名言DB

9490 人 / 112001 名言

グレン・ガンペルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

グレン・ガンペルのプロフィール

グレン・ガンペル。米国出身の経営者。「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」社長。ニューヨーク出身。ニューヨーク市立大学ハンター・カレッジ卒業、ペース大学ロースクール修了。アメリカン・ブロードキャスティング・カンパニー(ABC)テレビマネージャー、ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド法務・事業担当副社長、ユニバーサル・パークス・アンド・リゾーツ海外事業担当社長などを経てUSJ社長に就任。USJの経営再建を成し遂げた。

グレン・ガンペルの名言 一覧

私たちはとても多くのデータを根拠にしたやり方で物事を決めている。


支出に対してきちんとした規律を持たせ、それを皆が共有することが重要。


USJ再建時に重視したのは、設備投資などの資本支出に対するコスト意識を徹底させたことです。これをしないと会社はとかくいろんな方向に走りがちです。


カジノ事業については国内外の有力な事業者とほぼミーティングの機会を持ちました。しかし、カジノ法案が成立するかどうか不確定な部分も多いため、提携などといった大きな話までには発展していません。政府がゴーサインを出せば、すぐに大きな投資ができるようにしている状況です。


テーマパークというのは、いくつかの事業によって成り立っているとも言えます。土産物などの商品販売やレストラン運営もしますし、人々を楽しませるショービジネス、エンターテインメントビジネスもできる。つまり、様々な事業に対するノウハウを持っているわけです。ですので、テーマパークの運営にこだわらず、多様な事業に進出しようとすればできるわけです。私はここにUSJの成長の芽があると思っています。


なぜ来園者を重視するのか。それは、来園者こそが再びUSJを訪れてくれるであろうリピーターになる人たちだからです。友人や仲間たちにUSJのことを話し、新しい人を引っ張ってきてくれる可能性も高いでしょう。そういう意味でも、来園者の動向からヒントを得ています。


USJは常に、ゲストが何を目的に来園しているのかを重視しています。特定のキャラクターなのか、アトラクションなどの乗り物なのか、それとも何かのショーなのか――。このようなデータや綿密な調査を駆使して、我々がターゲットとする女性や若者、子供たちが今、何を欲しているのか、何をしたいのかを見極めます。


グレン・ガンペルの経歴・略歴

グレン・ガンペル。米国出身の経営者。「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」社長。ニューヨーク出身。ニューヨーク市立大学ハンター・カレッジ卒業、ペース大学ロースクール修了。アメリカン・ブロードキャスティング・カンパニー(ABC)テレビマネージャー、ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド法務・事業担当副社長、ユニバーサル・パークス・アンド・リゾーツ海外事業担当社長などを経てUSJ社長に就任。USJの経営再建を成し遂げた。

他の記事も読んでみる

稲盛和夫

思いが人生を形作ります。現在の自らの状況は、その人が思い続けてきた結果です。現状に満足していなくても、それはその人の思いの集積なのです。


福山誠

早くに失敗できるのは逆にメリットです。ダメだったら早くやめて次に挑戦できますから。


松波晴人

人間って基本的に自分のことを過信しているんですよ。客観的に見た自分よりも、もっとすごいと思っている。それが進化の上では正常なんですが、でも、だから周囲から褒められる機会は自分が思っているよりも少ない。だから認めてもらうとすごく嬉しい。ということは「お前、そんな大したことないぜ」と言いたくなっても、言っちゃだめ。人間って、皆自分は論理的に考えて、冷静な判断を下していると思っているけれど、はたから見たらそんなことないんですよ。


宮本茂

「それはほかにない」とか「ゲームがこのテーマを扱ったことはなかった」というようなことが大事。


内永ゆか子

私は理系出身ですが、若いころから広報やマーケティングなど数多くの仕事を経験しました。当時は、「なぜ、広報を……」と卑屈になることもありました。正直、興味もなければ知識もありません。でも先輩から、「与えられた仕事もできないのに、文句を言うな」と怒られて我に返り、それ以降は素直に、仕事のイロハを必死にインプットするようにしました。


出原洋三

英ピルキントン買収後に、10年間のビジョンを自分でつくりました。ピルキントン側からは「10年後にお前はいるのか。3年でいいんじゃないか」と言われました。欧米流の考え方からすれば、10年は信じられないほど長く思えたのでしょう。


濱口道雄

前例のない商品を発売する時、不安はつきもの。ですが、そこで立ち止まっているばかりでは、それこそ時代の変化に負けてしまいます。そもそも明治の頃、日本で初めてソースをつくって米国で販売したり、その後も「有機大豆」を原料とした醤油づくりにいち早く取り組んだり、他に先駆けて新たなことを試み、市場の開拓に挑戦することが、代々続く伝統と言えるかもしれません。


出井伸之

人の話を聞く姿勢がない人は、その先には進めません。生意気盛りの人にとって、おそらく耳に痛いことは聞き入れにくいものです。しかし、そうしたことを言ってくれる人がいるということは、とても重要なのです。


出羽海・9代目(佐田の山晋松)

私を叱ってくれる人は、もういなくなってしまった。だから気がついたことがあれば、どうかいつでも叱ってください。
【覚え書き|親方時代の発言】


松本大

忘れてならないのは、景気や相場は必ず上下するということ。一方向に進み続けることはありません。例えばいま、株式市場は大きく下げ続けています。「こんな相場では手が出せない」としり込みする人がほとんどですが、相場は必ず転換して、いずれは絶好の買い場が訪れます。重要なのは、このタイミングを敏感に感じられるようになることです。


コリン・アングル

iRobotの社員たちはその思想(ロボットというのは退屈、不衛生、危険な仕事から人々を解放するものという思想)を前提に、こんなロボットがあったらいいんじゃないかと、常にいろいろなロボット案を提案してきます。つまり、iRobotのロボットは私1人のアイディアから成るわけではなく、iRobotに所属する多く社員たちの考えによって生み出されているのです。ちなみにルンバも例外ではなく、あるエンジニアたちの発想が起点となって、作り出されたものです。


ミシェル・オバマ

私は、自分が変わっていくしかなかった。夫には時間がないし、不在がちでしたから。ですから、夫に怒りをぶつけるのをやめて、問題解決に向かうようにして、お互いに補完するようになったのです。