名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

ケタン・パテル(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ケタン・パテル(経営者)のプロフィール

ケタン・パテル。インドの経営者。グローバルファンド「グレーター・パシフィック・キャピタル(GPC)」CEO(最高経営責任者)。インド・ニューデリー出身。シティ大学ロンドンでMBAを取得。HP、KPMG、ゴールドマン・サックス投資銀行部門マネージング・ディレクターなどを経てグレーター・パシフィック・キャピタルを創業。

ケタン・パテル(経営者)の名言 一覧

成熟経済のもとでは多くの規制が生まれる。これは本来、企業に入るべき収益を国が奪っているようなもの。


投資にはタイミングがある。日本の投資家は決断が遅く、ローコストで入るタイミングを逃す傾向がある。投資する場合、それによって何を実現するのか、その目的を明確にする必要がある。


インドと日本では文化や風習が違いますが、その核となる価値観は似ているように思います。家族の重要性や高齢者に対するリスペクト、関係性に基づくビジネスなどです。ですからビジネスのやり方は違っても、そこを乗り越えることで、より深く結び付くことができるはず。


日本企業の残念なことのひとつに、日本国内でしか意思決定ができない点が挙げられます。インドにいる日本人がリスクを取ることができないため、タイミングを逃すことにもつながります。ぜひローカルで意思決定するようになっていただきたい。


日本企業が単独でインドへ進出するのは現実的ではありません。現地の企業と合弁、あるいは出資する必要があります。その際、企業と企業の関係を密にするためには、経営者同士が信頼関係を築かなければなりません。いわば結婚のような関係性が必要です。しかしそれには長い時間が必要です。そこで重要になるのが、インドの理解を助け、ネットワークを広げてくれるカウンターパートナーです。


過去にインドに進出し失敗した日本企業も少なくありません。その経験が障害になっているケースもあると思います。なぜ以前の投資がうまくいかなかったのかというと、信頼できる友人をつくることができなかったことが考えられます。


ケタン・パテル(経営者)の経歴・略歴

ケタン・パテル。インドの経営者。グローバルファンド「グレーター・パシフィック・キャピタル(GPC)」CEO(最高経営責任者)。インド・ニューデリー出身。シティ大学ロンドンでMBAを取得。HP、KPMG、ゴールドマン・サックス投資銀行部門マネージング・ディレクターなどを経てグレーター・パシフィック・キャピタルを創業。

他の記事も読んでみる

角山剛

人は、言われたことを言われたとおりにやるよりも、取り組んでいる仕事に自分の意見や考えが反映され、自分の裁量によって仕事を進める方が意欲が高まります。なぜなら、計画に自ら参加することで目標に対する理解が深まり受け入れやすくなる結果、仕事へのコミットメントが高まるからです。「これは私自身の目標なのだ」と思うからこそ積極的に達成するために努力し、状況が変化しても臨機応変に対応しようとするのです。


土川健之

JRAに入った以上、競馬に惚れるのは当然ですが、仕事にも惚れてくれる人材がいいですね。できない理由を先に探すのではなくて、新しいことを何とか工夫してできるようにしていく。そういう働き方ができる人がいい。


喜多あおい

計画性がないネット検索や資料収集は、「調べ物」ではなく、「探し物」。情報の切り貼り、寄せ集めにしか過ぎず、役立つ情報になるとは限らない。


高橋理子

円と直線の柄は限られた中でも十分楽しく生きることができる。また、最小限の要素で大きな可能性を追求する試みなんです。

【覚え書き|円と直線で構成された特徴的な柄について】


西村元延(経営者)

タブーライン(現在の常識・非常識の境界線)を越えての仮説と検証を繰り返し、需要を掘り起こしていくことがより重要です。


ケリー・マクゴニガル

日々こなしている作業と、「(その作業を通して)どんな経験を積みたいか」「自分の強みをどう(その作業に)生かしたいか」という「(自分の)価値観」とを関連づけ、意義あることをしていると感じられる時間が増えるように、作業内容を定義し直す。「自分のしていることに対する考え方」を変えることで、仕事で感じる意義や満足感を大きくすることができる。


藤原智美

フランスの批評家、ポール・ヴァレリーは読書は創造力を弱めるとさえ考えていたようです。私はこの主張を、乱読を続けると枝葉の情報ばかりに詳しくなり、自分の考えの幹ができないという意味に解釈しています。幹のない人は、たとえ具体論を並べたところで、結局は枝葉の羅列になって読み手を混乱させるだけです。逆にいうと、自分の考えの幹さえあれば、たとえ抽象論であっても訴求力のある文章を書くことは可能なはずです。


御手洗冨士夫

北米と南米を統括している会社のCEO(最高経営責任者)は13年目ですが、北米滞在歴は約30年。今度、米国のCOO(最高執行責任者)を欧州の社長CEOに任命しましたが、彼は北米に33年いました。中国でアジアを統括する社長CEOは駐在員生活38年で、うち26年がアジアです。一般的な日本企業の駐在の人は大体3年ぐらいで代わるでしょう。ですが、今挙げた彼らは現地の役員、社員ときちっとした信頼関係を築き、現地の社会でも人脈を築いています。現地の会社として立派に経営していますので、代える必要がない。


蜂谷二郎

不動産会社がゼネコンや金融機関と組むケースがありますが、お客様の望むソリューションを提供するのは難しいのが実態です。というのも、不動産会社は不動産のことしか分かりません。ゼネコンは建築のこと、金融機関は金融のことしか分からないからです。三位一体でお客様にサービスを提供している会社はありません。一方で、当社はこれらの機能を持っているので、お客様にとって最も良い提案ができます。


鳥羽博道

「厳しさの中にも和気藹々(わきあいあい)」たる会社を作ろうと、昭和37年有限会社ドトールコーヒー(現在の株式会社ドトールコーヒー)を設立しました。24歳のときです。創業当初は、お金もなく、信用もなく、当然苦労はありましたが、何とか昨年11月に東京証券取引所市場一部に上場できるところまで来ることができました。


吉越浩一郎

大企業では、9割くらいまで成功する確率が高まらないとゴーサインを出さない経営者もいます。しかしそれでは決断が遅くなり、チャンスを逃してしまいます。確率が高まるまで議論や調査を重ねることは、他社にチャンスを讓っているようなものです。


白井一幸

一軍に上がることを諦めてしまって、自分の目標や役割が見出せない。そんな相手に、「目標を持て」と言って無理に目標を設定させても、熱心に練習に取り組むようになるかどうかはわかりません。私なら、「白井さんはいつも元気だよな」「毎日楽しくて仕方ないんだな」と思わせるように行動します。「元気を出せよ」と励ますより、「あの人、すごく元気だな」と感じさせるほうが、相手は前向きになれるからです。それができたなら、次は一緒に身近な目標を立て、それが達成できたら少しずつ目標のレベルを上げていきます。そうすることで、選手には自信が芽生えてきますし、成功体験を味わうことで自ら目標を立てられるようになるはずです。