名言DB

9490 人 / 112001 名言

グレッグ・ピーターズの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

グレッグ・ピーターズのプロフィール

グレッグ・ピーターズ。アメリカの経営者。「Netfrix」日本法人社長。コロラド州出身。イェール大学卒業後、マイクロビジョン・ソリューションズ上級副社長などを経て「Netfrix」に入社。同社日本法人社長を務めた。

グレッグ・ピーターズの名言 一覧

我々が競争相手と考えるのは、ユーザーを取り囲むあらゆる娯楽だ。それはSNSかもしれないし、雑誌やゲームかもしれない。


まずは私たちのサービスに興味を持ってくれているコアユーザーとなりうる人たちに、我々のサービスを理解してもらいたい。そこから、より多くの人に伝えていけると考えている。


日本人は価値のあるものには対価を払う人たちだと確信している。だから我々は、提供するコンテンツが価値あるものだと皆さんに伝える必要がある。ネットフリックスでしか観られない、しかしどうしても観たいと思ってもらえるコンテンツを我々は提供できる。


サービスを提供する前に、環境を整える必要があった。すなわち、テレビメーカーとの技術的統合だ。担当者がソニーや東芝などと交渉を続け、リモコンにネットフリックス専用ボタンが搭載された製品を開発してもらった。


グレッグ・ピーターズの経歴・略歴

グレッグ・ピーターズ。アメリカの経営者。「Netfrix」日本法人社長。コロラド州出身。イェール大学卒業後、マイクロビジョン・ソリューションズ上級副社長などを経て「Netfrix」に入社。同社日本法人社長を務めた。

他の記事も読んでみる

冨山和彦

切ない現実なんですけど、地方で赤字で苦しむ会社を経営している人たちの多くは、残念ながらそんなに経営のレベルが高くない。日本は今、とても人材の偏りがすごくあるので、大企業や東京のような中央にものすごく集まってくるんです。しかし、ローカルな経済圏の企業はそれなりの経営手法を用いて、生産性の向上を図り改善努力をしていけば、良くなる余地はいっぱいある。


榊原廣

プレゼンの目的はうまく話すことではありません。「企画の魅力を伝えること」です。緊張してもたどたどしくても、目的さえ果たせばまったく問題ない。緊張してて全然いいんです。むしろ、笑いなんてとろうとするから滑るんです。


鈴木喬(経営者)

計画してもその通りにいかないのが今の時代。最近の変化の激しい時代に、計画に縛られてしまったら正しい決断はできやしない。朝令暮改、いや朝令「朝」改できる勇気と度胸がないと、今のトップは務まらない。


井原裕(精神科医)

「決まった時刻に起床・就寝する」「7時間睡眠を取る」「日中に十分な活動(運動)をする」。これらをまずは実践してください。そうすれば、質の良い睡眠が得られるようになり、メンタルを安定させることにつながります。


河原成美

僕にとって「カッコよさ」はとても大切な物差しなんです。「自分がカッコ悪いと思うことは絶対にしない」なんて言ったらちょっとカッコよすぎるけど(笑)。


町田勝彦

私はこれまで自分の意志や思ったこと、やりたいことや夢は、相手がたとえ誰であろうと、率直に伝えることを心掛けてきた。トップがビジョンを明確に示し、社員が納得するまで根気よく、そして、筋道を立ててわかりやすく説明していけば、やがて会社が一丸となり大きなパワーが生まれ、スピード感を持って目標に向かうことができる。


渡邉雅人(経営者)

英語力の基礎となる「読む、書く、話す」の3つの力を養うのに、高校の教科書は最適です。なぜなら教科言には、語彙や文法をはじめビジネス英語の「ほぼすべて」が詰まっているから。これは自信を持って断言します。足りないのは、金融用語など「専門用語」だけ。必要に応じて、仕事の中で覚えれば十分です。


徳川光圀

結局は、殿の御恩に感じた者が、刀や脇差のように身の護りとなり、怨みを含んだ者が、鞘走って怪我のもとを作ることとなる。ひたすら、御恩に感じ、怨みを含ませないように、常々心づけて士卒を召使われることが大切である。


玉置半兵衛

馬鹿正直にやっていれば、誰かがちゃんと見てくれる。世の中はどんどん変わっていきますが、安易に道を曲げてはいけない。


樫尾俊雄

兄が設立した樫尾製作所(現:カシオ)に入社したのは終戦の翌年でした。そこで最初に開発したのが、電気とはまったく無関係の「指輪パイプ」。当時、タバコは値段が高く、フィルターもついていませんでした。そこで、指輪にパイプ状の筒をつければ、仕事をしながらでも根元まで吸うことができると考えたのです。これが結構売れて、計算機の開発費用の一部を稼ぐことができました。


見城徹

成功している起業家とは3万人のうちの1人だ。頭角を現さなかった2万9999人は消えているから、歴史に残らない。成功した人たちだけが残っているから、成功した起業家がいっぱいいるように見える。だが、その背後は死屍累々の有り様で、成功した起業家になるのは奇跡に近いことなのである。


三木雄信

企画書の役割は経営トップなどの決定権者や関係部署の人たちに「面白そう」「詳しく聞いてみたい」という気持ちになってもらうことにある。だから、パッと見て、読み手の興味を引きつけなくてはいけない。