名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ケタン・パテル(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ケタン・パテル(経営者)のプロフィール

ケタン・パテル。インドの経営者。グローバルファンド「グレーター・パシフィック・キャピタル(GPC)」CEO(最高経営責任者)。インド・ニューデリー出身。シティ大学ロンドンでMBAを取得。HP、KPMG、ゴールドマン・サックス投資銀行部門マネージング・ディレクターなどを経てグレーター・パシフィック・キャピタルを創業。

ケタン・パテル(経営者)の名言 一覧

成熟経済のもとでは多くの規制が生まれる。これは本来、企業に入るべき収益を国が奪っているようなもの。


投資にはタイミングがある。日本の投資家は決断が遅く、ローコストで入るタイミングを逃す傾向がある。投資する場合、それによって何を実現するのか、その目的を明確にする必要がある。


インドと日本では文化や風習が違いますが、その核となる価値観は似ているように思います。家族の重要性や高齢者に対するリスペクト、関係性に基づくビジネスなどです。ですからビジネスのやり方は違っても、そこを乗り越えることで、より深く結び付くことができるはず。


日本企業の残念なことのひとつに、日本国内でしか意思決定ができない点が挙げられます。インドにいる日本人がリスクを取ることができないため、タイミングを逃すことにもつながります。ぜひローカルで意思決定するようになっていただきたい。


日本企業が単独でインドへ進出するのは現実的ではありません。現地の企業と合弁、あるいは出資する必要があります。その際、企業と企業の関係を密にするためには、経営者同士が信頼関係を築かなければなりません。いわば結婚のような関係性が必要です。しかしそれには長い時間が必要です。そこで重要になるのが、インドの理解を助け、ネットワークを広げてくれるカウンターパートナーです。


過去にインドに進出し失敗した日本企業も少なくありません。その経験が障害になっているケースもあると思います。なぜ以前の投資がうまくいかなかったのかというと、信頼できる友人をつくることができなかったことが考えられます。


ケタン・パテル(経営者)の経歴・略歴

ケタン・パテル。インドの経営者。グローバルファンド「グレーター・パシフィック・キャピタル(GPC)」CEO(最高経営責任者)。インド・ニューデリー出身。シティ大学ロンドンでMBAを取得。HP、KPMG、ゴールドマン・サックス投資銀行部門マネージング・ディレクターなどを経てグレーター・パシフィック・キャピタルを創業。

他の記事も読んでみる

ラ・ロシュフコー(ロシュフーコー)

金に目もくれない人はいくらでもいるが、金の与え方を心得ている人はほとんどいない。


宋文洲

延々と続く営業会議で、自分の風邪や顧客の出産を報告したところで、それが成果を生むわけではありません。営業部門に限っていえば、会議は週一回一時間あれば十分です。最初から終了時間を決め、各自が話す時間を指定して、時間内で話を終えるように促せばそれで済んでしまうものです。


和田浩子

P&Gでは、新入社員であっても、自分一人では完結できないスケールの大きなプロジェクトを任せられます。そこで重要なことは、大きな目標を実行可能ないくつものアクションに分解し、段階的に目標を設定することです。


出口治明

我々のようなベンチャーは、大手と同じような考え方をする人を採用しても成長するわけがありません。


国吉拡

時間をかけずに効果的に相手に用件を伝えるには、商談の冒頭で訪問目的をはっきり伝えるとよいでしょう。「今日は商品説明のためにお伺いしました」と先に伝えておけば、お互いに商談の目的を共有できますから、話のピントがずれることはありません。二度目や三度目の訪問ならば、「先日のお話では、こういう点が問題でした」と、前回の商談の確認から始めるのも大切です。そして、商談の終わりには「本日のお話の内容を確認させていただきます」と重要事項を確認する。これで要点をしっかりと伝えることができます。


西村英俊

会社の成長の証は、売上高や利益という目に留まる形で表れる時期もありますが、会社の内実の充実という実力の蓄積を遂げている成長時期もあります。技術の醸成とか新しい商品の仕込みとか人材の充実とか、取引先との関係強化とか、無駄を省く仕組みの構成とか、組織が一体となって業務を積み重ねる力の育成とか、決して今期の決算書には表れないが、会社の成長としては評価されるものであって、来期、再来期には目に見える売り上げや利益となって表れるものです。


加谷珪一

経済の動きを長期的なスパンで分析する際、押さえておくべきポイントは二つある。一つは、現代経済というものは、基本的に成長が宿命付けられているという点。もう一つは、経済は一直線には成長しないという点である。


常見陽平

自分の成果に対して、悲観や楽観ではなく、「客観」であたることが大切。ときには成果の出せないこともある。「そんなこともあるさ」と淡々と客観視できる人のほうが伸びる。


小倉広

仕事がつまらないと思うのは、壁を乗り越えた経験がないからです。やりがいというのは「壁」の向こう側にしかないので、つまらない仕事を乗り越えた人だけが.それを手にすることができます。


中西哲生

知らない場所に行ったり、初対面の人に会ったり、読んだことのない本を手にしたり。未知のものと出会うことで人間は成長すると思っているので、いつも新しい出会いを求めています。


川上全龍

瞑想するうえで注意しておきたいのは、瞑想を逃げ場所として使わないこと。実践すればストレスから解放される、すぐに成果が出ると期待するかもしれませんが、すべてが瞑想で改善されることはありません。あくまでも自分を整えるメンテナンスだと考えてください。


柳弘之

物事を難しく言うことは、案外簡単です。逆に、わかりやすい言葉で物事の本質を言い当てることは難しい。