グレッグ・ノーマンの名言

グレッグ・ノーマンのプロフィール

グレッグ・ノーマン。オーストラリア生まれのプロゴルファー。93年の全英オープンで優勝したのを皮切りにメジャー・トーナメントで多くの勝利を勝ち取った。鮫釣りが趣味だということと、ゴルフの強さ、そして銀髪に近い髪の色だったのでグレート・ホワイト・シャークと称された。

グレッグ・ノーマンの名言 一覧

波に乗っているときは、勢いに身を任せることだ。君を一段高いレベルに引き上げるのは、君の内なる存在だ。


グレッグ・ノーマンの経歴・略歴

グレッグ・ノーマン。オーストラリア生まれのプロゴルファー。93年の全英オープンで優勝したのを皮切りにメジャー・トーナメントで多くの勝利を勝ち取った。鮫釣りが趣味だということと、ゴルフの強さ、そして銀髪に近い髪の色だったのでグレート・ホワイト・シャークと称された。

他の記事も読んでみる

友野典男

「お互い様」で助け合うことで共同体は維持されるのですが、そこにお金を持ち込むと、市場原理の世界に変わってしまい、共同体という意識が吹っ飛んでしまう。


村田昭治

突出した人は自分で学んでいるだけではなくて、人に学ばせて、そこから物事の核を摘みとる力をもっている。


寺田直行

過去10年間ほど遡ると、固定費と変動費は凸凹がありながらも膨らみ、損益分岐点がだんだん上がっていました。それで商品を絞り込み、もう一度価値を磨き、値段を上げていきました。こうした取り組みで、赤字商品は減り、利益が出る体質になりつつあります。


猫ひろし

僕は背が低いからバランスがいいらしいんですね。背の高い人って、どうしてもケガするんですよ、膝とかに。その点、僕の身体はギュって凝縮されてるから(笑)、ケガをしにくいらしいんです。それを知るまでは「あと5センチ背が高ければ」とかって恨んでいたんだけど、はじめて親に感謝しました(笑)。


大久保幸夫

「仕事が合わない」という考え方自体にも問題があります。どんな仕事でも、たいていの人は、普通にできるものなんです。よほど特殊な仕事でもないかぎり、ほとんどの人が人並みにこなせるようになる。仕事とはそういうものです。もしそうでないなら、適性よりやり方に問題があるはず。


オグ・マンディーノ

嫌々ながら働くこともできるし、感謝しながら働くこともできる。人間らしく働くこともできるし、動物のように働くこともできる。しかし、賛美することができないほど卑しい仕事はなく、魂を吹き込むことができないほど品位を下げる仕事もなく、活気を呼び起こすことができないほど退屈な仕事も存在しない。


吉越浩一郎

残業をしないといっても、もちろん、上司から指示を受けた仕事を無理やり拒否しろとか、仕事を他人に押し付けろとか、そういう対症療法のようなことを言っているのではありません。根本的に仕事を効率化して、それまで残業してやっていた分も、就業時間内に片づけてしまえと言っているのです。


梅原一嘉

お客様が喜ぶことなら何でもあり。面白いと思ったらやってみればいい。


和田秀樹

「できない」と思ってしまうと、脳は答えを探す作業に入れません。たとえ膨大な知識や情報が蓄積されていたとしても、これでは宝の持ち腐れになってしまいます。


上田準二

社員と個人面談をするときも、できるだけ相手の話を聞くようにしています。落ちこんでる社員には、モヤモヤを全部吐かせる。スッキリした心持ちになれば余裕も生まれて、こっちの話も響く。自分のしたい話だけしていたらウケません。


住谷栄之資

パンをつくる場合、パンのつくりかただけを知っても足りない。


武田信繁

勤めに出る場合は、朝食も夜のあけ切らないうちにすませて、常に敵前において陣屋から出立するような気持ちで出て、再び家へ帰り着くまで少しの油断もしてはいけない。「緊張は災害を防ぎ、油断は大敵である」という言葉もある。


松田憲幸

自分の「売り」を作ってゆくことが大切です。それは当社が店頭で販売する商品のように、自分のパッケージを考えるとよく分かります。例えば、パッケージに「TOEIC800点突破!」と印刷すると「TOEIC700点」よりも、たくさんの商品が並べられている陳列棚のなかでより目立つでしょう。さらに「経理もできます!」などと書けば、より商品としての価値が高まるはず。そう考えれば「性格」だってパッケージに書き込むネタになります。買い手がほしくなるスキルを磨き、その組み合わせを考えながら、自分の価値を高めてください。


島正博

当社の機械で作られた商品はゲージがきちんとしていて生産性が上がると導入していただいています。ライバルは、今はいませんね。今はAIの時代と言いますが、AIは頭だけ良くても、手が動かんでしょ。


澤田秀雄

HISのスタッフで外国人の占める割合は高いです。国籍や年齢で人を評価するような固定観念にとらわれていては、優れた人材を確保、育成することはできません。まず、人を平等に見ることが必要だと思います。


ページの先頭へ