し。


小林陽太郎

人間は、知識では測り知れないプラスアルファの部分、もしくは神秘さのようなものを数多く持っていると私は考えている。地位が高いとか低いということは関係なく、私たちは人間をそのような視点から見ていく必要がある。ゆえに知識と経験をふまえた上で、そこに自己観照という作業を加えて、時間とともに、人間を見る視点を磨いていかなければならない。


安藤哲也

僕は「2割報告」と提案しているのですが、ゴールを目指すまでの行程のうち、2割くらい進んだ時点でリーダーに報告して状況を共有するのがおすすめです。2割の時点であれば軌道修正もしやすいので、リーダーとしても心置きなく助言できるし、現場の不安も解消しやすい。ありがちなのは、6~7割進んだ時点で初めて報告して「そんなことになっていたのか!」とリーダーを慌てさせてしまうパターン。軌道修正しようにもできず、「負け試合」を覚悟しなければいけないという悲劇に陥ります。最後に「やったな!」と成果を称え合える瞬間を目指すなら、2割報告がベストです。そのためには最初に「どういう道筋で進めるか」という全体像を描いて、「2割時点はここ」というイメージを共有することが必要になります。