ケイト・ホワイトの名言

ケイト・ホワイトのプロフィール

ケイト・ホワイト。アメリカのモデル、ファッション誌編集長。アメリカの有力女性誌のマッコール誌、レッドブック誌などの編集長を歴任した女性。大学時代にファッション誌のモデルとして活動し、卒業後グラマー誌で働く。その後、女性誌の編集長となった人物。主な著書に『ビジネス社会で成功する女性 9つの条件』

ケイト・ホワイトの名言 一覧

間違っても、運が良かっただけですなんて言ってはダメ。自分をいわば伝説上の人物にしてしまうこと。あなたの人物像やキャリアにまつわる伝説をつくり上げる。うわさが独り歩きし始めて、あなたの名前があがるたびにそれが話題にのぼるようになればしめたもの。


有り金はたいて買った高価なスーツを着て出勤すれば、同僚の中には「いったい何様のつもり?」と言う人もいるだろう。でも、部下の評価権を持つ上司たちの目にはとまる。


優れた仕事をした人が成功を手にするべきだと、良い子は考える。ルックスや口のうまさで成功するなんて、考えてもみない。だから、口が上手いだけの人、ましてルックスだけの人がいい思いをすると愕然とする。でも現実には、きちんと基準をクリアしてもお望みのクラブに入れないとは限らない。メンバーにふさわしい外見と言葉を持っていないと、仲間にしてもらえない。


ケイト・ホワイトの経歴・略歴

ケイト・ホワイト。アメリカのモデル、ファッション誌編集長。アメリカの有力女性誌のマッコール誌、レッドブック誌などの編集長を歴任した女性。大学時代にファッション誌のモデルとして活動し、卒業後グラマー誌で働く。その後、女性誌の編集長となった人物。主な著書に『ビジネス社会で成功する女性 9つの条件』

他の記事も読んでみる

堀之内九一郎

私は自分が新入社員のころから、アメもムチも自分で自分に用意していました。欲しいアメ(目標)は自分で決めればいい。「いまのうちに苦労しておかないと、年を取ってから大変だぞ」なんて、説教くさいムチを入れてもらわなくても、自分で自分に厳しくすればいいわけですから。


こだま(作家)

「普通」を手に入れるのはとても難しい。そんな基準があるのかさえ疑わしい。


冨山和彦

大事なことは、間違ったと思ったときにどれだけ早く行動できるか。間違ったときの意思決定は引き算です。やめるということです。


トマス・エジソン

99%の汗が実るのは、1%の閃きを大切にしたときだ。


渡部卓

「傾聴」は、イマドキの良い上司の必須条件です。海外でも現在、押し出しの強いトップダウン型上司よりも、聞き上手型の上司のほうが「真のリーダー」と目されるようになってきています。日本では優れたリーダーというと、「統率力があって頭が切れ、英語も使いこなす国際派」といったイメージがまだまだ主流です。しかし、グローバル社会で重視されるのはむしろ共感力などのコミュニケーション力。傾聴の姿勢はもちろん、ユーモアや明るさも持ち、それでいて仕事もスマートにこなすことが求められます。


堀江重郎

男性ホルモン値は時間帯でも上下し、朝は一日のうちで最も高くなります。男性ホルモン値が高いと、集中力が増し、決断力が上がって、ビジネスを成功に導きやすい。だから重要な決断は、朝のうちにすることをおすすめします。


小泉文明

会議中に生じる意見の対立はリスクとリターンの2つの視点のぶつかり合いで、議論の対象を多面的に捉えられる絶好のチャンス。「抵抗勢力」はいる方が健全で、むしろマストな存在だと思っています。


真田茂人

リーダーの「こうしたい」という思いは、自分勝手なものになる可能性がある。極めて個人的な思いを実現するために、周囲を巻きこもうとするのだ。結局それでは人はついてこない。常に自分が示したミッション、ビジョンは社会の役に立っているかと見つめ直すことが必要になる。


細川信義

人間は環境の動物なので、善人が悪人にならないような環境を維持し続けることが大切。


小林喜光

価値観や文化が異なる中で「自分さえ良ければ」という風潮があるからこそ、お互い、どこかで「最適ポイント」を見つけることが必要。ですから、「落としどころを見つける」いった日本流の生き方で、世界に貢献できる可能性はある。


堀之内九一郎

開き直るって、印象の良い言葉ではないですよね。投げやりで不真面目で無責任な感じ。でも、それが、単に開き直るのではなく「上手に開き直る」となると、話は大きく変わります。周囲にマイナスイメージを与えるどころか、窮状を好転させ、成功をつかむための良策になる。


宇野郁夫

私は若いころから体が弱かったため、病床で読むたくさんの本を通じて、人の英知に触れることが何よりの楽しみでした。感動した文章はすべて書き写してきましたが、何冊にもなったそのノートの集積が私自身の哲学になっています。とくに、文学でも芸術でも、その分野を極めるために真理を探究し続けた著者の本は、実に面白い。


前澤友作

僕は、就職セミナーや会社の説明会で必ず学生に問いかけます。「働くというのはそもそもどういうことだと思いますか?」「何のために働くんですか?」「なんとなく就職活動していませんか?」と。「自分にとって幸せな働き方とは?」「楽しく働ける会社とは?」というのは、その次のステップとして考えるべきだと思うんです。


三浦惺

過去に痛い目にあったから、国際事業は関心がない、消極的になるというわけではありません。日本企業はほとんど海外に進出し、新しい市場を開拓しています。私どもも日本企業のグローバル化に対応する必要があると思っています。


野々村健一

自己犠牲の精神が強い日本では、個人の自己実現というのは軽視されがち。しかし、売り上げ目標という考えを1回置き、個人としてプロジェクトに熱意を持てるかが最も大切。


ページの先頭へ