名言DB

9419 人 / 110788 名言

ケラリーノ・サンドロヴィッチの名言

twitter Facebook はてブ

ケラリーノ・サンドロヴィッチのプロフィール

ケラリーノ・サンドロヴィッチ。日本のミュージシャン、劇作家、脚本家、演出家、映画監督。東京出身。バンド「有頂天」、劇団「ナイロン100℃」、インディーズレーベル「ナゴムレコード」などを主宰し多方面で活躍した。

ケラリーノ・サンドロヴィッチの名言 一覧

きっと、多分野で仕事しているからこそ飽きないし、新鮮な気持ちを保つことができている。


簡単にできることよりも、どうなっちゃうんだっていうくらい怖い不確定要素があったほうが物事は楽しい。僕はそう考えるようにしている。


苦しいことは、楽しいことのためにやっていると考えるようにしています。


誰かに迷惑をかけたとしても、結果を出すことに最善を尽くす。最後にいい結果を共有できれば、必ず人はついてきてくれる。


もっとよくなるんじゃないかって、いつまでも考えてしまう。僕はあきらめが本当に悪いんです。


嫌々やっていたらいいものなんてつくれません。表現者である自分が楽しんでいることが一番大事。


うまくいこうがいくまいが、自分がどうしても何かやりたいならやる。そして、その何かを見つけることが大事だということに尽きる。


本気でやりたいことをやってきたから、結果につながった。


亡くなられた方たちは、その死の悲痛さばかりとりあげられて果たして報われるだろうか。死は人生における瞬間の一つにしか過ぎず、その人たちの幸せも不幸も生きてきた痕跡すべてひっくるめて見るべきなんじゃないだろうか。


慌てたところでどうにもならないんですよ、人生って。だから、運を向かせようと必死にエネルギーを使わないほうがいい。悪いことがあれば、しばらくするといいことがある。その繰り返しなんですから。


どんどん商売を当てている入っているじゃないですか。そういう人って、その分辛い目に遭ったりもしていると思うんですよ。成功だけが僕らの目に映っているだけであって。結局、誰の人生も山と谷の連続です。


何であれインプットの蓄積は、必ず次のアイデアにつながります。面白いものは、どこに魅かれたのか考えることができるし、人の芝居はたいていつまんないけど(笑)、つまらない理由を考えるのもまたインプットになる。


結局、映画、演劇、音楽などをたくさん観ることも自分の仕事。インプットの時間は今後も確保していかないといけない。これが最重要課題ですね。


まずは自分がやってよかったと思えるかどうか。あとは信頼できる家族や友達が「最高だった」と言ってくれるという結果。絶対、それ以上の見返りはないですよ。


我がままで、迷惑かけて、結果が悪ければさようなら。でも、他ではなかなかないくらいの良い結果が出せれば「こいつともう一回やってやろう」っていう話になる。


事務所の連中、バンドメンバー、レコード会社は、「劇団なんか辞めてくれ」と言う。確かに劇団はまったく儲からず、バンドのツアーやレコーディングのほうが確実に実入りはよかった。でも、僕は、一つのことだけずっとやっていると息が詰まるんです。もしあの時、劇団を続けられなかったら、バンドも、もっとずっと早く解散していたと思います。


僕は音楽でも演劇でも、売れることを第一義に考えてやったことが一度もないんです。僕らがやってるようなバンドにとって、商業的な姿勢は格好悪いだけですし、当時は若かったこともあって特にそう感じていた。


レーベルを立ち上げたのも、まったく戦略的ではなく、自分や仲間のレコードを出したいけどメジャーでは出してもらえなかったから。本当に好きなこと、やりたいことを続けてきただけとしか説明できないんですよ。


本作(舞台『百年の秘密』)では、10年後、30年後、それから少し戻った過去など、時系列を乱して物語を構築していますが、それは悲劇的な死と同じ時間の流れの中に平凡な幸せもあったのだと、その幸せが死によって無になるわけではないのだということを描きたかったからなんです。


舞台をやっていると時々、水を打ったように観客が静まり返るシーンが生まれることがあって、この作品はまさにそれでした。ラスト20分、観客が息を呑んで物語を見守っていたあの緊迫感は、作ろうと思って作れるものではない。これまで書いた作品で特別でないものなんて一つもないけれど、その中でも『百年の秘密』は僕にとって、他にはないスペシャルさをもった一作なんです。


ケラリーノ・サンドロヴィッチの経歴・略歴

ケラリーノ・サンドロヴィッチ。日本のミュージシャン、劇作家、脚本家、演出家、映画監督。東京出身。バンド「有頂天」、劇団「ナイロン100℃」、インディーズレーベル「ナゴムレコード」などを主宰し多方面で活躍した。

他の記事も読んでみる

小路明善

直観の「観」には観察の「観」と感性の「感」の2つが含まれます。観察とは、例えばデータや得意先の動きから消費動向などを自分なりに読む力。一方、感性とはデータに表れない部分を判断する力です。予測できないことが起きても、スピーディーで最適な経営判断を可能にするのは直感力だと思っています。


新浪剛史

いい時にどういう経営をするかで、次の谷の深さが変わる。いい時に、努力をしていれば、谷が来てもそれほど深くない。乗り越えることも容易になる。だから今こそチャレンジをしなければいけない。


伊庭正康

できる人に共通しているのは、一冊の手帳に、あらゆる情報を一元化する習慣をもっていること。スケジュールや打ち合わせの記録はもちろん、新聞記事などのメモやちょっとした思いつきなど、すべてを一冊に書いています。そうすれば、「あのメモは、どこに書いたかな?」とわからなくなることがなくなり、探す時間のムダもなくなるわけです。


羽生善治

着手を考える際も、40代半ばの今は、20代、30代の頃とは変わってきました。最初に局面全体の方向性を大ざっぱに、感覚的にとらえて、そこから細かいところをロジックで詰めていくというプロセス自体は以前とあまり変わりませんが、局面全体をとらえるところに力を傾ける比率が、以前に比べて上がっています。


筒井義信

私どもは社内で女性や若手を中心とした提案活動を進めていますが、とくに意識しているのは、提案活動を単なる提案レベルで終わらせないことです。提案の中で具体化ができそうなものがあれば、経営計画に組み込んで経営戦略として実行していく。このスタンスを続けることで、女性人材の高度化が進み、本当の意味で女性が活躍する土台ができるのだと思います。


孫正義

ひとつのブランドですべて統一するとリスクが増します。皆同じだと一つの社訓すら時代に合わなくなるリスクがある。ワンブランドでグループ全てが破綻することもある。


北尾吉孝

私が思うに、仕事をすぐやるためには、知力・気力・体力が大事。すぐに決断する習慣は常に頭脳をフル回転させることで得られますから、そのためには前述したように精神面を整えることもとても重要。また、言うまでもなく体の頑強さも求められます。つまり、健康が最も大切。


駒崎弘樹

僕らの世代は、批判のことを「DIS(ディス)る」といっています。DISはラップ文化のひとつですが、僕らの世代は社会をDISることに限界を感じているんです。タイタニック号が今まさに沈没しようとしているときに、「船長、ダメじゃん」とDISっても、何にもならないですよね。だとしたら、もう自分たちで穴をふさぐしかない。DISるのは後でもできるから、とりあえず板とトンカチ持とうぜ、という気持ちで社会起業する人が多いのだと思います。


橋本治

生きていくことはどこかからか自分のエネルギーを湧き上がらせるような作業で、そのエネルギーって、自分の中にあるものをすべて吐き出してもまだ出てくるはずと思うところから生まれるんです。


吉岡隆治

ワッと売れたものはワッと消える。トレンドとはそういうもの。