名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ケン・シーガルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ケン・シーガルのプロフィール

ケン・シーガル。アメリカのクリエイティブディレクター。アップルの広告に長期間携わった。「iMac」の命名者としても知られている。著書に『Think Simple アップルを生み出す熱狂的哲学』。

ケン・シーガルの名言 一覧

最も大切なことは、物事を最小限にとどめること。


シンプルさを身につけるために最も重要なことは、自分たちが何者であるかを理解すること。


自分自身であれ。ほかの何者にもなるな。そして自分を最もシンプルな形で表現せよ。そうすれば、人々はあなたを正しく理解し、いい関係を築くことができる。これがシンプル思考の神髄。


私はアップルだけでなくデルやHPの仕事もしたことがありますが、デルにはノートパソコンだけで19種類、HPには49種類もあった。社員にその理由を聞くと、「ユーザーのニーズに応えるため」と言われました。でも、アップルストアの来店客が「選択肢がない」と嘆いている姿など見たことがありません。商品を増やすことで喜ぶユーザーはいますが、利益は出にくくなる。


ケン・シーガルの経歴・略歴

ケン・シーガル。アメリカのクリエイティブディレクター。アップルの広告に長期間携わった。「iMac」の命名者としても知られている。著書に『Think Simple アップルを生み出す熱狂的哲学』。

他の記事も読んでみる

谷原誠

質問による思考のコントロールは自分に対しても有効です。自分に適切な質問をすることで、自分の思考の方向を変えることもできます。


鍵山秀三郎

国民一人ひとりが、自分にとって、もしくは誰にとってよいかどうかではなく、本当に何が正しいかどうかを考えて行動するようになれば、どんな問題も解決できるでしょう。


林成之

「私はコツコツ努力するタイプです」と言う人を私は信用しません。その言葉を聞いた途端、「こいつはダメだな」と思ってしまいます。もちろん、コツコツ努力するのは、まったく努力しないよりははるかにいい。しかし、コツコツ努力する人が大きく成長することはないし、一流の人間になることもありません。コツコツ努力するとは、一歩一歩着実に努力しようということであり、この言葉の背後には失敗しないよう慎重に事を運ぼうという意識が隠れています。失敗すると自己保存が危うくなる。だから失敗しないようにコツコツやろうというわけです。


安藤忠雄

勇気と行動力を持った子どもを育てるためには、甘やかしてはいけないと思う。これは、子どもを持っている親はみんなわかっている。ただ、自分の子どもは別なんです。本当は自分の子どもから、厳しくしていかなくてはいけないのですが。


ハーマン・サイモン

ドイツ企業の輸出競争力は、製品力に強みのある中小企業に下支えされています。日本も、素晴らしい中小企業が全国にたくさんあるのに、ドイツの中小企業ほどグローバル化していません。大企業の下請けで終わっているのはもったいないと思います。大企業も中小企業が世界で販路を拡大するに際して足を引っ張るべきではない。


小宮山宏

文化や社会、風土と言ったとたん、人任せの話となり「社会が悪い」「政府が悪い」になってしまう。誰かが始めなければいけないが、そのためにもとにかく「やってみる」ことが大事。


吉村英毅

元々は旅キャピタルという会社を創業し、オンライン旅行事業をスタートしました。その後、海外でシステム開発を行うITオフショア事業を開始し、「旅行に限定することがない社名にしよう」ということで現社名に変更をしました。


近藤太香巳

社員がやめたときに重要なのは、「なぜ」辞めたのかを考えることです。家庭の事情というのはイレギュラーな理由ですから仕方ありません。しかし、ミスがきっかけとなったというのは、そのミスに対する上司の対応に理由があったと考えるべきでしょう。大切なのは、「そこに愛はあるのか」ということです(笑)。


仙石通泰

集団知が個人に戻って来た時、新しいパフォーマンスや判断力、行動力が生まれる。


小林哲也(帝国ホテル)

引き抜きのお誘いがあっても、我々のスタッフはほとんど行かないですね。帝国ホテルが好きな社員が圧倒的に多いということで、経営者としてこんなにありがたいことはありません。お客様から「帝国ホテルのスタッフはみんな生き生きと働いていて素晴らしい」という評価をいただくと、本当にうれしく思います。


井上礼之

私はゴールデンウィークには、「異業種研修会」と称して、仲のいい経営者夫妻数組でハワイで過ごします。今年で3回目になりますが、旅を楽しみながら、昼間に時間を決めて、グローバル経営の話や、今年であればトランプ大統領就任後の米国経済をどう見るかなどテーマを決めて4~5時間フリーディスカッションをする。業種が違う経営者同士なので本当に勉強になりますよ。


清宮克幸

私はこれまで、ラグビーチームの指揮官として、掲げた目標を意識的に発言し、自分にプレッシャーをかけてきた。失敗すれば嘘つきになるが、勝負を挑んできた。発言した目標を実際にクリアすることで、選手からの信頼など「目に見えない力」を得られるからだ。