名言DB

9412 人 / 110637 名言

ケン・グリフィ・ジュニアの名言

twitter Facebook はてブ

ケン・グリフィ・ジュニアのプロフィール

ケン・グリフィ・ジュニア。米国生まれのプロ野球選手。マリナーズにドラフト1位入団。入団当時父ケン・グリフィ・シニアはまだ現役で、メジャーリーグ初の現役親子選手となる。史上三人目の8試合連続本塁打、8年連続オールスター出場、400号本塁打の史上最年少達成など多くの偉業を成し遂げた。

ケン・グリフィ・ジュニアの名言 一覧

数字のことを喜んで話すのは引退してからだ。


これが最後ではないし、続けていればまたチャンスがある。
【覚書き:400号本塁打史上最年少達成にあと1本のとき、外野フライに倒れ記者に語った言葉】


ケン・グリフィ・ジュニアの経歴・略歴

ケン・グリフィ・ジュニア。米国生まれのプロ野球選手。マリナーズにドラフト1位入団。入団当時父ケン・グリフィ・シニアはまだ現役で、メジャーリーグ初の現役親子選手となる。史上三人目の8試合連続本塁打、8年連続オールスター出場、400号本塁打の史上最年少達成など多くの偉業を成し遂げた。

他の記事も読んでみる

荻原博子

楽をしようと思っちゃダメ。一攫千金なんて狙ったらダメ。お金をためるのと一緒で、仕事に王道はあっても、抜け道はありません。


前田利家

戦場に出でては、我が思うようにして、人の言うことを聞き入れぬが良し。


吉越浩一郎

私が他社を真似して導入した「がんばるタイム(従業員全員が自分の仕事だけに集中する時間)」も、本家の会社では定着せずにやめてしまったそうだ。結局その会社では、社長がデッドラインをひいても定期的にチェックを入れずにいて担当部門に任せっきりにしてしまったのだろう。すぐれた制度を思いついても、改革の成否を決めるのは、それを断固として実行する経営者の信念なのである。


吉田栄作

子供の頃は、周りの家庭より経済的に少し出遅れていたのがコンプレックスでした。高校生で俳優を目指したのも、「早く成功して、欲しいものは自分で手に入れるんだ」という思いが強かったからです。でも、20代で実際にある程度のお金を手にした時、それほど満足感は得られなかった。それで一時休業して渡米したんですね。それ以降は、むしろお金にはあまり執着しなくなりました。


カーリー・フィオリーナ

上司からの信頼が部下にとって大きな力になることを、このとき私は学んだ。人間は、誰かが自分の中に可能性を認めてくれれば、自分もそれを伸ばそうとする。自分の能力を買ってくれる人がいる。そのことが、若くて自信のない私をどれほど勇気づけてくれたかわからない。
【覚書き|雑務を担当する受付嬢として入社した不動産会社で頑張りが認められ、不動産ブローカーになる訓練を上司から受けたときを振り返っての発言】


ジャスパー・チャン

書籍から開始したアマゾンジャパンですが、家電や玩具、キッチン用品、07年にはファッションにも参入しました。足元では、市場が大きい食品などにも布石を打っています。地球上で最も豊富な品ぞろえを持ち、最もお客様を大切にする。これがアマゾンのミッションです。このミッションから考えて、日本については非常に満足しています。


中山七里(小説家)

想像力に勝る取材はない。


三浦正臣(飲食店プロデューサー)

私達が手掛けるお店は、料理が美味しいのは当たり前で、楽しい、連れていきやすいといった「空間づくり」を大切にしています。それでいて設備投資は必要最小限にして「稼げるお店」にもこだわっています。


トマス・ホッブズ

人は他人にとってはオオカミである。


前川正

私どもは、定年という明確な言葉ではありませんが60歳を区切りとしています。その後、役職は変わりますが、本人の希望に応じて継続して雇用をしています。続けたい方は続けられる限りやっていただくようになっていますから、高齢な方も多いですね。最高齢は85歳の方で、今も出勤しております。


内田幸雄

支配的な考え方や物事のとらえ方というのは、その時代時代によって変わる。


西谷浩司

商品の質は最高なのに、自ら値段を崩してしまえばブランドの価値を毀損してしまいます。それが巡り巡って会社の経営を圧迫するのは明らか。


古川享

幸せの訴求ポイントがモノ中心ではなくなったこと、一人一人の幸せの価値観が違ってきているというこの二つを考えあわせていかなければならないのですが、ソフトウェアを中心に考えていくと、その答えは出しやすいんです。パソコンでいえば、ソフトウェアが目に見えない一人一人の価値観を実現してくれます。ソフトウェアに盛り込まれているコンテンツそのものが幸せをもたらしてくれるんです。


佐藤尚之

変化した消費者と深くコミュニケーションを取ながら商品の企画・開発を行い、さらに広告、販売、流通、営業まで、すべてに一貫した消費者とのコミュニケーション設計を取り入れていくようにしたいものです。実際に意識の高い企業ではすでにその取り組みが始まっています。


永守重信

知識や知見が重要なのは言うまでもない。だが、それだけでは企業の強みにはならない。知識や知見は、企業固有の理念、行動原理と一体となってこそ強さになる。