名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

ケラリーノ・サンドロヴィッチの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ケラリーノ・サンドロヴィッチのプロフィール

ケラリーノ・サンドロヴィッチ。日本のミュージシャン、劇作家、脚本家、演出家、映画監督。東京出身。バンド「有頂天」、劇団「ナイロン100℃」、インディーズレーベル「ナゴムレコード」などを主宰し多方面で活躍した。

ケラリーノ・サンドロヴィッチの名言 一覧

きっと、多分野で仕事しているからこそ飽きないし、新鮮な気持ちを保つことができている。


簡単にできることよりも、どうなっちゃうんだっていうくらい怖い不確定要素があったほうが物事は楽しい。僕はそう考えるようにしている。


苦しいことは、楽しいことのためにやっていると考えるようにしています。


誰かに迷惑をかけたとしても、結果を出すことに最善を尽くす。最後にいい結果を共有できれば、必ず人はついてきてくれる。


もっとよくなるんじゃないかって、いつまでも考えてしまう。僕はあきらめが本当に悪いんです。


嫌々やっていたらいいものなんてつくれません。表現者である自分が楽しんでいることが一番大事。


うまくいこうがいくまいが、自分がどうしても何かやりたいならやる。そして、その何かを見つけることが大事だということに尽きる。


本気でやりたいことをやってきたから、結果につながった。


亡くなられた方たちは、その死の悲痛さばかりとりあげられて果たして報われるだろうか。死は人生における瞬間の一つにしか過ぎず、その人たちの幸せも不幸も生きてきた痕跡すべてひっくるめて見るべきなんじゃないだろうか。


慌てたところでどうにもならないんですよ、人生って。だから、運を向かせようと必死にエネルギーを使わないほうがいい。悪いことがあれば、しばらくするといいことがある。その繰り返しなんですから。


どんどん商売を当てている入っているじゃないですか。そういう人って、その分辛い目に遭ったりもしていると思うんですよ。成功だけが僕らの目に映っているだけであって。結局、誰の人生も山と谷の連続です。


何であれインプットの蓄積は、必ず次のアイデアにつながります。面白いものは、どこに魅かれたのか考えることができるし、人の芝居はたいていつまんないけど(笑)、つまらない理由を考えるのもまたインプットになる。


結局、映画、演劇、音楽などをたくさん観ることも自分の仕事。インプットの時間は今後も確保していかないといけない。これが最重要課題ですね。


まずは自分がやってよかったと思えるかどうか。あとは信頼できる家族や友達が「最高だった」と言ってくれるという結果。絶対、それ以上の見返りはないですよ。


我がままで、迷惑かけて、結果が悪ければさようなら。でも、他ではなかなかないくらいの良い結果が出せれば「こいつともう一回やってやろう」っていう話になる。


事務所の連中、バンドメンバー、レコード会社は、「劇団なんか辞めてくれ」と言う。確かに劇団はまったく儲からず、バンドのツアーやレコーディングのほうが確実に実入りはよかった。でも、僕は、一つのことだけずっとやっていると息が詰まるんです。もしあの時、劇団を続けられなかったら、バンドも、もっとずっと早く解散していたと思います。


僕は音楽でも演劇でも、売れることを第一義に考えてやったことが一度もないんです。僕らがやってるようなバンドにとって、商業的な姿勢は格好悪いだけですし、当時は若かったこともあって特にそう感じていた。


レーベルを立ち上げたのも、まったく戦略的ではなく、自分や仲間のレコードを出したいけどメジャーでは出してもらえなかったから。本当に好きなこと、やりたいことを続けてきただけとしか説明できないんですよ。


本作(舞台『百年の秘密』)では、10年後、30年後、それから少し戻った過去など、時系列を乱して物語を構築していますが、それは悲劇的な死と同じ時間の流れの中に平凡な幸せもあったのだと、その幸せが死によって無になるわけではないのだということを描きたかったからなんです。


舞台をやっていると時々、水を打ったように観客が静まり返るシーンが生まれることがあって、この作品はまさにそれでした。ラスト20分、観客が息を呑んで物語を見守っていたあの緊迫感は、作ろうと思って作れるものではない。これまで書いた作品で特別でないものなんて一つもないけれど、その中でも『百年の秘密』は僕にとって、他にはないスペシャルさをもった一作なんです。


ケラリーノ・サンドロヴィッチの経歴・略歴

ケラリーノ・サンドロヴィッチ。日本のミュージシャン、劇作家、脚本家、演出家、映画監督。東京出身。バンド「有頂天」、劇団「ナイロン100℃」、インディーズレーベル「ナゴムレコード」などを主宰し多方面で活躍した。

他の記事も読んでみる

藤井孝一

やらなくてもいいことまで抱え込んで、時間がないと嘆いている人は少なくありません。そうならないためにはタスクリストをつくったら、中身をやらなければならないことと、やらなくてもいいことに分類する必要があります。そうやって確かめてみると、やらなくてもいいことが意外にたくさんあることに気づくはずです。


冨山和彦

自分の見識に自信を持つのはいい。しかし、ファクトは見識とは異なる。要は、雨が降っているときには、雨が降っているという現実を前提にして物事を考えること。雨が降っているのに「今は晴れているはずだ」とがんばってもムダなのである。


田中ウルヴェ京

日本人にありがちなのは、「ストレスはあってはいけないもの」という前提があることです。でも、ストレスを感じる感情には素直になっていい。嫌なことがあってイライラすることもあれば、悲しいことがあれば辛くなることは当然あります。


出雲充

違うものを違うと言って済ませるのは簡単です。でも男性と女性とか、動物と植物とか、多くの人が心理的、物理的に遠いと思うところを頑張って統合する。そうすればイノベーションは必ず起こせる。


高城幸司

私自身、過去に自分だけ理不尽な高いノルマを提示され、それを上司との交渉を経て、下げた経験があります。その際、「僕のノルマは他の人の4倍です。これはなぜですか?」と、まず理由を聞きました。すると、「お前ならそれだけ売ってくれると思ったから」と答えが返ってきたので、「僕には4倍の力があると思ってくださっているのですね。期待していただいてうれしいです」と、感謝の意を表したうえで、「でも考えてください。単純計算すれば、僕には人の4倍の作業量が発生することになります。どうしてもやれと言われたら、僕はやります。毎晩徹夜すれば、なんとか達成できるでしょう」と、その結果起こる事実を客観的にのべました。あくまで上司の命令に従う姿勢を見せつつ、管理能力を問われるリスクがあることを知らせ、「僕の数字にコミットしてくれるんですね。○○さんのアシストがあれば、僕も頑張れます」と、ノルマは連帯責任だとさりげなく上司に返したのです。


藤野英人

投資家にとって、関心の対象は宇宙のことから100円ショップ、バイオテクノロジーの話まであらゆることに及びますから、幅広いカテゴリーに目を通すようにしています。今は製造業とサービス業の分かれ目がほとんどなくなっているような時代。何事にも無関心ではいられません。幅広い情報に関心を持つことは、投資家に限らず多くのビジネスパーソンにとっても重要ではないでしょうか。


芥川龍之介

あらゆる社交はおのずから虚偽を必要とするものである。最も賢い処世術は、社会的因習を軽蔑しながら、しかも社会的因習と矛盾せぬ生活をすることである。最も賢い生活は、一時代の習慣を軽蔑しながら、しかもそのまた習慣を少しも破らないように暮らすことである。


梅森浩一

社内で最も結果を出している上司や先輩のマネをすることが、私はできるビジネスパーソンになる一番の近道だと考えています。


小林宏治

人の歩かない道を歩くには、大変な勇気がいる。誰かに援助してもらう、というのでは企業の体を成さないし、セルフ・ヘルプの精神がやはり必要である。


ウィリアム・エックハート

カウンタートレードの誘惑と僕が呼んでいるものがある。刷りこまれた認識と情緒の要素が、人を自動的に潜在的な新しい市場トレンドを認識させないようにしてしまうんだ。安く買って高く売りたい、そのこと自体が市場の流れに逆らう行動だからね。人は、正常価格と思われているレベルから価格が動いたら、異常だとみなす傾向がある。この見方が人に、新しいトレンドとは逆の行動を起こさせ、つま価格はそのつい正常にもどるという想定の元に取引をさせてしまう。そしれそれは大損への道につながっているのさ。


山崎将志

具体的に「明日の午前中までに」などとノルマを課して計画を立てないと、物事って進まないと思うんです。上司と部下の間でも、ちゃんと期限を聞いて、無理を言われたら「明後日の午後までならできます」、あるいは「この仕事の締め切りもあるんですけど、どちらを優先したらいいですか?」と尋ねてプライオリティを明確にすることが大切ですね。


山西健一郎

明日できることを明日に回せば、今日は別の仕事ができるため生産性は倍増する。