名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ゲアハルト・シュレーダーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ゲアハルト・シュレーダーのプロフィール

ゲアハルト・シュレーダー。ドイツの弁護士、政治家。ドイツ連邦共和国第7代首相。リッペ自由州モッセンベルク(のちのブロムベルク)出身。ゲッティンゲン大学卒業。司法試験に合格。弁護士活動を経て政治の道に入る。ドイツ連邦議会議員、ニーダーザクセン州議会議員、ニーダーザクセン州首相、連邦参議院議長、ドイツ連邦共和国第7代首相を務めた。

ゲアハルト・シュレーダーの名言 一覧

我々の社会には怠ける権利というものはない。


国民の信頼を取り戻すために政府がリーダーシップを発揮しなくてはならない。


ゲアハルト・シュレーダーの経歴・略歴

ゲアハルト・シュレーダー。ドイツの弁護士、政治家。ドイツ連邦共和国第7代首相。リッペ自由州モッセンベルク(のちのブロムベルク)出身。ゲッティンゲン大学卒業。司法試験に合格。弁護士活動を経て政治の道に入る。ドイツ連邦議会議員、ニーダーザクセン州議会議員、ニーダーザクセン州首相、連邦参議院議長、ドイツ連邦共和国第7代首相を務めた。

他の記事も読んでみる

ロバート・キヨサキ

小さなことから始めればいい。よちよち歩きでいい。もちろん、一朝一夕にはいかない。努力も必要だ。だが、コツコツとやり続け、良いプランを立てて実行していけば、景気の良し悪しにかかわらず、あなたの将来の経済状態は、いまよりはるかに素晴らしいものになっているはずだ。


大橋光夫

ミスには必ず理由があります。ただ、それを伝えるのは今後の対策のためです。弁解と受け取られては元も子もありません。意外に怠りがちですが、立てた対策は必ず相手に報告をしなければいけません。さもないと、相手はこちらが本当に手を打っているかわからず、不安を感じて注文を他社に移してしまいます。お詫びの本当の基本は、相手の立場に立つことです。事故直後が無理なら、後程ご報告いたしますと伝えればよいのです。


辻村直也

目指すべき道が明確になると、生き方がガラリと変わりました。


青野慶久

予想できなかった事態で仕事が行き詰ってしまった場合、私は関係する社員やクライアントにすぐに聞いてしまいます。すると、なんだ、そうだったのかとすぐに解決することは少なくないんです。しかし、それがなかなかできないという人が多い。「自分で何とかしよう」と思っているうちに、どんどんドツボにはまるわけです。


安藤俊介

総じて言えることは、自分の怒りの境界線を知り、許せる範囲を広げること。さらに、怒ること自体が悪いのではなく、怒っている自分が何に怒っているかを冷静に分析し、相手にその意思を上手に伝える。また、プラスのエネルギーに変える。怒りをうまく利用することも大事です。


矢野博丈

いま思えば、商品を100円均一で売ったのは、安くしすぎでした。安さは、企業が生き残る条件ではないのです。物には価値に合った適正な価格があります。100円均一は、そんな当たり前のことをわからなくしてしまいました。いまは100円だけではなく、200円とか、2000円といった価格の商品も販売しています。


川村謙(経営者)

あまり収益性も考えていないし、バイアウトのことも今のところは考えていないんです。自分が旅が好きなので「旅先での出会いやガイドブックだけでは体験できない思い出をたくさん作りたい」という旅行者のニーズは必ずある、と思ったのが、そもそものきっかけ。だから目的が先行していてそれ以外は何も考えていない(笑)。


松井忠三

「勉強になった」と思うだけでは意味がない。アイデアをモノにするには、「とにかくすぐやってみよう」と、行動に変えることも非常に大切。


ジェイ・エイブラハム

大好きと大嫌いの真ん中、許容範囲の枠が最悪なのです。別の会社が新製品を出したり、少し安い商品を見つけたときにすぐに移ってしまいます。大好き、もしくは大嫌いというふうに消費者の意見が分かれるような会社を目指すべきだし、そういう商品・サービスの提供に努めるべきです。


プレム・ラワット

国や民族が違っても、根本的にすべての人間は同じものを必要としています。心地よくありたい、満たされたい、楽しみたい、幸せになりたい。貧しい人でも金持ちでも、そのためにみんな努力している。ミツバチと同じですよ。日本でもインドでもアメリカでも、ミツバチは変わらず花の甘い蜜が好きでしょう?


宮本彰

市場調査などしている暇はない。真っ先に製品化して市場をつくり、独占する。これが私どもの戦略。


所眞理雄

私がソニーCSL(コンピュータサイエンス研究所)のメンバーに言ったことは、基本的にはやりたいことをやろうと。でも、その責任は取ろうよと。そして、その研究は世のため、人のためになり、新産業をつくり、そしてソニーのためにもなる仕事をしようということでした。これは基本的に今も変わっていません。