ケビン・ロリンズの名言

ケビン・ロリンズのプロフィール

ケビン・ロリンズ。米国の経営者。PC直販の「DELL」CEO(最高経営責任者)。戦略コンサルティング会社ベイン&カンパニーのコンサルタントとして活躍。主にハイテク業界のコンサルティングを行う。DELLのコンサルティングを行った際にヘッドハンティングされ入社。そのほか米国貿易政策交渉の諮問委員などを務めた。

ケビン・ロリンズの名言 一覧

当社はリスクを大変嫌います。本気で推し進めたいと思う事業の場合、ゼネラル・マネジャーたちの心に思い入れが生まれることがあります。そのような時、それが本当にビジネスチャンスなのかどうか、まず実証してもらいます。我々を納得させられなければ、それ以上計画を進めることはできません。成功できるという確信が得られない分野は避けて通ります。


これまでのようにテレビを作ってきた会社がそのテクノロジーを牛耳るのではなく、市場がテクノロジーを保有しているという状況になってきた。Dellは、パソコンのフラットパネル分野においては、バイヤーとして購入していた量も、売り手として流通していた量も最大であった。それを考えれば、テレビの分野に参入していくのは自然の流れですし、ここに効率的なデルモデルの仕組みを使うことで、高品質の製品を、これまでに見たこともなかった価格で提供できるようになる。


生産方法には、バーチャルインテグレーションや、フルインテグレーションもあるが、ここでも、同様に、利益が出たかどうか、成長につながったかどうかでそれぞれのモデルを評価すべきだと考えている。


企業は、いろいろな戦略をとろうとするが、それが果たして有効な施策であったか、成功したかどうかは、最終的には本当に利益があがったのかどうか、という点で検証されるべきだと考えている。それ以外のところで、成功かどうかが判断されることはない、といっても過言ではないだろう。


ほかの製品への拡大については、今後2-3年において継続的に行っていくことになる。先頃、富士ゼロックスとの戦略的なパートナーシップを結び、イメージングの分野で製品を投入したが、こうした戦略的なパートナーシップによって、日本の優れたテクノロジーを日本市場に投入したり、ひいては全世界へ投入するということも考えている。


PCサーバー、PCクライアントが当社のコアビジネスであり、この分野での当社の市場シェアは全世界で17%です。その点では、コアのビジネスでもまだまだ拡大の余地はある。業界によっては、30%、40%のシェアを持っているトップベンダーもあるわけですから、17%のシェアで満足しているわけではない。そうした意味で、コアのビジネスの成長は目標達成には重要です。それに加えて、さらに、コアのまわりを囲むような形で、S&P(ソフト&ペリフェラル)やサービス、ストレージがあり、ここにも大きな事業拡大のチャンスがある。顧客からも、「Dellには、コア事業以外の分野でも、もっと積極的に事業を展開してほしい」という声があがっている。この声に応えるように、まわりの市場でも事業を拡大させたい。ただ、これらの事業は、コアの事業とは別の独立したものだとは考えていません。あくまでもコアを支える事業であると考えています。これらの取り組みによって600億ドルというターゲットを達成することは可能だといえます。


ケビン・ロリンズの経歴・略歴

ケビン・ロリンズ。米国の経営者。PC直販の「DELL」CEO(最高経営責任者)。戦略コンサルティング会社ベイン&カンパニーのコンサルタントとして活躍。主にハイテク業界のコンサルティングを行う。DELLのコンサルティングを行った際にヘッドハンティングされ入社。そのほか米国貿易政策交渉の諮問委員などを務めた。

他の記事も読んでみる

大原孝治

変化に素早く対応できるかどうかがすべて。


西川浩司

いかにお客様にとって便利で使いやすい商品をいち早く納めるか。これが我々の責務。


陰山英男

一般のビジネスマンの方でも、誰しもメルヘンを信じたい気持ちは少なからずあると思います。たとえば、「一生懸命やったらいい結果が出る」と思いたいことでしょう。しかし、メルヘンに頼るとどうしても自分に甘くなります。自分に対する甘さを許さないという意味でも、本当に自分のやり方に自信を持つという意味でも、誰が見てもわかる数字を求めるべきではないでしょうか。


森川亮

よくリーダーはビジョンを示すことが大事と言いますが、示すだけではダメ。それがどうして正しいのかをきちんと説明するとともに、リーダーが試しにやってみて、「この方向で多分うまくいく」という段階まで見せた方が、メンバーは納得してついてきます。


前刀禎明

見直すべきは「その仕事は本当にやったほうがいいのか」ということです。日本の企業ではとくに、大した理由もないのに何十年も続けているようなことがいろいろとあるものです。


小笹芳央

話題の詰め込みすぎ、独りよがり、自分の言葉で話していない、評論家・批評家になっている、要約する力がない。これらはすべて「話がつまらない人」の特徴。


氏家祥美

共働きの場合、家賃は夫、食費は妻などと、支出の役割分担だけ決め、あとは各々が自分の家計を管理している夫婦が多い。そうなると、相手の収入を把握していないというケースがよく見られます。そういう夫婦は、貯蓄もあまりできていません。まず、世帯収入を確認。そのうえで貯蓄の目標を明確にしましょう。共通目的のもと、夫婦で貯蓄するほうが、ムリなく長続きできるのです。


渋井真帆

決算書とは、仕事の世界での決まり事や考え方を表現したものです。ですから、一度決算書を勉強すると、自分が仕事でやっていることの意味が理解できるので、仕事にもやりがいが感じられるようになると思います。


萱野稔人

お客様の悩みを解決しようとする努力が重要。消費者が欲するニーズを解決してくれれば、高いお金を払ってでも買ってもらえるでしょう。そういった視点を持ち続けることが、自分自身の競争力を高める。


似鳥昭雄

ロマンとは人のために何かをすること、したがってロマンチストとは人のために何かをしたいと思い、またそれを実行できる人のことです。


能町光香

上司に対しても、相手を観察し、その人となりを把握する。とくに、「どのようなコミュニケーションを好むのか」を知ることが重要。「報連相が大事」とはよく言われることですが、その方法は、上司がどんなコミュニケーションを好むかによって変わるからです。


加留部淳

両社の社員を融和させるため、お互いのよさを認め合うことを重視した。旧豊田通商出身者は、任された仕事をしっかりやる農耕民族型。旧トーメン出身者は、自ら商材を見つけ出して顧客を開拓する狩猟民族型だ。どちらの人材にも利点があるが、両者が学び合うなかで、両方のよさを持ち合わせたハイブリッド型も生まれている。
【覚え書き|トーメンとの合併について】


ピーター・ドラッカー

管理者は、高潔な品性をもってこそ、指導力を発揮し、多くの人の模範となりうる。


城島健司

それぞれのピッチャーの個性に合わせる必要があるんです。自分の型にはめてしまえば1番簡単でラクだと思いますが、それではピッチャーの色は出てきませんからね。


澤田秀雄

予想外のことが起こると、プレッシャーは高まります。でも悔やんでいてもしょうがないのです。失敗の裏には必ず対策と答えがあります。


ページの先頭へ