名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

グレン・ガンペルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

グレン・ガンペルのプロフィール

グレン・ガンペル。米国出身の経営者。「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」社長。ニューヨーク出身。ニューヨーク市立大学ハンター・カレッジ卒業、ペース大学ロースクール修了。アメリカン・ブロードキャスティング・カンパニー(ABC)テレビマネージャー、ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド法務・事業担当副社長、ユニバーサル・パークス・アンド・リゾーツ海外事業担当社長などを経てUSJ社長に就任。USJの経営再建を成し遂げた。

グレン・ガンペルの名言 一覧

私たちはとても多くのデータを根拠にしたやり方で物事を決めている。


支出に対してきちんとした規律を持たせ、それを皆が共有することが重要。


USJ再建時に重視したのは、設備投資などの資本支出に対するコスト意識を徹底させたことです。これをしないと会社はとかくいろんな方向に走りがちです。


カジノ事業については国内外の有力な事業者とほぼミーティングの機会を持ちました。しかし、カジノ法案が成立するかどうか不確定な部分も多いため、提携などといった大きな話までには発展していません。政府がゴーサインを出せば、すぐに大きな投資ができるようにしている状況です。


テーマパークというのは、いくつかの事業によって成り立っているとも言えます。土産物などの商品販売やレストラン運営もしますし、人々を楽しませるショービジネス、エンターテインメントビジネスもできる。つまり、様々な事業に対するノウハウを持っているわけです。ですので、テーマパークの運営にこだわらず、多様な事業に進出しようとすればできるわけです。私はここにUSJの成長の芽があると思っています。


なぜ来園者を重視するのか。それは、来園者こそが再びUSJを訪れてくれるであろうリピーターになる人たちだからです。友人や仲間たちにUSJのことを話し、新しい人を引っ張ってきてくれる可能性も高いでしょう。そういう意味でも、来園者の動向からヒントを得ています。


USJは常に、ゲストが何を目的に来園しているのかを重視しています。特定のキャラクターなのか、アトラクションなどの乗り物なのか、それとも何かのショーなのか――。このようなデータや綿密な調査を駆使して、我々がターゲットとする女性や若者、子供たちが今、何を欲しているのか、何をしたいのかを見極めます。


グレン・ガンペルの経歴・略歴

グレン・ガンペル。米国出身の経営者。「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」社長。ニューヨーク出身。ニューヨーク市立大学ハンター・カレッジ卒業、ペース大学ロースクール修了。アメリカン・ブロードキャスティング・カンパニー(ABC)テレビマネージャー、ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド法務・事業担当副社長、ユニバーサル・パークス・アンド・リゾーツ海外事業担当社長などを経てUSJ社長に就任。USJの経営再建を成し遂げた。

他の記事も読んでみる

佐藤優

「そもそもお金とは何なのか?」「お金があれば幸せになれるのか?」と、本質的なことから考えないといけない。というのも巷にあふれるお金儲けの情報は、いずれも「お金がたくさんあれば幸せにつながる」という前提に立っています。でも本当にそうでしょうか? ちょっと僕たちの周りを見回せばそうではないケースもたくさんあります。


船津浩三

一部上場の大手システムインテグレーターは上流工程から参画するケースがありますが、我々のような新規上場の会社は通常、二次請けになる場合が多いんです。しかし当社は、たとえば大手生命保険会社や大手ホテルチェーンなどと長年、直接取引をするなど実績があります。お仕事をさせていただく中で信頼していただき、それが直接取引につながったのです。現在、全体の売り上げの45%がエンドユーザーさんとの直接取引になっていますし、開発案件の受注の75%が継続での受注です。これが安定した受注、収益力につながっており、当社の強みになっています。


津田秀樹

困った質問に対しては、困った顔をするだけで十分なコミュニケーションになります。感情もコミュニケーションですから、はっきりと困った顔をすることで、相手に悪意がない場合はやめてくれるはずです。


磯崎功典

我々は新ジャンルというカテゴリーの価値を底上げし、裾野を広げていくことを目指しています。毎日、新ジャンルを飲んではいるものの、「本当はビールのほうがいいんだけど……」という消極的な選択理由も少なくないと思います。今後、お客様には「これを飲みたい」という積極的な理由で、新ジャンルを手にとってほしいのです。


塚本昌彦

モバイル(携帯)の次の段階であるウェアラブル(着用可能な)の時代はすぐそこですよ。パソコンを着るようになると仕事が変わり、生活が変わるんです。夢物語と思われるかもしれない。でも、携帯電話も初期のころは背負う時代があったでしょ。いまのようにゲームをしたり、買い物をしたりする世の中を10年前にみなさんが予想できたでしょうか。


ケリー・マクゴニガル

難題に直面した時は、成長する絶好のチャンスです。失敗したり、目標を達成できなかったとしても、それはあなたが無能で力不足なのではなく、振り返って反省し、成長へ向けて前進する必要があるということなのです。


ガルブレイス

自分の心を変えるか、その必要がないことを証明するか、という二つの選択肢に直面すると、ほとんど全員がその証拠を得ようと躍起になる。


ますい志保

最近、銀座にいらっしゃるお客様を拝見していて、成功する男性のタイプが変わってきていると実感しています。少し前までは、いわゆる「俺についてこい」タイプというか、強力なリーダーシップを発揮する人が出世していたものでした。ところがいまは、周囲の共感を得ながら進むタイプの方が成功を収める傾向にあるようです。


高向巖

北海道経済の活性化プロジェクト策定には企業家の養成が必要です。その際、ネックになるのが教育。北海道の場合、小中学生の学力が全国で最低レベルなのです。教育のレベルを引き上げなければ、創意工夫は出てこない。国際化も進められなくなります。


高碕達之助

事業の目的は第一に人類の将来を幸福ならしめるものでなければならぬ。第二に事業と言うものは営利を目的とすべきではない。自分が働いて奉仕の精神を発揮するということが、モダン・マーチャント・スピリット(近代商人魂)だ。


渡瀬謙

雑談のネタは「相手側の話題」であるということが大切です。自分の話ではありません。よく「会話の準備」というと、最新ニュースや天気、あるいは自社のPRポイントなどを考えがちです。ですが、人は自分に近い話題が一番しゃべりやすいもの。初対面の話題探しのポイントは、いかに「相手に近い」話題を探すかです。


北尾吉孝

一番大切なのはやはり志に尽きる。理想を掲げ、何とかして成し遂げようとする意志を持つべき。