名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

グリゴリー・ペレルマンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

グリゴリー・ペレルマンのプロフィール

グリゴリー・ヤコヴレヴィチ・ペレルマン。ロシアの数学者。ソビエト連邦レニングラード(のちのサンクトペテルブルク)出身。幼少期から数学の英才教育を受ける。16歳で国際数学オリンピックに出場し個人金メダルを獲得(当時の最年少記録)。サンクトペテルブルク大学で博士号を取得。ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校、カリフォルニア大学バークレー校、ステクロフ数学研究所などで研究を行った。ポアンカレ予想を解決したことで知られている。

グリゴリー・ペレルマンの名言 一覧

自分の証明が正しければ賞なんて必要ない。
【覚え書き|数学界のノーベル賞と言われている「フィールズ賞」を辞退したときの発言。】


グリゴリー・ペレルマンの経歴・略歴

グリゴリー・ヤコヴレヴィチ・ペレルマン。ロシアの数学者。ソビエト連邦レニングラード(のちのサンクトペテルブルク)出身。幼少期から数学の英才教育を受ける。16歳で国際数学オリンピックに出場し個人金メダルを獲得(当時の最年少記録)。サンクトペテルブルク大学で博士号を取得。ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校、カリフォルニア大学バークレー校、ステクロフ数学研究所などで研究を行った。ポアンカレ予想を解決したことで知られている。

他の記事も読んでみる

星野佳路

今後の100年で最も大きな影響があるのは、私は人口減少だと思っています。東京は、過去100年で良いものを壊したかもしれませんが、何だかんだ言っても日本の中心でした。しかし、このまま日本の中心にいるだけでは、人口減少に転じたときのインパクトが非常に大きい。事業者としては怖さがあります。やっぱり、会社をグローバル化させなくてはいけないという発想になる。私が東京に期待するのは、日本の中心からアジアの中心に舵を切れないかということなんです。アジアの中心になるためには、マルチナショナルな都市にならなければいけないと思っています。そこにはすごくマイナスの面もあるでしょう。テロや失業、それに伴う排他的な動きなども出てくるかもしれない。それらを乗り越えて、東京がアジアの中心になるという。覚悟を持てないだろうか。もし持つことができれば、(グローバル化するより)この国でしっかり事業をする方がいいかもしれないと思えてきますよね。


田中稔哉

お金や地位に価値を見出さない人も増えており、上司が「頑張ればボーナスが増えるよ」と言えば言うほど、かえってやる気が下がってしまう可能性すらある。


横山貴子(経営者)

意識的に人脈をつくろうとしていたわけではありません。転職を繰り返すうちに、自分と異なる環境に身を置く人と話す機会が多くなり、自然に人脈が広がっていきました。


山口悟郎

上に「これをやれ」「あれをやれ」と命令されるだけでは、誰だってやる気がなくなりますよね。ですので、よっぽどでない限り言わない。その代わり、自分で始めたのだからちゃんと利益を出す。そういう精神で仕事をしてもらっています。


福原裕一

1回目の起業が失敗したのは、お金持ちになることを目標にしていたからでした。そのため、2回目の起業では、地域に喜ばれて発展する企業、社員が成長できる企業、日本の文化を世界に伝えられる企業という事業目的を明確にし、その方針のもと、事業を展開してきました。その結果、現在、日本だけでなく、カナダ、インド、インドネシアへも出店し、日本の焼鳥文化を世界に広げています。


大久保真一

当社の商品は一度限りの販売ではなく、継続反復販売が可能なものしか扱いません。ワンウェイではなく、お貸し出しする機器を定期的にメンテナンスし、もし故障が発生したらすぐに対応します。これらのサービスをBtoBに特化して行っています。


有本隆浩

管理部門と士業のためのコミュニケーションプラットフォームサイト「Manegy(マネジー)」を立ち上げました。これは当初、求職者を集めるための手法という発想でスタートしました。マスマーケティングの利用は、当社のような特化型のエージェントにとって費用対効果の問題があるので、別の視点が必要でした。マネジーには日々の業務に役立つ情報やコンテンツが数多く掲載されており、当社が全国の管理部門や士業の方と、転職時だけでなく、日常において接点を持つことができます。これによって当社は潜在的求職者を囲い込むことができ、人材紹介事業のマーケティングにおいて、高い効果を期待できるとともに、特徴のある人材を囲い込むオンリーワンのニッチメディアを目指すことができるのです。このプラットフォームによって当社は人材ビジネスの会社から、ITマーケティング企業に進化していきます。


岡敦

一生に1冊しか哲学書を読まないんだったらデカルトの『方法序説』でいいですよ。予備知識なしで読めるし、何度読んでもそのたびに驚きがある。


樹なつみ

だいたいいつも新聞記事や本がランダムに興味に引っかかるんですけど、このとき(『八雲立つ』)はヤマトタケル伝説を題材にしてみたいと思ったんです。友人のお兄さんが大学で民俗学を勉強していたので、いろいろお話をうかがって。面白いと思ったのは稚児の伝承。7歳までは神のうちという言い伝えが日本各地にあるんですね。それと、巫覡(ふげき)と言いますが、男性の巫子。そこから闇己のキャラが生まれました。少年少女文学全集みたいなものに、『古事記』『日本書紀』って入っていたじゃないですか。あれ好きだったんですよね。日本に限らず、ギリシャ神話とか世界の神話伝説も好きでした。太陽信仰のように、基本的なところで共通項があったりするんですね。『八雲立つ』の中では、闇己と七地の祖先の物語、古代編を描けたのも楽しかったです。古代出雲って謎が多くて、歴史の空白みたいな感じなんですよね。だから自由な想像を形にしてみました。


柴田ヨクサル

エネルギー源はマンガを描くこと自体ですかねえ。ずっと籠って描いてはいるんだけれど、マンガの中で旅をしたり、いろんなことを経験できる。それと、キャラクターって一度生み出したら、自分が描かない限り動かないんです。だから放置するわけにはいかない。作り出したからには、そのキャラクターの目標を必ず成就させよう、という気持ちで、いつも描いています。


北条重時

誠心誠意の宮仕えもせず、主人の御恩に与(あずか)ろうと思うのは、ちょうど、舟無しで海を渡ろうとするのと同様で、無理な願いだ。


両角良彦

私は統制経済というものに対して、距離を置いて眺める習性が身についた。統制は必ず自己増殖を遂げ、手に負えなくなる怪物であると知ったからである。