グレン・ガンペルの名言

グレン・ガンペルのプロフィール

グレン・ガンペル。米国出身の経営者。「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」社長。ニューヨーク出身。ニューヨーク市立大学ハンター・カレッジ卒業、ペース大学ロースクール修了。アメリカン・ブロードキャスティング・カンパニー(ABC)テレビマネージャー、ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド法務・事業担当副社長、ユニバーサル・パークス・アンド・リゾーツ海外事業担当社長などを経てUSJ社長に就任。USJの経営再建を成し遂げた。

グレン・ガンペルの名言 一覧

私たちはとても多くのデータを根拠にしたやり方で物事を決めている。


支出に対してきちんとした規律を持たせ、それを皆が共有することが重要。


USJ再建時に重視したのは、設備投資などの資本支出に対するコスト意識を徹底させたことです。これをしないと会社はとかくいろんな方向に走りがちです。


カジノ事業については国内外の有力な事業者とほぼミーティングの機会を持ちました。しかし、カジノ法案が成立するかどうか不確定な部分も多いため、提携などといった大きな話までには発展していません。政府がゴーサインを出せば、すぐに大きな投資ができるようにしている状況です。


テーマパークというのは、いくつかの事業によって成り立っているとも言えます。土産物などの商品販売やレストラン運営もしますし、人々を楽しませるショービジネス、エンターテインメントビジネスもできる。つまり、様々な事業に対するノウハウを持っているわけです。ですので、テーマパークの運営にこだわらず、多様な事業に進出しようとすればできるわけです。私はここにUSJの成長の芽があると思っています。


なぜ来園者を重視するのか。それは、来園者こそが再びUSJを訪れてくれるであろうリピーターになる人たちだからです。友人や仲間たちにUSJのことを話し、新しい人を引っ張ってきてくれる可能性も高いでしょう。そういう意味でも、来園者の動向からヒントを得ています。


USJは常に、ゲストが何を目的に来園しているのかを重視しています。特定のキャラクターなのか、アトラクションなどの乗り物なのか、それとも何かのショーなのか――。このようなデータや綿密な調査を駆使して、我々がターゲットとする女性や若者、子供たちが今、何を欲しているのか、何をしたいのかを見極めます。


グレン・ガンペルの経歴・略歴

グレン・ガンペル。米国出身の経営者。「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」社長。ニューヨーク出身。ニューヨーク市立大学ハンター・カレッジ卒業、ペース大学ロースクール修了。アメリカン・ブロードキャスティング・カンパニー(ABC)テレビマネージャー、ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド法務・事業担当副社長、ユニバーサル・パークス・アンド・リゾーツ海外事業担当社長などを経てUSJ社長に就任。USJの経営再建を成し遂げた。

他の記事も読んでみる

石田淳(コンサルタント)

コミュニケーションは1回の濃さより回数の多さに影響を与えます。軽いひと言でも、回数が多い方が人間関係はよくなります。部下との関係に悩んでいたあるマネジャーは、机の上に全員の名前を書いた表を貼り、一人一人と会話したかどうかを毎日チェックしたところ、コミュニケーション量が増加し、職場の雰囲気が明るくなり、離職率も改善したそうです。


デニース・ラザフォード

お客様の声を聞きながら製品を作るのが働くことの喜び。


石原司郎

リユースショップにとって、買い取りは経営を行う上での生命線。


加藤諦三

失敗はたんなるひとつの体験です。「失敗した自分を人がどう思うだろうか」と考えるから悩みになるだけです。


ミッツ・マングローブ

お金に対する執着は全くないです。こういう格好で外歩いて石も投げられずにとりあえず平和に暮らしているから、それ以上のものは求めてないですね。あとは迷惑かけすに何かひとつ役に立てば……くらい。


橋本若奈

オンリーワンであるべく、オンリーワンになるべく、日々挑戦を続けています。


近藤太香巳

常に社長がどのように考えているのかを社員に言い続けることで、はじめて社員が同じ考えを抱くようになる。


飯田敏(ファイナンシャルプランナー)

将来に備えようと思えば、「自分自身が働いて稼ぐ」か「お金に働いてもらって資産を増やす」か、できることは大きく2つです。もちろん、働いて稼ぐことも大事ですが、それにしても体に負荷をかける分、体力や健康面でリスクはあります。そう考えれば、投資などにおいてもまったくリスクを取らないというのは難しいことだとわかるでしょう。


アラン(哲学者)

不機嫌というやつは、自分に自分の不機嫌を伝えるのだ。


村瀬治男

自分のエンジンを持つことが重要です。人に押してもらうのではなく、自らエンジンになることが必要です。


若園浩史

何をやりたいかという観点と、何がやれるのかという観点の両面から検討していくと、現実的な次の一手はかなり絞られる。なるべく具体的に自身の可能性を見極めた上で、選択的に活動の幅を広げ、「自分らしい起業」を実現して下さい。


中嶋成博

どんな製品も10年から15年のスパンで衰退期を迎える。だから、常に次を考え続けないといけない。


佐藤文男(人材コンサルタント)

大企業から小企業へ転職して、給料は一時的には下がったし、大企業に比べて知名度のない会社で営業面で苦労しました。でも「将来起業する」という目的があったから乗り越えられた。皆さんも働く目的を再確認してみて下さい。


橘フクシマ咲江

これからの時代に世界で活躍できる人の共通項は“インテグリティ(一貫性)”にあると思います。グローバル企業で成功を収めるトップはみな、経営理念や会社のミッションを明確に描き、真摯にそれを目指します。その実現のためなら嫌われることも覚悟のうえ、ときには冷徹な判断を下すことも辞さない。ただの良い人ではなく、そうした厳しさや決断力をも併せ持つ良い人が、真に信頼される上司と言えるでしょう。


山本昌(山本昌広)

マイナスな状況の中でも頑張り続ければ何かが変わっていきます。ずっとトンネルばかりではないのです。


ページの先頭へ