名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ケン・グリフィ・ジュニアの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ケン・グリフィ・ジュニアのプロフィール

ケン・グリフィ・ジュニア。米国生まれのプロ野球選手。マリナーズにドラフト1位入団。入団当時父ケン・グリフィ・シニアはまだ現役で、メジャーリーグ初の現役親子選手となる。史上三人目の8試合連続本塁打、8年連続オールスター出場、400号本塁打の史上最年少達成など多くの偉業を成し遂げた。

ケン・グリフィ・ジュニアの名言 一覧

数字のことを喜んで話すのは引退してからだ。


これが最後ではないし、続けていればまたチャンスがある。
【覚書き:400号本塁打史上最年少達成にあと1本のとき、外野フライに倒れ記者に語った言葉】


ケン・グリフィ・ジュニアの経歴・略歴

ケン・グリフィ・ジュニア。米国生まれのプロ野球選手。マリナーズにドラフト1位入団。入団当時父ケン・グリフィ・シニアはまだ現役で、メジャーリーグ初の現役親子選手となる。史上三人目の8試合連続本塁打、8年連続オールスター出場、400号本塁打の史上最年少達成など多くの偉業を成し遂げた。

他の記事も読んでみる

安河内哲也

英語学習の面で、完璧主義は阻害要因になります。英語を話せる自分になりたいなら、完璧を目指す考えを一度捨ててみましょう。


宮沢俊哉

成功したとき、つい有頂天になって、祝杯を挙げて済ませてしまいそうな場面ですが、ここは落ち着いて振り返ることが必要です。すると「結果はよかったが、この部分には不安が残る」といった発見もできます。これは偶然を必然に変えるプロセスでもあります。最初は単なるラッキーで手に入った成功でも、分析すれば理由がわかり、その部分を繰り返せば次は意図的に成功を引き寄せられる。そんな成功セオリーを見つけるのも、俄然やる気が出てくる瞬間ですね。


荒俣宏

生物収集も漫画家になることも断念していなかったから、どんどん自分の時間がなくなっていく。だから、ほかのことは諦めざるをえない。小学校のころには「金持ちになる」「女の子にモテる」というのはきっぱり諦めました。世の中、「ギブ&テイク」だから、諦めないと好きなことには集中できない。


泉谷直木

対面した相手と距離を縮めるために、私は目線の高さを合わせて話をするように意識している。たとえば、私が社員の職場へ行って話をしようとすると、相手はこちらに合わせて立ち上がろうとするだろう。これでは目線の付置が違ってしまう。そこでデスクの脇にあるゴミ箱に座って話をする。そうすると椅子に座っている社員とちょうど同じ目線の高さになる。


原田泳幸

不景気でコストカットをして満足していてはいけない。そこで生まれた資金を将来の投資に振り向けてこそ、会社の成長につながっていく。


箭内道彦

迎合上等! 若い人はもっとかわいがられる努力、愛される努力をした方がいい。やりたいことを実現させるには周囲の協力が不可欠ですから。


町田勝彦

スムーズに事が運ばないのが現実だ。とくに、組織の壁という目に見えない障害に阻まれる。組織の壁を低くすることが、独創的な製品開発をするためには必要不可欠となる。


山田義仁

営業の課題は営業だけでは解決できない。開発や生産が一緒になって協力してくれないと解決できない。逆もまた真。


磯崎功典

キリンでも過去、首をかしげるような経営判断を目にしたことはあります。私は、自分は絶対に大丈夫だ、と言い切れません。後任選びも、トップの独断でできないようにすることが大切です。投資家に納得してもらえるよう、委員会で議論し、議長が納得して取締役会に上程するという手順を踏まないといけないと思います。


米田功

井上康生選手や高橋尚子さん、活躍した人を見て、自分も人を感動させる選手になりたいと。彼らの本だけでなく経営者の本や自己啓発本を読み、自分が何をしたいのか、どうなりたいのかを今一度振り返った。


田中仁(経営者)

経営者の役割は社員に対して明確な方向性を示すこと。つまり、社員の戸惑いをなくすこと。


上土達哉

私の転機は、大学の建築学科から人材サービスのインテリジェンス(のちのパーソルキャリア)に入社したことです。「人に快適な空間や環境を提供するサービス」に携わりたいと、当初はデベロッパーや商社を中心に就職活動をしていました。しかし当時、私はバーでアルバイトをしていたのですが、その時の仲間がインテリジェンスを受けていて、私も受けたところ入社することになりました。ただ、最終的にどういう判断基準で入社したかと言えば、自分自身が成長できそうだと感じたこと、「意志」のある会社だと感じたこと、そして業界と企業に社会性と成長性があると感じたことです。これら三つを満たしているHR(人材)サービスって何だろう? という興味が湧いてきました。