名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

ケビン・ロリンズの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ケビン・ロリンズのプロフィール

ケビン・ロリンズ。米国の経営者。PC直販の「DELL」CEO(最高経営責任者)。戦略コンサルティング会社ベイン&カンパニーのコンサルタントとして活躍。主にハイテク業界のコンサルティングを行う。DELLのコンサルティングを行った際にヘッドハンティングされ入社。そのほか米国貿易政策交渉の諮問委員などを務めた。

ケビン・ロリンズの名言 一覧

当社はリスクを大変嫌います。本気で推し進めたいと思う事業の場合、ゼネラル・マネジャーたちの心に思い入れが生まれることがあります。そのような時、それが本当にビジネスチャンスなのかどうか、まず実証してもらいます。我々を納得させられなければ、それ以上計画を進めることはできません。成功できるという確信が得られない分野は避けて通ります。


これまでのようにテレビを作ってきた会社がそのテクノロジーを牛耳るのではなく、市場がテクノロジーを保有しているという状況になってきた。Dellは、パソコンのフラットパネル分野においては、バイヤーとして購入していた量も、売り手として流通していた量も最大であった。それを考えれば、テレビの分野に参入していくのは自然の流れですし、ここに効率的なデルモデルの仕組みを使うことで、高品質の製品を、これまでに見たこともなかった価格で提供できるようになる。


生産方法には、バーチャルインテグレーションや、フルインテグレーションもあるが、ここでも、同様に、利益が出たかどうか、成長につながったかどうかでそれぞれのモデルを評価すべきだと考えている。


企業は、いろいろな戦略をとろうとするが、それが果たして有効な施策であったか、成功したかどうかは、最終的には本当に利益があがったのかどうか、という点で検証されるべきだと考えている。それ以外のところで、成功かどうかが判断されることはない、といっても過言ではないだろう。


ほかの製品への拡大については、今後2-3年において継続的に行っていくことになる。先頃、富士ゼロックスとの戦略的なパートナーシップを結び、イメージングの分野で製品を投入したが、こうした戦略的なパートナーシップによって、日本の優れたテクノロジーを日本市場に投入したり、ひいては全世界へ投入するということも考えている。


PCサーバー、PCクライアントが当社のコアビジネスであり、この分野での当社の市場シェアは全世界で17%です。その点では、コアのビジネスでもまだまだ拡大の余地はある。業界によっては、30%、40%のシェアを持っているトップベンダーもあるわけですから、17%のシェアで満足しているわけではない。そうした意味で、コアのビジネスの成長は目標達成には重要です。それに加えて、さらに、コアのまわりを囲むような形で、S&P(ソフト&ペリフェラル)やサービス、ストレージがあり、ここにも大きな事業拡大のチャンスがある。顧客からも、「Dellには、コア事業以外の分野でも、もっと積極的に事業を展開してほしい」という声があがっている。この声に応えるように、まわりの市場でも事業を拡大させたい。ただ、これらの事業は、コアの事業とは別の独立したものだとは考えていません。あくまでもコアを支える事業であると考えています。これらの取り組みによって600億ドルというターゲットを達成することは可能だといえます。


ケビン・ロリンズの経歴・略歴

ケビン・ロリンズ。米国の経営者。PC直販の「DELL」CEO(最高経営責任者)。戦略コンサルティング会社ベイン&カンパニーのコンサルタントとして活躍。主にハイテク業界のコンサルティングを行う。DELLのコンサルティングを行った際にヘッドハンティングされ入社。そのほか米国貿易政策交渉の諮問委員などを務めた。

他の記事も読んでみる

吉永泰之

一般的には、商品数の少なさは弱点です。ただ、少ないからこそひとつひとつをどこにも負けないほど作り込んでいけば、それは長所に変わります。


宮竹貴久

自然界では結果として、生き残れたものが強い。生物に求められるのは、次々と立ちはだかる苦境をやりすごすこと。襲いかかる敵をうまくやりすごす術と知恵を持つことなのです。それを「対捕食者戦略」と生物学では呼びます。そして、この生き物の中にひょっとしたら人間も含まれるのではないかと私は考えています。ビジネスパーソンにとっての死活問題、それは勤めている企業内外で起こることがほとんどでしょう。そこで、自分の立場を良くするのも悪くするのも上司。上司に「食われない」ように、生き延びることが最優先課題です。そのとき有効なのが、前述の対捕食者戦略。とりわけ、時と場合により、先送りをする賢い知恵が必要なのです。


矢矧晴一郎

できそうもないと感じるのは、その仕事が大きく、難しく見えてしまうから。まずは、仕事を10項目以上に細かく分けます。頭の中で考えるのではなく、実際に紙に書き出してください。次に、作業がやさしいものから順位をつけ、1位を100点としてやさしい水準に点数をつけます。そして、1位から順に片づけてみましょう。簡単なものから先にやることでスイスイ進み、はずみがついて難しいものもできるようになります。


橘玲

戦略は人それぞれ。人的資本、金融資本、社会資本3つの資本のうちどれを中心に据えるのか。いまから考えておくだけでも、人生は大きく変わってくるのではないでしょうか。


テリー伊藤

常に次のカードを用意しないと。オレ自身、そうやってきた。企画が通らない。演出だけをやっていたら食えないかもしれない。じゃあ、本を書いてひと勝負だぞ、って。その後、テレビに出だしてラジオもやらせてもらって。それでも不安だし、危機感は持っている。


下嶋政幸

投資は収益力向上の「手段」に過ぎず、それ自体が目的ではありません。原則、営業キャッシュフローで創出された資金をもとに行いますが、優良な大型買収案件などがあれば資金調達も検討します。


荒川静香

お客様は、仕事や家庭から離れた非日常的な世界観を求めてショーを見に来ます。彼らが求める非日常とは何か。それを必死に考えました。すると、他のショーでは見られないペアの組み合わせを考えれば喜ぶのではないか。スピード感溢れる高速スピンや、アクロバティックな演技を多く取り入れた方が分かりやすく、幻想的に映るのではないかなど、少しずつ新たなアイデアにつながっていきました。「お客様の目線で考えることの大切さ」は、プロの世界で学んだことの1つですね。


渡辺真理

私の声は、とてもマイクに乗りにくい声なんです。ですから、本当はお話しするのは恥ずかしいことなのですが、毎日のトレーニングは欠かさないようにしています。さすがに、屋上で大きな声を出すなんてことはしませんが、クルマの運転中に発声や滑舌の練習を心がけています。そうやって声を出す練習をしても、ちゃんと視聴者の方々に届くという保証もないのですから、不安はまだありますね。


加藤千麿

新しいことにチャレンジするとき、止める場合もあります。とにかく試みて試みて、軌道に乗らなければ、早いうちに止めていく。いったん手を打つ。でも、最初からノーノーノーでは駄目なんです。言葉は悪いけど、役所の発想はそうでしょう。最初からノーノーノーで、できないという前提で行っちゃうんですから。ノーが一番楽なんですよ本当は。ああ止めとけっていうのが一番楽なんですね。


芳井敬一

家族の団らんが営業にとってリセットになります。私は「リセット上手は仕事上手」と言い続けています。


瀧本哲史

自分が熟知していたり、興味や関心がある分野だけに投資するわけではないので、知らないことはいくらでも出てきます。その時は、世界中でその分野に最も詳しい人に話を聞くのです。もちろんその人でも、分からないことはあります。その場合、誰も手を付けていない今が好機とリスクを取りに行くこともあれば、状況が見えるまで待つという選択もあります。


齋藤孝(教育学者)

身体を抜きにしたらコミュニケーションは成り立ちません。つまり、聞き方や話し方の本質は身体にあるのです。身体どうしで会話していると考えたら、相手の言葉に全身でレスポンスするのは、むしろ当然だといえます。状況に応じて笑顔をつくったり、身体を使ったリアクションが不得意だったりする人は、頭だけでなく反応できる身体を鍛えることも意識してみたらどうでしょう。