名言DB

9413 人 / 110706 名言

ケビン・ロリンズの名言

twitter Facebook はてブ

ケビン・ロリンズのプロフィール

ケビン・ロリンズ。米国の経営者。PC直販の「DELL」CEO(最高経営責任者)。戦略コンサルティング会社ベイン&カンパニーのコンサルタントとして活躍。主にハイテク業界のコンサルティングを行う。DELLのコンサルティングを行った際にヘッドハンティングされ入社。そのほか米国貿易政策交渉の諮問委員などを務めた。

ケビン・ロリンズの名言 一覧

当社はリスクを大変嫌います。本気で推し進めたいと思う事業の場合、ゼネラル・マネジャーたちの心に思い入れが生まれることがあります。そのような時、それが本当にビジネスチャンスなのかどうか、まず実証してもらいます。我々を納得させられなければ、それ以上計画を進めることはできません。成功できるという確信が得られない分野は避けて通ります。


これまでのようにテレビを作ってきた会社がそのテクノロジーを牛耳るのではなく、市場がテクノロジーを保有しているという状況になってきた。Dellは、パソコンのフラットパネル分野においては、バイヤーとして購入していた量も、売り手として流通していた量も最大であった。それを考えれば、テレビの分野に参入していくのは自然の流れですし、ここに効率的なデルモデルの仕組みを使うことで、高品質の製品を、これまでに見たこともなかった価格で提供できるようになる。


生産方法には、バーチャルインテグレーションや、フルインテグレーションもあるが、ここでも、同様に、利益が出たかどうか、成長につながったかどうかでそれぞれのモデルを評価すべきだと考えている。


企業は、いろいろな戦略をとろうとするが、それが果たして有効な施策であったか、成功したかどうかは、最終的には本当に利益があがったのかどうか、という点で検証されるべきだと考えている。それ以外のところで、成功かどうかが判断されることはない、といっても過言ではないだろう。


ほかの製品への拡大については、今後2-3年において継続的に行っていくことになる。先頃、富士ゼロックスとの戦略的なパートナーシップを結び、イメージングの分野で製品を投入したが、こうした戦略的なパートナーシップによって、日本の優れたテクノロジーを日本市場に投入したり、ひいては全世界へ投入するということも考えている。


PCサーバー、PCクライアントが当社のコアビジネスであり、この分野での当社の市場シェアは全世界で17%です。その点では、コアのビジネスでもまだまだ拡大の余地はある。業界によっては、30%、40%のシェアを持っているトップベンダーもあるわけですから、17%のシェアで満足しているわけではない。そうした意味で、コアのビジネスの成長は目標達成には重要です。それに加えて、さらに、コアのまわりを囲むような形で、S&P(ソフト&ペリフェラル)やサービス、ストレージがあり、ここにも大きな事業拡大のチャンスがある。顧客からも、「Dellには、コア事業以外の分野でも、もっと積極的に事業を展開してほしい」という声があがっている。この声に応えるように、まわりの市場でも事業を拡大させたい。ただ、これらの事業は、コアの事業とは別の独立したものだとは考えていません。あくまでもコアを支える事業であると考えています。これらの取り組みによって600億ドルというターゲットを達成することは可能だといえます。


ケビン・ロリンズの経歴・略歴

ケビン・ロリンズ。米国の経営者。PC直販の「DELL」CEO(最高経営責任者)。戦略コンサルティング会社ベイン&カンパニーのコンサルタントとして活躍。主にハイテク業界のコンサルティングを行う。DELLのコンサルティングを行った際にヘッドハンティングされ入社。そのほか米国貿易政策交渉の諮問委員などを務めた。

他の記事も読んでみる

新浪剛史

私はよく「経営はサイエンスだが、アートでもある」と言っています。ロジカルな思考は当然重要なのですが、最終的な判断を決めるのは知見に基づく直感なのです。


三宅卓

経営者というのは先に明かりが見えると不思議なもので、それだけで元気になります。そうすると積極的な営業展開や設備投資ができ、好循環に入っていく。


傳田信行

強じんな精神力を持っていないと、海外の本社と顧客企業の間に挟まれて、いとも簡単につぶされてしまいます。両社ともそれぞれの立場しか考えずに無理な要求を突き付けてくるからです。


花田賢人

まずはユーザー数や広告数を伸ばすより、コアなファンを作ることが重要。


加藤進(住友商事)

従業員との直接対話を年間50回ほど、各職場を訪ねる形で積み重ねています。その場でも、できる限り、みんなの意見を聞くように努めているのです。私としては、自分が一方的にしゃべるほうが楽ですが、会社の方針や自分の考え方を理解してもらうには、まず、相手の話を聞くことだと思っています。


大迫忍

同族経営はいずれ弊害を生む。


本庄八郎

伊藤園の基本は、ものまねはしないということ。


橘玲

何を脅威に感じるかは、容姿、学歴や仕事の能力など、人それぞれです。いったん脅威だと認識されてしまうと、相手は無意識にその人を排除しようとします。皆さんも仕事で成果を出しているのに、何故か上司につらく当たられた経験はありませんか? これは、誰が正しくて誰が間違っている、ということではありません。私たちは日常的に理不尽なジャッジをお互いにし合っているのです。人間関係は想像以上に誤解や偏見に満ちていると言えるでしょう。


西松遥

山中鹿之助じゃありませんが、「我に艱難辛苦を与えたまえ」という心境です。いろいろやっていくうちに出口は必ずあります。


天坊昭彦

人材育成で重要なことは、いかに良いチャンスを後輩に与えるか。簡単な仕事では成長しませんから、育成の度合いを見ながら、難しい仕事をあえて任せます。


中村獅童(二代目)

作品の台詞や振り付けを覚え、舞台では相手役との間合い、お客様の反応を見ながら、自分の役を演じていく。役者の世界では、「いい芝居をしたい」「お客様を満足させたい」と思い続ける限り、まさに「死ぬまで」試行錯誤が続きます。


戸塚隆将

世界のエリートと呼ばれる人たちも、特別なことをしているわけではありません。準備をしたり、自分を褒めたりしながら、小さな成功体験を積み重ねて良いサイクルを生み出している。やっているのは、ごく普通のことの積み重ねです。


江夏豊

わしらはプロや。素人やない。ただひとつ。勝つことや。アマチュアなら正々堂々とかキレイごとを言っておれるし、またそれはそれで尊いことやと思う。だけど、プロは何が何でも勝つことや。卑怯とののしられようが、うしろから敵に斬りこんでいって背中に一太刀浴びせたって構わんとわしは思う。わしらはプロフェッショナルなんやから。


高田純次

人間の欲求もある意味バランスをとるようにできていて、素直にそれに従っていればバランスよく生きられるはずなんだけど、欲求の方向が一方行だけに傾くと、それを達成したときに燃え尽きてしまう危険がある。


出雲充

やるべきことはむしろ、失敗しても再チャレンジできる環境を整えること。そして、起業しようとする若者に余計なアドバイスをして志をくじくようなことをしないこと。