グレン・スミスの名言

グレン・スミスのプロフィール

グレン・スミス。経営者。「マウザー・エレクトロニクス」社長兼CEO(最高経営責任者)。

グレン・スミスの名言 一覧

最新製品の導入に力を入れることで、市場の変動に耐えることができる。


ユーザーは、常に新しい何かを探している。


単に電子部品を販売するだけではなく、設計に携わるエンジニアの方々に創造的な時間と利便性を提供する企業であることがマウザーの特徴です。


特に、最新製品の導入の早さでは絶対に負けません。お客様の製品開発や迅速な市場投入を実現するため、新製品をいち早くストックし、あらゆる顧客に完全なサービスを提供することを大切にしています。


優れた顧客サポートは当社の最も重要な要素です。エンジニアの多くは、使いたいと考えた新製品を、一刻も早く入手して試したいと考えています。要求に応える体制を整えている点では、当社は間違いなく業界をリードしています。今後もエンジニアが欲しがる製品を把握し、先回りして用意していきます。また、エンジニアや購買担当者が、注文前の問い合わせや確認をしたいケースはよくあります。さらに、地域ごとにビジネスの文化や取引条件は異なります。地域ごとの個別の要求に応えるため、日本の東京を含め、世界各地の22カ所に現地法人を開設しました。日本のユーザーは、時差を気にせず、日本語で問い合わせ、日本円で支払いができます。


当社が成功した要因は、お客様の期待を超えるサービスを提供していくための適正な在庫・物流の設備と仕組み、そして高い意識を持ち、設計者や購買部門を徹底的にサポートする基盤を構築した点にある。これらを実現する体制は、お客様が設計から商品化までの時間を短縮できるようになることを目指してそろえました。購買担当者にとっても、必要になった商品が常に在庫されているため、どのようなニーズにも的確に応えることができる頼れる存在になれると思います。


グレン・スミスの経歴・略歴

グレン・スミス。経営者。「マウザー・エレクトロニクス」社長兼CEO(最高経営責任者)。

他の記事も読んでみる

他力野淳

国内で考えると人口が減ることによるインパクトは全産業にあります。その中で我々は建物や町並みが事業ドメインになります。そこで「必要とされるもの」の定義が大きく2つあります。1つは町の中核となる施設です。経済の中心で町を発展させる力のある建物かどうか。2つ目は文化的な建物であるか。これの最たるものは神社仏閣でしょう。千年単位で続いているわけですから、今後もずっと必要とされていくでしょう。日本は木造建築が多いので、建造から100年が一区切りだと思いますが、必要なものはずっと残っています。文化や歴史といった背景を担っているものに着目し、後世に残していこうというのが我々の想いです。


能作克治

デザイナーの小泉誠さんと一緒に商品開発をしたときの話です。私が「錫(スズ)はいい素材だが、柔らかく曲がりやすいことが唯一の欠点だ」と話したところ、彼は「曲げて使えばいいじゃないですか」と答えました。そしてヒット商品「NAJIMIタンブラー」ができました。


曽山哲人

成果を出しているのに周りが認めてくれないと嘆く前に、成果を正しくアピールしましょう。営業日報やミーティング、面談や仕事のあとの飲み会など、上司に意思表明する場は意外とあるものです。意思表明をすれば、何らかのリアクションが返ってきます。評価に不満を持つほとんどの人が、自分を認めてもらえないイライラやしらけを上司に表明していません。言ってみることで何かが変わるはずです。


林ハミルトン

私自身、この(ラグジュアリーカード立ち上げの)仕事を引き受けた時、家族も含め、周りの人からどれだけ心配されたかわかりません。特に元の同僚からは「なぜ、こんな仕事をやるのか?」、「無理じゃないか」と思われたと思います。私も不安でした。まずはカード発行会社と提携しなければならず、その提携先を決めるのが私の最初の仕事でした。しかし、保守的な業界ですから、我々のような新しい企業が提携先を探すのがどれだけ難しいか。私の元同僚も、私自身も知っていました。既存の発行会社にもプレミアムカードを作るリソースがあることはわかっています。しかし、その力があっても実際にはやらないだろうと思っていましたから、どこか1社は面白いと思ってくれると信じて交渉を続け、最終的に選んだのが新生銀行グループのアプラスでした。


矢野博丈

消費者は、高いサービスを一度受けると、もう格下のサービスを受け入れなくなり、さらにレベルの高いサービスを求めます。そしてすごいスピードで飽きるのです。


飯野謙次

人が起こすミスは、「四つの種類」に分けることができます。一つ目は「学習不足」。知識と技量が及ばず犯すミスです。二つ目は「伝達不足」。必要な情報を知らされずに起きる、いわゆる報連相の不備です。三つ目は「計画不足」。業務を抱え過ぎて締め切りに間に合わなかった、などが典型例です。そしてもっとも単純かつ厄介なのが、四つ目の「注意不足」。忘れ物や紛失物、チェック漏れなどのいわゆる「うっかりミス」の類です。


アイスキュロス

正しき思慮こそ、神の最上の贈り物なり。


本田有明

「部下が思うように働いてくれない」と嘆いている上司の皆さん。やる気がない、指示をまともに遂行できない、反抗的、傷つきやすい……など悩みの内容は様々ですが、その背後にあるのは「上司の問題」だと気づいている人は、どれだけいるでしょうか。「自分の意見を持て!」と常々部下に言うわりには、意見をよく聞きもせずに却下、という対応をしてはいないでしょうか。「報連相をきちんとせよ」と言うくせに、実際に相談を持ちかけられると、「今でなきゃダメ?」という顔をしていないでしょうか。こうした行動は部下のモチベーションをくじき、仕事に甚大な悪影響を与えます。


粟田貴也

弱気になると私はいつも、「いまここで人生が終わっていいのか」と自問自答しているんです。すると、もっと上にいきたいという気持ちが湧いてきます。そして、弱気がやる気に変わるんですよ。


萩原朔太郎

幸福人とは、過去の自分の生涯から満足だけを記憶している人々であり、不幸人とは、その反対を記憶している人々である。


ドナルド・トランプ

他人が何かを成し遂げたとき、どれだけの時間と努力を注いだか、私たちにはわからないことがある。ウォーレン・バフェットは今、数十億の資産を持っているが、彼は6歳でチューインガムを売り始めたのだ。1パックで2セントの儲けだった。


中西宏明

IoTやAIといった最新のデジタル技術を活用した「第4次産業革命」の波が、本格的に産業構造を変えていくでしょう。一連の動きは日本全体にとってはチャンスです。ただすべての企業がハッピーになるわけではない。最新技術の活用に乗り遅れた企業はシビアな状況に陥りかねないとみています。


森永卓郎

お金って貯めることも大事ですが、それだけじゃダメ。使ってあげてはじめて活きるし、人生も楽しくなる。


白井克彦

日本の大学の授業料は決して高くはないのですが、やはり収入に比べて高いと思う人にはハードルになります。ですから、授業料コストをできるだけ上げないようにする工夫が必要です。そのためには大学間で授業というコンテンツや教材を共有したり、お互いに教員や学生の交換をすることは効率化だけでなく、意味があります。それぞれの大学のアイデンティティは当然ですが、一部分くらいは共有化してもいいのではないでしょうか。教員の「クロスアポイントメント制度」というのがあります。例えば、放送大学とどこかの大学が教授に対して折半して給料を払い、それぞれに半分半分の仕事をしてもらうといったことも可能です。


中原淳

自分は何者か。自分には何ができるのか。その答えは、自分の過去からしか見つかりません。ですから、過去の自分をすべて捨てる必要はないと思います。


ページの先頭へ