名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ケラリーノ・サンドロヴィッチの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ケラリーノ・サンドロヴィッチのプロフィール

ケラリーノ・サンドロヴィッチ。日本のミュージシャン、劇作家、脚本家、演出家、映画監督。東京出身。バンド「有頂天」、劇団「ナイロン100℃」、インディーズレーベル「ナゴムレコード」などを主宰し多方面で活躍した。

ケラリーノ・サンドロヴィッチの名言 一覧

きっと、多分野で仕事しているからこそ飽きないし、新鮮な気持ちを保つことができている。


簡単にできることよりも、どうなっちゃうんだっていうくらい怖い不確定要素があったほうが物事は楽しい。僕はそう考えるようにしている。


苦しいことは、楽しいことのためにやっていると考えるようにしています。


誰かに迷惑をかけたとしても、結果を出すことに最善を尽くす。最後にいい結果を共有できれば、必ず人はついてきてくれる。


もっとよくなるんじゃないかって、いつまでも考えてしまう。僕はあきらめが本当に悪いんです。


嫌々やっていたらいいものなんてつくれません。表現者である自分が楽しんでいることが一番大事。


うまくいこうがいくまいが、自分がどうしても何かやりたいならやる。そして、その何かを見つけることが大事だということに尽きる。


本気でやりたいことをやってきたから、結果につながった。


亡くなられた方たちは、その死の悲痛さばかりとりあげられて果たして報われるだろうか。死は人生における瞬間の一つにしか過ぎず、その人たちの幸せも不幸も生きてきた痕跡すべてひっくるめて見るべきなんじゃないだろうか。


慌てたところでどうにもならないんですよ、人生って。だから、運を向かせようと必死にエネルギーを使わないほうがいい。悪いことがあれば、しばらくするといいことがある。その繰り返しなんですから。


どんどん商売を当てている入っているじゃないですか。そういう人って、その分辛い目に遭ったりもしていると思うんですよ。成功だけが僕らの目に映っているだけであって。結局、誰の人生も山と谷の連続です。


何であれインプットの蓄積は、必ず次のアイデアにつながります。面白いものは、どこに魅かれたのか考えることができるし、人の芝居はたいていつまんないけど(笑)、つまらない理由を考えるのもまたインプットになる。


結局、映画、演劇、音楽などをたくさん観ることも自分の仕事。インプットの時間は今後も確保していかないといけない。これが最重要課題ですね。


まずは自分がやってよかったと思えるかどうか。あとは信頼できる家族や友達が「最高だった」と言ってくれるという結果。絶対、それ以上の見返りはないですよ。


我がままで、迷惑かけて、結果が悪ければさようなら。でも、他ではなかなかないくらいの良い結果が出せれば「こいつともう一回やってやろう」っていう話になる。


事務所の連中、バンドメンバー、レコード会社は、「劇団なんか辞めてくれ」と言う。確かに劇団はまったく儲からず、バンドのツアーやレコーディングのほうが確実に実入りはよかった。でも、僕は、一つのことだけずっとやっていると息が詰まるんです。もしあの時、劇団を続けられなかったら、バンドも、もっとずっと早く解散していたと思います。


僕は音楽でも演劇でも、売れることを第一義に考えてやったことが一度もないんです。僕らがやってるようなバンドにとって、商業的な姿勢は格好悪いだけですし、当時は若かったこともあって特にそう感じていた。


レーベルを立ち上げたのも、まったく戦略的ではなく、自分や仲間のレコードを出したいけどメジャーでは出してもらえなかったから。本当に好きなこと、やりたいことを続けてきただけとしか説明できないんですよ。


本作(舞台『百年の秘密』)では、10年後、30年後、それから少し戻った過去など、時系列を乱して物語を構築していますが、それは悲劇的な死と同じ時間の流れの中に平凡な幸せもあったのだと、その幸せが死によって無になるわけではないのだということを描きたかったからなんです。


舞台をやっていると時々、水を打ったように観客が静まり返るシーンが生まれることがあって、この作品はまさにそれでした。ラスト20分、観客が息を呑んで物語を見守っていたあの緊迫感は、作ろうと思って作れるものではない。これまで書いた作品で特別でないものなんて一つもないけれど、その中でも『百年の秘密』は僕にとって、他にはないスペシャルさをもった一作なんです。


ケラリーノ・サンドロヴィッチの経歴・略歴

ケラリーノ・サンドロヴィッチ。日本のミュージシャン、劇作家、脚本家、演出家、映画監督。東京出身。バンド「有頂天」、劇団「ナイロン100℃」、インディーズレーベル「ナゴムレコード」などを主宰し多方面で活躍した。

他の記事も読んでみる

桑原豊(経営者)

自分がどんな役割に向いているのか、ということは早く気づいたほうが良いと思います。リーダーなのか、スペシャリストなのか、それによって、何をすべきかは違ってきますからね。もしわからないのであれば、今、自分がしている仕事のなかで、一番好きなことを考えてみると良いでしょう。おそらく、それが一番向いていること。


佐藤優

合理的な見方を常に意識しておくことが、先送りで失敗しないための一番の方法。


藤井義彦

資源を持たない日本が世界と伍して戦っていくためには、人という資源を最大限に生かすことが大事です。そのためには世界一流の経営のプロが育ち、企業や組織を活性化し、人材を育てていくことに尽きます。私の使命はコーチングを通じて人材を育てることです。


鎌田恭幸

「いい会社」の定義は様々です。たとえば、本業を通じて社会に貢献する、社会から本当に必要とされる会社であること。社員や取引先、地域などその会社に関わる人々が喜びや幸せを感じている必要もあります。また、日本が抱える様々な社会的な課題を解決し、社会の質的発展を導いていける会社が「いい会社」といえます。


弘兼憲史

上司がやっていけないことをあげておきたい。たとえば一人の部下をみんなの前で褒める。このときに、つい口をすべらせて「それにひきかえ○○くんの成績はどうだ、トップの人の爪の垢でも煎じて飲んだらどうだ」などと言ってはいけない。絶対にいけない。褒めるときは純粋に褒める。他人と比較したり、他人をこき下ろしたりしてはいけない。


コシノジュンコ

仕事を負担だと思ったことはありません。負担と感じてやると逃げ腰になり、いい仕事などできないのではないでしょうか。


髙村正人(高村正人)

仕事の上で、あまり自分自身を精神的に追い込むことつもりもないのですが、常に自制し、己に勝つことができるように、ストイックに仕事をしていきたい。


吉川和宏(ホテルマン)

顔と名前を覚える3ステップ

  1. 自分から声をかけ、相手の声や反応で覚える。
  2. 顔や持ち物など、相手の特徴を探す。
  3. 名前を呼んで記憶を定着させる。

中村天風

医者にかかっても治らない病気は治らない。治らない病は、一生にいっぺんしかない。もしあるなら二度も三度も死ななきゃならない。しかし、それまでは、その度に死にはしないんだから安心しなさい。病になったならば、病をむしろ忘れるくらいな気持ちになりなさい。病は忘れることによって治る。


ジェフリー・フェファー

会社で出世する人間は例外なく感じが悪い。


山口多賀司(経営者)

今は私も社主という立場になって、経営は社長をはじめとする若い人に譲っておりますが、若い頃は本当によく働きました。もっとも昭和20年、30年代というのは、私だけでなく、隣の家のおじさん、お兄ちゃんも、とにかく日本国民が昼夜関係なく働き詰め。戦後、就職先もなければ何もない状態で生きるために必死だったんです。だから、日本国民一人ひとりが働いて、働いて、働きつくして作り上げたのが戦後の経済大国だった。


佐々木毅

戦後、安定した仕組みにおぶさって生きてきた人間が多すぎた。その中ではマニュアル通りにすればやってこられた。それが崩れている。システムが決め打ちしていた世界と違うものに変わり、ここ20年近くいままでのノウハウの賞味期限がどんどん切れている。言葉を換えれば、マニュアルが終わった時代という言い方もできる。