ケタン・パテル(経営者)の名言

ケタン・パテル(経営者)のプロフィール

ケタン・パテル。インドの経営者。グローバルファンド「グレーター・パシフィック・キャピタル(GPC)」CEO(最高経営責任者)。インド・ニューデリー出身。シティ大学ロンドンでMBAを取得。HP、KPMG、ゴールドマン・サックス投資銀行部門マネージング・ディレクターなどを経てグレーター・パシフィック・キャピタルを創業。

ケタン・パテル(経営者)の名言 一覧

成熟経済のもとでは多くの規制が生まれる。これは本来、企業に入るべき収益を国が奪っているようなもの。


投資にはタイミングがある。日本の投資家は決断が遅く、ローコストで入るタイミングを逃す傾向がある。投資する場合、それによって何を実現するのか、その目的を明確にする必要がある。


インドと日本では文化や風習が違いますが、その核となる価値観は似ているように思います。家族の重要性や高齢者に対するリスペクト、関係性に基づくビジネスなどです。ですからビジネスのやり方は違っても、そこを乗り越えることで、より深く結び付くことができるはず。


日本企業の残念なことのひとつに、日本国内でしか意思決定ができない点が挙げられます。インドにいる日本人がリスクを取ることができないため、タイミングを逃すことにもつながります。ぜひローカルで意思決定するようになっていただきたい。


日本企業が単独でインドへ進出するのは現実的ではありません。現地の企業と合弁、あるいは出資する必要があります。その際、企業と企業の関係を密にするためには、経営者同士が信頼関係を築かなければなりません。いわば結婚のような関係性が必要です。しかしそれには長い時間が必要です。そこで重要になるのが、インドの理解を助け、ネットワークを広げてくれるカウンターパートナーです。


過去にインドに進出し失敗した日本企業も少なくありません。その経験が障害になっているケースもあると思います。なぜ以前の投資がうまくいかなかったのかというと、信頼できる友人をつくることができなかったことが考えられます。


ケタン・パテル(経営者)の経歴・略歴

ケタン・パテル。インドの経営者。グローバルファンド「グレーター・パシフィック・キャピタル(GPC)」CEO(最高経営責任者)。インド・ニューデリー出身。シティ大学ロンドンでMBAを取得。HP、KPMG、ゴールドマン・サックス投資銀行部門マネージング・ディレクターなどを経てグレーター・パシフィック・キャピタルを創業。

他の記事も読んでみる

山里亮太

能力のレーダーチャートをきれいな五角形にする必要はない。二等辺三角形とか、なんなら一直線でもいい。苦手なものを克服しようとしている時間って、案外もったいなかったりするよ。


田村重信

死んだあとどうなるかとか、死んだあとのことはあるから、そのために、徳を積んでいったほうがいい。死んだあとはないと思えば、今さえ良ければいいってことで、とんでもないことをやるのだけど。そういうの(死んだあとのこと)を考えると、良いことだよ。


天谷雅俊

経営哲学や経営理念を口で教えることは大切です。しかし、それだけでは駄目です。経営トップや現場の先輩がどんなに苦しい状況にも背を向けず、顧客の信頼を勝ち取る姿を見せることが、若い人を育てる最良の方法です。そして、若い人の意見を引出し、全員の士気を高めながら、適材適所の人材登用を積極的に行っていくのです。


為末大

夢を追いかけ続けている状態こそ、ふり返ってみれば成功なのではないでしょうか。


戸塚祥太

僕もこの世界で十数年やってきて、メンバーや先輩、後輩などから計りしれないほどの影響や刺激を受けてきた。志半ばで違う道を選んだ仲間もいるけど、その仲間も含めて絶対に必要な存在だったと思う。


鈴木俊宏

中小企業のオヤジ(父・鈴木修)に依存した体質の脱却は一人では難しい。これからは社員全員が自主的に行動する「チームスズキ」となって進めたい。


奥田務

まずはグループ内の各企業が強くなって、きちんと利益を生むこと。強い企業が集まることでグループの強みも増していく。シナジー効果は、その過程で追求すべきものでしょう。


モンテーニュ

老年は我々の顔よりも心に多くの皺(しわ)を刻む。


井上亮(オリックス)

私はよく、国際経験が豊かだといわれますが、実は入社当初、まったく英語を話せませんでした。それなのに最初に配属されたのは国際部東京営業か。周りには英語に堪能な先輩たちがいて、部長からは「英語が話せない君が、なぜ国際部に来たんだ」と嫌味を言われました。むしろ私の方が知りたかったですよ(笑)。そして香港に行くことになり、ブロークンイングリッシュで奮闘することになります。英語が話せるようになったのはそれからで、何事もチャレンジが大事。度胸と恥をかくことを気にしなければ英語に限らず外国語は身につきます。


村上龍

多くのお金を得る鉄則は、「よりハードに働く」こと。


アルベルト・ザッケローニ

多く話をしたほうがいい人間かいれば、最低限の情報を与えればいい人間もいると思います。


松井道夫

組織の中で意思決定を行う際、視点を変えれば様々な「解答」が出てくる訳で、どれが正しいかを延々と議論したところで水掛け論になります。最終的にリーダーが決断して方針を決めれば済む話です。リーダーが判断を誤ることも十分あり得ますが、とにかく動かないことには何も始まりません。


小宮一慶

人をけなす人は、相手の悪い面ばかりを気にしています。こうした態度は、物事を判断するときにも反映されます。部下の悪いところばかり目についてイライラする人は、メンタルが後ろ向きになっていて、決断すべきときにできていない可能性が高い。もっと人の良い面に目を向けたほうがいいでしょう。


松下正幸

松下電器(現パナソニック)に入って、それなりの部門の経営を任されるようになってからは、年に二回ほど祖父(松下幸之助)に報告にまいりました。私は、「いま、私の部門はこういう状況で、次はこういうことを狙っています」ということを報告するわけですが、そのときにも、報告内容について、「そんなことはするべきではない」とか、「もっとこういうことを考えろ」というような指導は一切ございませんでした。ただ、ひたすらいろんな質問が出てくるのです。たいていの質問には答えられるのですが、なかには私が、「えっ、そんなこと聞くの?」と言いたくなるような思ってもみない質問が出てくることもあるわけです。こちらも一応、その部門の責任者として、あまり知らない知らないと言うわけにもいかないので、多少うろ覚えの数字を言ってみたりするわけです。そういうときは、「こいつ、このあたりは勉強不足だな、よく理解していないな」ということを、祖父は分かったと思うのですけれども、それについて叱られることもなく、そのときはそのときで済むわけです。ところが次に報告にいったとき、また同じ質問が繰り返されます。こちらも、前回答えられなかったところはしっかりと勉強していっていますので、そのときは答えられるわけです。一回目に答えられなかったとき、その場で叱ってしまえば、それまでのこと。そこを、私自身が答えられなかったと自覚し、その部分を勉強して今度は答えられるように仕向けてくれたのです。いわば、みずから気づかせ、悟らせる教育を、祖父はしてくれたのではないかと思っております。


御手洗冨士夫

気を引き締めてこの難局を乗り切るという気持ちを強く持つことが大事。


ページの先頭へ