ケネス・クラークの名言

ケネス・クラークのプロフィール

ケネス・クラーク。20世紀の英国の美術史家。オクスフォード大学アシュモリアン博物館美術部長、ロンドン・ナショナル・ギャラリー理事、オクスフォード大学スレイド記念美術教授、大英アーツ・カウンシル議長、ヨーク大学学長、大英博物館管理委員などを歴任。テレビの芸術番組に積極的に出演し、英国美術の振興に貢献した人物。

ケネス・クラークの名言 一覧

レオナルドは物がどう動くかを記録するだけでは満足しなかった。なぜ動くのかということも発見したかったのだ。技術者を科学者に変えるのは、こういう好奇心だ。


ある種の機械の製作に関する疑問が最初にあった。次に、アルキメデスの影響ものもとに、動力学の第一の法則に疑問が出てきた。それから、風、雲、地球の年齢、世代、人間の心について、それまでに問われたことのなかった疑問が次々に出てきた。【覚書き:ダ・ヴィンチの手記を時系列で分析した結果についての発言】


普通はレオナルド(ダ・ヴィンチ)を科学者としてとらえ、画家としてのレオナルドは別個に研究することが多い。彼の機械や科学の研究を理解するのが難しいので、このように個々の研究になってしまうに違いない。しかしそれではあまりにも不完全である。というのは、美術史も結局は科学史との何らかの関係においてとらえなくては正しく理解できないからだ。いずれにしても私たちは、それによって人間精神の図式が形作られるシンボルを研究することになる。このシンボルは、絵画であっても数学であっても物語であっても数式であっても、同じ変化を反映するのである。


ケネス・クラークの経歴・略歴

ケネス・クラーク。20世紀の英国の美術史家。オクスフォード大学アシュモリアン博物館美術部長、ロンドン・ナショナル・ギャラリー理事、オクスフォード大学スレイド記念美術教授、大英アーツ・カウンシル議長、ヨーク大学学長、大英博物館管理委員などを歴任。テレビの芸術番組に積極的に出演し、英国美術の振興に貢献した人物。

他の記事も読んでみる

山城徹也

弊社では、契約時はもちろん、契約以降のおつきあいも大切にしています。それゆえ、その場の関係しか構築できないような営業マンは必要としません。


松井順一

指示する側と指示される側で、「常識」がズレていることは珍しくありません。単純な例でいえば、宛名ラベルの作成をお願いしたとき、上司はワードで作るのが「常識」と考え、部下はエクセルで作るのが「常識」と思っていることがあります。この認識のズレが、場合によっては大きなミスにつながります。そこで、初めての仕事の依頼や指示のときはとくに、質問や確認を返してもらう「往復コミュニケーション」を習慣づけましょう。指示項目のひとつひとつについて、どのように行なうのか手順や方法を聞いて、双方の常識にズレがないかを確認するのです。


高田明(ジャパネットたかた)

今日まで私は、とにかくひたすら「自己を更新する」という思いで毎日、走り続けてきました。過去も、遠い未来のことも考えず、とにかく今を全力で生きる。すると、次にやるべきことが自然と見えてくる。そしてそれをさらにクリアしたら、また次の課題が現われる。このようにどんどん目の前のことを乗り越えていくうちに、ここまで大きくなったのがジャパネットという会社です。


楠木新

巷には「リーダーには決断力が必須」などと書かれたビジネス書があふれていますが、伝統的な大企業では、誰か一人が大きな責任を持って決断を下さなくてはならない場面は非常に少ない。あえて言えば、出世の秘訣の第一は、決断力や実行力ではなく、周りとうまくやっていく協調性ではないでしょうか。


牛場靖彦

大盛況に思わぬ落とし穴が大きく口を拡げつつあることを見逃してはならない。人気の上にあぐらをかいていると、いつしか箍(たが)がゆるみ、規律も乱れ始める。


澤田秀雄

経費というのは単純に言ってしまえば、そのまま利益です。2億円のコストを削減すればこれは、そのまま2億円が真水の利益となります。


大久保恒夫

あいさつだけでもできていれば、店の好感度がぐんと高まり、固定客が増え、売上が伸びるのです。


吉田淑則

グループ子会社の改革も断行しました。本社の幹部が「余生」を過ごす場所ではなく、将来有望な若手が経験を積む舞台に変えました。小さな組織だと様々な機能を勉強せざるを得ません。そこで成長した人を本社に戻すことで、組織を活性化するのが狙いです。


三宅占二

こういう先の見えない時代にはまず、定番商品をしっかり強化することが大事です。また、健康志向の高まりに対応した商品を出して、お客様のニーズに応えていくのです。


山本周嗣

私は文響社をつくる際に、「人間の成長や教育にエンターテインメントを融合することによって、お客様が食べやすい作品をつくる」という方針を掲げました。この軸は今も全くブレていません。そこが私たちの強みであり存在価値だと思うからです。


松井忠三

経験のない相手にどうやって伝えればいいのか。私は相手がわかる事例を使って具体的に話すことを意識しています。


川崎貴子

ひと口にビジネス書と言っても、様々なタイプが出版されています。私の場合どちらかというと、自己啓発を目的として読むことが多いですね。とくに会社の法務関係などの実務書は、内容が専門的で難解なものが多いですし、自分がハチマキを締めて読んで理解するよりも、専門家にアウトソーシングしてしまった方が、経営としては合理的ですから。


清水久三子

パワーポイントで資料を作ったけれど、上司から「何を伝えたいのかよくわからない」と言われてしまった……。そんな経験はありませんか? その原因の多くは、思考を整理しないままに資料を作成していることです。


岩崎博之(経営者)

投資家からは「これではダメでしょう」と否定的なことも言われます。私の経験ではそれに対して「いいえ、大丈夫です」と答えるとうまくいきません。「なぜ大丈夫なのか」を追及され、答えているうちにロジックが破綻してしまうからです。逆に「本当にその通りですね」と肯定で返すと、不思議なことに相手は急に味方になってくれます。素直さが大事だということなのでしょう。こうした対応の成果か、赤字の会社でありながらも、私は12億円ほどのお金を集めることに成功。何とか創業初期の危機を乗り越えることができました。


永井浩二(経営者)

我々が取り扱っている有価証券は目に見えません。目に見えるプロダクトの場合には、商品自体を気に入って購入してくれることもあるかもしれませんが、証券はそうはいかない。お客様が投資の判断を下す理由は、営業担当者のことが信頼できるのか、好きかどうか。最終的にはここにかかっています。


ページの先頭へ