グリゴリー・ペレルマンの名言

グリゴリー・ペレルマンのプロフィール

グリゴリー・ヤコヴレヴィチ・ペレルマン。ロシアの数学者。ソビエト連邦レニングラード(のちのサンクトペテルブルク)出身。幼少期から数学の英才教育を受ける。16歳で国際数学オリンピックに出場し個人金メダルを獲得(当時の最年少記録)。サンクトペテルブルク大学で博士号を取得。ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校、カリフォルニア大学バークレー校、ステクロフ数学研究所などで研究を行った。ポアンカレ予想を解決したことで知られている。

グリゴリー・ペレルマンの名言 一覧

自分の証明が正しければ賞なんて必要ない。
【覚え書き|数学界のノーベル賞と言われている「フィールズ賞」を辞退したときの発言。】


グリゴリー・ペレルマンの経歴・略歴

グリゴリー・ヤコヴレヴィチ・ペレルマン。ロシアの数学者。ソビエト連邦レニングラード(のちのサンクトペテルブルク)出身。幼少期から数学の英才教育を受ける。16歳で国際数学オリンピックに出場し個人金メダルを獲得(当時の最年少記録)。サンクトペテルブルク大学で博士号を取得。ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校、カリフォルニア大学バークレー校、ステクロフ数学研究所などで研究を行った。ポアンカレ予想を解決したことで知られている。

他の記事も読んでみる

竹増貞信

経営者は、部下から上がってきた資料やデータを読み込み、その説明を聞いたうえで、迅速に経営判断を下さなくてはなりません。そのとき、判断を下す基準は、二つです。一つは、すんなり理解できるか。もう一つは、担当者のまっすぐな情熱があるかどうか。この二点さえクリアできていれば、提案書や企画書は数行の箇条書きで構いません。


池上彰

ネットの情報は便利ですが、まさに玉石混交。事実関係のあやふやなものや、偏った情報がたくさんあります。そこで大事なことは、最初に出てくるページの情報だけで終わらせないこと。1ページ目には肯定的な情報しか載っていなかったのに、3ページ目でようやく批判的な情報が出てきたり、ということも。そうして全体像が見えてくるのです。


渡辺大

大事なのは、食べたいときにおいしいと思うものを食べ、疲れを感じたときはしっかりと休むこと。睡眠は悩みや心の疲れをリセットしてくれますし。とにかく本能を大事にするのが一番だと思います。「うまそう」とか、「よく寝た」とか、無邪気に子供らしく。そういう時間を大切にしていけば、リフレッシュできていい仕事ができると思うんです。


石川康晴

僕は、本社ビルを持ったことを後悔しています。業績が低迷したら、土地代が安い場所に小さな事業所を借りる。業績が良くなれば、ビジネスがしやすい場所に大きな事業所を借りる。それでいいと思います。何も自社で土地を買って建物を所有する必要はない。本社ビルの設立を決めた時は、起業した「象徴」が欲しかったんです。地元・岡山の住民に対する見栄やプライドもあったかもしれません。若気の至りです。


鈴木亜久里

今回、F1チームをつくるにあたって、130億円ものお金が集まりました。それは僕の夢に、みんなが共鳴してくれたからこそのものです。これがもし、僕が自分のことしか考えていなかったら、誰も協力してくれなかったでしょう。


富野由悠季

何事にも、偶然上手くいくことはあるものです。しかし、偶然に上手くいくことなどは、二度三度と起こるものではありません。


中西哲生

一線で活躍している選手はみな、地道な努力を大切にし、怠りません。みな「神は細部に宿る」ことを知っているのです。


棚橋弘至

疲れにくい体をつくるために、一番大切なのは食事です。「食」という字は、「人」に「良い」と書く。これは『仮面ライダーカブト』に出てきた台詞ですが、僕も心からそう思います。


ジェニー・ダロック

変化していく過程では、世代交代も必要。特に、新しい技術、新しい市場が発展する今は、その必要性を理解する若い人材を積極的に登用すべき。


家入レオ

新しい自分に出会うために、経験のない場所に飛び込んだおかげで、これまで発信者の意見しかなかった自分が、ガラリと変わったんです。とくに演技は、相手がいて成り立つもの。受信者という立場も考えるようになりました。そのおかげで、すべての作業がひとり相撲じゃなくなったんです。


岩佐実次

背伸びしないで、内容を充実させて大事に育てていくことが重要。


大野勇

事業を拡大するときには、どこの社も同じことを考えているものだ。即断即決が必要なゆえんである。 【覚書き|上記発言は四国高松のアイスクリームメーカーを買収した時を振り返っての発言。同業大手の雪印も、そのメーカーの買収を狙っていた。競り合い末、森永が買収に成功する】


窪田健一(経営者)

天職というものは後からついて来るものだと思うんです。一つの事を始めて、辞めて、ゼロに戻ってというのを繰り返すと、時間が過ぎていくばかり。例えば、歌舞伎俳優さんも小さい頃には迷う事もあったと思うんです。なぜこんなに怒られながら続けないといけないんだろうと。でも教わって行く過程の中で、生い立ちも含めて色々なものを飲み込んだ時に、自分はこれでやっていくという腹決めができるわけです。それをやりもしないで天職探しをしようとするから、みんな迷うのではないかと思います。


尾藤克之

私は、過去に衆議院議員の秘書を務めていました。議員秘書の役割の一つは、トラブルを最小限にとどめること。もし上司である先生がトラブルに巻き込まれそうになったら、すぐさま「僕がやります」と飛び出していかなくてはなりません。当然リスクも伴いますが、逆にそうすることで先生からの信頼や評価が一気に高まります。私は「トラブル」を積極的に拾いにいくことで、自分の地位を確固たるものにしていったのです。転職後もあえて火中の栗を拾いに行くように努めました。人のトラブルを背負うことが後々は自分に大きく返ってくることを、議員秘書時代に身を持って学んでいたからです。


永守重信

「すぐやる、必ずやる、出来るまでやる」を社員に浸透させるのも、働き方の大転換を図るのも、基本は同じ。トップ自らが実行してこそ、組織に広がる。


ページの先頭へ