名言DB

9429 人 / 110879 名言

ゲイリー・トゥッカーの名言

twitter Facebook はてブ

ゲイリー・トゥッカーのプロフィール

ゲイリー・トゥッカー。アメリカの経営者。大手携帯電話メーカーのモトローラ会長。ポケベル時代から携帯電話の時代が来ると確信し、携帯事業に大きく舵を取った人物。社内では反論が続出したがそれらを押し切り携帯電話普及に尽力した。結果的には同社を代表的な携帯電話メーカーへと押し上げた。衛星携帯電話イリジウムの事業失敗によって責任を取って退任

ゲイリー・トゥッカーの名言 一覧

反対があるのは健全なことだ。本当に力のあるアイデアが試されるわけだからだ。


ゲイリー・トゥッカーの経歴・略歴

ゲイリー・トゥッカー。アメリカの経営者。大手携帯電話メーカーのモトローラ会長。ポケベル時代から携帯電話の時代が来ると確信し、携帯事業に大きく舵を取った人物。社内では反論が続出したがそれらを押し切り携帯電話普及に尽力した。結果的には同社を代表的な携帯電話メーカーへと押し上げた。衛星携帯電話イリジウムの事業失敗によって責任を取って退任

他の記事も読んでみる

仲代達矢

無名塾を立ち上げた当時は仲間にも反対されましたよ。「そいつが仲代よりうまくなって、うんとギャラを取るようになったらどうするんだ」って。「いいじゃない、それで」と言ったんですけど(笑)。


安部修仁

会社更生法申請以降、出店基準をROI(投下資本利益率)20%以上、営業利益10%以上と定めたわけですが、この基準はいまでも変えていません。言い換えれば、営業キャッシュフロー重視の経営を志向しているということです。


原田隆史

一般に目標を立てるときは「自分」にとっての「形のある」目標が突出しがちです。「売り上げ20%アップ」などがそれに当たります。しかし、「自分・有形」の目標にはこれと対を成す「社会・他者」への「無形」の目標が存在します。たとえば「業界を元気にする」とか「同僚や部下の励みにする」といったものです。この2つが明確になれば、「自分・無形」「社会・他者・有形」のほうも、たとえば前者は「仕事に自信と誇りを持つ」、後者は「お客様の暮らしを楽しくする」という具合に見えてきます。目標を立てられずに悩んだり、目上の人から「夢がない」などと叱られた経験のある人は、その目上の人も含めて「自分・有形」の目標のみに目を向けていたのだと思います。そもそも、「自分・有形」の目標一本では、人間そう頑張り切れるものではありません。むしろ、家族・同僚やお客様の喜び、さらに仕事にやりがいを感じる感情が、人の頑張りを後押しするのです。


宇佐美洵

一人で耐えねばならぬ問題は仕方ないが、何事を決定するにも、できるだけ多くの人と接触することを心掛けた。
【覚書き:5年間の日銀総裁任期を振り返っての言葉】


本田弘敏

26歳で200人あまりの所員を指揮した体験は貴重だった。ふだん要領がよく所長に取り入っていた人たちは、顔を見せるものが少なかった。反対に、毎日二時間も三時間も歩いてきて「今日は何をしますか」と真剣に聞いてくるのは、日頃ぶっきらぼうで要領の悪い人たちに多かった。
【覚書き:関東大震災直後に東京ガスの芝営業所長代理として陣頭指揮にあたった時を振り返っての発言】


川口盛之助

高齢化は、生産年齢人口比率を低下させると同時に医療費や社会福祉費を増大させ、国家財政を疲弊させつつ産業競争力を削いでいく。ただ、この試練は「次世代の競争力を身に付けるための好機」にもなり得るということを忘れてはならない。


小島貴子

2回目以降の転職では、最初の転職先より大きな会社に勤められる可能性は限りなく低くなる。表面的には労働条件が悪化することになるが、実力次第では前職よりもよい条件を確保できる。たとえば、前職で獲得した優良な顧客や営業ノウハウを武器にすれば、転職先で以前よりもよいポジションに就くことも可能だろう。会社の看板ではなく、自分の名前で仕事が取れるようにしたい。


小山昇

最近は決算書を読むのがブームになっていますが、若手社員が無理をして財務諸表を理解する必要はありません。もちろん、読めるに越したことはありませんが、その勉強に時間を割く余裕があるのなら、自分の仕事の数字を徹底的に読み込んだ方がいい。私は経理経験があったので、若いときから財務諸表の知識がありましたが、本当の意味でバランスシートを意識して読むようになったのは、部長になってからです。


郷治友孝

投資家は起業家の成功を、起業家は投資家の成功のことも考えながら活動しなければならない。自分の利益だけを追求しようとすると、起業家が興す事業に投資するベンチャーキャピタリストはいなくなるし、ベンチャーキャピタリストからの投資を受けいれたい起業家もいなくなる。


山田哲矢

実際の喧嘩でも企業同士の戦いでも、相手とやり合うだけでなく、自分たちが勝てる土俵に移るのも勝つための重要な方法だと思う。