名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ケビン・ロリンズの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ケビン・ロリンズのプロフィール

ケビン・ロリンズ。米国の経営者。PC直販の「DELL」CEO(最高経営責任者)。戦略コンサルティング会社ベイン&カンパニーのコンサルタントとして活躍。主にハイテク業界のコンサルティングを行う。DELLのコンサルティングを行った際にヘッドハンティングされ入社。そのほか米国貿易政策交渉の諮問委員などを務めた。

ケビン・ロリンズの名言 一覧

当社はリスクを大変嫌います。本気で推し進めたいと思う事業の場合、ゼネラル・マネジャーたちの心に思い入れが生まれることがあります。そのような時、それが本当にビジネスチャンスなのかどうか、まず実証してもらいます。我々を納得させられなければ、それ以上計画を進めることはできません。成功できるという確信が得られない分野は避けて通ります。


これまでのようにテレビを作ってきた会社がそのテクノロジーを牛耳るのではなく、市場がテクノロジーを保有しているという状況になってきた。Dellは、パソコンのフラットパネル分野においては、バイヤーとして購入していた量も、売り手として流通していた量も最大であった。それを考えれば、テレビの分野に参入していくのは自然の流れですし、ここに効率的なデルモデルの仕組みを使うことで、高品質の製品を、これまでに見たこともなかった価格で提供できるようになる。


生産方法には、バーチャルインテグレーションや、フルインテグレーションもあるが、ここでも、同様に、利益が出たかどうか、成長につながったかどうかでそれぞれのモデルを評価すべきだと考えている。


企業は、いろいろな戦略をとろうとするが、それが果たして有効な施策であったか、成功したかどうかは、最終的には本当に利益があがったのかどうか、という点で検証されるべきだと考えている。それ以外のところで、成功かどうかが判断されることはない、といっても過言ではないだろう。


ほかの製品への拡大については、今後2-3年において継続的に行っていくことになる。先頃、富士ゼロックスとの戦略的なパートナーシップを結び、イメージングの分野で製品を投入したが、こうした戦略的なパートナーシップによって、日本の優れたテクノロジーを日本市場に投入したり、ひいては全世界へ投入するということも考えている。


PCサーバー、PCクライアントが当社のコアビジネスであり、この分野での当社の市場シェアは全世界で17%です。その点では、コアのビジネスでもまだまだ拡大の余地はある。業界によっては、30%、40%のシェアを持っているトップベンダーもあるわけですから、17%のシェアで満足しているわけではない。そうした意味で、コアのビジネスの成長は目標達成には重要です。それに加えて、さらに、コアのまわりを囲むような形で、S&P(ソフト&ペリフェラル)やサービス、ストレージがあり、ここにも大きな事業拡大のチャンスがある。顧客からも、「Dellには、コア事業以外の分野でも、もっと積極的に事業を展開してほしい」という声があがっている。この声に応えるように、まわりの市場でも事業を拡大させたい。ただ、これらの事業は、コアの事業とは別の独立したものだとは考えていません。あくまでもコアを支える事業であると考えています。これらの取り組みによって600億ドルというターゲットを達成することは可能だといえます。


ケビン・ロリンズの経歴・略歴

ケビン・ロリンズ。米国の経営者。PC直販の「DELL」CEO(最高経営責任者)。戦略コンサルティング会社ベイン&カンパニーのコンサルタントとして活躍。主にハイテク業界のコンサルティングを行う。DELLのコンサルティングを行った際にヘッドハンティングされ入社。そのほか米国貿易政策交渉の諮問委員などを務めた。

他の記事も読んでみる

古森重隆

競争もない、結果の差もつけないという優しさは真の優しさではない。行き過ぎたヒューマニズムは動物としての活力を奪い去る。今のように、子供たちを無競争、無菌状態で育てることは将来に禍根を残すことになる。いや、現実にもう出てきている。


北尾吉孝

欲の無い人間はいませんが、一方でそれを律しなければなりません。


宮田幸雄

供給先の要求が厳しければ知恵を絞るしかない。原価低減は知恵比べの繰り返し。


フランソワ・ノーカット

すべてはお客様の目線から見てシンプルにすることです。決してものごとが複雑になってはいけません。


城谷直彦

何事にもぶつかっていって、反省し、学習し、またその壁を乗り越えていく。そういう意欲的な人たちと会社を伸ばしていきたい。そうした人にはどんどんチャンスを与えます。


出口治明

仕事はたいてい文章でやりとりされます。くだらない話だと思うかもしれませんが、誤字には気をつけましょう。どんなに立派な内容の報告書を作成したとしても、最初の一行目に誤字があったら台無しです。読んだ上司は、「なんだこいつは」という気持ちになります。上司への文章は提出する前に精査する習慣をつけるべきです。


陰山英男

突然、予想していなかった仕事が飛び込んでくることはよくありますよね。そのとき、スケジュールがびっしりと埋まっていると対応できません。午前と午後に1時間程度は余裕を作っておくべきです。仕事が入ってこなければ、その時間に別の仕事をしてもいいし、休憩してもいい。


池上彰

ネットの情報は便利ですが、まさに玉石混交。事実関係のあやふやなものや、偏った情報がたくさんあります。そこで大事なことは、最初に出てくるページの情報だけで終わらせないこと。1ページ目には肯定的な情報しか載っていなかったのに、3ページ目でようやく批判的な情報が出てきたり、ということも。そうして全体像が見えてくるのです。


ヘンリー・フォード

年寄りは若いときに貯金をしろと言うが、それは間違っている。最後の一銭まで貯めようなどと考えたらいけない。自分に投資しなさい。私は40歳になるまで、1ドルたりとも貯金したことがない。(覚書き|フォード氏は貯蓄の代わりに自分自身と、自分のビジネスに投資し続けた)


妹島和世

実際に見てきたもの、あるいはスタディモデル(簡易模型)などを写真に撮って、それを眺めることもあります。同じものから違うことを考えられることもある。だから、ちょっと気になるものはスナップ写真を撮っています。


宮坂学

常にスピードが要求されるインターネット業界の影響かもしれませんが、限られた時間の中で効率よく良書を読みためていくことを追求してきました。その結果が、現在の読書スタイルです。ひと言でいえば、網羅的な読み方といえるでしょう。まず、気になる本があったら、目次から読み始めて全体をスキャンするように流し読んでいきます。この時点では、とにかくスピードを重視します。途中気になる言葉や記述に行き当たったら、そのページの端を折って印をつけておきます。少しでもつまらないなと感じたら、それ以上は進まず、躊躇せずに次の本を手にとるようにしています。どんどん要点を絞り込んでいくイメージです。最後まで読破した本は、先ほどつけた折り目の部分を改めて読み返していきます。さらに線を引いたり、書き写したりして自分なりに本のエッセンスを消化していきます。


羽生善治

将棋の対局は時間が長いので、何かアクシデントが起きて心が乱れても、わりとリカバリーしやすいです。テニスの試合を見ていると、不利な場面で審判にクレームをつけて試合を止める選手がいますよね。なぜ判定が覆らないのに文句をいうのか。あれは心を落ち着かせるための時間稼ぎでしょう。心がざわついても、時間が解決してくれることは多いと思います。