名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ケン・シーガルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ケン・シーガルのプロフィール

ケン・シーガル。アメリカのクリエイティブディレクター。アップルの広告に長期間携わった。「iMac」の命名者としても知られている。著書に『Think Simple アップルを生み出す熱狂的哲学』。

ケン・シーガルの名言 一覧

最も大切なことは、物事を最小限にとどめること。


シンプルさを身につけるために最も重要なことは、自分たちが何者であるかを理解すること。


自分自身であれ。ほかの何者にもなるな。そして自分を最もシンプルな形で表現せよ。そうすれば、人々はあなたを正しく理解し、いい関係を築くことができる。これがシンプル思考の神髄。


私はアップルだけでなくデルやHPの仕事もしたことがありますが、デルにはノートパソコンだけで19種類、HPには49種類もあった。社員にその理由を聞くと、「ユーザーのニーズに応えるため」と言われました。でも、アップルストアの来店客が「選択肢がない」と嘆いている姿など見たことがありません。商品を増やすことで喜ぶユーザーはいますが、利益は出にくくなる。


ケン・シーガルの経歴・略歴

ケン・シーガル。アメリカのクリエイティブディレクター。アップルの広告に長期間携わった。「iMac」の命名者としても知られている。著書に『Think Simple アップルを生み出す熱狂的哲学』。

他の記事も読んでみる

野村和史(経営者)

お客様が困っている時には極端な話、徹夜をしてでも面倒を見てあげるくらいのマインドが必要。そうした日本人らしいマインドをいかに海外の従業員に植え付けていくかというのは永遠の課題でしょう。


奥正之

「量」の獲得を最大の目標とするという意識を持ってはいけません。「質」の伴わない量の追求では、お客様に見切りをつけられる時代です。これからの銀行の収益は、ご提供する質を利用者に心から満足していただいて初めてついてくると確信しています。


野中郁次郎

優れたリーダーが、現場の模範となる次のリーダーを育てることが必要でしょう。伝統的な徒弟制度に代わる場を用意し、フィードバックサイクルを速めて内省の機会も作ることが大切です。


茂木友三郎

海外進出の際は現地の弁護士や公認会計士、コンサルタントを見つけることが大切です。現地に適したビジネスの仕方をしなければいけません。


下川浩二

毎日開く手帳には目標を書くべきです。目標が達成できない最大の理由は、目標を忘れてしまうことです。忘れないようにするには、手帳に書いておいて毎日見返すことです。これに勝る方法はありません。


文弘宣

チームをつくりあげるのは、ビジネスで新規事業を立ち上げるのとよく似ている。まず強くするためには、絶対に「いい選手」が必要。でもいい選手が集まっても、環境が悪かったらうまくいかない。では、いい選手と「いい環境」があったら優勝するかといったら、優勝しない。「いいリーダー、監督」がいる。この3つが揃えば、成功する。会社と一緒だ。


齋藤孝(教育学者)

失敗するのが怖いからと70%程度の力で達成できることばかりやっていると、それ以上の力は付かない。潜在能力を含め100%発揮しないと乗り切れないような極限状態を経験することで、人はぐんと伸びる。


高田明(ジャパネットたかた)

異なるモノを混ぜて新しい物が生まれる例はたくさんある。異なる絵の具を混ぜたら全く違う色になるように、素材は今あるもので良いのです。天才的な独創性やひらめきが無くとも、イノベーションは起こせる。人生は変えられます。


宮本洋一

原点は小学生時代かもしれません。父の転勤で東京から岐阜に移り住み、自然にまみれて過ごしました。そこに伊勢湾台風が襲来します。飛んできた瓦で雨戸が吹き飛びます。しかし、風が抜けて家屋の崩壊を免れました。東大の建築学科に進み、卒論のテーマは「建築物の安全に関する研究」。階段で転ぶと、「不注意だ」と言われます。しかし、建物の方に原因があるんじゃないか。滑りやすい材質ではないか、階段の幅と高さは適切か……。そのように考え、調査と研究を重ねました。人や自然といった「周り」にできるだけ影響を与えない方がいいんです。だから、相手の視点で考える。そうすれば、必ず本業を磨き上げてくれると信じています。


小松易

ある経営者がこんな話をしてくれた。「止まっているモノすら自分で管理できない人間が、動いているモノ、すなわち経済社会の流れや顧客の心理を扱えるはずがない」。身の回りのものを片づけて、しっかり管理することは、ビジネスマンとしての基礎の基礎なのだ。忙しさを言い訳にして先送りしている場合ではない。


渥美育子

「日本がどう見られているのか、日本はどうすべきか」といった感覚は小学生から身につけてほしい。小さい時から易しい言葉で理解しておくと、後は道具である英語や専門性さえ勉強すればグローバル人材になれます。


福嶋康博

お金が入ると、高級車や自らの趣味にお金をつぎ込むことで、仕事を疎かにしてしまう経営者もいます。しかし、経営者はわずかな成功で満足してはいけません。現在の会社の業績は過去の取り組みの結果なのです。