名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

ケヴィン・ダットンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ケヴィン・ダットンのプロフィール

ケヴィン・ダットン。イギリスの心理学者。ロンドン出身。ケンブリッジ大学セント・エドマンズカレッジ ファラデー科学・宗教研究所を経てオックスフォード大学実験心理学部教授に就任。著書に『サイコパス 秘められた能力』『瞬間説得 その気にさせる究極の方法』。

ケヴィン・ダットンの名言 一覧

知性が高ければ高いほど、満足したり、喜んだりすることを遅らせることができますが、知性が高くない人はより衝動的な行動をとる傾向にある。


失敗の後、精神的に回復する能力があっても、その失敗から学ぶことをしなければ、それは、ビジネスにはマイナスになる。


サイコパスは利益にならないことには集中力を発揮しない。その場合の集中力は一般の人以下かもしれない。


「知性が高いこと」「サイコパス度が高いこと」「そして向いている専門職についている」、という3つの条件がうまく組み合わさると、集中力が発揮できて、成功に導かれる。


サイコパス的な上司は、部下の弱さに付け込み、いじめる。自己主張をはっきりすることも大事。あなたは弱い人間ではないということがわかると、その上司はあなたをいじめるのをあきらめて、別の人に移ります。


トップになるにはサイコパス度が高い性格であることが有利で、それを適切な状況で使うことが必要である。サイコパス度が高いということは諸刃の剣で、その性格が間違って使われると、会社の状況が悪化する。


財政上の洞察力、企業経営能力、あるいはMBAなどの「スキル」を持っていたとしても、それだけでは不十分です。「スキル」とを実際に運用するための「人格」として、「必要なときにリスクを取る能力」や、「緊急時、重要な問題に集中する能力」「失敗のあと回復するメンタル面の強さ」が必要です。またときには従業員を解雇することも厭わないような「冷酷な性格」も必要です。これらの人格のうち、どれかが欠けていれば、CEOになれる可能性は低くなります。


私の研究では、いかなる専門職でも、成功するには2つの要素が必要であることがわかっています。ひとつはその仕事をするのに必要な「スキル」で、もうひとつはそのスキルを最適に運用できるようにする、いくつかの「人格」です。


サイコパスの人は、集中力を妨げる膨大な情報があってもそれに影響されず、集中することができる。株式市場で成功する人にはサイコパスの人が多いですが、それは重要な情報だけを取り入れてパニックにならず、冷静さを保ち、集中することができるからです。金融界にサイコパス度が非常に高い人が多いことは別に驚きではないのです。


ソーシャル・メディア、スマホなどはすべて集中力を妨げるものです。欧米のような先進国に住んでいる人が24時間で脳内に取り入れる情報の量は、中世イギリスの田舎に住んでいた人が生涯にわたって取り入れる情報の量と同じです。現代人は膨大な情報にさらされています。ですから、今ほど集中力が重要である時代はないのではないでしょうか。


サイコパスというとマイナスのイメージを持つ人が多いですが、実際はそうではありません。サイコパスの性格を持っていれば、そうではない人よりも仕事を完璧にしようとするため、プラスのほうが大きい。自身が持つスキルを最大限に使おうとするのがサイコパスの人です。さらにルールが明確ではない、金融界のような世界でも、サイコパスの人は目的を設定して集中力を発揮します。ただ、サイコパス度が高いことは諸刃の剣。バランスが重要。


ケヴィン・ダットンの経歴・略歴

ケヴィン・ダットン。イギリスの心理学者。ロンドン出身。ケンブリッジ大学セント・エドマンズカレッジ ファラデー科学・宗教研究所を経てオックスフォード大学実験心理学部教授に就任。著書に『サイコパス 秘められた能力』『瞬間説得 その気にさせる究極の方法』。

他の記事も読んでみる

吉田淑則

優秀な人材を選抜して採用しているはずなのに、なぜか社内に覇気がない。どうすれば社員を主体的に働かせ、組織のベクトルを一致させられるのか。社長としてJSRを率いた8年間、企業風土の改革に最も力を注ぎました。


北井博

迷った時に面と向かって相談できる絶対的な存在がいないから、「先代ならこういう時はどうするかなあ」と考えることが今もよくある。


上妻英夫

アイデアなんて、一生懸命考えても思いつかない。アイデアは落ちているもの。それを拾えるかどうか。人が困っていることが何かわかれば、それに気づく。


上野和典

「必ずウケる」との決めつけは、発想を縮小させる元にもなる。「昨日良かったから今日も、明日もいいだろう」と考えてしまうと必ず失敗する。


齋藤孝(教育学者)

ビジネス文書で、作文の体裁に縛られるのはナンセンスです。読み手が続きを読みたくなるような一文であれば、それで冒頭文の目的は十分に達せられるでしょう。


菊原智明

結局、要求を丸呑みすると、客はどんどんモンスター化するもの。子供が泣き叫ぶ度にお菓子をあげていたら、どんどん増長してわがままになるのと同じです。かといって完全に突っぱねれば、お客を失ってしまいます。そこで有効なのが「交換条件」を出す方法です。たとえば「棚の取り付けサービスをするかわりに、モニターとしてウェブで紹介させてください」とか「10万円の値引きをするので、お客様の知り合いを2人紹介してください」など。ダダでは譲らないのです。こんなふうに交換条件を出すことで、お客とギブ&テイクな横並びの関係が築けるうえに、客からテイクしたもののおかげで自分の成績も上がる。まさにメリットだらけの根回し法なのです。


松本幸夫

自分の能力は変わらないのに、「いつまでにやる」と締め切りを設けるだけで取り組み方が変わり、成果に大きな差が出る。仕事の速い、遅いは能力ではなく習慣の問題。


高橋克徳

企業が成果以外の要素を評価することも必要でしょう。面倒見がよい社員、人の嫌がることを率先してやる社員などに着目し、評価すべきです。


上野金太郎

入社した当時のメルセデスベンツ・ジャパンはまだ教育制度なんて整っていない時代で、ひと言で言えば、とにかくやってみて体で覚えろという教育でした。朝起きると自宅からそのまま港に行って、船から降りてくる車を一台ずつ検品して、ガソリンを入れて、工場に寄って1日2回のメール便でディーラーとやり取りして、その後会社に行って来月の発注をして、週に一度は輸入通関をやって……。外国の車を輸入して販売ルートに乗せるという一連の仕事を、すべて一人でやらされたのです。しかも、事前の教育などなしにともかくやってみろというスタイル。まさに、体に叩き込まれたわけです。だから、社員がいい加減なことを言っているとすぐにわかる。僕は、一人ですべてをやりましたから。


松沢幸一

私は新人のころは、仕事が非常に遅かった。仕事に意義を見出せていなかったからです。何のためになるのかと思い悩んでいました。でもある上司が、自分が手掛けている仕事が、会社のために、社会のためにいかに役立っているかを気づかせてくれたのです。以来、仕事の意義を踏まえつつ、自分で何をすべきなのかを考えるようになりました。


ジム・ロジャーズ

おカネについて、全般的に言えるのは、シンプルに考えるということ。


盛田昭夫

経営者たるものは、敵を良く知らなければならない。そのためには、自分の商売の一番武器になる専門知識を持っていなければならない。それがあってこそ、自分の事業の先を見通すことも可能なのである。ところが、いままで日本では、ただ人をうまくまとめる人がトップになるといった傾向が強かった。これからの経営者は、事務屋であっても技術的知識も兼ね備え、技術屋であれば経理の知識もあるという、両刀使いでなければ務まらないであろう。