グラーフ・リットベルクの名言

グラーフ・リットベルクのプロフィール

グラーフ・リットベルク。第二次世界大戦中のドイツ軍人。第88歩兵師団長

グラーフ・リットベルクの名言 一覧

いつから将校が兵士より先に逃げていいことになったのかね!
【覚書き|ウクライナ戦線でドイツ軍がソ連軍に包囲され、兵士たちがこぞって逃げ出そうとしたとき発した言葉。この一喝でパニックは回避され、兵・将校ともに正気を取り戻し本来の持ち場に戻った】


グラーフ・リットベルクの経歴・略歴

グラーフ・リットベルク。第二次世界大戦中のドイツ軍人。第88歩兵師団長

他の記事も読んでみる

松本利明(コンサルタント)

変革を成功させるには、優秀なリーダーは必ずしも必要ではなく、リーダーをも動かしてしまうフォロワーシップ、つまり下から上へのリーダーシップを発揮するメンバーがいるかいないかがキーになる。


吉越浩一郎

判断力の高さというのは、普段から考えている結果だということです。日ごろからものごとを分析して、論理的に考えているからこそ、的確な判断ができるものです。それをやらない人は、判断能力の高さを「運の良さ」だと思いがちですが、優れた判断力の裏には地道な思考の積み重ねがあることを認識すべきだと思います。


和田秀樹

「自分がいなければ回っていかない」は、どんな場合でも誤った信念。誰にでも病気にかかるリスクはあるし、そのために休める環境でなくてはいけない。本当に職場になくてはならない人ならば、自分がいなくても回るような職場をつくっていくことができるのではないだろうか。


小濵裕正(小浜裕正)

本社が全て統制するやり方では、競合に勝てない、ローカル性を重視すべき。


小路明善

過去を振り返ることなく前に進むのが私の経営であり戦略。


山本梁介

サービス産業で大切なのはお客様のニーズに応え、感動していただくこと。


兼本尚昌

私がクライアント企業から必ず要望されるのは「自立・自走する人材が欲しい」ということです。言い訳しないで自走する人材は、市場から常に求められているのです。


村田昭治

企業の体質をより強化するときなのだ、という認識を徹底しなければならない。体質強化というのは、自社のもっている独自の価値を磨いてドメインをしっかり築き、確認し、それを着実に堅実に活用すること。


中尾政之

失敗学的に捉えると、歴史は失敗情報の宝庫です。人間という生物は似たような過ちを繰り返す。近現代か古代か、日本か外国か、場所や時代は関係ない。


木下彰二

プロの校正・校閲は、資料を何度も読み返しますが、毎回、すべての文字をチェックしているわけではありません。「数字だけ」「名前だけ」「図やレイアウトだけ」など、部分的に繰り返しチェックしています。


秋月雅史

経営者が行うべきことは「何が起こっているか(状況把握)」を知り、「今後どうなるのか(情勢判断)」を俯瞰し、「何を決めればよいのか(意思決定)」を考えること。そして、どのレベルの意思決定に経営者が関与するかを事前に決めておくことが非常に重要。


山内溥

僕らみたいな仕事をしていると、いろいろ迷うんです。これしようとか、あれしようとか。ところが、あれしてもだめ、これしてもだめだということになっていくと、だんだん自分のやれる範囲が絞られてくる。だから、私は何も新しいものを求めていたんでも何でもなくて、考えていくうちに、もうこのへんしかないと。任天堂の行くところは、それしかないと思わざるを得なかったんです。消去法でいけばそうなるんです。


やすひさてっぺい(安久鉄兵)

サイトのアクセス数を増やすため、「平和な炎上マーケティング」を目指しました。話題のニュースについての関連情報を集約する「まとめサイト」などに取り上げてもらうには、「あるあるネタ」や「突っ込みどころがあるネタ」が効果的です。


安部修仁

作業工程の無駄を徹底的になくし、生産性を向上させるために、作業をすべて分解するところから始めました。たとえば、フロアモップがけという作業については、道具の運搬、人の移動、洗浄作業などの作業に分解し、ワークスケジュールの流れと組み合わせて、作業時間の短縮に取り組みました。


田島貴男

自分を隠しながら、それらしく、小手先で格好の良い曲を作るというほうが簡単。でもやっぱり、痛みの部分から曲ができると一番強い。


ページの先頭へ