名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

グレン・スミスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

グレン・スミスのプロフィール

グレン・スミス。経営者。「マウザー・エレクトロニクス」社長兼CEO(最高経営責任者)。

グレン・スミスの名言 一覧

最新製品の導入に力を入れることで、市場の変動に耐えることができる。


ユーザーは、常に新しい何かを探している。


単に電子部品を販売するだけではなく、設計に携わるエンジニアの方々に創造的な時間と利便性を提供する企業であることがマウザーの特徴です。


特に、最新製品の導入の早さでは絶対に負けません。お客様の製品開発や迅速な市場投入を実現するため、新製品をいち早くストックし、あらゆる顧客に完全なサービスを提供することを大切にしています。


優れた顧客サポートは当社の最も重要な要素です。エンジニアの多くは、使いたいと考えた新製品を、一刻も早く入手して試したいと考えています。要求に応える体制を整えている点では、当社は間違いなく業界をリードしています。今後もエンジニアが欲しがる製品を把握し、先回りして用意していきます。また、エンジニアや購買担当者が、注文前の問い合わせや確認をしたいケースはよくあります。さらに、地域ごとにビジネスの文化や取引条件は異なります。地域ごとの個別の要求に応えるため、日本の東京を含め、世界各地の22カ所に現地法人を開設しました。日本のユーザーは、時差を気にせず、日本語で問い合わせ、日本円で支払いができます。


当社が成功した要因は、お客様の期待を超えるサービスを提供していくための適正な在庫・物流の設備と仕組み、そして高い意識を持ち、設計者や購買部門を徹底的にサポートする基盤を構築した点にある。これらを実現する体制は、お客様が設計から商品化までの時間を短縮できるようになることを目指してそろえました。購買担当者にとっても、必要になった商品が常に在庫されているため、どのようなニーズにも的確に応えることができる頼れる存在になれると思います。


グレン・スミスの経歴・略歴

グレン・スミス。経営者。「マウザー・エレクトロニクス」社長兼CEO(最高経営責任者)。

他の記事も読んでみる

小池利和

いいことをやって、褒められるのは一番うれしい。自分が会社を支えているとか、自分が利益を生んでいると思い込めるって幸せじゃないですか。失敗しても左遷されたり辞めさせられたりしないように、信賞必罰になっていない部分は確かにある。だけど萎縮しちゃって、出てこなくなるよりはいいと思うので。


遠山正道

とにかくサイコロを振ってみる。サイコロにマイナスの目はないから、必ず前へ進める。


柴山和久

人が資産運用をしてうまくいかないのは、感情の罠にはまったことが原因である場合が多いです。値上がりしすぎている資産を売り、値下がりしすぎた資産を追加購入して全体のバランスを取ることをリバランスと言いますが、人間は感情に左右されて逆の行動をとりがちです。あとから冷静になって考えればわかるのに、そのときは合理的な判断ができない人が多いのです。一方、ロボアドバイザーは感情の罠にはまらずに、淡々と正しいタイミングで売買をします。


チャールズ・レッドドアー

なぜ危機管理は多くの場合、失敗してしまうのか。それは正しいことを行うことに、十分な注意を払わないからだ。


山根多恵

モノでも人の力でも、いまあるものをできる限り活用するということを、常に考えています。かといって、別に無理をしているわけじゃないんです。週末だけの営業も、おもてなしの質を上げるにはどうしたらいいかと考えた結果です。お金の面でも人の面でも、無理をしないことが上手くいくコツだと思います。


矢﨑雄一郎(矢崎雄一郎)

「この人と一緒に仕事がしたい」と思えるかどうかを大切にしています。仕事に対する姿勢やがん医療で革命を起こすのだという想いを共感できるかを大切にしています。


磯崎功典

権限を若い人に渡していくと組織は変わります。その方が社員も楽しいでしょう。


安藤忠雄

私は現在、韓国で3つの建築を手掛けていますが、ダメなものはダメとはっきり言います。それで最初は扱いにくい日本人だと思われていたようですが、こちらが本気だということが相手に伝わってからは、逆にいい関係で仕事ができるようになりました。


ジェームズ・C・コリンズ(ジム・コリンズ)

ビジョナリーカンパニーの創業者にとって、最も大切なことは組織を作ることであり、着実に前進することである。先見性のある商品のアイデアで、ヒットを生み出すことはできない。


隈研吾

大事なのは、自分を捨てて相手の立場に立てているかどうか。いかにして自分を出すか、自分、自分とだけ考えていては、ちっぽけな自分も一生実現できないよ、と言っている。


大山健太郎

私が過去より今を重視するのは、私自身の半生と密接に関係があります。私が若くして社長を継いだのは、会社を経営していた父を亡くしたからです。5人の工員と8人兄弟姉妹の家族が残され、長男だった私がみんなを養わなければならなくなりました。経営のことなど、何も分かりませんでした。父から経営の話を聞く機会は限られていましたし、助言してくれる人も周りにはいませんでした。経験に頼りたくても、できないのです。朝から晩まで、今、目の前で起きている課題に向き合い、自分で考え、がむしゃらに働く道しかありませんでした。


アルバート・アインシュタイン

常識とは、18歳までに身につけた偏見のコレクションのことを言う。