名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ケイト・ホワイトの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ケイト・ホワイトのプロフィール

ケイト・ホワイト。アメリカのモデル、ファッション誌編集長。アメリカの有力女性誌のマッコール誌、レッドブック誌などの編集長を歴任した女性。大学時代にファッション誌のモデルとして活動し、卒業後グラマー誌で働く。その後、女性誌の編集長となった人物。主な著書に『ビジネス社会で成功する女性 9つの条件』

ケイト・ホワイトの名言 一覧

間違っても、運が良かっただけですなんて言ってはダメ。自分をいわば伝説上の人物にしてしまうこと。あなたの人物像やキャリアにまつわる伝説をつくり上げる。うわさが独り歩きし始めて、あなたの名前があがるたびにそれが話題にのぼるようになればしめたもの。


有り金はたいて買った高価なスーツを着て出勤すれば、同僚の中には「いったい何様のつもり?」と言う人もいるだろう。でも、部下の評価権を持つ上司たちの目にはとまる。


優れた仕事をした人が成功を手にするべきだと、良い子は考える。ルックスや口のうまさで成功するなんて、考えてもみない。だから、口が上手いだけの人、ましてルックスだけの人がいい思いをすると愕然とする。でも現実には、きちんと基準をクリアしてもお望みのクラブに入れないとは限らない。メンバーにふさわしい外見と言葉を持っていないと、仲間にしてもらえない。


ケイト・ホワイトの経歴・略歴

ケイト・ホワイト。アメリカのモデル、ファッション誌編集長。アメリカの有力女性誌のマッコール誌、レッドブック誌などの編集長を歴任した女性。大学時代にファッション誌のモデルとして活動し、卒業後グラマー誌で働く。その後、女性誌の編集長となった人物。主な著書に『ビジネス社会で成功する女性 9つの条件』

他の記事も読んでみる

永守重信

人の倍働く。そう決めた我々が掲げたのが「すぐやる、必ずやる、出来るまでやる」という言葉。「日本電産と言えばハードワーク」と連想する人は少なくない。そのイメージはこの創業時の精神に由来する。吹けば飛ぶような弱小メーカーの我々が世界的な大企業に伍して戦っていくには、彼らの倍の時間のハードワークを続けること、それ以外の選択肢はなかったのだ。


宮崎駿

60人、さらにその外側に200人ぐらいの人間が寄ってたかってやることを考えたときに、その人間たちが全員わかんなくてもいいやっていうふうに作るのは、僕はあんまり好きじゃないです。


岡本太郎

何かを始めても、続かないんじゃないか、三日坊主に終わってしまうんじゃないか、なんて余計な心配はしなくていい。気まぐれでも、何でも構わない。ふと惹かれるものがあったら、計画性を考えないで、パッと、何でもいいから、自分のやりたいことに手を出してみるといい。それでもし駄目なら、つまり続かなかったら続かなかったでいいんだ。いいと思うべきだ。


渡瀬謙

インターネットが普及したいま、相手についての情報は、ある程度、ホームページで簡単に知ることができます。ある企業に訪問するときに、その企業のホームページをみておくくらいのことは、実践されている方が多いでしょう。そのとき、そのホームページをプリントアウトしてクリアファイルに入れ、訪問時にもっていくことをお勧めします。とくに「沿革」のページが会話のきっかけをつくりやすい。相手と話すときに、そのクリアファイルをさりげなく机の上に置いておくだけで、「この人は、わが社のことをちゃんと勉強してきてくれている」という姿勢が伝わります。それだけで、相手の態度も変わってきます。


重田康光

投資先を見てください。ライバル会社が羨むほどでしょう。重田死すとも光は死せず、ということです。(覚書き|当時光通信は各分野トップの新興IT企業に投資をして事業の相乗効果を得ていた)


藤井美保代

資料や書類をきれいに収納するのも大切ですが、いざというときにうっかり持ち出すのを忘れてしまったり、探し出すのに時間がかかったりするようでは意味がありません。シンプルな仕組みで整理することがポイントです。


駒村純一

(経営立て直しのために)まずは、意識改革を行いました。主に幹部以外の人たちです。彼らを前向きの意識に持っていくために徹底的に対話しましたね。具体的には、世の中の動きと当社の動きが乖離している現実を説明しながら、世の中の動きに合わせて行動しなければ、組織の維持すら難しくなっていくよ、ということ。そのためには、製品だけではなく、新たな事業も視野に入れた前向きさが重要だということです。つまり、ヤル気を出すことに時間を費やしました。


出澤剛

重要だったのは、「スマートフォン革命」と呼んでもいい大きなうねりを我々がうまくとらえ、最適なサービスをつくることができたという点でしょうか。スマホが人々の生活を変える局面で、新しいコミュニケーションの形を提案できたのだと思います。


谷繁元信

落合(博満)監督時代、ちょっとしたことで代えられたり、使ってもらえなかったり。どうやったら試合に出られるかを考えた末、自分が出たときの勝率を上げれば使わざるをえなくなるだろうという結論を出した。勝てば試合に出られる。じゃ、勝つためにはどうするか。そのくり返しでした。


端田泰三

仕事のできる人間と、普通の人間。どこで線引きするかといえば、基本的には能力と人柄。そして将来どのくらい伸びるか、伸力といっていますが、伸力を重視します。伸力、人柄、そして実績でしょう。


坂尾晃司

自組織・自分に対する周囲の期待を明確にし、応えていく働き方が「全体最適」へとつながる。そこから生まれた好循環により、自部門もメリットが得られるはず。


松本晃(経営者)

人口が増えない以上、日本国内で成長しようと思ったら人様(競合他社)のものを取るしかない。だからシェアをアップしたのです。